紅蓮ブログ

アフィリエイトのことが全く分からないあなたに超簡単に詳しく、実戦形式でお話していくブログです

【はてなブログ】Aboutページを作成して読者を呼び込もう

f:id:slash1196:20210716205838j:plain

f:id:slash1196:20200520205950j:plain

ブログ初心者

「はてなブログで書いているんだけどAboutページの作り方がわからない。

どうやって作るのか教えてほしいな。」

 

こんなお悩みにお答えします。

 

  この記事でわかること

  • 意外に知られていないAboutページ
  • Aboutページの作り方

 

こんにちわ、紅蓮です。

 

はてなブログで書いていて、Aboutページを作りたい。でも作り方がわからないと悩んでいませんか。

 

そんなあなたに、Aboutページの作り方のお話です。

 

この記事を読むとはてなブログでのAboutページとは何かから、メリット、書くべき内容と作り方までをまるっとわかります。

 

この記事を書く僕は、はてなブログ歴3年目。

今ではアフィリエイト収益が月に3000円くらい入ってきます。

 

そんな僕もAboutページを作ったのはつい最近です。

まあそのおかげで、アクセス数は伸びたんですが…。

 

今回はそんなアクセスが伸びたAboutページの作り方をまるっとお話ししますね。

 

最後までどうぞご覧くださいね。

 

では行ってみましょう。

Here We Go!!

 

 

意外に知られていないAboutページ

f:id:slash1196:20210716210131j:plain

ブログを書いている人は結構多いけど、意外に知られていないのがAboutページですね。

 

というのも、Aboutページの場所が見つけづらいのがあると思いますね。

 

f:id:slash1196:20210716154808j:plain

通常はプロフィールの名前の横に書いてあるidの部分をクリックすると、Aboutページに飛ぶんですが、読者は基本的には知らないからです。

 

わかりやすくしておくことが、必要ですね。

 

Aboutページとは

じゃあ「Aboutページって何?」て疑問があると思いますのでお答えしますね。

 

Aboutページは、詳細な自己紹介が書けるページですね。

 

「そんなんプロフィールに書けばいいやん」と思われたかもしれませんが、実はプロフィールに書けば長くなってしまうからなんですよね。

 

しかもサイドバーとかフッターに置くので小さいスペースで読みにくいことがあるんです。

それは読者にとって良くありません。

 

そのために自分の詳しい自己紹介ページを、Aboutページとして作るんですよね。


いわば、ブログの名刺といったところですね。

 

Aboutページを作りこむメリット

Aboutページを作るメリットについてですね。

 

Aboutページのメリットは、以下の通り。

 

  • メリット①濃いファンができる
  • メリット②読者に安心感を与えられる
  • メリット③アクセスも伸びる

 

では、詳しく見ていきましょう。

 

メリット①濃いファンができる

一つ目のメリットは、濃いファンができることです。

 

というのも、あなたのことをしっかりと知れるからですね。

 

人というのは、知れば知るほどその人に興味を示すということが心理学の実験でわかっています。

 

心理学用語で、近親効果って言います。

 

そのために、結構濃いファンになってくれるんですよね。

 

メリット②読者に安心感を与えられる

2つ目のメリットは、読者に安心感を与えられることですね。

 

人というのは、自分の知らないものにはなかなか踏み出せないものなんです。

 

というのも人は今ある状況よりもっと悪い状況になると損をした気分になるからです。

 

もうこれは生まれた時から細胞レベルに組み込まれたプログラミングみたいなものですね。

 

警戒心を持ってしまうのは当然です。

 

あなたとあなたのブログのことを先に教えてあげるだけで、あなたのブログに対する警戒心はぐっと下がります。

 

だから安心感を与えるためにもAboutページを作りましょう。

 

メリット③アクセスも伸びる

3つ目のメリットは、アクセスも伸びることです。

 

読者は以下のように、ブログを判断しています。

 

①悩みを検索で打ち込む⇒②検索結果の上のほうに出てきた記事を読む⇒③その記事の信頼性を知るためにaboutページを読む⇒④記事の信頼性を得て読者化するかを決める

という感じ。

 

だから読みに来た人は基本的にはAboutページを読みたいものです。

 

