紅蓮のアフィリエイト日記

アフィリエイトの方法や失敗談などを書いていきます。また質問などにも答えていきますのでぜひ見ていってくださいね。

検索ユーザーにとって利便性の高いサイトってどんなんだ?

スポンサーリンク
 

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

さて今回はSEOをするにあたってとっても大切なことです。

検索ユーザーにとって利便性の高いサイトっていったいどんなサイトなのかということを一緒に考えていこうと思います。

 

SEOを成功させるためにはGoogle先生に評価されなければなりません。

そのためにはその先にいる検索ユーザーにとっていいサイトとおもってもらう必要があるんですよね。

 

ですから今回の記事は絶対に読んでいて損はないと思います。

繰り返し読んでぜひとも体の中に入れてくださいね。

 

では行ってみましょう。

準備はいいですか??

 

HERE WE GO!!

検索ユーザーにとって利便性の高いサイトって一体、、、。

検索ユーザーにとって利便性の高いサイトっていうのはいったいどんなサイトなんでしょうか??

考えてみたことってありますか??

 

利便性が高いというのは使いやすいということなんですよね。

でもその前にまず一番最初に念頭に置いておかないといけないことが存在するんです。

 

検索ユーザーはなぜ検索をするのか??

あなたがわからないことがある場合にはいったいどうするでしょうか??

たぶんあなたはスマホやタブレットを使って、検索をするはずですよね。

 

しかしその時に横にわからないことについてものすごい詳しい人がいたらどうでしょうか??

どう考えても詳しい人に聞いたほうが早そうですよね。

きっと検索をしないはずです。

 

しかしあなたは検索をしますよね。

それは知り合いにあなたの知りたいことに詳しい人が隣にいないからなんですよね。

 

いつもいつもそんなに都合よくいるとは限らないんでっすよね。

むしろそういう状態である場合は少ないといっても過言ではありませんよね。

 

だからこそあなたは検索をするんですよね。

いわばあなたはあなたの知り内容に対する答えを知るために検索をしているわけですよね。

あなたの頭の中はきっと、

『知るためには仕方ないか、知りたい答えがあるしね』という感じなんでしょうね。

 

つまりもし検索をしなくて済むのならしたくはないでしょうからね。

 

検索ユーザーにとって利便性が高いサイトっていったい何なんだろう??

検索ユーザーにとって利便性の高いサイトページって一体どんなんでしょうか??

まあ簡単に言えば、検索ユーザーの検索意図にあったサイトを作るのがいいといわれています。

 

じゃあ具体的にはどんなページなんでしょうか??

ひとつづつ丁寧に見ていくことにしましょう。

 

①検索ユーザーがジャストタイムで抱えている『悩み』や『質問』に対して『的確な答え』を提供しているサイト

まず検索するユーザーというのは『悩み』や『質問』があって検索をします。その検索結果がもしその質問にそぐわないものだった場合はどうでしょうか??

 

きっとそのサイトから右上の×印を押してページを閉じるか戻るボタンを押して検索結果のページに戻るはずです。

 

当然ですよね。

検索の意図と違うわけですから、、、。

 

ですから、検索ユーザーの悩みを考える必要ってものすごくあるんですよね。

そしてその悩みに対する答えをしっかりと書いてあげるんです。

 

そうすれば検索の意図には外れないし、何より検索ユーザーからも感謝されるサイトになることでしょう。

 

②検索ユーザーが抱えるであろうと思われる『悩み』や『質問』に対して網羅的に取り上げて、『先回り』をして答えを出しているサイト

これは検索した結果をユーザーが見たときに文章を見て、『そうそう。その通りなの。あなた僕/私の思うことを理解してくれてるよね』って思えるかどうかってことなんですよね。

 

基本的に先ほども言いましたが、検索ユーザーは言い方はどうあれ、検索を『仕方なく』しているというのは否めない事実なんですよね。

 

そんな時にもし、あなたが見たサイトで『悩み』や『質問』に対する答えが全部分かったとしたらどうでしょうか??

