紅蓮のアフィリエイト日記

アフィリエイトの方法や失敗談などを書いていきます。また質問などにも答えていきますのでぜひ見ていってくださいね。

はてなブログでBANされないように気をつけるべきこと

 

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

先日以下のような質問がありました。 

はてなブログって、広告貼って物販アフィリエイトしてはならないんですか?
はてな側から規制がかかって限定公開されました

僕自身この質問を見た時には、 

え?はてなブログはアフィリエイト出来たはずなんやけどアプデしたの??

とか思って急いで確認をしました。

 

今回はその内容についてお話をしていきましょう。

 

では早速行ってみましょう。

準備はいいですか??

HERE WE GO!!

 

結論から言うとはてなブログはアフィリエイト可能!!

結論から言うとはてなブログはアフィリエイトを許可されたブログです。

つまり、はてなブログでアフィリエイトが可能ですね。

だよね。よかったあ

 

はてなブログでアフィリエイトがダメといわれる理由は??

じゃあどうしてはてなブログでアフィリエイトが出来ないということがまことしやかにささやかれているのでしょうか??

 

これはあくまで推論になりますが、アフィリエイトの考え方自体を商用目的で行っている行為だと思うことだからかもしれません。

 

利用規約には、以下のようなことが書かれています。

宣伝や商用を目的とした広告・勧誘その他の行為。ただし、当社が各サービスのヘルプに別途定める場合はその限りではありません。

( はてな利用規約 - Hatena Policies禁止事項3-aより抜粋)

 

これだけを読むとどうやら『読者に商品を売る目的で記事を書いたものに関してはNGですよ。』っていう内容にとらえられなくもないですよね。

 

多分ここだけを読んでいる人にとってはアフィリエイトというのは完全に宣伝や商用にあたる行為になりますから、NGと思うのかもしれませんよね。

 

はてなブログのヘルプ画面で確認してみると・・・。

ここまで読んだあなたはきっと

結局どないやねん

って思うはずなんですよ。

 

わかります。

僕も同じでしたから、、、。

 

だって利用規約だけでは単にだめだってことですよね。

おいおいアフィリエイトできないのかよ・・・。

ってなりますよね。

 

で、不思議に思った僕は、はてなブログのヘルプ画面に『アフィリエイト』って入力して聞いてみたわけですよね。

 

結果、はてなブログの営利利用ガイドラインというページが出てきました。

 

その中で、以下のような内容がかかれていました。

はてな利用規約では宣伝や商用を目的とした広告・勧誘などを禁じています。従来は、はてなブログでも営利を主目的とした利用は禁じており、ガイドラインにより、副次的な範囲での広告掲載や広報活動に限定して利用を許諾していました。

(はてなブログの営利利用に関する方針より抜粋)

 

よく読んでみると、はてなブログは営利を主目的とした利用を禁じているけれど副次的な範囲での広告掲載や広告活動に限定してOKって内容だったんですよね。

売るのが主目的ではなくておススメ目的だったらいいってこと??

 

アフィリエイトで売るのが目的ではなくて、自分が読んで人におススメするために使うアフィリエイト広告はいいという意味だと僕は理解しています。

 

商用利用の目的とみなされるブログって一体なんだ??

では商用利用しているとみなされるブログっていったいどんなブログなんでしょうか??

僕は以下の2つが考えられると思うんですよね。

 

①広告がいっぱい貼ってあるブログ

②アフィリエイトの記事しか書いていないブログ

 

ではこの2つについて細かく見ていきましょう。

 

①広告がいっぱい貼ってあるブログ

これはサイトのいたるところに貼ってあるブログのことを言います。

あなたも見たことが有るかもしれませんね。

 

ページのいたるところにべたべた広告があるおかげで、文章が見にくいというブログってありますよね。

あれって、読者にとって2つの嫌なことが有るんですよね。

①広告があるおかげで文章が読みにくい

広告が沢山あるせいで間違ってクリックしてしまい、別ウィンドウに飛ばされる

 

詳しく見てみましょう。

 

①広告があるおかげで文章が読みにくい

広告というのは本来書いてある文章を邪魔するものであってはいけないんです。

しかし、広告が沢山あるおかげで文章に集中できなくなるものなんですよね。

 

そうすると、文章があまり読まれなくなってしまいますよね。

すると読者はストレスを感じるようになります。

 

ストレスを感じると読者はそのサイトからは離脱しますよね。

ブログの存在価値がなくなってしまいますから、ブログサービスを提供するはてなにとってはちょっと問題なわけですよね。

 

②広告が沢山あるせいで間違ってクリックしてしまい、別ウィンドウに飛ばされる

もう一つの問題は広告があるせい間違ってクリックしてしまい別ウインドウに飛ばされることになります。

こういう状態になる正直このページには2度とこないぞっていう感じになるんですよね。

 

これは正直ブログサービスを提供している運営側からすると問題ですよね。

いっぱい広告があることによってどんどん見る人が減っていく可能性があるのですから、、、」。

ってことではてなブログの運営側も対処が厳しくなりますよね。

 

②アフィリエイトの記事しか書いていないブログ

実は読者って検索するときに『ものを買うぞ』っていう人以外は売り込み臭いブログページって嫌うものなんですよね。

勿論、読者は悩みがあって検索するんですよね。

それなのにふたを開けてみたら商品を売りつける気満々のいわゆるセールス記事しか書いていなかったら、それは読者の検索意図と異なってしまうわけですよね。

 

となると運営側としてはこれは問題になってしまうわけですよね。

アフィリエイトの記事しか書いていないブログがあるとブログの読者が少なくなってしまい、結果露出が少なくなってしまうわけですよね。

 

だから運営側もものすごく気にしていると思うんですね。

 

だからはてなブログもユーザビリティを考えて、アフィリエイト広告に対して厳しいんですよね。

 

限定公開っていったい何なんだ?? 

冒頭の質問文の中に限定公開という言葉が出てきましたね。

ここでは限定公開についてお話をしていこうと思います。

 

限定公開というのはブログの内容がブログ運営側の意図することから逸脱しているとみなされたために運営者側がブログの公開をストップすることを言うんです。

BANの一種ですね。

 

限定公開になるとどうなるのか??

限定公開には2つの種類があります。

①一時的な限定公開

②永久限定公開

 

①一時的な限定公開

この場合にはページを直して何とかなる場合に何ですよね。

ですから事前にメールが来るらしいです。

だからそれと思しき場所を直すと限定公開が外れる場合があります。

 

②永久限定公開

問題はこっち。

永久限定公開になってしまうと、今まで書いていたブログの内容がなんと永久に限定公開から外れなくなってしまうんですよね。

つまりはだれにもそのブログを使っている限りは見られる可能性が閉ざされるということなんですよね。

 

しかも問題なのはメールも何も来ないでいきなり執行されるので、もうひやひやものですよね。

 

どうしたらはてなブログ運営側にBANされることなくアフィリエイトをできるのか??