また以下は、2021年の5月から2021年7月現在までのアクセスの推移ですね。

f:id:slash1196:20210716184118j:plain

見てわかるとおりに、Aboutページを作成してからアクセスが上がっていますね。

 

Aboutページを置いておくと、ブログのアクセスが伸びますね。

 

はてなブログのAboutページの作り方

f:id:slash1196:20210716210155j:plain

ここでは、Aboutページの作り方をお話ししていきましょう。

 

はてなブログのAboutページの場所

まず、Aboutページの場所です。

 

Aboutページの場所は、以下の通り。

管理画面→設定→aboutページ編集

 

すると編集画面に行くことができます。

 

Aboutページに書くべき内容

Aboutページに書くべき内容とは、いったいどういうものなのでしょうか。

 

書くべき内容は、主に以下のような感じですね。

 

  • 書くべきこと①自己紹介
  • 書くべきこと②過去の経歴
  • 書くべきこと③発信媒体
  • 書くべきこと④サイトについて(コンセプトや人気記事)
  • 書くべきこと⑤サイト以外の制作物

 

では詳しく見ていきましょう。

 

書くべきこと①自己紹介

書くべきことの1つ目は、自己紹介ですね。

 

自己紹介の内容は、以下のようなことでいいですね。

 

  • 名前:本名でもハンドルネームでも問題なし
  • 年齢や今の仕事
  • 好きなもの
  • どんな生活をしているのか

 

あなたに関することを、書いてあげるのがいいですね。

 

  自己紹介を書く時の注意点

自己紹介を書く時の注意点は、たった一つです。

それは自分語りをしすぎないことですね。

 

というのもなぜあなたの記事を読みに来るのかを考えてください。

問題を解決したいからです。

 

そしてAbout記事に来るのも、あなたの言うことに信ぴょう性を得たいからであってあなたを知りたいわけではないんです。

 

ここを知らないと、自分語りになってしまい離脱率も高くなってしまうことも。

 

ですからなるだけあなたの自己紹介は短いほうがいいですね。

注意しておきましょう。

 

書くべきこと②過去の経歴

書くべきことの2つ目は、過去の経歴ですね。

 

今はどんな仕事をしていて、過去にはどんな仕事をしていたのか、そしてどんな成果を上げていたのかを書きましょう。

 

僕の場合は、以下の通り。

 

貿易会社→システムキッチン営業→ホームセンターの販売員→アパレル販売員→半導体メッキ職人→半導体テストエンジニア→警備員&フリーランスライター

 

ついでにいまの暮らしぶりとかも合わせてあげると、こんな人が書いているんだなって思ってもらえますね。

 

  経歴を書く時の注意点

経歴を書く時の注意点で注意したいことは、なるべく派手な成果は入れないことですね。

 

というのも派手な成果は確かに目を引くものです。

でも、残念ながら共感性が少なくなってしまうんです。

 

例えばあなたが今からアフィリエイトを始めるとして、1000円の成果を出した人と100万円の成果を出した人、どちらに追いつけそうですか。

 

当然、前者ですよね。

 

そうなんです。

 

確かに派手なものは見ていて飽きません。

しかし読んでいて行動に移せない文章は、参考になりません。

 

派手な成果を書くのはやめにしておきましょうね。

 

書くべきこと③発信媒体

書くべきことの3つ目は、発信媒体ですね。

 

TwitterやYoutubeなどのアカウントと、やっている内容に関して書いておくとフォローしてくれる可能性がぐんと高まります。

 

  発信媒体を書く時の注意点

発信媒体を書く時の注意点は、なるべくブログと関連のあることをやっている媒体にすることです。

 

例えばアフィリエイトのことについてブログでは書いているのに、ツイッターでやっていることが映画のことをつぶやいているのでは、まったく関連性がなくなってしまいます。

 

すると読者は混乱してしまい、ファン化もなくなってしまいます。

 

ですからなるべく関連のあるものをつぶやくようにしましょう。

 

書くべきこと④サイトについて(コンセプトや人気記事)

書くべきことの4つ目は、サイトについてですね。

 

サイトのコンセプトや目的、成り立ちそして、メリットなどを盛り込んで書きましょう。

 

おすすめなのは見出しを使って書くことです。

 

また人気記事を入れることもおすすめです。

というのも読者は人気記事を、結構読んでみたいものですから。

 

個々の部分は、結構重要な部分になるので、しっかりと書いておきましょう。

 

  サイトについて書く時の注意点

サイトについて書く時の注意点は、想定読者を明確にしておくことです。

想定読者を決めないとその後の活動に支障が出ます。

 

ですから想定読者を作っておきましょう。

 

想定読者の作り方に関しては、ブログのペルソナ設定の方法【結論:自分に近しい人にしよう】 にて詳しく解説しています。

 

ぜひご参考になさってくださいね。

 

書くべきこと⑤サイト以外の制作物

書くべきことの5つ目は、サイト以外の制作物ですね。

 

今のブログ以外のブログや、デザインなんかがわかるとそこから仕事に発展するかもしれないからです。

 

ですから積極的にサイトを作って、Aboutページに入れるようにしましょう。

 

  サイト以外の制作物を書く時の注意点

サイト以外の制作物を書く時の注意点は、なるべく関連性のあるものを書くことですね。

 

というのも、あなた自身を知るためとは言え、あなたのサイトを見た人はあなたのそのサイトに評価をしています。

 

そして関連性があればあるほど、知識も生かせるのでいいですね。

 

例えばアフィリエイトのことを書いているならライティングに特化するブログを作るとかですね。

 

関連性のあるものを作るようにしましょう。

 

aboutページの作る手順

ではAboutページの作る手順をお話しします。

 

手順は以下の通り。

 

  • 手順①記事を書くをくりっくして、見たまま編集で必要事項を書く
  • 手順②HTML編集に変更して、書いた内容をコピーする
  • 手順③Aboutページの編集画面に行く
  • 手順④編集モードをHTMLにする
  • 手順⑤コピーした内容を貼り付ける

 

では詳しく見ていきましょう。

 

手順①記事を書くをクリックして、見たまま編集で必要事項を書く

f:id:slash1196:20210716195510j:plain

まず「記事を書く」ボタンをクリックして、エディター画面に行きましょう。

 

その後Aboutページに、必要な事項を書いていきます

 

手順②HTML編集に変更して、書いた内容をコピーする

f:id:slash1196:20210716200008j:plain

次にHTML編集に変更します。

 

そして、書いた内容のHTMLをすべてコピーします。

 

手順③Aboutページの編集画面に行く

f:id:slash1196:20210716200455j:plain次にAboutページ編集に行きます。

Aboutページは、設定→aboutページ編集と行きます。

 

手順④編集モードをHTMLにする

f:id:slash1196:20210716200659j:plain次に下のドロップダウンで、HTML形式になっているかを確認しましょう。

 

手順⑤コピーした内容を貼り付ける

f:id:slash1196:20210716201012j:plain

次に画像のかこっている部分に、先ほどのコピーした内容を貼り付けましょう。

 

貼り付け終わったら、最後に「変更する」ボタンをクリックするのを忘れずに。

 

以上でAboutページが完成します。

 

まとめ|aboutページを作るのは超有効、作ってアクセスをしっかりと稼ごう

お疲れさまでした。

ここまでAboutページを作成する方法をお話してきました。

 

まとめると以下の通り。

 

まとめ
  • Abouページは意外に知られていない。というのも見つけづらいから。
  • Aboutページは、詳細な自己紹介が書けるページ。ブログの名刺といったところ。
  • Aboutページのメリットは以下の通り。
    • メリット①濃いファンができる
    • メリット②読者に安心感を与えられる
    • メリット③アクセスも伸びる
  • aboutページの場所は設定ページ⇒aboutページ編集。
  • Aboutページに書くべき内容書くべき内容は以下の通り。
    • 書くべきこと①自己紹介
    • 書くべきこと②過去の経歴
    • 書くべきこと③発信媒体
    • 書くべきこと④サイトについて(コンセプトや人気記事)
    • 書くべきこと⑤サイト以外の制作物
  • aboutページの作る手順は以下の通り。
    • 手順①記事を書くをくりっくして、見たまま編集で必要事項を書く
    • 手順②HTML編集に変更して、書いた内容をコピーする
    • 手順③Aboutページの編集画面に行く
    • 手順④編集モードをHTMLにする
    • 手順⑤コピーした内容を貼り付ける

 

 aboutページを作るのはアクセスアップにも超有効です。

ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

ってことで今回はこの辺で。

また次回に。