紅蓮のアフィリエイト日記

アフィリエイトの方法や失敗談などを書いていきます。また質問などにも答えていきますのでぜひ見ていってくださいね。

アフィリエイトに必要なパソコンのスペックは?

f:id:slash1196:20200523170420j:plain

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

最近すごく多いのがPCに関する質問が多いんですよね。気持ちはものすごくわかります。というのもどのようなPCを使ったらいいのかってアフィリエイトをする前にはわからないですもんね。

 

そんな時には

「いったいどんなPCを使うのが正解なの?」

なんて叫んでしまいたくなるのも無理ありません。でもそんなときにどんなパソコンがいいのかというのがあるとものすごく便利じゃないですか?

 

ってことで今回はアフィリエイトに必要なパソコンのスペックについてお話をしていこうと思います。

 

準備はいいですか??

Here We Go!!

ブログやアフィリエイトに必要なパソコンのスペックは?

f:id:slash1196:20200523170441j:plain

ブログやアフィリエイトに必要なパソコンのスペックというのはどうなの??

って話なんですが、正直以下のようなものなら何でも構わないんですよ。

 

最低条件

・ネットに繋がること

・WiFiが内蔵されていること

 

なんですよね。

 

ここまで読んでくれたあなた。

「何言ってるんだ??紅蓮は狂ったのか?なんでそんなことをいうんだ!!」

 

なんて思うかもしれません。

でもこれは事実なんですよね。

 

そう、実はブログやアフィリエイトをすることはネット上にアクセスしてどうこうということなんですよね。それ以上でもそれ以下でもないです。

 

ですからアフィリエイトをするだけだった場合にはものすごく安いパソコンでも実は事足りるんですよね。じゃあどう言ったことが必要なのかというと、それ以外の機能が発達しているかどうかということなんですよね。

 

ですから上記のように最低限の機能が付いていればいいと思うんです。

 

あった方がいい機能

と言いつつもここまで読んでいるあなたは実際に、

「そうは言うけど記事を書いているときに写真を一緒に編集したり、ネットで調べたり、なんてこと全部一緒にやらないと時間がかかって仕方がないよね」

なんて思っているかもしれませんよね。

 

ですからとにかく以下のようなものがあればいいのではないのかななんて思うんです。

あったほうがいい条件

・メモリー4GB以上

・軽くて薄ければなおいい

 ではどうしてこういったものが必要なのかを一つ一つ見ていきましょう。

 

メモリーが4GB以上

メモリー数の容量は2GB、4GB、8GB、16GB、24GB、32GB、64GBなどいろいろあるんですが、数が多いほど起動時間が早くなり、待ち時間が少なくなるんです。

 

ネットにつなげるときにもリンクをクリックしてからすぐにサイトにつながるので、待ち時間をストレスに感じることが無くなります。

 

っていうことは、読者目線で見ることができるので、どのように読者に見られているのかというのがわかりやすくなります。

 

またアフィリエイトの記事を書くのは何よりもいろんなサイトを見て、勉強してまとめることが多いです。

 

そのため、いろんなサイトを見ているときにメモリーが少ないとなかなかサイトが見れずにまとめるのが遅くなってしまい、ストレスに感じてしまうこともあるので、注意したいところですね。

 

そういう僕も実はこのメモリ数でものすごい失敗をしたことがあります。それはアフィリエイトを始めたての時なんですが、ノートパソコンを購入しようと思っていたんですよね。で、その時に自分の条件がインターネットとWi-Fi機能がついていることだけだったんですよね。

 

そうすると必然的に安いもの安いものになるじゃないですか。で2万円くらいの安いものを選んだんですね。しかもメモリが2GB。つまり、スマホよりも少ないわけです。

 

で増設ができるかと思えばモバイルパソコンという2in1のタイプのために増設ができないとのことで、今では使いもしていないものになっています。その時につくづく思いましたね。値段に飛びついてはいけないと。

 

ですからメモリーは4GB以上のものを選びましょう。

 

 軽くて薄くて耐久性もあればなおいい

そもそもノートパソコンというのは外に持ち運びができて場所を選ばないというのが目的のポータブルパソコンのことです。

 

家で仕事をするということを目的にするのであれば特にデスクトップでいいと思うのですがそうではなく、カフェとかに行ってするのが目的になるとそうはいかないですよね。

 

なんせ外で使うということは家の中では考えられないような衝撃を受けたり、さらには重さによって体に負担があるかもしれないのです。そのためにこういう耐久性に関しては非常に重要です。

 

そこでここではパソコンを選ぶうえで必要になる軽さと重さ耐久性に焦点を当てて考えていこうと思います。

 

軽さ

軽さはやはり軽ければいいですよね。

なぜなら重いと持っているときにつかれてしまうからです。バッグを持っている時にも重たいと体にものすごく負担になってしまいます。そうなるとアフィリエイトの作業をしないといけないのに疲れてしまうとそれどころではなくなってしまいますよね。

 

例えば持っているノートパソコンがダンベル2kgぐらいの重さがあったらどうでしょうか??

