紅蓮のアフィリエイト日記

アフィリエイトの方法や失敗談などを書いていきます。また質問などにも答えていきますのでぜひ見ていってくださいね。

中国語の勉強しようと思ったきっかけ

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

さて今回はちょっと趣向を変えて僕の趣味のひとつでもある中国語の話をしようと思います。

というのも、約15年中国語とは付き合いがありまして、それで今も趣味の一環として中国語の勉強を続けているんですよね。

 

で今回はその中でもなぜ中国語を勉強しようと思ったのかというところをお話ししていこうと思うのです。

 

では早速行ってみましょう。

HERE WE GO!!

中国語との最初の出会いは再放送の大河ドラマ

最初僕自身、父親が中国関係の仕事をしていたこともあって、中国語を勉強しろといわれていました。

しかし僕は、『中国語なんて中国でしか使われへんやん』って思ってたんですよね。

 

でも歴史が好きだったこともあり大河ドラマにはまっていたんです。

で、ある時テレビをつけたら、ちょうどその時が中国国交回復の節目でちょうど70周年だかって言って再放送の大河ドラマ『大地の子』がやってたんですよね。

 

あっという間に見入ってしまったのを覚えています。

で何よりもそのきっかけになったのが劇中に出てくる陸一心を演じる上川隆也さんの流暢な中国語の発音に、度肝を抜かれました。

 

『え?こんなに中国語話せるもんなの?日本人??中国の人じゃなくて??』って思ったのを覚えています。

 

英語を勉強したくて大学入学したが、、、。

僕はその後、英語を勉強したいと入学した大学でしたが、ドラマの中の上川隆也さんの流暢な中国語が忘れられずに、もやもやした気持ちがずっとありました。

 

で、何が何でも中国語を勉強したいと思うようになっていました。

大学に入った時には第二言語として中国語を取りました。

中国語専攻にしたかったんですけど、定員オーバーでできませんでした。(涙)

 

ご存知かもしれませんが第二言語というのは二回生までしか勉強ができないんですよね。

だからあくまで基礎の基礎をかじるというところでしょうか??

 

最初はそれでもいいと思っていたんです。

2年間勉強したらそれでいいかなって思って勉強していたんですよね。

 

大学二年の時に劇的な出会いが、、、。

中国語を第二言語として勉強にいそしんでいたある日、音楽の専門学校に行った高校時代の友人からライブの誘いがあったんです。(実は高校ではバンドやっていて大学でもライブとかしていたので、、、。)

 

その人が僕の人生を後に中国語にまみれた人生にするとはその時には知る由もなかったです。

 

ライブは大体4時間ほどでたくさんの人が出ているフェス形式のものだったんですけれど、その中で僕の心に突き刺さる歌をなぜか中国語で奏でる一人の日本人アーティストが居ました。

 

僕はその時に中国語を勉強していましたから、何か勉強になるかもしれないと思ってずっと聞いていたんですよね。

それが伊丹谷良介さんっていう人だったんですよね。

 

検索してみたらなんと自分から中国人の音楽プロデューサーに声をかけ単身渡中をし、中国を今沸かせている日本人のアーティストであるということを知りました。

単純に面白いと思いました。

 

『この人のCDがどうしても欲しい』とおもいました。

で、僕はその友人に紹介を依頼したんですが、その日はもう帰ってしまわれていて、お流れになりました。

 

でその後もどうしても中国語で歌う彼の歌が僕の心をつかんで離さずについにSNSで恐る恐るメッセージを送りました。

『あなたのライブを見ました。そして、その時に聞いた音楽がどうしても忘れることが出来ず、音源を欲しいのですが、どこで買えますか??』的なことを書いたと思います。

 

そんな質問にも伊丹谷さんはちゃんと返してくださって、中国語の勉強につかえる歌なんかも教えてくださったんですよね。

 

感激しましたね。

 

卒業後に友達が中国人と結婚する

大学卒業後就職してしばらくしてからなんですがある日中学時代の友達から結婚式の招待状がとどきました。中国人の女性と結婚ことが書かれていました。

 

僕はうれしく思いました。

今までの勉強の成果をしるチャンスだと考えたのです。

 

そして当日中国語で話すとその友達の奥さんはびっくりしていました。

まあそれはそうですよね。

英語をしゃべる日本人はそこら中にいますけど、当時中国語を話せる日本人はまだ少なかったですから、『なんで話せるの??』状態です。

 

勉強してることとお祝いに来たことだけ告げてその日は帰ったんですが、やっぱり話してほめられたことがうれしくて、勉強をし始めたんですよね。

 

中国人と結婚していたことも、、、。

先ほど中学時代の友達が中国人女性と結婚している話をしましたね。

 

実は僕は離婚を経験しているのですが、僕も中国人女性と結婚していた過去があります。

 

その時に中国語を話したことがきっかけで彼女が興味を持ってくれて恋人になりました。

 

その時にも同じように中国語を話せることを驚かれたんですが、その時にはもう中国語を勉強し始めて10年くらいたっていましたから、当然話せるわけです。

 

で中国語で話すこと自体に魅了されていますね。

 

まとめ

お疲れさまでした。

今回は中国語をどうして勉強し始めたのかというきっかけのお話をしましたね。

 

僕の人生は節目節目に中国語を勉強し続けるためのチャンスがあったんです。

中国語は世界で最も使う人口が多い言語です。

 

また最近は中国から日本に来る人口も多いため、絶対に勉強していて損はない言語だと僕は踏んでいます。

 

ですからよかったらあなたもいかがですか??

いっしょに勉強ができればうれしいです。

 

では今回はこの辺で。

また次回に。

 

// jQuery読み込み // 目次 表示/非表示ボタン