紅蓮のアフィリエイト日記

アフィリエイトの方法や失敗談などを書いていきます。また質問などにも答えていきますのでぜひ見ていってくださいね。

アフィリエイターならコピーライティングを使う時には注意しなきゃあ!!

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

つい先日僕の友達がアフィリエイト詐欺にあいました。

出所が某有名SNSでそこに書いてあった内容に惹かれダイレクトメッセージをしたところ、WEBセミナーに招待されて話を聞いたということでした。

そして、誘導されて登録してしまったようです。

 

その後契約をした後、彼は僕のところにやってきたということなんです。

 

で調べてみたところ出るわ出るわ、突っ込みどころの嵐。

残念ながら、彼はアフィリエイト詐欺にあったというのが明るみに出たんですね。

 

『何でそうなるのかなあ』

って考えたんですよね。

 

すると一つの共通点が出てきたんですよ。

それは『コピーライティング力』の乱用が原因なんですね。

 

ってことで今回は͡アフィリエイターをするためにはコピーライティングを使うときの注意点というものを一緒に見ていきたいと思います。

 

この記事は以下のような貴方にお勧めです。

  • 過去に詐欺にあいそうになったことがある
  • 詐欺の手口を知りたい
  • 文章を書く上で人をだまさないようにしたい

そんなあなたが、この記事を読み終わるころには以下のような効能を得られます。

  • 詐欺にあうことがなくなる
  • 誇大広告をしなくなる
  • 文章で人をだまさなくなる

ですから今回も最後まで元気にやっていきましょうね。

 

では行こうと思います。

準備はいいですか??

 

Here We Go!!

コピーライティングの本質とは!?

まずはここでコピーライティングの本質についてお話ししましょう。

 

そもそもコピーライティングというのは商品やサービスを文章で読者にわかりやすく説明し、読んでもらって読者の悩みを解決するのが目的なんですね。

 

しかし、最近では製品やサービスを売るというのを目的にしすぎるあまりに、

誇大広告や、ありもしない虚像を人に与えるコピーを見かけることも少なくありません。

 

確かに売り上げを上げることはものすごく大切です。

しかし、もしあなたが同じような状況に陥ったときに、

あなたは冷静さを保つことができるでしょうか??

 

 悪用厳禁!!コピーライティングの力とは??

ここではコピーライティングの力について説明します。

実はコピーライティングってものすごい力があるんですよ。

 

へ?ただの文章でしょう??

そう思われるかもしれません。

 

しかし、

たかが文章、されど文章』です。

 

馬鹿にはできません。

使い方を間違ってしまうと大変なことになりかねません。

 

悪用するとどういう風になるの??

ではどんな力があるのかを例を出してみていくことにしましょう。

 

例えば、買い物の時に

  • 全くその気がなかった読者の注意を惹き、
  • 興味を持たせ、
  • 読者の『それが欲しい』という欲望を掻き立て、
  • 読者にあなたの扱う商品やサービスを買わせる

ことができる技術だからなんです。

 

そして、この力を使えば恋愛では、

  • 全くその気がない女性を口説き、
  • その人にあなたのことを興味を持たせ、
  • あなたのことを好きにさせて
  • 貴方しか見えない

という段階までもっていくことも可能な技術なんです。

 

手順通りにやっていくと夢のような生活を手に入れられるという不思議な技術です。

だからこそ、ちゃんとした使い方が必要なのです。

 

文章の力を甘く見てはいけない!!

もう友達がアフィリエイト詐欺にあうたびに毎回思うことがあるんですけれど、

『広告の力を甘く見ている!!』ってことなんですね。

 

これは売り手側に言えることなんです。

 

売り手側はコピーライティングの力を駆使するのですが、その時に言葉の力を甘く見ているために相手の最悪の状況になったときのことを考えられないんです。

 

一度誇大広告や虚像を読者に植えつける行為は、絶対にしてはいけない行為だと思うのです。

 

何故なら世の中は信頼関係で成り立っているからです。

そして、信頼関係というのはものすごく壊れやすいものです。

 

一度壊れてしまうと修復するのは不可能です。

何故なら信じられなくなってしまうからです。

 

ですから、人をだますような行為は絶対にしてはいけません。

 

コピーライティングを使って稼げないの?

誇大広告や虚像を植えつける行為というのはいけないということをお伝えしてきました。

そういうと、

『じゃあ全然コピーライティングって稼ぐために使えないんじゃないか??』

とあなたは思うかもしれません。

 

もう一度冷静になって考えてくださいね??

コピーライティングの本質は、『読者の悩みにこたえること』であって売るということではないんですね。

 

あなたの思ったことを書くのは全然問題ではないんです。

商品の使った質感とか思ったことを書いていくのは全然誇大広告とは言いません。

 

そして、あなたの悩みが解決したならそれは読者にも教えてあげるべきなんです。

友達が悩んでいたら、相談に乗ってあげるでしょう??

その感覚で全然いいんです。

 

その悩みを解決するためにする広告は全然問題はありません。

ですからジャンジャン広告を出しましょう。

 

結論

  • コピーライティングの本質は、読者の悩みを解決すること
  • 言葉の力を甘く見てはいけない
  • 信頼関係はとても大事
  • 友達の悩みを解決するように商品を勧めればいい

 

まとめ

お疲れさまでした。

いかがでしたか??

 

コピーライティングというのは想像以上にすごい力を発揮することになります。

一度違う使い方をしてしまえば、あっという間に相手を不幸のどん底に落としてしまうこともできる力なんですよ。

 

ですから、使い方はしっかり間違わないように気を付けないといけませんね。

騙しのない世の中にしたいものです。

 

今回はここまで。

また次回。

 

 

 

 

 

 

// jQuery読み込み // 目次 表示/非表示ボタン