 

サイトを行き来したりするのって結構めんどくさいんですよね。

Q&Aサイトやまとめサイトが人気なのは行き来しなくても情報が見れるというのが本質だと僕は考えています。

 

ストレスフリーで行けますよね。

だから非常に網羅するのは大切なことなんです。

 

ここで大切なのは、ペルソナ(想定の読者)を作ることが非常に大切になってきます。

細かく作ることによってペルソナの考えていることを予想できますし、その答えを調べやすいというのが網羅性を攻略するのに便利な理由ですね。

 

➂競合サイトと同じ情報を扱ていてもどこのサイトよりも『答え』がわかるサイト

競合サイトと同じ情報であってもどこのサイトよりも『答え』が早くわかる、

というのはページのレスポンスが早いという意味ですね。

 

あなたにはこういう経験はありませんか??

検索結果をクリックしてみたらなかなか内容が見れずに、

『イライラする』ってなったこと経験。

 

もう答えに手が届きそうなのにじれったいったらありやしない。

そう思いますよね。

 

レスポンスの速さはとっても大事ですよね。

そこでサーバーがでかいものを選ぶこと、さらに写真の容量を小さく変えるなどの作業が必要な場合もあります。

 

特にブログサービスを選ぶ場合にはサーバーが大きいものにすることが稚拙になってきますね。

 

④競合サイトと同じ情報を扱ていてもどこのサイトよりも見やすくわかりやすい言葉で説明されているサイト

これは簡単に言えば幼稚園児でもわかるようなサイトということになりますね。

読んでいてわかりやすいサイトというのはストレスがたまりますよね。

 

辞書を引かないとわからないとか、検索をかまさないといけないようなサイトなんてもってのほかです。

 

何度も言いますが、検索ユーザーは答えが見つかればあなたのサイトを利用しなくてもいいんですよ。

 

そこでやらないといけないことは、わかりやすく=何も知らない人でも説明をすればわかるように書かないといけないんですよね。

 

そのことを念頭に置いていないと一人よがりのサイトになってしまうために読まれないサイトになってしまうこともあるんですよね。

注意が必要です。

 

➄競合サイトと同じ情報を扱ていてもどこのサイトよりも信頼ができるサイト

これはどういうことかというと情報というのは今誰から聞くかというのが重要な時代になっているんですよね。

何故ならどこの馬の骨ともよくわからない人からいきなり『○○についてこういう話があるんだけど、、、』なんて話をされても正信じられないですよね。

 

でもとっても有名な人や権威のある人からそう言われたらいかがでしょうか??

『なるほど、そうなんや。』って思いませんか?

 

そうなんですよね。ここでは権威性ってものすごく大切になるんですよね。

権威性を出すには、本や情報の出所を明記するのが一番手っ取り早いんですよね。

そして何よりも簡単。

 

こういうブログなんかでも、

『○○の話について読書をしたんですよね。僕はこういう風におもいます。これは筆者の○○さんも同じように言われていて、、、』なんて書く方法を言います。

 

これって筆者の考え方を借りているだけなのに、ものすごい権威性を出せるんですね。

だから簡単に権威性って持てるんですよね。

 

⑥どの競合サイトよりも情報が新しいサイト

これはサイトとしてはものすごく重要なことです。

実は覚えておいてほしいことがあるんですよね。

 

それは情報というのは2通りあるんです。

古くならない情報と古くなる情報なんですよね。

 

今回のSEOの話なんかでも本質は変わらないけれど、手法は変わったりするじゃないですか??

 

前まではたくさんの被リンクを集めることがいいように言われていたのに、今は集めすぎるとよくないみたいになっていることも多いんですよね。

 

ここで覚えておいてほしいのは情報は古くなる場合があるというのは覚えておかないといけないと思うんです。

だからしっかりと今まで書いた記事を読み返す時間というのが必要なんですね。

 

機能かいた記事が1か月後に古くて使えないということもネットの世界では珍しいことではないんです。

 

だからこそ定期的に書いた記事を読み返す時間をつくったほうがいいんですよね。

そして加筆修正をするようにすればいいと思うのです。

 

まとめ

お疲れさまでした。

いかがでしたか??

 

SEOを成功させようとするならば何よりもどういうサイトを作ればいいかというのを知ることは非常に重要だと思います。

 

それを知らないのは羅針盤のない船で航海をするのと同じようなものです。

はっきり言って危険この上ないですよね。

 

しかし、ちゃんとわかっていれば手段も考えられるし戦略もねることができます。

結果うまくいくということも考えられます。

 

だからちゃんと自分のサイトをしっかりと見定めるのは非常に大切なことだと思うのです。

頑張っていきましょう。

 

今回はここまで。

また次回に。

スポンサーリンク
 

 

 

 

 

 

 

 

// jQuery読み込み // 目次 表示/非表示ボタン