 

最近では薄くて、安いものが出ています。その分、軽くできているため、そういう場面はあまりないといえばないですが、持ち歩きに非常に不便ですよね。

 

もう持ち運ぶだけで疲れてしまうといった感じになってしまうのではないのでしょうか??そうなると結果的に買ったのに使えないものになってしまうためにあまりお勧めではないですね。

 

だからこそ軽さに関してはものすごく重要なんですよね。

 

薄いからと言っていいわけではない

最近のノーパソコンを見てよく思うのが、

「薄いなあ。これは持ち歩いたら画面壊れそう。」

ってことなんですよね。

 

ノートパソコンというのはちょっとしたことで、パソコンの画面にピシッと割れが生じてしまうことがあるんですよね。

そうなるとせっかくのノートパソコンの意味もなくなってしまうんですよね。

 

そうなると持ち運びができなくなってしまいますので、薄いからと言って飛びついてしまうのは大変危険です。

 

そういう僕自身も実はノートパソコンの画面で大きな失敗の経験が。あれは一番最初に大学の入学祝いに親から勝ってもらったノートパソコンでした。あるとき朝に起きてつけようとしたら亀裂が入ったんですよね。

 

で、家から持って出ていないのにそれって結構問題じゃないですか。メーカーに電話しましたがなんと画面は保証外とのことで10万円を超す修理代を払うことになりました。

 

その時に薄いからとか軽いからといって耐久性を確認しなかったおかげで10万円を超す修理代を払うことになりました。しかもその10万円を支払うために昼夜なくバイトをしないといけなくなってしまったため大変なことになったんですよね。

 

耐久性を見て、使い勝手のいいものを選ぶようにしましょう。

 

まとめ:ネットに繋がればなんでもいいしOSも関係がない。

f:id:slash1196:20200521014139j:plain

ブログやアフィリエイトに関してはネットにつながればOSなんかは関係がありません。

多少使い勝手の良し悪しはありますが、OSというのは特にネットにつながるのであれば特に関係がないんですよね。

 

そのために最低限度のスペックがあればいいですし、何よりブログやアフィリエイトで成功するために必要なのは記事を書き続けることで、PCのスペックというのは関係しません。

 

そのために何にコミットするのかということをしっかりと見据えたうえでブログやアフィリエイトに一緒に取り組んでいきましょう。

 

ってことで今回はここまで。

また次回。

 

2020年の目標表明

スポンサーリンク
 

f:id:slash1196:20200523171849j:plain

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

さて年が明けてはや4日、、、。

あなたは今年の目標って立てたりしましたか??

 

一年の目標をしっかりと立てることって実はものすごく大切なことだと思うんですよね。なぜならその目標で1年の動きが決まるからなんです。そしてその計画が決まっていないのはかなり問題だと僕は思うんですよね。

 

ってことで今回は以下のことについてお話をしていこうと思うのです。

・目標の立て方

・目標の達成するまでに必要なこと

・僕の今年の目標

 

では行ってみましょう。

準備はいいですか??

Here We Go!!

一年間というのは人が成長するには十分な時間だ。

f:id:slash1196:20200523171908j:plain


人って実はめちゃめちゃ一年間で成長するんですよね。

 

例えば、アフィリエイトでもそうなんですけれど一年間毎日記事を書き続ければ、何かしらの成果が出るようになります。そしてスキルが身についていくんですよね。

ですからものすごく一年というのは成長するのに重要な時間なんです。

 

一年間で成長するには??

一年間で成長するには何にしろ目標が必要ですよね。

そこで今あなたの目標をノートでもいいしA4の用紙でも何でもいいです。

とにかく書いてみましょう。

 

書くときにはとにかく今の思うことを何でもいいんで書いてみてください。

 

目標はなぜ書くのか??

目標を紙に書くことによって人間というのは頭の中を整理するようになるんですよね。

いくら強い力で夢を念じても、頭の中が散らかっていたら叶う願いもかなわなくなってしまうんです。

 

だから何よりも先に頭の中の整理がてら紙に自分の願いを書くんです。

 

目標の達成するまでに必要なこと

f:id:slash1196:20200523171937j:plain

目標達成するためにとっても必要なことをここではお話していこうと思うんです。

必要なことは以下の5つ。

目標の達成までにすること①:完了形で書く

何よりここで気を付けてほしいのが完了形で書くってことなんですよね。

特に人間というのは時間の流れが過去→現在→未来という中で生きています。

 

ですから未来を考えるときに過去の経験やデータを考えてしまって、未来を予測してしまいがちなんですが、未来というのは現在を生きているあなたが作っていくものなんです。

ですから必ず完了形で書くようにしましょう。

  

目標の達成までにすること②:できないなんてことは思わない

まずここで大事なのは時間が1年間もあるということなんですよね。

ですから何があっても成し遂げるだけの気持ちを持ちましょう。というのもできないと思ったらそこで試合終了。昔の漫画でも言ってましたね。

 

とにかくできると強く信じましょう。できないというのは非常に簡単なことですよね。だってできるためにはどうしようかというのを考えなくて済むのですから。そりゃ楽ですよね。

 

というのもできないと考えることによって人間の脳は思考を停止してしまうからなんですよね。そうするともっと大事などうすればできるのかということを考えなくなります。

 

そりゃあ行動が変わらないからできるわけなんかないですよ。ですから根拠のない自信を持つようにしましょう。

 

目標の達成までにすること③:周囲の人の否定的な意見はシャットダウンする

これは目標達成の阻害になる一番のポイントなんですが、周囲の人の声に耳を貸してしまうことなんですよね。

人間というのは安定を求める生き物なんです。

 

そしてもしあなたが新しいことを始めようとするとあなたの友達や家族、恋人などは自分が置いてけぼりになったようなそんな気分になってしまうためにあなたのモチベーション維持の阻害になってしまいかねないんです。

 

でもあなたにとって心地がいいのはあなたの目標を達成することということですよね。

 

そのためには必ずあなたの周りの人の言うことに耳を貸してはいけません。

あなたは周りの人とは違うのです。

 

ですから徹底的にシャットダウンしましょう。

 

目標の達成までにすること④:目標に向けて一点集中すること

とにかく目標を立てたら目標に向けて一点集中することをお勧めします。

「なんでそんなことを?」

と思うかもしれませんが、それが目標を達成することの一番の近道だからなんですよね。

 

例えば、このブログを見ているあなたはもしかしたら副業でアフィリエイトをしているかもしれません。

しかし、仕事をしている間もアフィリエイトのことをしっかりと考えてほしいということなんです。

 

会社の仕事を一生懸命したところでのちのあなたの生活に会社は責任を持ちませんよね。

 

だからこそあなたが一点集中する場所は優先順位をつけるべきなんですよね。

 

目標の達成までにすること⑤:書いたノートや紙はどこに行くにも持ち歩き何度も見返す

目標というのはとにかく忘れないことが重要なんです。

なぜかというとそれこそが目標達成の大前提だからなんですよね。

 

そのために目標を書いたノートや紙はどこに行くにも持ち歩き、暇があればとにかく見て、達成した自分を想像しましょう。

 

目標が達成できない理由は??

f:id:slash1196:20200523165603j:plain

世の中にはどうしても目標が達成できないという人が不思議とたくさんいるんですよね。

実は僕もそうだったんですよね。

 

そんなある日理由を考えてみたんですよね。

 

理由は簡単なんですよね。

達成した自分をうまくイメージできないからなんです。

 

そしてイメージできない理由は今まで達成したことがないからイメージできないんですよね。

でもね、そのイメージをおぼろ気でもいいので持っておくことによってものすごく目標達成を成功させることのできる確率は高くなるんです。

 

だから常にそのことについて成功したイメージを持っておくことが大事なんですよね。

 

2020年の僕の目標

f:id:slash1196:20200523172012j:plain

ここでは僕の今年度の目標についてお話ししようと思います。

目標は以下の5つ。

 

Twitterのフォロワーを5000人増やす

Twitterのフォロワーを今のフォロワーの数から5000人増やしたいというのが僕の目標です。

そのためにすることは、とにかく人のためになるようなツイートを毎日10ツイートするようにしていきます。

 

ブログアフィリエイトで月収を今より5万円増やす

アフィリエイトを今しているんですが、月収を今より5万円増やすのが今年の目標なんです。

 

そのためには今までよりも商品にかかわる時間が多くないといけないですし、資料請求などに費やす時間も多くしないといけません。

 

そのために今年はアフィリエイトにかける時間をブログにかける時間よりも多くしていこうと思っています。

 

HTML&CSSを勉強して今より見やすいデザインを作る

今年はHTML&CSSを勉強してデザインの強化に図りたいと思っています。

 