ではどうしたらはてなブログ運営側からbanされることなくアフィリエイトをできるのか??

ここではその方法について話していこうと思います。

はてなブログでアフィリエイトをしたかったらガイドラインをしっかりと読め!!

これは僕の持論でもあるんですがもしアフィリエイトをブログサービスで運営していきたいのであれば、『しっかりとルールを守れ』ってことなんですよね。

 

何かあった時に『知らなかった』という言い訳は通用しないわけですよね。

だからガイドラインを熟読しないといけないんですよね。

 

ですからしっかりとガイドラインに目を通しましょう。

 

 

BANされないように気をつけるべき点

では運営側からBANされないように気をつけるべき点はどんなものがあるのでしょうか??

僕はこれは考えるべき点は、自分ではなく読者の目線になって考えることだと思うんですよね。

 

そうすると以下のようなことが思いつきました。

 

①アフィリエイト記事だけにしない

記事をアフィリエイトの目的に書くのは素晴らしいことだと思うんですよね。

でも、多くの場合に検索する読者ユーザーの検索意図が実は物を買うためではなくて悩みを解決するために来るんですよね。

 

そこでアフィリエイト目的の記事が来た場合には読者が逃げていってしまうんですよね。

売り込み目的に見えてしまうんですよね。

 

読者からそう見えるということははてな側からもアフィリエイト目的にブログを書いていると思われてしまうということになりますよね。

するととBANされるわけですよね。

そうなるとせっかく書いた記事が公開できなくなるのでもったいないですよね。

 

僕は大体5件に1件は入れるようにしています。

だから紹介記事を書く記事を考えて書きましょうね。

 

②むやみに広告を貼らない

アフィリエイトをするときにどうしても売らないとっと思うのかしれませんがこうこくをべたべた貼りがちなんですね。

 

先ほども言いましたがそういうのって、読者から敬遠されるんですよね。

だから売り込み目的に思われる可能性があるんですよね。

 

そうなると読者から見えるということははてな側からもそう見えるということですから、まあBANを食らう恐れもあるわけですよね。

 

ですから広告の数をすくなくして文章を読みやすくするのがいいと思います。

 

③読者の悩みを解決する記事を書くことに全力を尽くす

ここであなたに質問なんです。

読者はどうしてあなたのサイトに来たのでしょうか??

実は先ほどもちょっと言いましたが、読者というのは悩みを解決したくてその解決する方法を見た結果、あなたのサイトにたどり着いたに過ぎないんですよね。

 

せっかく来た読者にがっかりした思いはさせてはいけませんよね。

読者の悩みを解決することに全力を尽くしましょう。

そしてその結果として、商品が必要なものに関してはアフィリエイト広告を貼ってあげることがいいと思うんですね。

 

④成人向けのコンテンツを作らない

これはほとんどのブログサービスがそうなんですけれど、成人向けのコンテンツを掲載することを許していないからなんですよね。

 

理由はこれはたぶんGoogle先生がファミリーフレンドリーという考え方のもとに動いているからだと思われますね。

 

コンテンツを作る際には成人向けのコンテンツの掲載をしないように気をつけるべきですよね。

 

⑤記事にオリジナリティを持たせる

これは今ものすごくGoogle先生が熱心に関心を持っているところなんですよね。

せっかく書いた文章がほかの人の書いた文章と同じ文章だったらあなたが書く意味っていったい何なんだって話になってしまうわけですよね。

 

これは、最近の動向がどこでその情報を仕入れるかということよりも誰からの情報を仕入れるかということが重要になってきていることを意味します。

 

ですからコンテンツを書く際には、オリジナリティーを出すように気をつけなければならないんですよね。

 

まとめ

お疲れさまでした。

いかがでしたか??

 

実際にはてなブログというのはアフィリエイトの利用を禁止はしていません。

 

しかし、あまりにアフィリエイト目的のブログが多すぎるのが今の現状なんですよね。

確かにアフィリエイトは『売り上げをしっかり作らないといけない』という考え方は必要になります。

 

しかし、そのバランスが崩れてしまうと作っていくサイトも売り込み臭くなってしまいます。

 

そうするとアフィリエイト目的と思われてしまう可能性もあるんですよね。

 

そして問題なのはBANされるときに全くあなたの考えに関係しないことなんですよね。

つまりは第三者がどう思うのかが大切なことになります。

 

ですからくれぐれもそうならないようにガイドラインをしっかりと読んでブログ運営にいそしんでもらえたらなと思います。

 

あなたのアフィリエイト生活が楽しいものになることをねがって。

 

今回はここまで。

また次回。

 

 

 

 

Amazonアソシエイトの審査に通らないと思ったら・・・

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

さて今回はAmazonアソシエイトの審査のお話です。

Amazonアソシエイトはもう審査が厳しいということで有名なアフィリエイトプログラムですよね。

 

Googleアドセンスが通っているのに僕も何度落とされたことか、、、。

 

アドセンスよりも強敵がこんなところにいたなんて、、、

そう思いながら何度枕を濡らしたことかわかりません。

 

ってことで今回はAmazonアソシエイトの審査に通らないと思ったら確認してほしいことをいっしょに見ていきたいと思います。

 

では行ってみましょう。

HERE WE GO!!

Amazonアソシエイトは審査が厳しい!!

Amazonアソシエイトは冒頭でも言いましたけど本当に審査の内容が厳しいんですよね。

もうね、僕の周りにもAmazonアソシエイトの審査には通らないのにあの厳しいことで有名なアドセンスに先に合格しているという人が何人もいるんですよね。

 

しかも僕は月に大体50,000円くらいAmazonで本を買うくらいのヘビーユーザーなのに『なんだよ』って感じですよね。

 

Amazonアソシエイトは落ちた理由を教えてくれない!!

Amazonアソシエイトの審査に何回も落ちるんですよね。もう面白いくらい毎回落ちるんです。

で、ヒントはくれるんですけれど目立った理由が見当たらないわけですよね。

サイトに原因が有るのかなって思って確認してみても、ブログは自分でなおせる場所はなおしていますし、独自ドメインもとっている。

どういう理由化がさっぱりわからないという状態が続いたわけですよね。

 

それでも何とか理由を知りたくてインターネットで調べるも同じ症状の人がまったくといっていいほどみつからないわけです。

 

運営事務局にダメもとで確認しました。

すると結果は、、、、。

『当プログラムは審査に落ちた内容をお教えすることは致しておりません。』というメールが、、、。

 

ああやっぱりなあ。、、、でも理由を教えてくれなきゃ手の打ちようがないなあ、、、。

と思ってもう一度メールをしてみたがやはり同じ返事でした。

 

Amazonは審査でダメだった原因のヒントはくれる

もう1度ヒントを見て分析してみたんですよね。

 

1.Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合

2. お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合

3. Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合?

