紅蓮のアフィリエイト日記

アフィリエイトの方法や失敗談などを書いていきます。また質問などにも答えていきますのでぜひ見ていってくださいね。

それはほんまかい?アフィリエイトがオワコンと言われる理由

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

今回の質問はこちらです。

アフィリエイトってよくオワコンだという話が書いてあったりするんですが本当ですか?

この質問よく見かけるんですよ。

今回はこの質問に僕が全力で答えていこうと思います。

だからしっかり着いてきてくださいね。



ちなみに今回の記事は、以下のような方にお勧めです。

  • 今からアフィリエイトに参入しようとしている人
  • アフィリエイトの勉強をしているけれど、『オワコン説』を聞いてしり込みしている人。
 

準備はいいですか?

Here we go!

 

 

アフィリエイトはオワコンと言われる根拠は何か?

昨今よく雑誌なんかを見ると『 アフィリエイトはオワコンだ』という言葉をよく目にしますよね。

 

副業でアフィリエイトを始めようと意気込んでいるところにそんな言葉を聞いたら意気込みが沈んでしまうという人も多いはずです。

 

検索エンジンのGoogle社のアップデートの問題が大きく関係しているのではないかと考えています。

 

では、なぜそう言われるのか?

 

  • 頻繁なアップデートに振り回される
  • ジャンルによるドメイン優遇
  • 大手企業のアフィリエイト進出

一つ一つゆっくりとみていくことにしましょう。

頻繁なアップデートに振り回される

じつはインターネットの検索で有名なGoogle社、最近めっちゃたくさん検索のアルゴリズムをアップデートするんですよ。

 

この間も医療・健康系アップデートって言って大きなアップデートがあったんです。

2017年12月だったかな。

 

この理由は医療系とか美容系って人の体にまつわるものが多くあるためなんです。

そして、そこには必ず薬事法という法律が立ちはだかるんです。

 

そしてアフィリエイトをするときにどうしてもその壁を犯してしまいがちになりますから、制作する会社や医者などでない中途半端な知識のサイトは上位表示させなくなったのです。

 

まあ検索するほうからすれば信頼性は高まるかもしれませんが、広告業者にとっては大きな打撃を与えることになったんです。

 

またそのことを皮切りに頻繁にアップデートを繰り返していて、

 

 

カスタマーファーストっていうのをものすごく意識していて、ひどい時には一週間に一回とかの割合でされているみたいなんです。

 

前は一年に一回とかだったりしていたのに、、、

 

まあそんな頻繁にアップデートされるアルゴリズムから

検索上位結果に表示されないたくさんのアフィリエイターが

続出したことが原因だと考えています。

ジャンルによるドメイン優遇

昨今、たくさんの業社がアフィリエイトに参入してきているんです。

 

でGoogle社としては医療・健康系アップデートの目的は信頼性を高めることなので、どうしても製品を作っている会社のドメインを優遇する傾向が出てきました。

 

そのために『アフィリエイトがオワコンである』といわれる所以となっていると考えています。

 

大手企業のアフィリエイト進出

これは前章の話からつながっているんですが、昨今たくさんの業社がアフィリエイトに参入してきているという話をしました。

 

この原因は個人で1000万円単位で稼いでいることをマスコミが取り上げたことが原因ですね。

そして稼げることを知った業者が、『よし、じゃあ僕たちも。。。』といって組織ぐるみで始めたということでしょう。

 

また、会社単位で始めた場合、資金力という面で個人はなかなか太刀打ちができないため、どうしても検索の順位が下がってしまいます。

 

また、更新頻度の面からみても会社対個人の場合は差が出てきてしまうので、

『アフィリエイトはオワコンである』といわれる所以だと考えています。

 

本当のところアフィリエイトはオワコンなのか??

さてここまで話してきてもしかしたらあなたは自信を喪失されているかもしれません。

なぜなら、『会社が出てきたら、太刀打ちできないって言ったじゃん。』

ってね。

しかし、ご安心ください。

 

僕はまだまだアフィリエイトで戦う方法はあると思っているんです。

その根拠を今からお伝えしますね。

 

前ほど稼げなくなったということだけで稼げる人もいる

実はですね。

『アフィリエイトはオワコン』という言葉の裏側には、一つの事実があるんです。

それは、検索県外に飛ばされたサイトはGoogle社のアップデートの際にそのガイドラインにのっとってなかったという事実が隠されているんです。

 

ということは今のガイドラインをしっかり読み込んで、検索されるお客様のためになることをすればいいんです。

 

そして、これは記事を書くのと並行して、リライトという作業が必要になってくるんです。

会社が相手なら今までと違う戦略を考えればいい

『アフィリエイトがオワコン』といわれた原因の一つに大手企業が参入してきたというのがありましたが、僕はこれもおかしい話だと思うのです。

 

確かに大手企業が参入してきたら大変になるでしょう。

でも、それは今までのやり方でアフィリエイトをした場合であって、

戦略を変えた場合はその限りではないという事ですよね。

今までの戦略に固執することなく、戦い方を考えましょう。

 

ひとつのサイトに頼らずリスク分散をしっかりすることが大事

これは僕自身すごく思うことなのですがブログって個人でやる場合には、

ものすごく時間と労力がかかっています。

 

必死にやってきたブログがGoogleのアップデートのおかげで検索圏外になんてことも珍しくないですよね。

 

そのためにも一つのブログに記事を詰め込むのはやめにしたほうがいいです。

そして、なるべく多くのサイトを作りましょう。

 

そうすれば一つがこけてももう一つがある。

という心の余裕がありますからね。

 

焦らずにすみます。

ぜひやってみてはいかがでしょうか??

 

まとめ

おつかれさまでした。

いかがでしたか?

 

正直僕もGoogle社のアップデートには本当に疑問を感じます。

なぜそんなにアップデートをする必要があるのか?

と思うことも多いんですが、まあルールになっている以上は仕方がないですよね。

 

でも意外に人として当然のことを言ってたりするので、お金儲けに走らなければ

オワコンになることはないと思っています。

 

ひとつで100万は無理でも、

10万のサイトを10個作ればいいわけですからね。

 

まあ時間はかかると思いますが、アフィリエイトはもともと即金性のないビジネスモデル。

頑張っていきましょう。

 

今回はここまで。

また次回。 

 

 

 

 

 

 

 

 

// jQuery読み込み // 目次 表示/非表示ボタン