というのがやはりアフィリエイトで稼いでいるであろう先輩方のサイトを分析していくとものすごく見やすいし、邪魔なものが一切ないということがありました。

 

そのために記事を増やすことだけにコミットするのではなくデザインの強化をしていくように努めていこうと思います。

 

不労所得になる収入の柱を1本構築

毎年の目標ではあるんですがなかなか困窮にあえいでしまい、就職をしてしまったりということで、後回しになっていた不労所得になる収入の柱の構築ですが、今年は、ブログで不労所得になる柱を構築していきたいと思っています。

 

ブログというのは一回上がってしまうとWEB上にずっといてくれるのである意味不労所得になりますから絶対にいいと思っています。

 

毎日ブログの更新をする

去年はやれ風邪をひいたり、腰痛悪化になったりとなんだかんだブログの更新が滞っていた一年でした。

しかし、それによってブログの記事の質が悪化したように感じているので、今年は毎日更新をするようにしていきます。

 

 

まとめ

f:id:slash1196:20200521014139j:plain

今年の目標は必ず達成していきます。

見ているあなたの信頼と僕自身の実績のために、、、。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク
 

日本の教育のままに生きては行けない3つの理由

スポンサーリンク
 

f:id:slash1196:20200521014404j:plain

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

今年は去年にもまして記事の更新の量を増やしていこうと思っているので是非楽しみにしていただけたらと思います。。

 

さて、本年度第1回目は、教育のままに生きてはいけない理由というのを3つお話ししようと思います。

 

これは結構早い目に気が付いておかなければならないことだと僕は思っています。

というのが社会で役に立つことというのが学校教育の中では皆無に等しいからなんです。

 

ってことで今回も元気に行ってみましょう。

Here we go!!

 

日本教育はもっとためになることを教えるべきだ!!

f:id:slash1196:20200523172600j:plain

今回なぜこういったことをお話ししようと思ったかというと僕の友達に小学校の教諭Iと高校の教諭Sがいるんです。

僕を含む3人は高校の時の同級生なんです。

 

ある夜に一緒に忘年会がてら飲みに行ったときに以下のようなことを言い始めたんです。

S:最近めっちゃ思うけどさ。教育って何なんだろうって思うんだよね。

I:まじで??それ俺も思うんだよね。教育の質が上がっているとも思えないし、社会に出て本当に役に立つかというのがわからないんだ。

S:それよくわかる。だって学校に行っても社会に出て使えないことを教えていたら何の意味もないもんね。

僕:でも学校教育って今だいぶ変わっているんだろう??

S:確かに変わっているんだけど根本の部分は俺たちの時と何も変わっていないんだ。

I:そうそう。

S:結局サラリーマンを育てるっていう大元は変わっていないから、ちょっと個性の強い生徒なんかがいると扱いにくいなんて思う人もいるんだよ。

I:あっそれうちの小学校でもそうなんだよね。考えの相違っていうのがあるのにそれを認めようとしないんだもん。まいっちゃうよ。

僕:そうなのか。。。

 

確かに僕自身社会に出てからというもの教育されてきたことと社会で使えるものが全然違うということに気づいていました。

 

そしてそれは早めに気が付かないといけないことなんです。

そのために今回この記事を書きました。

 

今の社会は稼いだもん勝ちの社会だ!!

今の社会というのは稼いだもん勝ちの社会であると僕は心底痛感しています。

これは社会に出てから初めて、気が付くことかもしれません。

 

そして、僕もそうでしたが今の時代なかなか給与というのは上がらないんです。

その癖、責任だけはどんどん重くなり、経費削減を言い訳に一人頭の負担はどんどん増えていく一方。

 

ですから稼ぐために自分の武器というのが必要になるということなんです。

 

教育は人それぞれ違った武器があるというのを知らないといけない!!

僕はこれはすごい思うことなんですが人はそれぞれ稼ぐために持っている武器となるものが違うということに気が付かなくてはなりません。

 

ではその武器とは何でしょうか。

ここでいう武器というのは人がそもそもこうありたいという希望や願望そして興味のことを言います。

 

そして希望や願望、そして興味というのは人それぞれ違いますよね。

 

そのためにみんな一緒である必要なんてないはずなんです。

しかし今の教育の現状を聴いて僕が思ったのは、僕たちのころと全く進歩がしておらず、みんな一緒のことを教えるという状況なのです。

 

これでは稼ぐことなんてできないですよね。

 

教育のままに生きてはいけない3つの理由 

f:id:slash1196:20200523172623j:plain

ではここで本題の教育のままに生きてはいけない3つの理由についてみていきましょう。

 