4. お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合 *お名前は必ず漢字で入力をお願いします

5. Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合?
*SNSでこれらを含むユーザー名を名乗ることもお断りしております?

6. 知的財産権を侵害している場合?

7. 露骨な性描写がある場合?

8. 未成年の方のお申し込み

 

Amazonアソシエイト ヘルプより https://affiliate.amazon.co.jp/help/topic/t21

1番の場合はありうる話なんでけれどその時のサイトは、こんな感じだったんです。

           その時のブログ運営記事情報

ブログサービス:はてな

ブログ歴:4か月

記事数:50記事くらい

プロフィール:なし(ワンカラムにしていた)

プライバシーポリシー:なし

お問い合わせフォーム:なし

ブログ用SNS:利用なし

1日あたりのPV数:20~30PV

amazonでの購入歴:あり(最後の購入は1週間前)

申請に使用したメールアドレス:Gmail?

 

まったく問題ないようにみえるのになんで?

そこで考えたのが一度1年くらい前にアソシエイトを使っていたのを使えなくなったアカウントであることを思い出したのです。

 

これか??

そう思いながらもう一度申請。

2時間後くらいにまたもやメールでした。

不承認でした。

それでもだめなのかと思って確認をするもどうやら違うみたいだったので結局理由はわからず。

 

ちょっとあきらめかけた時にサイトをもう一回見直しました。

すると、サイトの表示速度を上げるためにプロフィールをツーカラムからワンカラムにしていたんですよね。

運営者情報が全くない状態になっていたんですよ。

 

問い合わせフォームもプライバシーポリシーもないそんな状態だったんですよね。

もしかしてこれか?

 

おいおい、どこが問題ないだよ。

問題だらけじゃん。

 

そう思いながらサイトのデザインを変えてプロフィールを作りこみました。

そしてお問い合わせとプライバシーポリシーを設置。

もう一度申請しました。すると合格しましたね。

 

おいおいこれが原因かよってもんですよね。

 

運営者情報はきっちりと明記しよう

これはものすごく最近思うのが運営者情報って大事やなってことなんですよね。というのがサイトを運営する人がどんな人かというのがそこで見えるからなんです。

 

もしあなたが初めて行ったサイトでサイト情報が全くなかったらあなたは怖くないですか??

近寄りたくないですよね。

そういうことを言っているんだと僕は考えました。

 

お問い合わせやプライバシーポリシーを設置するのも同じ理由

これも同じなのですが、やはり読者にとって安心感がなくては楽しく読めないですよね。

 

個人情報はどう使われるのかや、困った時に連絡が取れないサイトなんて言うのは読者にとって使えないサイトに分類されて当然なんですよね。

 

しかし運営者側はなかなか気が付かないものなんですよね。

だからAmazonは言ってくれるんですよね。

 

 

まとめ

いかがでしたか??ここでもう一度Amazonアソシエイトの審査に受からない場合の問題を整理しますね。

①運営者情報をきっちりと書く。

②お問い合わせやプライバシーポリシーを置く。

ということですね。

ユーザビリティーをしっかりとかんがえたサイトを作るようにしないといけないなと思った1件でした。

アフィリエイトにおいて行動するということはどういうことなのか??

 

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

今回は以下のような質問がありました。

 

youtube等でアフィリエイト等で成功している人の
動画などを見ると、成功している人の真似をしろ
とよく言われています。

成功している人のブログ等を見ますと、
私はアフィリエイトで成功し、年収〇〇万円稼ぎました!

と自慢げと言いますか、この教材で成功しました!
ってもうもろその教材買えって事ですやん。

ブログ村などのランキングで見ても、成功しました!
これだけ稼げるようになりました!

いやいや1から稼ぐうんぬんじゃなくて、成功体験談しか
語ってないやん。

1からの事まったくブログに書いてないやん。
ブログで成功しました体験談語って、商材誘導してますやん。

って話です。
0からスタートの事を語れよ!って事です。成功話はもういいです。

児玉歩のツイート、神田正典の本、成功している人の本等沢山
読みました。とりあえず考えるより行動しろとの事でした。

行動しろってどう行動するん?って話ですよ。
グーグルのアルゴリズムの変化の本も読みましたし、

アフィリエイトサイトの月成果の順位とか見ると1月に1憶とか
はぁ!?どうやって!?夢はあるけどやり方全然わからん。

どうしたらいいのでしょうか?
あとURL貼るとヤフーさん速攻で削除なさるので貼らないでね
商材に誘導も遠慮しておきます

さて今回は行動をするというのはどういうことなのかということについてアフィリエイトの視点からお話をしていきたいと思います。

 

では準備はいいですか??

Here we go!!

アフィリエイトにおいて『行動しろ』っていうのはどういう意味??

『行動が大事です。』

アフィリエイトに関しても成功者がよく口にするセリフで、実際によく聞くフレーズなんですよね。

でも僕はいつもこう思うんですよね。

 

『行動しろ、行動しろ』っていうけど初心者にそれはわからなくないかな??

 

あなたもそうなのではないでしょうか??

 

僕自身『行動しろ』というのは非常に重要だと考えています。

そしてこの『行動しろ』という言葉には2つの意味が込められていると思うんですよね。

 

以下が僕の考える行動しろの意味です。

①本当に『アフィリエイトで稼ぐ』と決めろよ

②アフィリエイトに誠実に真剣になれっていうこと

ではひとつずつ見ていきましょう。

 

 

①本当に『アフィリエイトで稼ぐ』と決めろよ

これは実際にアフィリエイトをする際に『アフィリエイトで稼いでいく』という決断が必要です。

成功してきた人たちはこの『自分はアフィリエイトでくっていく』という決断があったから成功したと僕自身は思っているんです。

 

決めないと迷ってしまいますからね。

だから何をするにもまずは『アフィリエイトで稼ぐ』と決めないといけないんです。

 

 

②アフィリエイトに誠実に真剣になれっていうこと

これはものすごく思うことなんですけれど、決めたら最後何があっても真剣に誠実に取り組むことが必要だと思っているんですね。

 

結構多いのが誠実であっても真剣になり来てていないことが見て取れることなんですよね。

だから結構続かなかったりするのかなって思ったりしますよね。

 

アフィリエイトにおいて『行動する』ということは??

