紅蓮のアフィリエイト日記

アフィリエイトの方法や失敗談などを書いていきます。また質問などにも答えていきますのでぜひ見ていってくださいね。

アフィリエイトで飯を食うならとにかくツイッターをやれ!!

スポンサーリンク
 

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

先日SNSのツイッターで以下のようなツイートを見つけたんですよね。

 

このクロネコ屋@ブログ×SNSマーケティングさんのツイートは本当に結構前からフォローさせていただいていてものすごく勇気をもらっています。

 

全くその通りだなって思ったんですね。

そこで今回はアフィリエイトで飯を食っいくならツイッタてーも育てていくべきであるという考えのもと話を進めていきたいと思います。

 

ちなみに今回の記事は以下のようなあなたにお勧めです。

  • 今ブログを書いて四か月くらいたつけれど、なかなかPV数が上がらないのがなぜかわからないというあなた
  • 今実際に書いているけれど記事を書いても全然売れないというあなた

そんなあなたがこの記事を読み終わるころには以下のような効能が得られます。

  • ブログの記事を書き続けている記事をどうして呼んでくれる人がいないのかがわかるようになる
  • 全然売れない理由をしっかりと考えられるようになる

ですから今回も最後まで元気に行きましょうね。

 

では行ってみましょう。

準備はいいですか??

 

HERE WE GO!!

ツイッターをやるべき理由

実は商品を売り買いするさまをよく魚釣りに例えたりするのを聞いたことはありませんか??

 

魚を顧客、釣り堀をジャンルや業界に例えることが多くて、商品が餌なんです。

どんなにいい商品である餌を竿につけて、堀に下げても、その堀に魚になる顧客がいなかったら全く意味がありませんよね。

 

ってことでまず僕たちが本当にしないといけないことは、顧客に自分の存在を知ってもらうことなんですよね。

 

そこで使うのに最適なのはツイッターなんですよね。

 

じゃあ何でツイッターがいいのか??

ここまで読んだあなたは

『え?何でツイッターなの??フェイスブックやインスタじゃなくて?』

って思われたかもしれません。

 

実は原因は、Facebookは本名登録であるということからちょっと匿名性が少ないというところがあります。

そしてインスタグラム。インスタグラムは実は最近本名登録がなくなったんですが、写真キャプション中心なんですよね。だから写真を多く貼るのにはインスタグラムは非常に向いているツールですよね。

 

もう一つ大切な理由が、検索エンジンでの検索から、ツイッターでの生の声を聴くために検索をしているという理由が出てきているらしいんです。

 

この理由は検索をした場合に最近企業のサイトが上に来ているのを見ることも多いのではないでしょうか??

 

これが書いてあった、1、検索上位が企業メディアの当たり障り無い記事ばかりという内容ではないかと考えているんです。

 

この背景があるから、ツイッターで探すほうが探しやすいということではないかと僕は考えているんですね。

 

ブログにツイッターを役立てる理由

ここまで読んだあなたは

『ブログに関係ないやん』

なんて思うかもしれないんですね。

 

でもね、何より大切なことはあなた自身のファンを増やすことなんですよね。

そしてファンを一人で来た場合にはファンになってくれたその人の友達もファンになる可能性があります。

 

そう、ですからツイッターというのはあなたのファンを増やす最高のツールだったりするわけなんです。

 

ファンができたらあなたの言うことを聴くようになってくれます。

そしたら、あなたが『ブログ更新したでぇ~』って言ったとしたらそのファンのみんなは絶対に見に来ますよね。

 

だからツイッターはやっておくべき②なんですよね。

 

ツイッターの利用者は今もなお増え続けている

2016年9月には4000万人だった国内ユーザー数が2017年10月には何と4500万人に上りました。

また、海外の人数は2016年6月から2018年9月になるまでに約2500万人の伸びになりました。

このことから見ても今もユーザーの人数が増えていることは明らかです。

しかし、ツイッターは10代から20代の若者に多く使われていることから、流行に乗って人数も増えていくのではないかという考え方をしています。

 

結論

ブログと合わせてやっぱりツイッターも育てたほうが良い。

 

まとめ

お疲れさまでした。

いかがでしたか?

 

今回の記事はものすごく自分の中で興奮したんですよね。

だって思っていたことをそのまま言葉にしてくれていたからなんですよね。

 

まさにうおーって感じだったんですよね。

 

魚のいないところにえさを巻いても無駄

というのも非常にわかりやすいと思いました。

 

とってもためになったと思うのです。

 

ってことで今回はここまで。

また次回。

 

スポンサーリンク
 

 

 

 

 

// jQuery読み込み // 目次 表示/非表示ボタン