紅蓮のアフィリエイト日記

こんにちわ。アフィリエイターの紅蓮です。今回アフィリエイトをすることになりました。その時にやったことなどを書いていくのでぜひとも見てください。

アフィリエイトサイトのドメイン設定ってどうなの?

スポンサーリンク
 

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

今回は以下の質問に答えていこうと思います。

 

はてなプロ、お名前.comでの独自ドメインに関して質問させて下さい。

はてなプロで複数のブログを作りたいのですが、お名前.comで取得したドメインは1つのブログでしか設定できないのでしょうか?


現在.comを1つ取得し、はてなプロでのブログ1つのドメイン設定は出来ています。
はてなプロで10個のブログが作れるとありますが、全て独自ドメインにする場合、別々に取得費用を払いドメインを取得しないといけないのでしょうか?

色々調べてみましたが解決できず質問させて頂きました。

素人の質問で恐縮ですが、お詳しい方がいらっしゃいましたらご教授願います。

よろしくお願い致します。

 この記事は以下の内容で構成されていると考えられます。

①1つのブログに対して1つのドメイン名が必要なのか??

②10個ブログが作れるけれど、1つのドメイン名でできるのか??

という内容ですね。

 

今回の記事は以下のようなあなたにお勧めですね。

  • 初めてドメインを設定するというあなた
  • ブログのURLの仕組みがいまいちよくわからないというあなた

そんなあなたがこの記事を読み終わる頃には以下のような効能を手にできます。

  • ドメインの意味を理解できるようになる
  • URLの意味がちゃんと理解できるようになる

ですから今回も元気にいきましょうね。

 

では行ってみましょう。

準備はいいですか?

HERE WE GO!!

まず独自ドメインっていったいなんだ??

そもそも独自ドメインというのはいったい何なんでしょうか??

ドメインというのは、サイトのURLである“ホームページのアドレス”のことなんですよね。

ドメイン名は一つのサイトに一つしか設定できない!!

例としてはこのブログのドメイン名は、affili-blog-of-guren.comというドメイン名なんですが、このドメイン名は実は一つのサイトに一つだけしか設定ができないんです。

 

ドメインというのは先ほども言ったようにホームページの住所のようなものです。

そして、住所というのは一つの案件に一つですよね。

 

ですから一つのブログに一つのドメイン名しか設定できないんです。

仮に二つ目のブログにしようとした場合にはどうなるのか??

実は二つ目のブログに同じドメイン名を入れようとした場合にはエラーになるというのが今現在わかっていることなんです。

 

実際に僕もあなたと同じように

『何個ものブログに同じドメイン設定が出来たらいいのになあ』

なんて思っていたうちの一人だったんですよね。

 

理由は簡単です。

ドメイン名を買うときの金額が違うところに使えれるからですよね。

 

でもね、実際にやってみたところ設定エラーが出てしまい使うことができなかったので諦めました。

実際にできていてもでメリットがいっぱいになる

でもね、できていたとしてもまずでメリットがいっぱいになるんですよね。

どんなデメリットがあるかというと、

最初に決めたドメインと記事の内容が合わなくなってくる

これに尽きるんですよね。

 

雑記ブログの場合にはそれでもいいと思うんですよね。しかし、特化したブログを作った場合には、記事の内容もものすごく限られるのでまずい感じは否めないんです。

 

ですから一つに一つのドメインの方がいいんですよね。

ドメイン料はケチらないのが吉!!

ドメイン料に関してはケチらないのが僕は吉だと思っています。

何故かというとドメイン料というのはずっと払い続ける限りあなたの資産になってくれるためです。

 

そうそう簡単には消されることもないですし、ban(禁止事項を破ってしまう)されることもそうそうあることではないので、安心してつかえるんですよね。

 

なので絶対にドメイン料金はケチらないでほしいんですよね。

結論

  • ドメインというのはサイトのアドレスのようなもの
  • ドメインは一つのサイトに一つに一つしか設定できない。
  • ドメイン名は各サイトによって違うものをお金を出して買ってほしい。
  • ドメイン料金はケチらないのが吉!!

ということですね。

まとめ

お疲れさまでした。

如何でしたか??

 

初めてドメイン設定をするときってものすごくわからないことがいっぱいで如何したらいいかということがたくさん出てきますよね。

 

そんなときにはぜひご相談いただけたりするといいですよね。

またドメインというのはやはりサイトのアドレスのことですから、一つのサイトに一つのドメインと決まっています。

 

ですから、ぜひケチらずに頑張っていきましょうね。

 

今回はここまで。

また次回。

 

スポンサーリンク
 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる