紅蓮のアフィリエイト日記

アフィリエイトの方法や失敗談などを書いていきます。また質問などにも答えていきますのでぜひ見ていってくださいね。

アフィリエイト記事を外注依頼するべきではない5つの理由

f:id:slash1196:20201111013837j:plain


アフィリエイト記事を考えている人:「最近アフィリエイトを始めたんだけど、記事の更新を毎日するのにつらい。時間を作るのにも大変だし、アフィリエイト記事の外注依頼をしようか迷っているんです。でもよくわからないし。。。アフィリエイト記事の外注依頼について教えてほしい。」

 

こんな悩みにお答えします。

 

この記事でわかること
  • アフィリエイトを外注依頼サービスが流行っていること
  • アフィリエイト記事を外注依頼するメリット
  • アフィリエイトは外注依頼するべきかどうか
  • アフィリエイト記事は依頼外注すべきではない5つの理由

 

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

最近アフィリエイト記事の外注依頼サービスというものが流行っています。時間がない人向けにサービスを提供しているというのがいい点です。

 

しかし、実際に使ってみるとそうではないかもしれませんよね。

当記事ではアフィリエイトの外注サービスを使うべきかどうかまたその理由についてお話をしていきましょう。

 

ではいってみましょう。

Here We Go‼

スポンサーリンク
 

 

アフィリエイトを外注するサービスが流行っている

2020年11月現在で、アフィリエイトをする人口はどんどん増えていますね。2019年10月に政府による施策の一つで労働基準法の副業規定が変更になったこともあり、アフィリエイトで利益を得ている人は多いと思います。

 

その中でもアフィリエイトを外注依頼するというサービスが流行っているのはご存じでしょうか。

 

そう実はアフィリエイトを外注する人が多いんですよね。クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサイトでは仕事を効率化するために外注している業者などが見つかります。

 

また、現在は時代も相まって、リモートワークを推奨することが多くなってきています。そのために、ライターなどを外注されることが多くなってきています。

 

そのためにアフィリエイトを外注依頼することが人気なのは確かなのです。

 

アフィリエイト記事を外注依頼するメリット

アフィリエイト記事を外注依頼するメリットというのをここではお話していきましょう。

アフィリエイト記事を外注依頼するメリット①:時間ができる

まずアフィリエイト記事を外注依頼するメリットの1つ目は時間ができるということなんです。というのも本来記事を書かないといけないのをお金を支払いほかの人に依頼することによって書かなくてもよくなります。

 

その時間をどのように使うかはあなたの自由です。サイトのガイドラインを作るとかでもいいですよね。だから時間が確保できるという利点があるんですよね。

 

アフィリエイト記事を外注依頼するメリット②:1日にたくさんの資産が積みあがる可能性が高まる

アフィリエイト記事を外注依頼するメリットの2つ目は1日にたくさんの資産が積みあがる可能性が高まるということなんです。というのも外注のいいところは金額次第でたくさんのライターに依頼することができます。

 

つまりもしあなたが自分で記事を書くところなら1日に1記事しか書けなかったところでもアフィリエイト記事を外注依頼することによって2、3記事の納品が可能になり、資産が積みあがることになるのです。

 

アフィリエイト記事を外注依頼するメリット③:場所を選ばない

アフィリエイト記事を外注依頼するメリットの3つ目は場所を選ばないということです。というのもブログやサイトなどのアフィリエイト用のプラットフォームは、場所を関係がありません。

 

なぜならアフィリエイトはネット環境があって作業できるデバイスがあればいいからなんです。

 

そのために会社に出社している場合でも、契約した外注業者が家にいればプラットフォームに記事を投稿してくれるのであなたがどこにいようが全く関係がなく記事が積みあがっていくのです。

 

場所をえらばないというのはアフィリエイト記事を外注依頼するメリットですね。

 

アフィリエイト記事を外注依頼するメリット④:自分が知らないジャンルのサイトも作れるようになる

アフィリエイト記事を外注依頼するメリットの4つ目は自分が知らないジャンルのサイトも作れるようになるということなんです。というのもアフィリエイトで稼ごうと思った時に一番必要なものは実績になるのです。

 

しかし、扱おうとしているジャンルが本当に自分が詳しいジャンルかどうかというのはわからないですよね。そうなったときに外注依頼をすると、扱うジャンルに詳しい人が書くことになるので、あなた自身が実績を持っている必要はなくなるのです。

