紅蓮のアフィリエイト日記

アフィリエイトの方法や失敗談などを書いていきます。また質問などにも答えていきますのでぜひ見ていってくださいね。

初心者必見!!Line@でのアフィリエイトが禁止されてます。

スポンサーリンク
 

 

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

先日友達がビジネスで事務所を立ち上げまして、Line@のアカウント開設をしたんですよ。

それを見て、『お?これってアフィリエイトにつかえるんじゃないん??』とか今更ながら思って利用規約を見ていたんですよ。

 

そしたらなんとなんと、できなかったんですよね。

利用規約が更新されていたみたいなんです。(笑)

 

ってことで今回はLine@でアフィリエイトが出来なくなった話をしていこうかなと思っています。

 

では早速いきましょう。

準備はいいですか??

HERE WE GO!!

 

初心者必見!!LINE@でのアフィリエイトが禁止されてます。

 LINE@ってそもそも何よ?

そもそも『LINEは知ってるけどLINE@ってなによ??知らないんだけど・・・』っていうあなた。

ご安心ください。

ここではそんなあなたのためにちゃんとわかりやすく説明していきますね。

 

LINE@とはLINEのビジネス用アカウントです。

 

LINEとの違いは、LINEは個人用アカウントですよね。

しかもコミュニケーションツールとしての扱いになるんです。

 

対してLINE@になるとコミュニケーションツールとしての機能に加え1対大勢のコミュニケーションが出来たり、クーポンを出せたり、事前予約配信をしたりということが出来たりするんですよね。

 

そしてこのLINE@はビジネスに使うということで課金制になっています。

一応無料プランもあるんですけれど友達登録をした人に贈ることができるメッセージ数が月に1000通までとなっています。

 

料金プランはベーシックっていう月額5400円のプランで友達5000人までメッセージを無制限に送ることができます。

それ以上はプロというものがあり、月額21600円というプランになります。

 

コミュニケーション以外にも色々できる機能がついたコミュニケーションツールとなっています。

 

LINE@アフィリエイトってどんなアフィリエイト?

ここではLINE@でアフィリエイトってどんなことをするの??ということをお話ししていきましょう。

LINE@アフィリエイトというのは文字通りLINE@を使ったアフィリエイトです。

 

やること自体はオプトインアフィリエイトと同じようなことをすることになります。

 

オプトインアフィリエイトの詳細に関しては以下の関連記事に詳しくまとめましたのでこちらと合わせてお読みくださいね。

【関連記事】

 

www.affili-blog-of-gren.com

 

つまるところがメルマガなどに無料登録するアフィリエイトを以前はLine@上でやっていたのです。

 

LINE@でアフィリエイトって今はできるの?

実は冒頭でも言いましたように、2018年11月に利用規約が更新されました。

現在は直接アフィリエイトの広告を貼ることが出来なくなっていしまいました。

しかも利用規約には以下のような記述があります。

LINE@を第三者のための広告媒体として使用する行為(第三者の商品、サービスをLINE@を利用して宣伝することを含みますが、これに限りません)

出典:LINE@ 利用規約

 

これはどういう意味かというとLine@の画面上に『アフィリエイトの広告を直接貼ったらいけませんよ。

ってことなんですよね。

 

LINE@でアフィリエイト広告を直接貼ったらどうなるのか??

LINE@でアフィリエイト広告を直接貼った場合にはどうなるのか??って疑問ですよね。

これは利用規約に以下のような記述がありました。

14条に定める禁止行為を行っていると当社が判断する法人・団体・個人

出典:LINE@ 利用規約

つまり、アカウント停止になるということですよね。

 

ただそれだけだったらいいんですが利用規約には以下のようなことも書かれています。

8.2. お客様がLINE@を利用したことに起因して、当社が何らかの損害(弁護士費用の負担を含みます)を被った場合、お客様は、当社に対し、直ちにこの損害を賠償しなければなりません。

出典:LINE@ 利用規約

っていう期日もあります。

今のところそういう報告はアフィリエイトのニュースなどでも報道されていないですが、あくまで今は運営会社側が様子見であるだけで、これからそういうことが有るかもしれません。

 

もしこういうミスをしてしまったときには『知らなかった』では済まされませんよね。

利用規約を読んでいないとやってしまいがちなミスなので気をつけていきたいものですよね。

 

LINE@でアフィリエイトはもうできないの??

