紅蓮のアフィリエイト日記

こんにちわ。アフィリエイターの紅蓮です。今回アフィリエイトをすることになりました。その時にやったことなどを書いていくのでぜひとも見てください。

アフィリエイトにおいて広告コピーとはどういうことなのか??

スポンサーリンク
 

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

アフィリエイトにおいて広告コピーってどういうようなものかを

今日はお話していこうと思います。

 

というのも、この間一つのアフィリエイトサイトを見たんですよね。

そしたらその書いてある内容があまりにも読者にしてほしいことが

わからないサイトだったので、『これは今また勉強しなおすチャンス』

と思い、書いてみました。

 

この記事を読んだあなたはきっと以下のようなことで悩んでいるはず。

  • 書いても書いてもPVはあるけど、誰もクリックしてくれない。
  • いったい何のために書いているのかがわからなくなってきた

こんなお悩みがこの記事を読むころには、

  • 読者が読んでどのように行動してもらうために書くようになる
  • 何のために書いているのかを明確にすることができる

 

という効能を得ることができます。

 

ですから今日も頑張っていきましょうね。

 

準備はいいですか??

Here we go!!

 

アフィリエイトにおいて広告の役割は??

さて一番最初に言っておきます。

アフィリエイトにおいての広告の役割、それは文章を読んでもらうことではありません。

 

読者がその広告を見たときに、読者の欲求を刺激して、購入ボタンを押してもらう事が最終の役割となります。

 

アフィリエイトというのは、物が売れなかったら当然のこと手数料が入ってきません。

広告を出しているのに売れなければ、赤字になってしまいます。

 

そのためには売れるように読者を心理誘導しなければならないのです。

 

アフィリエイトをするサイトのほとんどがいきなり売り込みをかける

さて、売ることが目的ということを前章で読んだあなたはきっと

『ブログにアフィリリンクを貼っておけば売れるんじゃないの?』

といってたぶんいっぱいの記事に貼っていくことでしょう。

 

でも待ってください。

そのようなことをしても、全然売れないんです。

 

確かに記事を書くことは大切なんです。

でもね、いくらアフィリエイトをするための記事をたくさん書いても

まあ読まれることはないでしょう。

 

読者があなたのことを信頼しないからなんです。

じゃあなぜ?信用されないのか??

 

インターネット上に急にできたサイトが信頼されるわけがないんです。

なぜなら上位表示されるのに時間がかかるためなんですね。

 

そのためになかなか読まれないし、読まれないから売れない。

この悪循環です。

 

まずは読者にその商品周りのことについて知ってもらいましょう

いきなり売り込みをかけるのは本当にナンセンスなんです。

なぜなら、あなた自身が信用されていないのですから。

 

あなたが書いてだった場合に信用できない人から買うのって

怖くないですか??

 

これは実店舗販売の場合との大きな違いなんです。

実店舗販売の場合には、そこに行けば店舗があるので何かあった場合には

すぐに連絡が付く状態にあります。

 

しかしアフィリエイトというのは、無店舗販売です。

もし信用のできない人から買って何かあった場合には、

最悪次の日にはサイトが閉鎖になっていたり、

連絡がとれないかもしれません。

 

そうなってしまうと、買うほうからしたらたまったものではありません。

だから慎重になるんです。

 

アフィリエイト商品のリンクの張り付けは1記事につき1つにする。

アフィリエイトサイトを見てみたりすると、みんなアイリエイトリンクをべたべた貼ったりしてるんですよね。

 

でも、1つのページに1つの商品のアフィリエイトリンクにしておきましょう。

なぜなら、何の紹介をしているサイトなのかということを読者が混乱するからなんです。

 

読者が混乱するということは当然、Googleさんも混乱します。

Googleはクローラーというのが入ってサイト内を監査しているのです。

 

しかし混乱を起こすと、そのページは何のページかがわからないという理由で

クローリングエラーというのが出てしまい、認識されないこともあります。

 

そうなると、読者の目に届くことはなくなってしまいます。

ですから1つのページに1つのアフィリエイトリンクを張るだけにしましょう。

 

読者がその商品を買った後を想像できるコピーになっているのかを読み返して確認する

僕たちアフィリエイターの場合は商品が売れると、手数料が入ってそこで終わりとなります。

 

読者の立場では違うんです。

商品を買ったらそこで終わりではなく、その商品との生活が続いていくんです。

 

いわば買ってからが本当のスタートになります。

ですが、アフィリエイトサイトなどを見ていて思うのが、買った後のことを考えて書かれているサイトはそう多くありません。

 

しっかりとした書き方をしておかないと商品を返品になったりするので気を付けておく必要があります。

 

まとめ

お疲れさまでした。

いかがでしたか??

 

実は『広告』の考え方を間違っている人が結構多いんですよね。

まあ『広告』という字のごとく、『広く告知』することなので

字の通りに思ってしまうのも無理はないのですが、、、、

 

しかし、『広告』というのは最終的に買ってもらうのが仕事なんで、

読者が買いやすいように書くというのはもちろんのこと、

買った後にも読者が使いやすいように書くことも忘れてはいけないですよね。

 

これからも一緒に頑張っていきましょう。

 

では今回はここまで。

また次回。

スポンサーリンク
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる