紅蓮のアフィリエイト日記

アフィリエイトの方法や失敗談などを書いていきます。また質問などにも答えていきますのでぜひ見ていってくださいね。

はてなブログで作ったサイトが重い!!軽くするために僕がやった4つの施策!!

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

最近すごく思っていることが有るんですよね。

それは、サイトの読み込みが非常に遅いってことなんですよね。

んで僕が思うってことは読者もきっと思ってるはず、、、。

 

と思って今回は軽くするために僕がした施策についてお話したいと思います。

 

 

ではさっそく行ってみましょう。 

準備はいいですか??

HERE WE GO!!

ちょっとびっくり!!実はサイト表示速度が上がるとSEO対策!?

f:id:slash1196:20191020141030j:plain

 

ちょっとびっくりなことが!!実はサイトの表示速度を上げるとSEO対策にもなるっていうことなんですよね。

 

まあそうですよね。

表示の速度が速い方がすぐに答えが知れるし、見ている検索者にとってはいいことばっかりですもんね。

 

どうしてページの読み込み速度は検索順位に関係するのか??

f:id:slash1196:20191019151857j:plain

実はGoogle先生が言うには検索というのは悩みを持っているからすることであるとのことですよね。そしてその悩みに深刻であることが多いとのことなんですよね。

だから悩みに対する解決方法をすぐに返すサイトこそがいいサイトといえるってことなんですよね。

簡単に言うとすぐにレスポンスするサイトが欲しいということなんですよね。

 

こんな経験はないでしょうか??

あなたはブログの書き方について悩んでいるときに検索をかけました。すると検索の1ページ目の一番上のページをクリックすると読み込みをするのがものすごく遅かったんです。

 

ああ、もう、イラつく。はやく表示しろよ!!

っていう経験。

 

画像表示なんかもそうなんですよね。

表示速度が遅いというのはものすごく検索者にとってストレスを与えてしまうんですよね。

 

だから、スピードが速くないといけないんですよね。

 

サイトの表示スピードが遅いことのデメリットは??

f:id:slash1196:20191020125554j:plainサイトが遅いということのデメリットは以下のようになるといわれています。

サイト表示が0.5秒遅くなると、検索数が20%減少する(Amazon 2007年 Web experiments generate insights and promote innovation. 

 とか

サイト表示が0.1秒遅くなると、売り上げが1%減少し、1秒高速化すると10%の売上が向上する。(ヤコブ・ニールセン博士 2010年Website Response Times

 これは、実際に多くのサイトでも検証結果が出ていますが、表示速度が1秒遅くなるごとにアクセス数が多いときでは20%もの減少するということもあるようです。

 

表示速度が遅いことはユーザーにとって大きなストレスを与えてしまいますので、離脱率が上がり回遊率が下がるんです。

そうすると以下のようなことが考えられます。

  • PVやトラフィックの減少
  • CV(お問い合わせや商品購入の行動)の減少
  • ユーザーの満足度の減少
  • 上記による売上の減少や検索順位の下降

そうなると売れるものも売れなくなってしまいますよね。

これはアフィリエイトやブログをしているものにとっては由々しき問題になるんですよね。

 

サイトに表示スピードが必要というのを知らなかった。

f:id:slash1196:20191020141736j:plain

ちょっと考えればわかる話なのに実は僕は表示スピードがSEOに関係するという話を全く知らなかったんですよ。

知らないというのは本当に怖いもので、、、。

 

今まではサイトの表示速度が大事なんて全くこだわっていなかったんですよね。

だからその話を聞いたときも、はてなブログってサーバーが強靭だから、『多少サイトが重くでも大丈夫だ』と高をくくっていたんですよね。

 

そうするとサイトが重くなりまして今回のようなことになりました。

 

実際に自分のサイトの表示スピードはどれくらいだったのか??

f:id:slash1196:20191020142229j:plain

僕の場合はちょっと情報を得るのが遅くて、実際に確認をしたのがつい先週の話だったんですよね。

でGoogleのPage Speed Insightsっていうサイトで調べるといいよって言われたので調べてみたんですよね。

 

このサイトはスピードをPCとスマホやタブレットといったモバイルの2種類のスピードを100点満点中の何点くらいかというスコア形式にして確認できるツールですね。

 

調べてみると

 

f:id:slash1196:20191019153933p:plain

 スマホ版は100点満点の20点。

 

めっちゃ低い。

両方とも赤点やん。。(笑)

 

え??こんなに重いの??おいおいマジか??そりゃ検索にも引っかからんよ!!

