紅蓮のアフィリエイト日記

アフィリエイトの方法や失敗談などを書いていきます。また質問などにも答えていきますのでぜひ見ていってくださいね。

アフィリエイトでも弱者が強者に勝てる?!ランチェスター戦略の理論と使い方について

スポンサーリンク
 

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

最近すごく思うことが有るんですがアフィリエイトの世界でも、『弱者が強者つまり個人が大企業に勝つのが難しくなってきたな』ってことなんです。

 

じゃ『勝てないのか??』というとそうではないんです。

きちんと戦略を立て、行動すれば問題はないんですけど、、、

なかなかこの行動をする人は少ないんですよね。

 

『弱者が強者にかてる?そんな馬鹿な!!』

そう思ったでしょう??

分かります、そんな馬鹿な話が合っていいわけないじゃん。

そう思いますよね。

 

でも戦い方は戦略で決まります。

そこでもし勝ちたいという場合にはこのまま読み進めていただきたいのです。

 

その戦略とは??

その名もランチェスター戦略っていうんですよね。

 

ってことで今回は弱者が強者に勝つための戦略として、ランチェスター戦略という戦略の全容と使い方についてお話していこうと思います。

 

では元気にいってみましょう。

準備はいいですか??

 

Here we go!!

アフィリエイトでも弱者が強者に勝てる?!ランチェスター戦略の理論と使い方について

ランチェスター戦略っていったい何だよ?

ランチェスター戦略とは、企業間の営業・販売競争に勝ち残るための理論と実務の体系のことです。

 

古くは戦争中に使われていた戦略なんですが、第一次世界大戦の頃、イギリス人のエンジニアF・W・ランチェスターは戦闘機の開発に従事していたんです。

 

そこで彼は好奇心旺盛だったのか、自分が開発した戦闘機が戦争でどのような成果をあげるのかに興味津々になりました。

 

そこで彼は調査と研究を重ね、兵力数と武器性能が一軍の戦闘力となり、敵軍に与える損害量を決めることを発見し、発表します。これがランチェスターの法則です。

 

日本では当時コンサルタントをされていた故田岡信夫氏が、これを研究し販売競争に勝つための理論と実務として体系化されました。

 

1970年代以降、多くの企業がこれを学んだことにより、ビジネスの場で勝ち残れるように自社流に応用して取り入れ実戦した戦略ランチェスター戦略と言います。

 

ランチェスター戦略はどういうあなたにおススメ?

ランチェスター戦略というのは基本的に生き残るために使われる戦略であることは前章でおはなししましたよね。

 

では実際にどういったあなたにおススメなのでしょうか??

  1. 新規事業に参入するけれど経験不足でどういったことをしたらいいのかということがわからないというあなた
  2. 大きな市場にあなたが新参者として参入し結果を出したいというあなた

といった風に新規事業に参入するときや新参者として大きな市場に参入してどうしてもその分野で勝ちたいときに使うのがいいのです。

 

アフィリエイトというマーケティング市場でランチェスター戦略はどういったタイミングで使われているのか??

アフィリエイトってもともと個人が企業に対抗できるということを目的にできたものであるために、企業に勝てるように作られたマーケティング手法なんですね。

だから実はランチェスター戦略を使うところはものすごくたくさんあるんです。

 

①自分の強みは何かを考えるとき

まずは最初にブログを書く上で、どういった強みが自分にはあるのかということを書いていくのも実はランチェスター戦略の一部になります。

 

自分の強みや商品の強みを前面に出していく方が長く続けていけるし、モチベーションも高くいられるので非常にいいと思いますよね。

 

②どんな人に読んでほしいかということを考えるペルソナを考えるとき顧客を絞るとき

アフィリエイトをするときにブログを使ってマーケティングをすることって多いんですよね。

その時にいったいどんな人にこのブログ記事は読んでほしいのかというのを考えないといけないんです。

 

『へ?そんなの搾っちゃって大丈夫なの??』

そう考えたかもしれませんね。

 

でももしあなたが読者だった場合にあなたのことを想定して書いた記事と全くあなたの質問を想定されていない記事があったとしたらどちらを選ぶでしょうか??