これは、もうずばりアフィリエイト活動のことなんです。

アフィリエイト活動というのは以下のことを言います。

①自分の好きor得意なジャンルで勝負することをきめること

②想定読者を決めること

③想定読者の悩みを解決する商品を決めること

④決めた商品の下調べすること

⑤商品を売るために商品の強みやその他のことを勉強すること

⑥記事を書くこと

⑦①~⑥を続けること

そうなんすよね。これがすべてなんですよね。

 

じゃあちょっとかみ砕いて話していきましょう。

 

①自分の好きor得意なジャンルで勝負することをきめること

アフィリエイトというのは人の悩み解決のためにすることなんです。

だから人の悩みを解決できるものではないといけないんです。

 

その為にはとにかくあなた自身が生き生きとしていないといけないと僕は思っているんですよね。

イキイキするためには好きなジャンルか得意なジャンルじゃないといけません。

 

アフィリエイトってまあ言えば一つの事業を立ち上げるのと同じことなんですよね。

だから、結構な長丁場になるということになります。

 

そうすると続けることが第一になりますよね。

そうなると続くためにも好きなジャンルか得意なジャンルじゃないと続かなくなってしまうんですよね。

 

②想定読者を決めること

アフィリエイトって多分ブログとかメディアを使うと思うんですけれどそれって、視聴者とか読者が居て初めて成り立つものですよね。

そうなるととにかく読者を想定しないといけないんですよね。

 

これをペルソナっていうんですけれど、、、。

ペルソナに関しては詳しくまとめましたのでぜひとも以下の関連記事をいっしょにどうぞ。

 

 

③想定読者の悩みを解決する商品を決めること

想定読者が決まったらとにかくその読者の悩みを解決できる商品を見つけることが大事です。

読者の悩みを解決するために商品を探しましょう。

 

④決めた商品の下調べすること

商品を決めたら次にするのはその商品はどんな商品なのか、またどんな悩みに解決できるのか、どういった効果があるかなどをしっかりと調べておく必要がありますよね。

 

⑤商品を売るために商品の強みやその他のことを勉強すること

商品を読者に買ってもらうためには商品の強みやまた自分の強みを見つけるために様々な勉強が必要になります。

また、商品の売れるための仕組みなどを勉強するのも大切ですよね。

 

⑥記事を書くこと

そして最後には記事を書いていきましょう。

記事を書くのは自分という名のお店に商品が並ぶのと同じこと。

ですから決して手を抜かないようにしてくださいね。

 

⑦①~⑥を続けること

これはたぶんこの7つの中で難しいと思います。

というのが継続というのが難しいことだからです。

 

しかし、どんなすごい人でも継続を抜きに成功を手にすることはできないんですよね。

だから何があっても続けましょう。

 

アフィリエイトを勉強してから行動する事のデメリット

 

ここでは勉強してから行動をするということのデメリットについておはなししましょう。

①自分で考えないから

勉強してから行動をすると、とっさの時に自分で考える力がつかなくなってしまうんですよね。

実際に僕もよく勉強してからということを言っていたんですよね。

でもそうすると結局とっさの時の人間力がつかなくなって自分で考える力がつかなくなってしまいました。

 

②試行錯誤しないから

勉強してから行動すると前にあらかじめ答えを知ったうえで行動する事になります。

しかし、人生というのはそんなに甘くはないものなんです。

そういったときにちょっとうまくいかないことが有った時にもすぐに試行錯誤せずに辞めてしまうようになります。

結果アフィリエイトが『稼げない』なんていうことを言うようになってしまうのでよくないですよね。

 

③行動するのに時間がかかる

勉強してから行動すると行動するまでに単純に時間がかかってしまいます。

そうなると『せっかく今チャンスなのに』というタイミングを逃してしまうことになりかねません。

更に時間がかかってしまうと成功するのも遅くなってしまいますから、よくないですよね。

 

 

まとめ

お疲れさまでした。

いかがでしたでしょうか??

 

行動するということがどういうことかを解ってもらえましたか??

行動するときには本当にちょっと勇気が必要なんですけれど意外に一歩進んでみると気にするほどのことでもなかったりするものなんですよね。

 

要は馬鹿になれってことだと思うんですよね。

これは元ライブドア社長のホリエモンも言ってましたね。

 

バカになるほどやればきっと違う景色が見えますから。。。

いっしょに頑張っていきましょう。

 

あなたのアフィリエイト生活が楽しいものになることをねがって・・・。

 

今回はここまで。

また次回。

はてなブログで作ったサイトが重い!!軽くするために僕がやった4つの施策!!

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

最近すごく思っていることが有るんですよね。

それは、サイトの読み込みが非常に遅いってことなんですよね。

んで僕が思うってことは読者もきっと思ってるはず、、、。

 

と思って今回は軽くするために僕がした施策についてお話したいと思います。

 

 

ではさっそく行ってみましょう。 

準備はいいですか??

HERE WE GO!!

ちょっとびっくり!!実はサイト表示速度が上がるとSEO対策!?

f:id:slash1196:20191020141030j:plain

 

ちょっとびっくりなことが!!実はサイトの表示速度を上げるとSEO対策にもなるっていうことなんですよね。

 

まあそうですよね。

表示の速度が速い方がすぐに答えが知れるし、見ている検索者にとってはいいことばっかりですもんね。

 

どうしてページの読み込み速度は検索順位に関係するのか??

f:id:slash1196:20191019151857j:plain

実はGoogle先生が言うには検索というのは悩みを持っているからすることであるとのことですよね。そしてその悩みに深刻であることが多いとのことなんですよね。

だから悩みに対する解決方法をすぐに返すサイトこそがいいサイトといえるってことなんですよね。

簡単に言うとすぐにレスポンスするサイトが欲しいということなんですよね。

 

こんな経験はないでしょうか??

あなたはブログの書き方について悩んでいるときに検索をかけました。すると検索の1ページ目の一番上のページをクリックすると読み込みをするのがものすごく遅かったんです。

 

ああ、もう、イラつく。はやく表示しろよ!!

っていう経験。

 

画像表示なんかもそうなんですよね。

表示速度が遅いというのはものすごく検索者にとってストレスを与えてしまうんですよね。

 

だから、スピードが速くないといけないんですよね。

 

サイトの表示スピードが遅いことのデメリットは??

f:id:slash1196:20191020125554j:plainサイトが遅いということのデメリットは以下のようになるといわれています。

サイト表示が0.5秒遅くなると、検索数が20%減少する(Amazon 2007年 Web experiments generate insights and promote innovation. 

