紅蓮のアフィリエイト日記

こんにちわ。アフィリエイターの紅蓮です。今回アフィリエイトをすることになりました。その時にやったことなどを書いていくのでぜひとも見てください。

アフィリエイト報酬を1.5倍に増やせる『限定性の原理』とは???

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

この前アフィリエイト友達の一人と一緒にお茶を飲みながら、

金額の話をしていたんですよ。

 

で彼曰く、僕と会う前にとある量販店にいってたんですって、、、。

それで、ポップに書いてあったのが、

 

○月○日まで半額の¥○○○。早いもの勝ち。

 

何であんなことをするのか??という質問をしてきました。

 

実はこれ『限定性の原理』というんです’。

 

今回はこの『限定性の原理』について詳しく考えていこうと思います。

 

ちなみに今回の記事は以下のようなあなたにお勧めです。

  • アフィリエイトでセールスライティングを書いているが、ここ一歩のところでいつも購入に至らないというあなた

そんなあなたが今回の記事を読み終わるころには以下のような効能を得られます。

  • アフィリエイトで書いた文章を読んだ読者に最後にちゃんと販促できるようになる

ですから今回も元気に最後までついてきてくださいね。

 

では行ってみましょう。

準備はいいですか??

 

Here We Go!!

 

 

そもそも『限定性の原理』とは何だ?

『限定性の原理』とは、数量や人数を限定することによって、読者を購買行動に導くための一つの手法です。

 

例えばテレビショッピングで、

このお知らせ終了後30分後までにお申し込みの方のみ送料無料!!

って言ってるのを聞いた経験がありませんか?

 

実はあれが『限定性の原理』なんです。

 

なぜ『限定性の原理』が必要なのか??

『限定性の原理』が必要な理由はいったい何なんでしょうか??

 

その理由は以下の3つにあると僕は考えています。

 

①人間は惰性で動く生き物だから

②長くそこにあるものに感謝をしなくなる

 

1つ1つ見ていくことにしましょう。

 

①人間は惰性で動く生き物だから

人間というのは惰性で動いてしまう生き物です。

ですから時間を切らないとどうしても時間が無限にあると思ってしまいます。

 

でも時間は人それぞれ1日24時間と決められているんです。

その中で読者にあなたの扱う商品を選んでもらうことが重要なんです。

 

②長くそこにあるものに感謝をしなくなる

これは①と通じる話になるのですが、

惰性で動くと次には、『長くそこにあるものが古く見えてしまう』んですね。

 

ですから、読者にとって感謝のできないものは価値がないものにほかなりません。

『価値』を吊り上げるには、時間や数量を『有限にする』ことが必要なのです。

 

 

 

『限定性の原理』を用いるとどんなことができるのか??

限定性の原理を用いることでどういうことができるのでしょうか??

それは以下の3点です。

  1. 読者に物事に対して真剣に向き合ってもらう
  2. 問題点および解決策は何なのか考えてもらう
  3. 行動する決断を促す

ことができます。

 

1.読者に物事に対して真剣に向き合ってもらう

人というのは先ほども言いましたが惰性を生む生き物です。

しかし『限定性の原理』を用いると、時間や期限が決まっているので、

時間が有限なものになってしまいます。

 

そうすると人は、『~日までに答えを出さなきゃ』という考えから、

物事に真剣に向き合うようになります。

 

2.問題点および解決策は何なのかを考えてもらう

時間が有限になるということは、その問題や解決策を考えなければなりませ。

その問題点や解決策を考えると、うまく解決するための方法を考え始めます。

 

3.行動する決断を促す

時間や数量が限定になると人というのは、

『今買わないと損をしてしまう』という気持ちが働きます。

そして、『損をしたくない』という気持ちが働き、行動を促すことができるのです。

 

『限定性の原理』を使えば人の躍動を解決できる方法だ

ここまで読んでもらったあなたにはもうお分かりかもしれませんね。

『限定性の原理』は人の躍動をしっかりと解決をする方法になっているんです。

 

例えば、『恐怖、痛み、危険を免れたい』という躍動には、『損をしたくない』というバックグラウンドがあるんです。

 

その『損をしてしまう恐怖』を時間や数量を切ることによって、読者の行動を促せるのです。

 

結論

・『限定性の原理』とは、数量や人数を限定することによって、読者を購買行動に導くための一つの手法です。

・どうして『限定性の原理』が必要なのかというと

  • 人間は惰性で動く生き物だから
  • 長くそこにあるものに感謝をしなくなる

ということが言えます。

・限定性の原理を用いると、

  • 読者に物事に対して真剣に向き合ってもらう
  • 問題点および解決策は何なのか考えてもらう
  • 行動する決断を促す

ことができる。

 

まとめ

お疲れさまでした。

いかがでしたか??

 

読者の心理は基本的に惰性でできています。

それはなぜなら、情報が多すぎるからなんです。

 

人は毎日7000回~10000回もの決断をしています。

ですから多くのことを考えるのに疲れてしまい、そこに惰性が発生してしまうのです。

 

でも一度惰性が発生してしまうと、あなたの商品やサービスが選ばれることはありません。

 

また今度という言葉を発した顧客が買いに来ないのと同じです。

これだけは覚えておいてください。

 

『幽霊』と『今度』は来たことがないのです。

時間や数量を切って、読者を育てていくのが僕たちアフィリエイターの仕事なのです。

 

今後も一緒に頑張っていきましょう。

 

では今回はここまで。

また次回。

//目次に表示非表示ボタンを表示させる