実際に確認してみるとLINE@でのアフィリエイト自体はできると思いますが、正直言ってあまりお勧めできません。

理由は以下の3点になります。

 

①読者に『移動しないといけない』ストレスをかけないため

何故なら読者にあなたのブログなりサイトなりに『移動をしてもらわないといけないから』なんです。

 

直接会話中には広告が張れないとなると、別のページに移動をしてもらうことになりますよね。

すると読者にはものすごくストレスがかかるんですよね

 

心理的な話なんですが人は間にものが入れば入るほど最初の勢いがどんどんとそがれていくんですよね。

その為に読者は移動すると気持ちが覚めていく傾向にあるんです。

 

『え?でもTwitterからブログに移動してもらうのはよく見るけど・・・』と思われているかもしれませんね??

LINE@とTwitterの違いをお話ししましょう。

 

Twitterというのは、文字数が140文字までと決まっています。

ですから1通に伝えることというのは限られていますよね。

読者もそれはわかっているんですよね

 

その為に何回もTwitterでお知らせを開くよりも1回ブログに移動してそこで情報を見た方が読者にとっていいわけです。

 

しかしLINE@に関してはいま文字数が1万文字まで打てるんですよね。

文字数でいうと結構分量のあるブログ記事と同じくらいの文字を打てるわけです。

 

となると読者にとってはLINE@からあなたの作ったブログなりサイトなりに移動する必要性がありませんよね。

そしてそのお願いは非常に読者にストレスを感じさせることになるんですよね。

だからやめておいた方がいいのです。

 

②LINE@の利用規範は運営会社に依存するから

またLINE@も1つのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス、以下SNS)ということができます。

SNSは利用するうえでどうしても運営会社に利用規範を依存することになってしまいます。

 

ですから利用規約の改定などを行うのも運営会社の自由ということになります。

そうなるとどれだけたくさんの顧客を身に着けてもある日突然『アフィリエイトのための集客禁止』なんてこともあり得るわけです。

 

今まで収入があったのにその収入をいきなり捨てないといけないことになってしまう羽目になる可能性もあるんです。

だからやめた方がいいと思います。

 

③LINE@でアフィリエイトをした場合には実力がつかないから

LINE@でアフィリエイトをした場合には、テンプレートが有るんですよね。文章のテンプレートっていうんですか??

殆どがコピペをして使いまわす感じになるので文章を自分で書くわけではありませんよね。

 

そうなると結果的に必要なコピーライティングのスキルというのが身につかないんですよね。

 

確かにそのテンプレートというのを使えば実績は出るかもしれません。

しかし、その実績がどうして出たかというのを解らないと次にどうしたらいいのかというのがわからなくなります。

その面から見てもやめた方がいいです。

 

これからも生き残るアフィリエイトは一体なんだ??

ではこれから生き残れるアフィリエイトというのはいったい何なんでしょうか??

 

それは以下のものがいいと思われます。

物販系・サービスなど形のあるものを販売するアフィリエイト

 

何故ならASPが続く限りなくなることがないからなんです。

物販系や情報商材などもすたれていくことはないと僕は思っています。

 

最初は難しいですが未来を見据えるのならやってみる価値が有ると思っています。

 

まとめ

いかがでしたか??

 

LINE@は直接のアフィリエイトの広告を貼ることはできませんでした。

しかし、別のサイトを間に入れた場合にはそれをできるんですがそれは僕はおすすめしないこともお話ししました。

 

 

SNSは結局運営会社に依存する形になるので利用規約を変更されてしまえばどれだけ売り上げが有っても0になることも考えられるんですよね。

その為にやめたほうがいいという決断をしました。

 

結局今のことだけを考えるのではなく5年先10年先のことも考えてアフィリエイトをするのをお勧めします。

 

険しい道にはなりますが頑張っていきましょう。

 

では今回はここまで。

また次回。

 

スポンサーリンク
 

// jQuery読み込み // 目次 表示/非表示ボタン