 

当然前者の方を選びますよね??

 

何故ならばあなたの悩みを解ってくれるという期待値が有るからなんですよね。

また不特定多数に対するアドバイスは通り一遍ことしか言えないけれど、特定をしたら深いことまで書けますよね。

 

そうすれば読者は記事を読んで、

『そうそう、その通り。この人私のことをよくわかってくれている』

と思うんですよね。

だからこそ想定の読者をしっかりと絞り込む必要があるんですよね。

 

③競合サイトと対等に渡り合っていきたいとき

アフィリエイトをする際にいつも思うのは、後発組は不利な部分も多いなって思うことなんですね。何故なら昔につかえていたものが今は使えなかったりするからなんです。

 

でもあきらめる必要はないんです。

何故なら後から始めたあなたはいろんな資料が用意されているからなんですよね。

ランチェスター戦略もその一つなんです。

 

先に始めた人と対等に渡り歩くには、もうアフィリエイトをやりまくるほかには方法はないんですよね。

 

何故ランチェスター戦略を使うことをおススメするのか??

アフィリエイトというのは、知っての通り今始めたとしたら超後発組になります。ビジネスを『人のやらないことをやる』ということをビジネスの条件という観点からしたら飽和になって稼げないように感じるのは当然のことのように思えますよね。

 

でもね、実はそれは真っ赤なうそなんです。

確かに稼ぎにくくはなっているのは確かです。

 

僕の友達にもGoogle先生の逆鱗に触れて月間100万円以上稼いでいたアフィリエイターの人のサイトが検索圏外に飛ばされたというのは珍しい話ではないからです。

 

しかし、それと同じくらい金額は100万単位から数十万単位ではあるんですが、金額は減れど稼げることは実証している方もたくさんいるんです。

 

つまり稼げないというのは全くのうそであることがわかりますよね。

 

後発組も戦略を練れば、先発組と同じくらいの稼ぎ方もできるから僕はこのランチェスター戦略をあなたにおススメしたいんですよね。

 

結論

この記事の結論は、以下の通りです。

  • ランチェスター戦略とはもともと戦時中に使われていたもので、第一次世界大戦中にF・W・ランチェスターが考えた戦略理論である。
  • それを、戦後に日本では当時コンサルタントをされていた故田岡信夫氏が、これを研究し販売競争に勝つための理論と実務として体系化されたもの。
  • 弱くても勝てる方法論なので、アフィリエイトでは後発組もかてる可能性がある。
  • ランチェスター戦略は、以下のようなときに使うのがいい。
    ①自分の強みは何かを考えるとき
    ②どんな人に読んでほしいかということを考えるペルソナを考えるとき顧客を絞るとき
    ③競合サイトと対等に渡り合っていきたいとき
  • アフィリエイトは後発組が一番不利な状態が多いと思うためランチェスター戦略を学んで戦略を練れば強いものに屈せずやっていくことができると思ったため、読んでほしいと思った

 

まとめ

お疲れさまでした。

如何でしたか??

 

実は僕自身ものすごくアフィリエイトを始めた時に『後発組って不利やなあ』って思ったんですね。

何故なら情報の量が今よりも少なかったことが予想されるためどんな情報をブログに書いてもある一定の量が読まれる傾向にあったからなんですよね。

 

そして、今ほどアドセンスの審査も厳しくはなかったのではないかと思っていたんです。

 

しかし、このランチェスター戦略に出会ってからは一転集中をして顧客を満足させることが一番の近道であることに気が付きました。

 

そして稼ぐためには正攻法でないといけないことを思い知ったんですよね。

ですから今回はこの場を借りてランチェスター戦略のお話をさせていただいたんですね。

 

何回もお読みになって、しっかりと体の中に入れてくださいね。

明日のあなたのアフィリエイト生活が楽しいものになることを祈って、、、。

 

今回はここまで。

また次回。

 

スポンサーリンク
 

 

 

 

// jQuery読み込み // 目次 表示/非表示ボタン