紅蓮ブログ

アフィリエイトのことが全く分からないあなたに超簡単に詳しく、実戦形式でお話していくブログです

アフィリエイトで稼ぐのに必要な記事数とは?【記事数は無限大】

f:id:slash1196:20210124162224p:plain

f:id:slash1196:20200520205950j:plain

アフィリエイト初心者

「アフィリエイトで稼ぎたいけど、どのくらい記事数がひつようなの?教えてほしいな。」

 

こんなお悩みにお答えします。

 

【今回の記事でわかること】

  • アフィリエイトで稼ぐのに必要な記事数
  • アフィリエイトの本質を抑えることが大事
  • アフィリエイトで稼げる記事を書くためのステップ

 

こんにちわ、紅蓮です。

 

アフィリエイトで記事を書いていて、気になるのがどのくらい記事の量を書けば稼げるようになるのかということです。

 

記事数の目安がわかると、稼ぎやすくなりますからね。

知りたいところであるのは当然ですよね。

 

そこで今回はアフィリエイトで稼ぐのに必要な記事数についてまとめました。

 

この記事を読み終わるころには、必要な記事数がわかり、稼ぐための記事を書くステップもわかるようになります。

 

この記事を書く僕は、アフィリエイトを始めて3年ほど。

今では、アフィリエイトで月3000円ほどと少ないながらも収益をいただいております。

 

なので、どうぞ最後までお読みくださいね。

あなたのアフィリエイトに、ちょっとでも役に立つとうれしいです。

 

ちょっと宣伝!!

このブログでは、アフィリエイトを全く知らないあなたにアフィリエイトのやり方や考え方を実戦形式でお話していく記事を投稿中です。

 

もし面白いと思われたら、読者登録をお願いします。

読者登録はこちらから。

 

では早速行ってみましょう。

Here We Go!!

 

 

アフィリエイトで稼ぐのに必要な記事数とは?

f:id:slash1196:20210515152043j:plain

早速ですが、必要な記事数は約1000記事前後ですね。

「そんなに必要なの?」

と思われるかもしれません。

 

はい、必要だと思います。

でも世に出る記事数は、嘘なんですね。

 

というのも、アフィリエイトというのは作曲家や作家と同じような仕事。

作曲家だって、ボツにする曲もありますよね。

作家だって、本にならない文章は多いと思います。

 

じゃあどうして記事数が必要といわれるのかというと、

「1000本くらい書いたらうまくなるでしょう?」

という考えからなんですね。

 

文章は書けば書くほど、うまくなっていくものです。

毎日更新したら、約3年くらいになります。

 

3年続けたら本当の意味で、1人前になるだろうという考えから約1,000記事といわれるんですね。

 

アフィリエイトで稼ぐのに必要な記事数は、質によって決まる

アフィリエイトで稼ぐのに必要な記事数は、実は作る文章のうまさで変わります。

要は読者のためになる記事になっているのが、うまい文章ですね。

 

というのも読者は悩んでいて、一刻も早く解決策を知りたいので、無駄な時間を使っている余裕がありません。

 

そのためにわかりやすさと読みやすい文章ですぐに答えがわかるものでないと読むには値しなくなってしまいます。

 

しかもアフィリエイトを始めるときって、文章を書くのには慣れていないからライティングもむつかしいですよね。

 

だから練習が必要です。

質を上げるためには、書かないといけないですね。

 

とはいえ、記事数をゴールにしてしまうと一生稼げない話

f:id:slash1196:20210515152024j:plain

とはいえ、記事数をゴールにしてしまうとよくないんです。

よく

「アフィリエイトで稼げるって聞いて、100記事書いたのに稼げるようにならない」

というようなことを耳にしますよね。

 

これは当たり前なんです。

なぜなら、「100記事書いたら、この地獄から逃れられる」という思考になるからですね。

 

でも考えてほしいのが、そもそもなんで記事を書く必要があるのかです。

その根底には、読者のためになる記事をわかりやすく話すためですよね。

 

なのにもかかわらず、何の疑いもなく思考停止して書いてももちろん稼げないです。

なんせ、書くことが目的になっているからなんです。

 

ですから、稼ぐためにも「いい記事を書くんだ」という目的意識をしっかりとしたうえで記事を書くようにしましょう。

 

記事数よりも大切なアフィリエイトの本質の話

f:id:slash1196:20210503200746j:plain

ここでは記事数よりも大切なアフィリエイトの本質の話をしていきます。

 

アフィリエイトの本質とは?

