紅蓮ブログ

アフィリエイトのことが全く分からないあなたに超簡単に詳しく、実戦形式でお話していくブログです

削除すべき記事とは【基準・方法・注意点をまるっと解説】

f:id:slash1196:20210826023952j:plain

ブログ初心者:「最近記事の順位が下がっているように感じる。

いらない記事もあるし記事の削除をしようかと思っているけど、、、。

やみくもに記事を消してもどうかと思うし判断基準もわからない。教えてほしいですね。」

 

こんなお悩みにお答えします。

 

この記事でわかること

  • 削除すべき記事の判断基準
  • 記事を削除するときの注意点
  • 記事を削除する方法
  • 削除せずにそのまま使う方法

 

こんにちわ、紅蓮です。

 

記事の順位が下がってきたりすると、記事を削除することが必要な時もありますよね。

 

今回は、記事の削除の仕方をお話していきましょう。

 

この記事を読めば、ブログ記事の削除すべき記事の判断基準や方法、注意点、削除せずにそのまま使う方法までまるっとわかります。

 

この記事を書く僕はブログ運営歴は3年目。
今ではアフィリエイトからの収益も月に3000円くらいいただいています。

 

そんな僕も記事の削除の方法がわからずに上位表示ができずにいました。しかしある記事を読んでから、上位表示できるようになりました。

 

そんな方法を今回はお届けしていきますのでぜひ最後までお読みくださいね。

 

では行ってみましょう。
Here We Go!!

 

 

削除すべき記事の判断基準

f:id:slash1196:20210826024020j:plain

削除するなら記事の判断基準を知らないといけないですね。

 

判断基準は、以下の通り。

 

  • 基準①アクセスが増えない
  • 基準②検索順位が50位以下
  • 基準③記事の内容が微妙
  • 基準④重複コンテンツになる

 

では詳しく見ていきましょう。

 

基準①3か月たってもアクセスが増えない

1つ目は、3か月間たってもアクセスが増えない時ですね。

 

記事がアクセス数が30くらいなら削除の対象でいいかなと思いますね。

 

毎日1人も来ていないなら、価値の低い記事といっても間違いがないかなと思いますからね。

 

なおそのあとに増えることっていうのがあるかもしれないと思うかもです。

 

ですから時間を3か月間おいてから消すかどうかを考えましょうね。

 

基準②検索順位が50位以下

基準の2つ目は、検索順位が50位以下の記事ですね。

 

というのも記事のキーワードごとの検索順位を追うためには、まずはどのキーワードで書くかを決めることですね。

 

そうしないとブレブレの記事になってしまうからですね。

 

キーワードの選定方法がわからない場合には、アフィリエイトのキーワード選定のやり方とは?【チェック表あり】 にて詳しく解説しているのでぜひどうぞ。

 

また、検索順位を追うには、検索順位ツールを使う必要がありますね。

 

この辺に関しては、検索順位チェックツールGRCの使い方【メリットから注意点まで解説】にて詳しく解説していますのでぜひどうぞ。

 

基準③記事の内容が微妙

基準の3つ目は、記事の内容が微妙なものですね。

 

ブログを書き続けていると、もちろん文章力も高まってきますよね。

 

すると半年前に書いた記事の内容を読んでみると「あれ?恥ずかしくて見てられん」となりますよね。

 

こうなると「やばい、リライトしないと…」みたいにすべてをリライトしたくなるんですが、それは絶対NG。

 

この時に基準にするのは、この時にサーチコンソールを使うと数値化しやすいのでおすすめですね。

 

で数値化して、必要のないと思うものをリストアップして、削除するようにしましょう。

 

基準④重複コンテンツがある場合

基準の4つ目は重複コンテンツがある場合ですね。

 

重複コンテンツがあるとSEO的にもよくないんですよね。というのもインデックス登録するときの評価が分散してしまうためによくないのです。

 

そのためにもし同じ内容の記事に関しては、一つにまとめるなどしておくのがいいですね。

 

その時には検索意図を調べることが重要になってきますね。

 

検索意図を調べる方法に関しては、検索意図の調べ方【意味から重要性と活用方法までばっちり解説】 にて詳しく解説していますのでぜひどうぞ。

 

記事を削除するときの注意点

f:id:slash1196:20210726213843j:plain

とは言え記事を削除するときの注意点があるんですよね。

 

注意点は、以下の通り。

 

  • ①一気に削除はしない
  • ②削除しないほうがいい場合も

 

では詳しく見ていきましょう。

 

①一気に削除はしない

注意点の1つ目は、一気に削除しないことですね。

 

結構多いのが質が量よりも大事と思ってしまい、記事を削除するときに一気にやってしまうことなんですね。

 

でも一気に削除することで、記事が見つからないエラーが多発しますよね。

 

そうなるとペナルティを受けてしまう可能性があるからですね。

 

もしペナルティを受けてしまうと、読者もあなたも時間を無駄にしてしまいますよね。

 

リスクは最小限に抑えて運営するほうがいいです。

 

ですから一気に削除しないことですね。

 

②削除しないほうがいい場合も

注意点の2つ目は、削除しないほうがいい場合もあることですね。

 

というのも削除をすると、今までせっかく受けていた検索エンジンからの評価を一気に捨てることになるんです。

 