 とか

サイト表示が0.1秒遅くなると、売り上げが1%減少し、1秒高速化すると10%の売上が向上する。(ヤコブ・ニールセン博士 2010年Website Response Times

 これは、実際に多くのサイトでも検証結果が出ていますが、表示速度が1秒遅くなるごとにアクセス数が多いときでは20%もの減少するということもあるようです。

 

表示速度が遅いことはユーザーにとって大きなストレスを与えてしまいますので、離脱率が上がり回遊率が下がるんです。

そうすると以下のようなことが考えられます。

  • PVやトラフィックの減少
  • CV(お問い合わせや商品購入の行動)の減少
  • ユーザーの満足度の減少
  • 上記による売上の減少や検索順位の下降

そうなると売れるものも売れなくなってしまいますよね。

これはアフィリエイトやブログをしているものにとっては由々しき問題になるんですよね。

 

サイトに表示スピードが必要というのを知らなかった。

f:id:slash1196:20191020141736j:plain

ちょっと考えればわかる話なのに実は僕は表示スピードがSEOに関係するという話を全く知らなかったんですよ。

知らないというのは本当に怖いもので、、、。

 

今まではサイトの表示速度が大事なんて全くこだわっていなかったんですよね。

だからその話を聞いたときも、はてなブログってサーバーが強靭だから、『多少サイトが重くでも大丈夫だ』と高をくくっていたんですよね。

 

そうするとサイトが重くなりまして今回のようなことになりました。

 

実際に自分のサイトの表示スピードはどれくらいだったのか??

f:id:slash1196:20191020142229j:plain

僕の場合はちょっと情報を得るのが遅くて、実際に確認をしたのがつい先週の話だったんですよね。

でGoogleのPage Speed Insightsっていうサイトで調べるといいよって言われたので調べてみたんですよね。

 

このサイトはスピードをPCとスマホやタブレットといったモバイルの2種類のスピードを100点満点中の何点くらいかというスコア形式にして確認できるツールですね。

 

調べてみると

 

f:id:slash1196:20191019153933p:plain

 スマホ版は100点満点の20点。

 

めっちゃ低い。

両方とも赤点やん。。(笑)

 

え??こんなに重いの??おいおいマジか??そりゃ検索にも引っかからんよ!!

 

 

そう思ってまず原因を考え、何をしたらいいのかなあって考え始めました。

まったくわからん。(汗)

 

 

僕がはてなブログを軽くするために行った7つの施策とは?? 

f:id:slash1196:20191020162228j:plain

そう思いながらとにかく『はてなブログ 読み込み 遅い 対応策』とかいうキーワードで検索をしてみたんですよね。

 

そして上位10件のページをササっと流し読み。

するとできることはどうやら4つくらいしかなかったんですよね。

 

どのページにも書いてあったのが、CSSの圧縮っていうのがありました。

っというのが僕はトップページにCSSを使っていろいろカスタマイズをしていたのでそれが重いのかなって思ったんですよね。

おいおいマジか??

 

そう思いながら必死にとにかくCSSの圧縮をしようと試みました。

 

①CSSの圧縮を試してみる

まずはたぶんこの中で一番難しいと思われるCSSから始めようかなって思いました。

CSSていうのは主にデザインをつかさどっているところなので、つまりはものすごくいろんなことを書き込んでいるんですよね。

 

そうすることで、視覚的に変化する部分なんですよね。

結構な勢いでカスタマイズをしているので、もしかしたら重たくなっているのかも??

とか思って、圧縮したらいけるんと違うんかなとか思ってしてみました。

 

CSSの圧縮ツールは以下のツールです。

 

を使いました。

 

注意!!

絶対に原文のバックアップをとっておきましょうね!!これは絶対に守ってくださいね。じゃないとあとでしんどくなってしまうので、、、。

 

 

 

ここで一度、スピードテストをしてみましょう。

 

f:id:slash1196:20191020160308j:plain

スマホの点数が12点上がってる。
うん。大分上がってますね。

 

でもまだ赤点やけど、、、。(笑)

 

②記事の中にある画像を圧縮してみる

画像はたぶん一番大きい部分を占めると思うので、とにかく絶対にやっといた方がいいですね。

普通にはると画像の容量が大きいらしくブログ自体が重たくなって表示速度が遅くなるのだとか、、、。

 

とにかく作った記事に貼ってある画像を圧縮しました。

圧縮に使ったのは、以下のソフトです。

 

これはすぐに圧縮してくれるそんなソフトなので使いやすいですね。

 

③使っているブログテンプレートを変える

これはまあ言えば使っているテンプレートを変えるって意味ですね。

はてなブログにはいろんなテンプレートが存在します。

 

そしてどうやらそのテンプレートによってスピードが違うっていう話なんですよね。

ってことで一回別のものにしようかな、、、なんて考えたんですけど、また同じものに変えましたね。

 

でダウンロードをしてみました。

そうしてスピードテストをしてみると、

f:id:slash1196:20191020160308j:plain

f:id:slash1196:20191020160116p:plain

下がPC上がモバイルです。

はい、上がってますね。

 

ただ、まだモバイルがちょっと赤点気味なのでとにかく画像を圧縮をこれからやっていきましょうね。

 

④既存のソーシャルボタンを外す

実はソーシャルボタンって、カウントをするのにものすごく容量を食っているみたいなんですよね。

その為に遅くなっているのではないかとかんがえました。

 

そこで既存のソーシャルボタンを外しました。

しかしソーシャルボタンがないとなんか寂しいですよね。

ってことでソーシャルボタンを新しく作って、記事の下に置くようにしました。

するとちょっと軽くなりました。

 

⑤はてなブックマークのコメント欄を無効化する

はてなブックマークのコメント欄を置いておくととにかく重たくなりそうに感じたので、外しました。

というか僕の場合にはとくに必要がなかったので外しましたね。

 

⑥はてなスターを無効化する

はてなスターは本当は残したかったんですよね。

というのがたくさん読んでくれる人がいてたのでどうしても見たかったんですが、やっぱり読み込みの速いサイトの方がいいですよね。

だから外しました。

 

⑦広告を無効化にする

これははてなブログProにしててよかったと思ったことなんですがはてなからの広告を完全に無効化にしておくことでしたね。

何故なら広告というのは中には画像の広告も含まれるので、自分ではどうしようもないことが多いんですよね。

 

そうなると使うのに非常に使いづらくなってしまいますから、無効化にしておく方がいいです。

 

まとめ

いかがでしたか??

 

結構重いのが軽くなったりしたんではないでしょうか??