理由①:日本の教育は自分で物を考えるようにはできていない

日本の教育というのは決して自分で物を考えるようにはできていないんですよね。

何故ならそもそも自分で考え、作るという習慣ができていないからなんです。

 

学校の教育方針を見てみるとわかりやすいと思うのです。

例えば、受験です。

 

受験の突破の仕方というのは反復練習です。

それがなぜそうなるのかという考えは必要ありません。

 

しかしその方法では、試行錯誤という力がつかなくなってしまうんです。

何故なら答えが一つであるという錯覚が出てしまうからなんです。

 

会社に入って仕事をするときもそうなんですが、仕事をやっつけるという目標のもと数ある方法の中から一番適切なものを選ぶというやり方が必要になるんですよね。

 

そのうえで試行錯誤というのはものすごく大切になります。

 

しかし、今の教育制度はなかなかそういった試行錯誤をさせる機会がないため、教育のままに生きてはいけないという結論になりました。

 

理由②:日本の社会教育は自分で行動を起こすために考えることを教えない

日本の社会教育というのは自分で行動を起こす玉目に考えるということを教えていないということを僕の友人は言います。

 

それは僕もものすごく思っています。

 

どういったときに多いのかというと一番顕著に思うのが何かを決めるときの「多数決」。

あの多数決に全く何の意味があるのかという意見を僕は思っています。

 

これは僕が営業の時にあったことなんですが、ある時に本社で営業会議があったんですね。

その時にある経営方針の改定案を持ってきたんですよね。

んで、その時にいいと思う人は挙手を見たいな感じで多数決になったわけです。

 

で、僕はその改定案に関しては僕はあまり乗り気ではなかったので当然挙手をしなかったんですが、その改定案が可決されてしまったんですよね。

 

そうなると少数派の意見は多数派に踏みつぶされる羽目になるんですよね。

 

本当にいいと思って挙手をしているならいいんですが、多数決は右にならえ的な考えを作り出してしまうように僕は思っています。

 

一種の思考停止状態とでも言いましょうか??

こういうのって実は社会に出てずっとやとわれになっていくと次第にもとにはものすごく情熱的であったものが実は情熱を失う羽目になります。

 

そして、新しい風を入れる機会を会社自身も失う羽目になるんですよね。

だから社会教育の思うままにしていてはいけないというんです。

 

理由➂:日本の教育はお金を稼ぐための教育にはなっていない(自分がリーダーになることを想定に入れていない)

僕はこれは社会に出てから思うことなんですが、日本の教育というのは直接社会で役に立つことを全くと言っていいほど教えていないなってことなんです。

 

確かに今の学校教育はプログラミング、ダンス、英会話などのカリキュラムが入ることによって以前の教育に比べると本当にこれ学校??というような内容になってきています。

 

しかし、学校のカリキュラムで教えないといけないのは生徒が自分自身でお金を稼ぐことの大事さを教えることだと思っています。

 

特に多感な時期を友達とすごす学生生活に人に雇われることだけの教育をするのは非常にもったいないと感じているんです。

 

以下のグラフをご覧ください。

これは日本人の18歳から79歳の男女1,525人(『幸せに関するアンケート調査』 日本人の幸せの転機は60代にやってくる!?最も幸福感の平均値が高いのは、60代以上の男女|CCCのプレスリリースから引用)に行った幸福度調査の結果です。

 

f:id:slash1196:20200521182038j:plain


男女の比較ですが、女性のほうが総合して幸福度が高いことがわかりますね。

また働く時間が非常に多くなる30代になるとちょっと給与の額が上がるのか、幸福度が高くなりますが、それも40代になると少なくなっています。

 

幸福度が少ない仕事をしているときほど悲しいことはないですよね。

なんとある市場調査で今の仕事が好きといえる人は全体の20%であるということがわかっています。

 

幸福度と仕事というのは直結する話です。

 

幸福度を上げるためにはどうしたらいいの??

もうこれはやりたい仕事をするしかありませんよね。

「そんなこと言っても時間がないし、何よりも生活できないじゃんか」

そういう声が聞こえてきそうですよね。

 

確かにそうなんです。

でもね、好きな仕事をすると実は長く続くということがわかっているんですよね。

 

そして、成果を出せることもわかっています。

 

しかし、学校では悲しいかな自分たちが好きな仕事をするためにということは教えてくれないんです。

 

そして、そのことを教えようとする人は残念ながら誰もいないのが現状なんですよね。

そのために今の学校教育のまま生きていくと社会に出ると間違いなく路頭に迷ういます。

 

気を付けましょう。

 

では今回はここまで。

また次回。

 