でも記事の評価ってメンテナンスしないとうまくいかない場合も多いわけですよね。

 

 

そのために削除しないほうがいい場合もあるんです。

 

記事を削除する方法

f:id:slash1196:20210803235119j:plain

ここでは記事を削除する方法についてお話していきましょう。

 

手順は、以下の通り。

 

  • 手順①記事を削除する
  • 手順②削除後にサーチコンソールで削除依頼をする
  • 手順③SNSにリンクしていた投稿を消す
  • 手順④その後新しい記事にリダイレクトする

 

では、詳しく見ていきましょう。

 

手順①記事を削除する

まずは記事を削除しましょう。

 

やり方はめっちゃ簡単でして、チェックをつけてチェックした記事を削除をクリックするだけ。

 

とはいえ、いきなり記事を削除するのは問題ですね。

 

というのも、いきなり削除すると記事内容がわからなくなるから。

 

削除した記事を一覧にして、Googleスプレッドシートなんかでまとめておくのがおすすめですね。

 

残しておくべき項目は、以下のような感じでいいと思います。

 

  • タイトル
  • 投稿日
  • URL
  • 検索意図
  • 削除日

 

そうするとどんな記事を消したのかがあとで確認できるし、まとめることもできるのでいいですね。


手順②削除後にサーチコンソールで削除依頼をする

次に記事の削除後にサーチコンソールで削除依頼をすることですね。

 

というのも検索インデックスに残っていることって多いからですね。

 

インデックス削除依頼のやり方は簡単で、以下の通り。

 

  • 手順②-1.Googleサーチコンソールにアクセス
  • 手順②-2.サイドメニューで削除をクリック
  • 手順②-3.新しいリクエストをクリックしてurlを入力する

 

こうすることで検索エンジンから記事が削除されますね。

 

手順③SNSにリンクしていた投稿を消す

次に削除した記事の投稿をすべて消すようにしましょう。

 

というのもSNSにリンクが残っているとアクセスが可能になってしまいます。

 

しかし、もちろん削除しているので記事は存在しませんよね。

 

そうなると検索にまた戻ってしまいますので、SEO的にもよくないんです。

 

だから必ずSNSやブログランキングなどのリンクは消すようにしましょうね。

 

記事の削除をせずにそのまま使う方法

f:id:slash1196:20210727232159j:plain

もし記事が不評なのであるなら「削除しちゃえ」とは言いましたが、削除なんてあまりしたくないですよね。

 

なぜなら削除しちゃうと、今まで書いていた時間を無駄にすることになるからですね。

 

ブログのサイト設計をする

実はブログの記事において、設計ってものすごく重要なんですよね。

 

というのもつながりがわかりやすくなるからなんですね。

 

設計の仕方に関しては、サイト設計のやり方を一挙に解説【絶対にやったほうがいい】 にて詳しく書いていますのでぜひどうぞ。

 

リライトのトライ&エラーの繰り返しです

ブログの上位表示にはトライ&エラーの繰り返しが必要だったりしますよね。

 

つまり定期的に書いた記事をリライトしていく必要ってありますね。

 

手順的には以下のような感じ。

 

  • ①記事を書く
  • ②順位を確認する
  • ③メンテナンスする
  • ④順位を確認する

といった感じ。

 

低品質と感じるなら、「noindex」タグを使うのもあり

もし低品質と感じるのなら「noindex」タグを埋め込んで、インデックスさせないのもありですね。

 

というのもnoindexを使うと、検索エンジンの評価には関係なくなるからなんですね。

 

思い入れがある記事には、削除したくないというときには結構役に立ってくれますよ。

 

ブログに大事なのは「フットワーク軽め」

最後に言いたいのはブログに大事なのはフットワーク軽めということですね。というのもブログって、まあいっぱい失敗するからなんですね。

 

そんな時に記事を消したりとかリライトするのとかって早ければ早いほど反映するのが早くなるのでどんどん挑戦して改善していきましょう。

 

まとめ|削除する記事を定期的に見直そう

お疲れさまでした。

 

ここまで、ブログ記事の削除すべき記事の判断基準や方法、注意点、削除せずにそのまま使う方法までお話してきましたね。

 

まとめると以下の通り。

 

まとめ
  • 削除すべき記事の判断基準は、以下の通り。
    • 基準①アクセスが増えない
    • 基準②検索順位が50位以下
    • 基準③記事の内容が微妙
    • 基準④重複コンテンツになる
  • 記事の削除をするときの注意点は、以下の通り。
    • ①一気に削除はしない
    • ②削除しないほうがいい場合もある。
  • 記事を削除する方法は以下の通り。
    • 手順①記事を削除する
    • 手順②削除後にサーチコンソールで削除依頼をする
    • 手順③SNSにリンクしていた投稿を消す
  • とはいえ、記事を削除しない方法もあります。
    • ①ブログのサイト設計をする
    • ②リライトのトライ&エラーを繰り返す
    • ③低品質と感じるなら「noindex」タグを使うのもあり
    • ブログに大事なのはフットワーク軽め

 

という感じですね。

 

なんにしろブログの削除をする記事を見直すのは非常に大事です。定期的に見直して、読者にとっていいブログになるように考えていきましょう。


ってことで、今回はこの辺で。
また次回に。