 

しかも詳しく記事を書いてくれるためにサイトの内容も充実したものになる可能性があります。

 

アフィリエイト記事を外注すると自分が知らないこともサイトに掲載することができるためにメリットになります。

 

アフィリエイト記事を外注依頼するメリット⑤:E-A-Tがある記事が載せられる

アフィリエイト記事を外注依頼するメリットの5つ目はE-A-Tつまり専門性・権威性・信頼性がある記事が載せられるという点です。これは検索エンジンの上位表示には必要不可欠なことなんですね。というのもGoogle先生がサイトで明言しているからなんです。

 

アフィリエイトを外注依頼すると記事を書くときに専門知識があったり、権威性があるということがライターの人に求めることができ、それによりサイトの信頼性が高まるために、検索エンジン対策にすぐ対応できるようになります。

 

例えばダイエット関係のブログを書くとします。パーソナルジムのコーチの経験がある人と何も経験のない人ならどちらのほうが信頼性があるでしょうか?おのずと知れた全社ですよね。経験も専門知識も権威性もあるので記事に信頼が増しますよね。

 

このようにアフィリエイトの外注依頼をすることによってE-A-Tがある記事の掲載ができるということがあるのです。

 

理由はどうあれ、アフィリエイトは外注依頼するべきではない

 

ここまでアフィリエイトは外注依頼をするメリットをお話してきましたね。ここまで聞いたあなたは

「おお、そうなのね。じゃあ外注依頼をすればいいんじゃね?」

なんて思っているかもしれません。

 

ただ、ここでは理由はどうあれ、アフィリエイト記事は外注依頼をするべきではないということをお伝えしていきたいと思います。理由があるんですよね。

 

アフィリエイト記事は依頼外注すべきではない5つの理由

ここでは、アフィリエイト記事は外注依頼をすべきではない3つの理由をお伝えしていきましょう。

理由は、以下の通りですね。

 

アフィリエイト記事を外注しないほうがいい理由
  • 理由①:思っている記事になるかどうかがわからない
  • 理由②:リスクのある投資だから
  • 理由③:記事の精度が不安定だから
  • 理由④:自分で稼げるようにはならないから
  • 理由⑤:サイトをリフォームするときにまた募集をかけないといけない

 

では一つ一つ見ていくことにしましょう。

 

アフィリエイト記事を外注依頼しないほうがいい理由①:思っている記事になるかどうかがわからない

アフィリエイト記事を外注しないほうがいい理由の1つ目は思っている記事になるかどうかがわからないという点ですね。というのも実はアフィリエイト記事の外注を頼んだ場合に多いのがクラウドソーシングのサイトだったりしますよね。

 

でそこから募集をすると思うんですが結構仕事を受けている人にばらつきがあるんですよね。そのためにあなたの思っている記事になるかどうかというのが受け手の技術に依存してしまうんです。

 

例えばあなたが10段階で8くらいの力がある人を希望していても、募集が来る人の力が4くらいの人がきたりするんです。この場合は思っている記事ならないことが多いんです。何回も書き直しをさせることになりますし、お互いに消耗しますよね。

 

実際に僕もライターとして活動をしていたことがありますが、ディレクターも本当にSEOをわかっていないような人が受けていたりするので質問をしてもすぐに帰ってこなかったり、内容がお粗末なものだったりします。そのためにかなり消耗してしまいやめてしまいました。

 

このように外注依頼をすると思っている記事になるかというとそうではないことがあるので非常に面倒です。

 

アフィリエイト記事を外注依頼しないほうがいい理由②:リスクのある投資だから

アフィリエイト記事を外注しないほうがいい理由の2つ目にリスクのある投資だからというのがあります。というのも先ほどの理由①の中で言ったように、ライターのレベルがそんなに高くないんですよね。

 

そうなったときにある程度の時間を見越して投資をしなければいけないんですよ。しかも実はライターというのは金額で契約しているために高い金額を表示されると簡単に問いつくんです。そのために頑張って書いてもらっても辞められるとたちまち募集をしないといけないんです。

 

そのためにかなりリスクがある投資だといってもいいでしょう。

 