スポンサーリンク
 

 

僕が正規雇用で働かない6つの理由

f:id:slash1196:20200523174827j:plain

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

本日は今年最後の日となりました。

ってことで今年最後にちょっと働き方について考えてみようと思います。

今回は「僕が正規雇用で働かない6つの理由」についてお話をしていこうと思います。

その理由は以下の通りなんです。

  • ・気付け!!現代社会において会社に正規雇用されていても食うのには困る時代だから!!
  • ・正規雇用で働いても一生使えるスキルが積み上がらないから
  • ・正規雇用で働いて積み上がるスキルはあなたを土壇場で助けてくれない!!
  • ・正規雇用で働くと無駄なこともやらなくてはいけない
  • ・正規雇用で働くと仕事に対する100%のコミットができないと考えてしまうから
  • ・正規雇用で働くと責任だけが重くなってあまり稼げないから

 

では早速行ってみましょう。

Here we go!!

気付け!!現代社会において会社に正規雇用されていても食うのには困る時代だから!!

f:id:slash1196:20200523174842j:plain

結構僕自身やとわれて働いてきた人生を送ってきました。

最初に雇われて生き始めたのは23歳の春です。

 

その時に気づいてはいました。

雇われてしまうと社内で平等の関係が保たれなくなるということに、、、。

 

そしてあなたのスキルが会社のものになって、その状況に慣れてしまい、思考停止をしてしまうことに、、、。

 

どうして今まで自分の思い通りに生きてこれなかったのか??

それを今の今になるまで気が付いていても行動ができなかったのは、家族(自分の父親とか母親とか)の目を気にしていたからだと気が付きます。

 

親の目を気にして別に会社に属しなければ働けないということでもないのにやり続けてきたのです。

 

でも今の時代って会社に雇われていなくてもお金は稼げるんですよね。

そしてそういう人のほうがうまくお金を回しているのも事実なんです。

 

そう、僕は会社に雇われずに生きていくことを決めました。

 

ここでは僕が正規雇用で働かない6つの理由をお話します。

 

正規雇用で働いても一生使えるスキルが積み上がらないから

f:id:slash1196:20200523174858j:plain

僕が社会に出てから15年が経っているんですが、その中で転職を7回してるんです。

 

1社目は物流系の仕事、2社目は営業の仕事、3社目はホームセンター系の仕事で、4社目は浄化槽の清掃業者として、5社目はアパレル会社の販売員、6社目は派遣として、7社目は半導体エンジニアとして働いてきました。

 

その転職する度に思うことが自分の中に資産となるすきるがなにもないということなんです。

 

特に今まで働いてきた仕事は支えているのが団塊の世代に虐められて(だいぶ偏見あるけど、、、)育った社員が支えてきた会社だったため、会社の中にいる時には使えるけれどいざ辞めたり、定年になった時には使えないものが非常に多いんですよね。

 

ここであなたに想像して欲しいんですけれどもしあなたが65歳まで働いていきなり会社を辞める時、何もスキルがなかったらどうしますか?

 

めっちゃ怖くないですか?

その時に会社に騙されていたことに気がつくのです。

 

でもそうなってからでは遅いんですよね。

だから正規雇用で働くことをしないんですね。

 

正規雇用で働いて積み上がるスキルはあなたを土壇場で助けてくれない!!

f:id:slash1196:20200523174923j:plain

これは転職する度に僕は思ってきたことなんですけれど、実は会社に所属して積み上がるスキルって土壇場の時にあなた自身を助けてくれないということなんです。

 

なぜかと言うと会社で得たスキルというのは会社のものという考え方が一般的になっていて、さらに言うとあなた自身が真似できにくいビジネスモデルが多いからなんですよね。

 

真似すると初期投資が高額であったりしますよね。

ってことでまねができなかったりするんですよね。

 

会社に働いたから未来永劫、ずっと安泰なんてことは遠い過去のことです。

今の時代では大きな会社もいきなり倒産してしまったり金作にあえぐ社長なんかもいるんです。

 

また会社が倒産しなく、定年まで働けたとしても、会社で得た知識や経験はあなたが別の場所で働くことになったときにはくその役にも立たないんですよね。

 

そのことから見ると経験やスキルを積むには会社外に活動をしないといけません。

 

正規雇用で働くと無駄なこともやらなくてはいけない

f:id:slash1196:20200523174938j:plain

正規雇用で働くとなぜか無駄なことに時間がとられることが多くなるんですよね。

その代表的なものが「人間関係」です。

 

上司や先輩の顔色をうかがって仕事をしないといけないのははっきり言ってストレス以外の何物でもありませんよね。

 

また会社というのは深く狭くという事よりも浅く広くというのを推奨している感じがしています。

 

そのために、なかなかプロにはなれないという風に感じているんですよね。

プロになれないということは結果権威性を出せないということにほかなりません。

 

そうなってしまうと信頼性なんてあったものではないですよね。

ですから会社に勤めることが100%いいこととは思えないのです。

 

正規雇用で働くと仕事に対する100%のコミットができないと考えてしまうから

f:id:slash1196:20200523174958j:plain

正規雇用で今まで働いてきて思ったことがあるのですが、一つのことにコミットができない傾向にあるということなんです。

 

 

例えばAという作業をしているとするじゃないですか??