アフィリエイトの本質とは、

読者のためになる商品のおすすめや記事の作成

です。

 

なぜなら、読者は悩みを解決するためにあなたのサイトに来るからです。

 

これを間違って違うものを目的にすると、読者の意図にそぐわないサイトになります。

例えば、「掃除の仕方を知りたいだけなのに、無理にモップを売り込んでしまう」のように間違ったアプローチをすることになってしまいます。

 

また、記事の質と信頼度が下がってしまっていいこともなくなります。

 

売れる記事にするためにも、しっかりと本質を押さえておきましょう。

 

本質を理解したサイト作りとは…

本質を理解したサイトについてお話ししましょう。

 

本質を理解したサイトは、ある条件を満たしています。

ある条件とは、以下の通り。

 

  • 読者のためになる記事を書くこと
  • 疑問を網羅できるように、記事数を多く書く
  • 記事の徹底的なリライト

 

こちらを、意識的にやるようにしましょう。

 

ちなみに僕は、基本的に毎日投稿しておりまして、毎日記事を書いています。

その際には時間で区切っていますが、一つの記事が終わるまで次のことをしないという風にしていますね。

 

※まあ慣れてくるにつれて書く速さもついてくるのであまり心配せず、持っている技術を最大限伝えることだけに集中しましょう。

 

アフィリエイトで稼げる記事を書くための3ステップ

f:id:slash1196:20210327172202j:plain

ここでは、アフィリエイトで稼げる記事を書くためのステップについてお話します。

稼ぐ記事を書くステップは、以下の通り。

 

  • ステップ①:読者設定の徹底
  • ステップ②:検索意図の理解
  • ステップ③:キーワード選定

 

では1つずつ見ていきましょう。

 

ステップ①:想定読者の設定

アフィリエイトで稼げる記事を書くためのステップの1つ目は、想定読者の設定です。

 

というのもアプローチ法を知るためですね。

 

以下をご覧ください。

想定読者を作ってみました。

 

  • 年齢:30代後半
  • 趣味:シューティングゲーム
  • 最近の悩み:ほしいソフトがあるけど、お金がないから副業でアフィリエイトを始めたい。
    しかし、アフィリエイトをしたことがないし始め方もわからない。
  • </ul

>

 

するとどうでしょう。

想定読者だけでなく、アプローチの仕方もわかりますよね。

 

この場合は、アフィリエイト×ゲームという部分でアプローチしていくといいということがわかります。

 

そうすればおのずと作るべきサイトもわかりますね。

 

ステップ②:キーワード選定

アフィリエイトで稼げる記事を書くためのステップの2つ目は、キーワード選定ですね。

 

キーワード選定は、アフィリエイトでも最も重要なことですね。

書くべき内容を決めることにもなりますので、慎重に行う必要があります。

 

詳しいやり方は、アフィリエイトのキーワード選定のやり方とは?【チェック表あり】をお読みください。

 

ステップ③:検索意図の理解

アフィリエイトで稼げる記事を書くためのステップの3つ目は、検索意図の理解ですね。

 

検索意図とは、キーワードから検索した人の悩みを推理することです。

 

例えば、この記事のキーワードは[アフィリエイト 記事数]です。

そのことから、「アフィリエイトで稼ぐために必要な記事を知りたい」という悩みがあることが明白ですよね。

 

このように検索する読者の意図をくみ取るには、検索してみることですね。

そして、検索上位1ページ目にある検索結果を順にみていくことにしましょう。

 

実はこの検索意図は、SEO上でも非常に重要な位置づけをされています。

SEOの話の詳しくは、アフィリエイトに超重要なSEOの話【考え方ややり方まで】をご覧ください。

 

まとめ|アフィリエイトで必要な記事は無限です

お疲れさまでした。

ここまでアフィリエイトで必要な記事数についてお話してきました。

 

まとめると、以下のようになります。

 

ポイント
  • 記事数は約1000記事くらいが必要
  • でも記事数をゴールにするとよくない
  • 本質を理解したうえで、記事の書き方に必要なステップで記事を増やしていくようにしよう

という感じですね。

 

というのも記事を増やそうと思えばいくらでも増やせるからなんですよね。

そういった意味で、記事数をゴールにするとよくないという話でした。

 

今回は、この辺で。

また次回に。