僕もライターとして活動していた時に、金額が高い人のところにすぐに移籍したりしていましたが、割に合わないということで辞めてしまいましたね。今となっては正直言ってサイト運営者側に迷惑をかけたと反省していますが、アフィリエイト記事の外注依頼は、かなりリスクのある投資だと思います。

 

アフィリエイト記事を外注依頼しないほうがいい理由③:記事の精度が不安定

アフィリエイト記事を外注依頼しないほうがいい理由の3つ目は記事の制度が不安定になることがあります。これは3人以上でライターに外注依頼をする場合です。先ほどの理由②でも言いましたが、ライターの入れ替わりが激しいからなんです。

 

募集をして応募が来て採用をしても出入りが激しいため、ライターはすぐにやめてしまう傾向があります。(それなりの待遇の場合は別ですが。)そのため、個人の実力に凹凸が生じて記事の制度が不安定になってしまうんですよね。

 

そうなるとサイトに乗せる記事の信ぴょう性が薄まってしまうことにつながるため、あまりよくないですよね。

 

僕自身ライターとして活動していた時にもよく出くわしたのが、ディレクターの人の指示がものすごく抽象的なこと。ライターがどこを直せばいいのかがわからなくなるということです。

 

というのも実は会社の人がしている場合には社員の人がしている場合もありますが、ディレクターは基本的に外注に任せていることも多くあります。そのためにライターと同じようにディレクターにも実力の凹凸ができてしまうのです。

 

そのために当初書いてほしいという記事に精度が低いものになってしまうこともよくありそれがジレンマを引き起こしていました。

 

そのためにアフィリエイト記事を外注してしまうと精度が不安定な場合もあるのです。

 

アフィリエイト記事を外注依頼しないほうがいい理由④:自分で稼げるようにはならないから

アフィリエイト記事を外注しないほうがいい理由の4つ目は外注依頼をする場合には自分で稼げるようにはならないからということがあります。

 

というのも記事を書くとウェブライティングやセールスライティングといった直接お金を稼ぐ力が身についたり、またその記事を書いたという実績が付きますよね。

 

しかし外注依頼をしていると残念ながら、これらの力や実績が付きません。つまり新しいサイトを作るときに稼ぐための力が身についていないので実践できないわけです。

 

実際に僕はアフィリエイトをするのが好きでこのブログも早2年になりますが、上記の理由で一回も外注を頼んだことがありません。

 

やはりアフィリエイトを外注依頼すると自分では稼ぐ力が身にはつかなくなりますよね。

 

アフィリエイト記事を外注依頼しないほうがいい理由⑤:サイトをリフォームするときにまた募集をかけないといけない

アフィリエイト記事を外注依頼しないほうがいい理由の5つ目はサイトリフォームをする時にまた募集をかけないといけないからなんですね。というのもライターというのは基本的に素人がやっているという頭でやっておいたほうがいいですね。

 

というのもアフィリエイトのプラットフォームは一番最初からいい記事で行けるわけがないんです。というのも情報が古くなるからなんですね。

 

しかし、サイトの記事を書いた人がリフォームするときにいるとは限らないわけなんですよね。もしやめていたらサイトをリフォームするときにまた募集をかけないといけなくなってしまいます。

 

実際に僕がライターをしていた時にも記事を書いた人が、リフォームするときにはいないということが往々にありました。こうなってしまうと結局前の人からの引継ぎがない状態になりますからブラック企業と同じ形式になります。

 

だからアフィリエイト記事の外注依頼はサイトをリフォームするときにまた募集をかけないといけないという2度手間を引き起こすことになるかもしれないですね。

 

まとめ

お疲れさまでした。

ここまでアフィリエイトを外注依頼するべきではない5つの理由をお話してきました。

 

結構クラウドワークスとかランサーズなどのサイトを見ているとこういったいたちごっこが行われているのを目にして、

「自分でサイトに投稿すればいいのに」

と思うことがあります。

 

理由は、サイトを作ることをしないで結局お金を左から右に動かしているだけだからなんですよね。そのために実際に自分一人になったときには何もできなくなってしまいます。

 

そう考えたときには時間はかかるけれどやっぱり自分で作ったほうがぜったいにいいと思います。

 

そのほうがE-A-Tも付きますからね。

ぜひそうなさってくださいね。

 

ってことで今回はここまで。

また次回に。

スポンサーリンク