そうすると他の人から空気も読まずにBという仕事が降ってくるんです。

 

で話を聞いてみたら、AよりもBのほうが納期が目前で間に合わないなんてことがあるんですよね。

おいおい。まじか??俺の性格把握してから仕事回せよ。

なんて思ってしまうんですよね。

 

で怒られるじゃないですか??

 

勝手においていったくせに。。。

って思うんですよね。

 

正規雇用で働くと責任だけが重くなってあまり稼げないから

f:id:slash1196:20200523175015j:plain

僕は転職するたびに思っていたことがあるんですよね。

何で給料がこれっぽっちで責任ばっかり重いのか

って、、、。

 

僕の年齢が30代後半なんで、その年齢の日本の平均月収を調べてみました。

平均年収.jpさんの調査によると、月収32万円だそうです。

つまり年収は515万円だそうです。

 

これは手取りではなくて、額面のお話ですよね。

しかも30代後半というのは一般的に見て家族を養う人が多い年代でもありますから学費や必要経費がかさんでしまいますし、家や車の維持費、また最大の敵となる税金も多くなってしまいます。

 

そうなると生活していくだけで結構きついというのが本音ではないのでしょうか??

 

それなのに会社ではその見返りに責任だけがどんどん大きくなり、金額と責任のバランスが取れなくなるんですよね。

 

しかも会社は仕事を取ってこないと会社が損をするということになるのでどんどんとってきます。

しかし、会社で働ける時間が定時あがりが推奨される中、仕事が残っているのがまるで段取りが悪いかのように言われた経験があるのではないでしょうか??

 

そうなるとどんなに頑張っても段取りなんてうまくいかないですよね。

だから僕は正規雇用で働かないようにしているのです。

 

まとめ

f:id:slash1196:20200523175035j:plain

僕は最近、現代日本の会社組織の人たちは我慢をすることが美徳であるという催眠からそろそろ目覚めるべきだと思います。

 

そしてお客様は神様という考えははっきり言ってもう必要ないのではないかと思うのです。

何故なら、お客様は相手を選べるからなんです。

しかし提供する側はそうはいかないんですよね。

 

だからうまくいくためにも会社組織に依存しないスキルや経験をするために僕は会社を辞めました。

 

そしていろんな経験をするようにしています。

これからも自分にとって必要と思えるいろんな経験をしてオンリーワンになっていくようにします。

 

今回はここまで。

また次回。

 

心の余裕はお金の余裕?

スポンサーリンク
 

f:id:slash1196:20200523175955j:plain

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

先日マナブさんの以下の動画をみました。

www.youtube.com

 

そこで今回はこの動画を見て僕が思ったことや事実であるお金の余裕は心の余裕というテーマでお送りしていきたいと思います。

 

ではいってみましょう。

準備はいいですか?

Here we go!! 

お金は大事!!どんな美辞麗句を並べてもそれが真実!!

f:id:slash1196:20200523180018j:plain

ここでは、お金は大事でどんな美辞麗句を並べてもそれが真実ですよって話をしていこうと思います。

 

これは誰が何と言おうと真実なんです。

あなたがどれだけあらがおうとしてもこれは変えようもない事実なんですよね。

 

たまにいるんですよね。

「お金よりも大事なものがあるだろう」

とかいう初老の人が、、、。

 

僕はそういう人には必ず言うことにしているんです。

「あるとしたらどんなものがあるんですか??」

 

すると彼らは毎回のようにすぐに答えられないんですよね。

でしばらく時間がたって、

「恋愛とか友情とか、、、」って言葉を耳にするんですよね。

 

僕には理解ができません。

というのが僕自身、実は「恋愛とか友情とか、、、」っていう言葉を言っていた時期があるんですよね。

 

でもそれはある時に理想ということに気づかされました。

 

美辞麗句を並べるのは自分自身で稼いだことがないからだ!!