 

しかし、Page Speed Insightsの内容に関しては、中には自分ではできないものも中には存在します。

 

運営会社に依存するところがありますから、神経質になる必要はなくて、書くことに集中するということでいいと思います。

 

では今回はこの辺で。

また次回。

 

ブログを書いていくうえで大事だと思うことをまとめてみた。

 

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

先日僕は以下のようなツイートをしたんです。

 今回はこのツイートについて掘り下げて考えていこうと思います。

 

では行ってみましょう。

HERE WE GO!!

ブログを書いていて思うこと

ブログをかいていて最近よく思うんですが、『自分自身のマインドにものすごく左右されやすい』ビジネスであるということなんです。

 

実はブログもアフィリエイトもそうなんですけれどどれだけ自分のことを信頼するかどうかということがカギになっていくんです。

 

自分のことを疑ってはいけない

アフィリエイトやブログというのをやっているとPV数が増えないという場面に直面することがよくありますよね。

またそんなときにどういう思考になるかというと『本当に自分が現在やっていることは実を結んで成功することができるのだろうか』といった気持ちになるんですよね。

 

これが実はほとんどの人がブログやアフィリエイトを始めてすぐにあきらめてしまい、やめてしまうという大きな原因なんですよね。

 

知っての通りブログというのはインターネット上で文章を書いていますがこれが結構馬鹿にできないんですよね。

というのが自信がない文章というのは読者に伝わってしまうということなんですよね。

 

これはどんな人にも多かれ少なかれ、そうなんですよね。

 

わかりやすいように例文を使ってみてみましょう。

下記の例文を見てください。

あなたがもし読者だったとしたら、下記のどっちの文章の方が読もうと思いますか??

例):

①『~だと思われます』

②『~です。』

 

当然信頼がおけるのは後者の方ですよね。

これは書き方の終わり方に関してですが、自信のなさが前者には出ているんですよね。

 

自信があれば最後を言い切れますよね。

そうすることによって相手に信頼感を与えることもできるんですよね。

 

ですから自信というのはものすごく大切なんです。

 

自信がなくなるとブログやアフィリエイトは失敗する!!

実はこういうときってものすごく自信がない状態なんですよね。

 

自分のやることやることすべてを疑ってかかるから、迷いが出てきてしまいます。

そして迷いが出るから行動に移せなくなります。

行動に移せないから結果なんか出るわけがない。

その結果を見てまた自分が出来ないやつだと自分で再確認することになるんです。

そして、疑うようになりますよね。そんな悪循環になります。

今風に言うと負のスパイラルとでも言いましょうかね。

 

自信がない時に必要なことは??

こういったときにはとにかく『自信をつける』ということをしたいですよね。根拠のない地震でも根拠のあるものでもなんでもいいんですけれど、、、。

 

僕はいつもPV数などが伸びていないということが有った時に、『僕はラッキー』っていう言葉を口の中で10回言うようにしているんですよね。

 

だって文章がもしかしたらもっと読まれるようになるかもしれないブラッシュアップの機会を数値で表されていることによって、知らしてくれているんですよね。

 

だからそういう時には『ラッキー』っていうようにしてるんです。

 

でも実際にそういう風にしたのはYouTubeで斎藤一人さんの講演映像を見てからなんですけどね。

 

僕自身は最初、その言葉を聞いたときに、『そんな馬鹿』って思ったんですよね。

でもね、ブログを長く続けているとPV数とかクリック率なんかを見るようになりますよね。

そうしたらまあ上がってないわけですよね。するとべっこり凹むわけです。

 

そうすると実は豆腐メンタルな僕はそのことばっかり考えてしまって実際に記事を書くという行動が出来なくなってしまうわけです。

 

これがアフィリエイトを成功するものにできるか失敗に貶めるのかというポイントだと思っています。

 

で実際にそうではないことをやってみて『証明してやる』と思ってやってみたんですよね。

常に『俺はラッキー』っていう言葉を言うようにしたんですよね。

 

すると、ラッキーって言っている自分に対して『何に対してラッキーなん??』みたいな疑問が出てくるんですよね。

するとね、自分で面白いことにその疑問に対して理由付けをしようとするんですよね。

 

『PV数が上がっていないのはもっといい文章になる素質を持っているからだ。それを確認することが出来た僕はとってもラッキーだ』みたいな感じにね。

 

すると文章に問題が有るのではないかと思って、『やったろうじゃん』っていう気持ちになったりするんですよね。

 

そうすると体はそのように動くもんなんですよね。

 

自分の思った疑問を調べなければならない

自分が思った疑問というのを調べなければならないというのは結構当然と思っている人も多いと思います。

これは僕は自分に自信をつけるうえでも大切なことだと思っています。

 

自分に自信をつけるうえで?どういうこと??

 

わからないことを調べた時って自分の知識と経験になっていくんですよ。

今までできなかったことが今はできるそんな状態になるわけですよね。

ということはあなた自身に自信を持つきっかけになると考えていいと思うんですよね。

 

だから自分で調べた方が成長するんですよね。

 

誰かに頼って答えを求めてはいけない

僕はブログって自分自身だと思うんですよね。

だから、その中にある知識や経験も自分自身のたまものだと思っているんですよね。

 

で、最近思うのは答えを人に頼って求めることはあまりいけてないなあって思うんですよね。

っていうのが、友達なりメンターなり先生なりその人たちが教えてくれた答えっていうのはあくまでその人たちの答えだからなんですよね。

 

その答えってその時に納得しても自分で求めたものではないのですぐに忘れてしまうんですよね。

 

だからこそ自分で答えを導き出すとその時は大変な思いをしますが、そのあとには楽になることもあります。

 

その為に人の答えを聞くのはいいこととは思えないんですよね。

 

やりかけたことは絶対にやり遂げる

これは僕はものすごく大事なことだと思っています。これはアメリカの実在する人物ビル・ポーターさんが『Door to Door』の中でも言っていた言葉ではあるが『本当に成功する人は最後まで続けた人間だ』という言葉があります。

 

日本では嵐の二宮和也さんが主演で出ていたのを見られたことが有るかもしれないですね。

 

僕はこれはアフィリエイトでも同じことが言えるのではないかと思うんですよね。

アフィリエイトも記事を書き続けることによって、いつ売れるものにあたるかわからないものなんですよね。

まあいわば金やダイヤ、温泉を掘ることとよく似ていると思うんですよね。

だから掘り当てるまでは時間がかかるんですよね。

 

でも掘り当てるには続けないといけませんよね。

 

だから最後までやり遂げる必要ってあると思っているんですよね。

 

質を向上させるためにはまず量をこなさなければならない

これはものすごく思うことなんですけれど僕自体がもともとあまり頭がいい方ではないので体で覚えていくタイプだからなのか、はたまたひねくれているのかわからないですけれど、『量より質』というのは上級者だからできることだと思っているんですよね。

 

確かに『質』も大事なんです。

これはもうGoogle先生が公言していますからね。

 

しかし、今までブログで記事を書いたことがない、もしくは書いていても日記のような記事しか書いてこなかったという人にとってはどういった文章を書けばいいのかということがわからないのも事実なんですよね。

 

そんな人に圧倒的に必要なのはとにかくブログに記事を書くことになれることじゃないですか??