 

 

そう思ってまず原因を考え、何をしたらいいのかなあって考え始めました。

まったくわからん。(汗)

 

 

僕がはてなブログを軽くするために行った7つの施策とは?? 

f:id:slash1196:20191020162228j:plain

そう思いながらとにかく『はてなブログ 読み込み 遅い 対応策』とかいうキーワードで検索をしてみたんですよね。

 

そして上位10件のページをササっと流し読み。

するとできることはどうやら4つくらいしかなかったんですよね。

 

どのページにも書いてあったのが、CSSの圧縮っていうのがありました。

っというのが僕はトップページにCSSを使っていろいろカスタマイズをしていたのでそれが重いのかなって思ったんですよね。

おいおいマジか??

 

そう思いながら必死にとにかくCSSの圧縮をしようと試みました。

 

①CSSの圧縮を試してみる

まずはたぶんこの中で一番難しいと思われるCSSから始めようかなって思いました。

CSSていうのは主にデザインをつかさどっているところなので、つまりはものすごくいろんなことを書き込んでいるんですよね。

 

そうすることで、視覚的に変化する部分なんですよね。

結構な勢いでカスタマイズをしているので、もしかしたら重たくなっているのかも??

とか思って、圧縮したらいけるんと違うんかなとか思ってしてみました。

 

CSSの圧縮ツールは以下のツールです。

 

を使いました。

 

注意!!

絶対に原文のバックアップをとっておきましょうね!!これは絶対に守ってくださいね。じゃないとあとでしんどくなってしまうので、、、。

 

 

 

ここで一度、スピードテストをしてみましょう。

 

f:id:slash1196:20191020160308j:plain

スマホの点数が12点上がってる。
うん。大分上がってますね。

 

でもまだ赤点やけど、、、。(笑)

 

②記事の中にある画像を圧縮してみる

画像はたぶん一番大きい部分を占めると思うので、とにかく絶対にやっといた方がいいですね。

普通にはると画像の容量が大きいらしくブログ自体が重たくなって表示速度が遅くなるのだとか、、、。

 

とにかく作った記事に貼ってある画像を圧縮しました。

圧縮に使ったのは、以下のソフトです。

 

これはすぐに圧縮してくれるそんなソフトなので使いやすいですね。

 

③使っているブログテンプレートを変える

これはまあ言えば使っているテンプレートを変えるって意味ですね。

はてなブログにはいろんなテンプレートが存在します。

 

そしてどうやらそのテンプレートによってスピードが違うっていう話なんですよね。

ってことで一回別のものにしようかな、、、なんて考えたんですけど、また同じものに変えましたね。

 

でダウンロードをしてみました。

そうしてスピードテストをしてみると、

f:id:slash1196:20191020160308j:plain

f:id:slash1196:20191020160116p:plain

下がPC上がモバイルです。

はい、上がってますね。

 

ただ、まだモバイルがちょっと赤点気味なのでとにかく画像を圧縮をこれからやっていきましょうね。

 

④既存のソーシャルボタンを外す

実はソーシャルボタンって、カウントをするのにものすごく容量を食っているみたいなんですよね。

その為に遅くなっているのではないかとかんがえました。

 

そこで既存のソーシャルボタンを外しました。

しかしソーシャルボタンがないとなんか寂しいですよね。

ってことでソーシャルボタンを新しく作って、記事の下に置くようにしました。

するとちょっと軽くなりました。

 

⑤はてなブックマークのコメント欄を無効化する

はてなブックマークのコメント欄を置いておくととにかく重たくなりそうに感じたので、外しました。

というか僕の場合にはとくに必要がなかったので外しましたね。

 

⑥はてなスターを無効化する

はてなスターは本当は残したかったんですよね。

というのがたくさん読んでくれる人がいてたのでどうしても見たかったんですが、やっぱり読み込みの速いサイトの方がいいですよね。

だから外しました。

 

⑦広告を無効化にする

これははてなブログProにしててよかったと思ったことなんですがはてなからの広告を完全に無効化にしておくことでしたね。

何故なら広告というのは中には画像の広告も含まれるので、自分ではどうしようもないことが多いんですよね。

 

そうなると使うのに非常に使いづらくなってしまいますから、無効化にしておく方がいいです。

 

まとめ

いかがでしたか??

 

結構重いのが軽くなったりしたんではないでしょうか??

 

しかし、Page Speed Insightsの内容に関しては、中には自分ではできないものも中には存在します。

 

運営会社に依存するところがありますから、神経質になる必要はなくて、書くことに集中するということでいいと思います。

 

では今回はこの辺で。

また次回。

 

// jQuery読み込み // 目次 表示/非表示ボタン