このような美辞麗句を並べる人というのは自分で稼いだことがないからです。

 

なぜ僕がこう思うのかというと、「仕事に人間性というのはほとんど関係ない」ということがあるというのを知っているからです。

 

信頼というのは仕事の出来映えによってのみ評価されるもので、前のデータというのはさほど問題ではないことを僕たちは知らないといけないんです。

 

恋愛とか友情というのはお金よりも大切じゃないの??

 これに気が付かされたのが初めて会社を辞めたときでした。

初めて会社を辞めたのが2005年の12月ですからもう15年も前になります。

 

会社をやめると給料が差し止めになります。

まあ当然っちゃ当然なんですけれど、、、(笑)

 

そうなると貯金もたかが知れていますから、すぐにお金が無くなるんですよね。

お金が無くなると食べる物に困るわけですよね。

 

ってことで僕はどうしようかと思ったかというと、当時付き合っていた彼女にお金を借りようとしたんです。(とってもクズ発言ですけれどね。。。(笑))

でも返ってきた言葉は「自分の生活をするので精一杯だ」という話だったんですよね。

 

まあ、もちろん友達にも電話しましたが同じような言葉が返ってきました。

その時に「少しだけれど、、、」という申し出があれば違ったかもしれませんが、そんなこと無理に決まっているんです。

 

何故なら日本の生活というのはサラリーマンを育てるように教育制度が作られているからなんですよね。

 

そのために嫌なことがあってもどこか自分に自分に納得させて続けていかないといけないこともその時に知りました。

 

お金よりも大切なものは命だけだ!!

とまあそんなこともあり「お金よりも大切なものは命だけ」という結論に至りました。

 

ではなぜ大切なのは命だけなのか??

これに関しては仕事というのは命があるからできるからなんですよね。

あなた自身もそうだと思います。

 

命があって元気があるから仕事ができるんですよね。

しかし現代の日本ではそれがちょっとちがってきているように思えるんです。

 

それはどういうことなのか??

それは働くために生きているのではないのかということなんです。

これはものすごく僕も悩んだことがあるんですが、働くというのは先ほども言いましたが活きているからできるといえます。

 

しかし、それが仕事が混んでいるとそのことを忘れがちになるんですよね。

 

何故そうなるのか??

実は会社に雇われていると顧客というのをかかえることになるんですよね。

そして、ミスをするのは顧客の信頼を失ってしまいますよね。

 

しかし、元来どんなにあらがおうとしても人というのはミスをするものです。

それはどんなに気を付けていてもです。

 

しかも人というのはプレッシャーをかけられればかけられるほど余計に失敗するようにできているんですよね。

 

しかし、現代の日本では会社員一人一人にかけられる責任が非常に重くなっているんです。

そして広く浅くという風になっているので、当然プロになんかなれないんですよね。

もちろんプロにならない人にはいい仕事なんて来るわけがないんですよね。

 

そのためにいい仕事ができない人が多いんですよね。

そうすると給料は少なく、お金の余裕がなくなりますよね。

 

お金の余裕がない人は心の余裕がない!!

f:id:slash1196:20200523180037j:plain

お金の余裕は心の余裕であるということが痛感させられた事態が起こりました。

どういったことかというと転職活動の時のことなんですね。

 

転職活動中にお金の余裕がないと結局本当のことができないんですよね。

これはもう間違いがないんです。

 

なぜなら、好きなことを始めたときにお金が無くなると、続けることができないからなんですよね。

 

そのために心に余裕がなくなってしまうんですよね。

このことから言っても心の余裕はお金の余裕であることなんです。

 

お金の余裕があれば仕事を自分で選べる!!

でね、お金の余裕があれば仕事を自分で選べるということがあるんですよね。

どうしてそうなるのか??

 

お金の余裕があれば、仕事をあわただしくすることはないですよね。

そして、条件の面でも人にあなたの実力を値踏みされることはありません。

 

となると、仕事の条件が悪いと思ったら、お金の余裕があるならば断わってもいいということにつながるんですよね。

 

そうなるとやるべき作業量がぐっと減りますよね。

つまり集中力も倍増ということができるということなんです。

 

そこから見てもお金の余裕があれば、仕事も得られるしいいことづくめなんです。

 

まとめ

f:id:slash1196:20200523175035j:plain

お金の余裕は心の余裕という内容わかっていただけましたか??

どんなに美辞麗句を並べてもこれはもう悲しいかな事実は事実です。

 

それよりも大事なものなんて本当にはありません。

精神的なことをいうのはあなたが自分の力でお金を稼いでいないからです。

 

ですからこのことをしっかりとわかっておかないといけないと思いますね。

 

ってことで今回はこの辺で。

また次回に。

スポンサーリンク