 

実際に僕もブログを書く上でライティングの関係の本を3、4冊読みました。

しかし、どの本も残念ながらブログをかいたことが有る人用にしか書かれてなかったんですよね。

 

質を上昇させるには量を圧倒的にこなす必要があるんですよね。

そしてそのうえで、記事を直していくという作業が必要になるんですよね。

 

まとめ

実際に僕自身ブログを毎日更新を始めてまだ半年くらいですが、毎回思うのが質が上げるためには継続力が必要になると思うんですよね。

 

これはアフィリエイトでものすごく結果を出しているマナブさんもおっしゃってます。

 

だからやっぱり続けていかなくてはいけないなと思っているんですよね。

 

ですからマナブさんのように鬼作業をし続けることをやっていきたいなと思っている僕なのでした。

 

ってことで今回はここまで。

また次回。

 

 

初心者必見!!アフィリエイト記事を効率よく書く方法とは??

スポンサーリンク
 

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮(@guren1196)です。

 

さて今回は以下の質問にお答えしていこうと思います。

アフィリエイトブログをやっているのですが 要領よく記事を書くにはどうすればいいですか?

この質問はどのように効率的に要領よく記事を書いていくかという内容を言っていると思うんですね。

 

では早速行ってみましょう。

HERE WE GO!!

どうしてあなたはアフィリエイト記事を効率よく書けないのか??

ここではどうしてあなたがアフィリエイト記事を効率よく書きたいのにもかかわらず効率よく書けないかという理由についてお話ししていこうと思います。

 

中にはものすごく書くのが早い人とかもいますよね。

もう烈火のごとく一記事を1時間くらいで書いたりする人もいますよね。

そのたびに『ああ、自分もあんな風に書けたらいいのになあ』なんて思うものですよね。

 

じゃあなぜ効率よく書けないのかというとそれは、単純に『量が足りないから』に他ならないんですよね。

 

こう聞くときっとあなたは以下のように思うでしょう。

 

 

へ?量が足らないだけ??

 

そうなんです。

実はこの『量が足らないこと』というのは人が成長していく機会を最も奪うものだと僕は考えています。

 

『量が足らないこと』がどうしていけないのか??

ブログを効率的に書けない理由は『量が圧倒的に足らない』ということだと先ほど言いましたね。

 

じゃあどうして『量がたらない』ことはいけないのか??

『量がたらない』ということは、『人にものを伝える機会が少ない』ということになるからなんです。

初心者がアフィリエイトをする場合には、基本的に全くのゼロの状態から始まりますよね。

 

アフィリエイトっていったいなんぞや

っていう状態ですからもちろんその前に何も知らない人にものを伝えるために文章を書いたことがない状態であることが多いんですよね。

 

そういった何も知らない人に文章でものを説明するときに『どういった書き方をするのがいいのか』という考え方をする場面が必要になるんです。

 

量が多かったら『どういった風に書くとわかってもらえるか』という考える場面が増えます。

そして、書いた文章を『必要な人』を深く考える場面も量が多くなることによって考えることができるんですよね。

 

その為に『量を増やす』というのは非常に重要なことなんです。

 

容量よく記事を書きたかったら、とにかく書いて、読んで、『量をこなせ』!!

要領よく記事を書くためにはとにかく『書くこと』が一番ですが、そのあとで第三者の目になって読み返すことが必要なんですよね。

 

実はアフィリエイト記事って、書いていくことによって記事の質が、『昨日より今日、今日より明日』っていう風にどんどん向上しているものなんですよね。

 

そしてブログの記事というのは一度生産するとずっとそこにいますよね。一か月前のものは一か月前のスキルで書いたものとしてそこにあるんですよね。

これが実は、結構な問題です。

 

読者が増えてくると、ブログの記事を読まれるようになります。すると1か月前のブログの記事と今書く記事の内容もスキルも当然今のブログの方がうまくなっているわけですよね。

 

すると読者が読んだ時に伝わりにくい記事が中にあるかもしれないのです。

 

わかりにくい記事を見つけた時、読者にとってストレスがかかります。そうなると読者は考えるのをやめ静かに戻るボタンを押したり、検索で別のサイトを探したりするようになります。

 

そういったことをなくすためには、違う日にブログを自分でもう一回読み直しをする必要があるんですよね。

 

ですからとにかく読み直しをしっかりとすることが大事なんですよね。

自分に読んでわからないということは読者にはもっとわからないですからね。

 

わかりやすいように文章を改善する必要があるんですよね。

 

記事を数多く書くといっても思考停止状態では書いても意味が無い!!

まあここまで記事を数多く書くことがとっても大事であることをお話してきましたね。

ここまで聞いたあなたはきっとこう思っているに違いありません。

量を書くだけで容量をつかめるの?じゃあ量をこなすね。

 

そうなんですよね。

せっかく量をこなしても思考を停止した状態で文章を書いても全く意味が無いんです。

理由は『量をこなす』の意味を思考停止の状態では考えられなくなってしまうからなんです。

 

『量をこなす』意味は一体何?

 『量をこなす』意味について考えてみましょう。

では一体どうして『量をこなす』のか??

 

それは文章を要領よく書きたいからですよね。

要領よく書きたいということはどういったことが必要でしょうか??

文章の構成とか伝わりやすい言葉ももちろん必要ですね。

でももっと必要なのは一つの文章が出来たら第三者の目になって読み直しをすることなんです。

 

文章というのは算数や英語の勉強と同じです。

反復が必要なんです。

 

しかしいくら反復をしていても同じところで同じ間違いをしていたら全く意味が無いですよね。

ですから見直しが必要なんですよね。

 

だから読み直しが必要なんです。

 

まとめ

いかがでしたか??

