紅蓮のアフィリエイト日記

アフィリエイトの方法や失敗談などを書いていきます。また質問などにも答えていきますのでぜひ見ていってくださいね。

アフィリエイトがねずみ講と思われてショックです。

スポンサーリンク
 

 

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

先日ものすごいショックなことが有りました。

 

友達と一緒に異業種交流パーティーに行ったんです。

でそこで知り合った人に『ご職業は??』って聞かれたから

『アフィリエイターです』って答えちゃったんですよね。

そしたら、『ああ、あのねずみ講みたいなやつ、、、。』って言われました。

 

正直どうやって帰ってきたかも覚えていないくらいにショックでしたね。

 

正直僕自身『アフィリエイター』という仕事にはものすごく誇りを持っていますしほかの人になんて言われても全然いいんですけど、『何も知らないくせに』って思ってしまいました。

 

ってことで今回はアフィリエイトがねずみ講やマルチ商法とどう違うのかということとどうして変な疑いをかけられるのかということをお話ししていこうと思います。

今回この記事は以下のようなあなたに向けて書きました。

・アフィリエイトにいいイメージを持っていない

・アフィリエイトをねずみ講やマルチ商法と同列に見ている

  

では準備はいいですか??

HERE WE GO!!

アフィリエイト副業がねずみ講と思われてショックです。

アフィリエイトってどんなビジネスなの??

アフィリエイトと聞いてどういう風なイメージをもっているでしょうか??

多分なんですけれど、とにかくお金が儲かる。

そして、毎日毎晩美味しいものを食べられて、おいしいお酒を飲める。

職場に行かずにお金を儲けられるというイメージではないでしょうか??

 

確かにアフィリエイトを成功したら上記のようなことはできます。

ですからお金に関してマイナスなイメージを持っているあなたがダメなイメージを持ってしまうのは当然のことです。

しかしここであえてあなたにいっておきたいことがあるんです。

 

それは

アフィリエイトはちゃんとしたビジネスです

ということなんです。

 

そしてそれを証拠にアフィリエイトは大企業やメーカーなどでも実際に取り扱われているビジネスモデルなんですよね。

 

アフィリエイトとねずみ講とかマルチ商法は どうちがうの?

アフィリエイトのビジネスモデルは以下の図のようになります。

f:id:slash1196:20190919181059p:plain

要はアフィリエイターがASPの広告をメディアに貼って、広告主の商品を紹介します。そしてそれを読んだ読者がもし商品を買ってくれれば広告費をアフィリエイターにお支払いするといいうことです。

それによって、アフィリエイターは広告費をもらえることができるし、広告主は商品を売ることが出来ますし、さらに露出が高まることによって人に知られることができます。

そしてASPは広告費をもらうことができるので、Win-Win-Winということができるんです。

 

それに比べてマルチ商法に関しては以下のような商法になっています。

f:id:slash1196:20191006141440j:plain

こういった感じの紹介制の商法になっていますね。で紹介した人にはポイントが付くっていう感じになっていますね。

これの凄いところは紹介した相手がまた人に紹介すればその人を紹介した人はもちろん、その上の人もそのまた上の人も紹介料がもらえるビジネスであることなんですよね。

これは正式名称が連鎖販売取引といって日本ではグレーゾーンですが一応法律では特定商取引法という法律で認められています。

 

ねずみ講は話が違います。完全のブラックです。

ウィキペディアによると、以下のように定義されています。

ネズミ講(ネズミこう)とは、後に無限連鎖取引と呼ばれることとなった連鎖配当組織のことである。

ネズミ講の「ネズミ」はねずみ算式に増幅することの例えで、「講」自体に悪い意味はあまりない。

現在の日本では、無限連鎖講の防止に関する法律"無限連鎖講の防止に関する法律によって該当するものを罰則を持って禁止している。

階層状の組織を形成する特徴からピラミッドスキームとも言われる。

また、投資を運用せず自転車操業的に配当に回してしまう点が共通するスポンジ・スキームを指して言うこともある。

なお、特定商取引法で規制されている連鎖販売取引及びそれらに類似したものの総称として用いる場合もある。(by Wikipedia)

マルチ商法とねずみ講との違いは無限かそうでないかなんです。連鎖は同じですがあるところでそのピラミッドから独立するかしないかです。

 

こうやって見るとアフィリエイトとねずみ講、マルチ商法とは全く違いますよね。

 

どうしてアフィリエイトはねずみ講と間違われるのか??

ではどうしてアフィリエイトはねずみ講やマルチと間違われてしまうのかということについて考えてみました。

それは、以下のようなことが考えられます。

 

①アフィリエイトの知識がない

アフィリエイトというのは最近でこそは副業として知られていることもありますから知っている人は知っていますが、それでもやっぱり知る人ぞ知るといった存在です。

 

その為にどんなビジネスモデルなのかなんてわかろうともしませんから、間違われてしまうのでしょうね。

 

②単純にたくさん稼げると思っている

ねずみ講やマルチ商法は実際にはある程度のところまで行くと自分が働かなくてもいい状態になります。

そうすると自分は実質動かなくても仕組みがしっかりしていることによって商品が売れるので高額な報酬を得られるということが有ります。

アフィリエイトにもそれが有ると思ってしまうことが考えられますね。

 

アフィリエイトはどうして怪しがられるのか??

ではアフィリエイトに向けて世間がどのようなイメージをしているのかというのを調査してみました。

すると以下のようなことがわかりました。

 

①顔がみえなくてもできる

アフィリエイトというのは対面販売とは違ってインターネット上での取引になります。そこに表情が見えないことに怖さを感じているのでしょうか。

非常に多いですね。

 

②文章だけでその気にさせるところが有る

アフィリエイトというのは文章で読者に欲しいと思ってもらうことが必要になります。それは裏を返せば、文章をうまく書けば会うことがなく商品を売ることができるということになります。

しかも言い方を悪くすれば文章というのはどうとでも書けます。

ですからそこに怖さを感じているのもあるかもしれません。

 

③SNSなどでアフィリエイト関連の詐欺が流行っている

アフィリエイトに関する詐欺が最近非常に多くなっているのも一つの原因ではないかと思っています。

よく見かけませんか??

『一日10分の作業で・・・。』

とか

『コピペするだけで月収20万円以上』

とか。。。

 

僕からしたら『おい、そんなんで行けるわけないだろう』と思うくらいのことを何人も毎年詐欺に引っかかるんですよね。

その為に詐欺を恐れる人が増えているのです。

 

④アフィリエイトを知らない多数派が言うことがメジャーになる世の中だから

 僕はこれは日本の今の現状もあると思うんですよね。

どちらかというと多数決の世の中じゃないですか??

 

アフィリエイトを知らない多数派の人達が憶測を並べ立てることであたかもアフィリエイトが怪しいビジネスであるかということになってしまうんです。

本当は違うんですけれどね。

 

だから多数派の人たちの憶測が簡単に一般論みたいになっているということが原状としてアフィリエイトのことを怪しいビジネスにさせているのが現状なんです。

 

アフィリエイトでねずみ講やマルチ商法と間違われないためには??

アフィリエイトでねずみ講やマルチ商法と間違われないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか??

 

方法は一つしかありません。

それは、アフィリエイトの目的をしっかりと理解して、正攻法でやることです。

誇大広告や虚偽のことを書いてはいけません。

 

それは結局一時的な売り上げになるかもしれませんが、後々売れ続けるには難しくなるでしょう。

 

ですから正攻法でアフィリエイトをするということを忘れないでほしいのです。

 

結論

  • アフィリエイトはちゃんとした合法のビジネスモデルです。
  • アフィリエイトはねずみ講やマルチ商法といった犯罪まがいの商法とは違い、大企業や大手メーカーも利用するビジネスモデルです。
  • どうして間違われるのかというとアフィリエイトの知識がないこと、そしてお金が儲かることへの羨望の気持ちが妬みやひがみを生み出して本当の意味を確認しないといったことが原因ですね。
  • 変な誤解を生まないためには、誇大広告や虚偽発言をしない正攻法でアフィリエイトをするということが重要です。

 

まとめ

お疲れ様でした。

いかがでしたか。

 

アフィリエイトというのは実態が見えないのでちょっとした憶測を立ててしまいがちなビジネスモデルでもあるんですよね。

 

ですからいかにアフィリエイター側が『変なビジネス』でないということを知らせてあげる必要があるんです。

そうしないと、世の中の思うことがどんどん悪くなってしまいますからね。

 

ってことで今回はここまで。

また次回。

 

 

スポンサーリンク
 

// jQuery読み込み // 目次 表示/非表示ボタン