 

結構言われるのが『量だけではなく質も必要である』という言葉は言われるんですが、実は何もわからない状態で始めているのですから『量』をこなさないと『質』も上がらないんです。

 

『質』というのはやり方がしっかりとあなたの体に入った時に初めて上がるものです。

そして、ようやくこのやり方よりもこのやり方の方がうまくいくのではないかという考える余裕が出てくるんですよね。

 

その為には文章をとにかく書いて、自分の書いていることを読みましょう。そして自分の書いていることがわかりやすく説明が出来ているのかということを見返してみてください。

 

そうすれば書くのが早く容量よくなっていくので、いいと思います。

では今回はこの辺で。

また次回に。

 

スポンサーリンク
 

ブログ開設と商品選定、順番はどっちが先?商品決めてからそれとも・・・・。

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

さて、今回は以下の質問に答えていこうと思います。

 

ブログアフィリエイトで先にA8netから売り込みたいプログラムを見つけてブログを作っていくという流れでブログを作り上げるやり方はよくないですか?メリットデメリットをおしえてほしいです

これは商品を決めてからアフィリエイトサイトを作り上げていく方法はあっているか間違っているかということですね。

 

では早速行ってみましょう。

HERE WE GO!!

 

ブログ開設と商品選定、順番はどっちが先?商品決めてからそれとも・・・・。

ブログ開設の順番って迷っていませんか??

実はブログの開設をする順番ってASPでアフィリエイト商材を決めてからするのがいいのかそれともブログ開設をしてから商材を決めるのがいいのかって正直いって迷いますよね。

 

ここでは実際にどっちの方がいいのかということを両方やってみた僕がわかりやすく説明していこうと思います。

 

ASPに登録して商品を決めた後にブログを開設した場合のメリットは?

ASPに登録して商品を決めた後にブログを開設すると以下のメリットが得られます。

メリット①:商品とブログ記事の内容が一致しやすくブログ記事が読みやすくなる

アフィリエイト商品を先に決めることによってブログのジャンルや書いていく内容が絞られます。

ですからより具体的になりますね。

 

メリット②:書くべきことが非常に明確化されるので何について書けばいいのかを迷わない

商品を決めてからブログを開設することのもう一つのメリットは書くべきことが明確化されるので何について書くべきかというのがあらかじめ決まるということです。

 

その為に迷うことがないために、それに向かって書く内容を下調べすればもう書くことができますよね。

 

メリット③:書くべき内容を先に理解できるのでブログ全体のイメージをつかみやすくなる

また、書くべき内容が先に理解できることによってブログの全体イメージをつかみやすくなり、デザインなんかもしやすくなります。

 

その為に、どういう施策をとるべきかということがわかりやすくなるんですよね。

 

メリット④:書くべき内容を先に書き溜めることができる

書くべきことを決まっているということは先に書き溜めることができるということですよね。

 

そして、書き溜めてから予約投稿することができるということなんですよね。

 

メリット⑤:時間を有効に使うことができる

書くべきことを決められているということは予約投稿ができます。

すると時間が空くことも十分に考えられます。

 

空いた時間にほかのブログ記事のネタを探すこともできますよね。

それってものすごく時間を有効に使うことにはならないでしょうか??

 

ASPに登録して商品を決めた後にブログを開設した場合のデメリットは?

ASPに登録して商品を決めた後にブログを開設した場合のデメリットはいったいどういったものが有るのでしょうか?

見ていきましょう。

デメリット①:読者の悩みをしっかりと理解しておかないとしっかりとした記事が書けない

実は先に書くべきことが決められているということは読者の悩みをより理解しておかないとしっかりした記事にはならないんです。

記事の内容がいかに読者の悩みを網羅しているかということになるので、読者の悩みを理解していないと記事の内容が薄くなってしまう可能性もありますね。

 

デメリット②:書くことが決まっているのでそれ以外のことを書くのが難しくなる

書くことが決まっているということはそれ以外のネタを差し込むのが難しくなってしまうと考えがちになります。

ですからネタを探しにくくなったりするんですよね。

 

ブログ開設してからASPに登録して商品を決めた場合のメリットとは??

ここではブログ開設をしてからASPに登録して商品を決めた場合のメリットに関してお話をしていきましょう。

 

メリット①:ブログの記事を書くことだけに集中できる。

ブログ開設をしてからASPに登録して商品を決める場合のメリットはブログ記事を書くことだけに集中できるということなんですよね。

 

集中することによって記事というのは非常にいいものになっていきます。

ですからあなた自身のブランドも上がっていきやすくなるんですよね。

 

メリット②:読者の悩みに集中できる

そしてブログを開設してからASPに登録して商品を選定した場合には、売るためにではなく、読者の悩みに集中できることなんですよね。

 

アフィリエイトというのは商品を紹介することですが実際にしたいのは商品を紹介することによって読者の持つ悩みを解決することです。

その為にどういう悩みを持っているかに集中できるのは、僕はこの方法だと思っています。

 

ブログ開設してからASPに登録して商品を決めた場合のデメリットとは??

ブログ開設してからASPに登録して商品を決めた場合のデメリットとはいったいどういったものが有るのでしょうか??

それは実際には一つだけなんですが、、、。

 

デメリット:商品紹介用の記事には不向きである

ブログ記事を書いてからの商品を選ぶのは特に成果報酬型の場合には向きであると僕は思っているんです。

 

というのが、ブログ記事の内容と広告の内容を合わせるのに時間がかかってしまうこともありますし、また見つからないことも考えられるんですよね。

 

それってあまりいい方向には進まないと自分の経験のもと、商品紹介用の記事には向かないと思っています。

 

結論

  • アフィリエイト記事を書くときにはブログの記事を書く前に商品を決めてからの方がいいです。
  • 理由は商品を決めてからの方がブログ記事内容が、広告と一致しやすいことがあげられるし、何よりどの点がおすすめなのかが書きやすいのでおすすめですね。
  • しかし、商品紹介ではない場合には先にブログの記事を書くことに集中しないといけないです。
  • 読者の悩みに集中できるためにその方がいいです。
  • ただ、紹介用には向かないのでアドセンスを使うようにするのがいいと思います。

 

まとめ

いかがでしたか??

アフィリエイトをするときに文章を書くのが先か商品を決めるのが先かということってものすごく悩みますよね。

 

僕自体ものすごく悩みながらブログを作っては消し、消しては作りを繰り返してきました。

 

実際にどっちも間違いではないのですが、僕の答えは商品紹介をするならやっぱり商品ありきの方がわかりやすいし、どういった記事を書くかということも書きやすいですよね。

だから絶対にその方がいいと思います。

 

最後にこの記事はあくまで僕の答えをまとめたものです。

ですから人によって意見が違う可能性もなきにしもあらずなんですよね。

いちばんいいのは検証してみることなんです。

 

もしよかったら一度両方とも作って試してみるのもいいかもしれないですね。

 

ってことで今回はこの辺で。

また次回。

 

 

 

// jQuery読み込み // 目次 表示/非表示ボタン