紅蓮ブログ

アフィリエイトのことが全く分からないあなたに超簡単に詳しく、実戦形式でお話していくブログです

重複コンテンツチェックツールおすすめ5選【選び方や使いどころも解説】

重複コンテンツチェックツール

「重複コンテンツってダメって言われるけど、どうやって確認すればいいのかな。ツールのおすすめを知りたいな。あと選び方とか使いどころも教えてほしいな。」

 

こんなお悩みに、お答えします。

 

この記事でわかること

  • 重複コンテンツチェックツールおすすめ5選
  • チェックツールを選ぶ時の確認ポイント
  • 重複コンテンツチェックツールが活躍するシチュエーション

 

こんにちわ、紅蓮です。

 

重複コンテンツチェックツールで悩んでいませんか?

 

今回はそんなあなたに、重複コンテンツチェックツールおすすめ5選というテーマでご紹介していこうと思います。

 

この記事を読むと重複コンテンツチェックツールのおすすめだけでなく、選ぶ時の確認ポイント、使いどころまでがまるっとわかっちゃいます。

 

この記事を書く僕はブログ運営歴は3年目。

 

現在ではアフィリエイトからの収益も伸びてきて、毎月3000円を下らなくなってきました。

 

そんな僕も、重複コンテンツのチェックツールの存在を知らなくて順位が落ちてしまった経験が…。

 

そんな時ある記事を読んで、使ってリライトをしてみると順位が上がり始めましたね。

 

そんなツールだったりするのでぜひとも最後までお読みくださいね。

 

ってことで、さっそく言ってみましょう。

Here We Go!!

 

※重複コンテンツに関しては、SEOに悪影響、重複コンテンツとは?【知らないとまずい】にて詳しく書いていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

重複コンテンツチェックツールおすすめ5選

おすすめ

ではさっそく重複コンテンツチェックツールのおすすめをお話していきましょう。

 

重複コンテンツチェックツールは以下の通り。

 

  • ツール①copy content detector
  • ツール②こぴらん
  • ツール③sujiko.jp
  • ツール④剽窃チェッカー
  • ツール⑤copiperin

 

では詳しく見ていきましょう。

 

ツール①Copy Content Detector

Copy Content Detector

ツールの1つ目は、Copy Content Detectorですね。

 

このツールは、有料版のプランもありますが、正直完全無料で利用ができるツールです。

 

スペックに関しては、以下の通り。

 

  • 利用料金:無料
  • 回数制限:なし
  • 会員登録:なし
  • 文字数制限:4000文字まで
  • 検索対象:テキスト
  • 特徴:CSV一括登録機能とテキスト一括機能がある

 

有料プランにすると、1回のチェック可能文字数の上限が2倍になりますね。

 

また金額プランが上がるごとに、ワードプレスのプラグインの利用可能数とCSVの登録数が上がりますね。

 

多くの文字数を確認したい人には、有料プランもいいかもです。

 

Copy Content Detectorにアクセス

 

ツール②こぴらん

こぴらん

ツールの2つ目は、こぴらんですね。

 

このツールも、完全無料で使える重複コンテンツチェックツールです。

 

スペックに関しては、以下の通り。

 

  • 利用料金:完全無料
  • 回数制限:なし
  • 文字数制限:2000文字
  • 会員登録:不要
  • 検索対象:txt
  • 特徴:チェックスピードが速い、画面の作りがシンプル、ブックマークレットがある

 

画面の作りがシンプルなのでボタン一つで使えますし、初心者でも簡単に扱えるツールですね。

 

何よりチェックスピードがめちゃめちゃ早いです。そのために作業もはかどりますね。

 

ブックマークレットもあり、投稿後の記事も簡単に確認ができるのでおすすめのツールですね。

 

こぴらんにアクセス

 

ツール③sujiko.jp

sujiko.jp

ツールの3つ目はsujiko.jpですね。

 

このツールは、完全無料でできるサイト内外での類似ページを発見するツールですね。

 

スペックに関しては、以下の通り。

 

  • 利用料金:無料(会員登録)
  • 回数制限:5回(会員登録で無制限)
  • 文字数制限:なし
  • 特徴:サイトの外部と内部両方の重複コンテンツができる。ただスピードに関しては若干遅い

 

会員登録をすることで、回数制限が外れて完全無料でも無制限で使えるようになるんですよね。

 

urlを確認するので、文字数の制限もないです。

 

登録しない手はないですよね。

 

ただ若干スピードが遅いのが難ありですが、SEO対策には全然使えるので登録ししていて損はないと思いますね。

 

 sujiko.jpにアクセス

 

ツール④剽窃チェッカー

剽窃チェッカー

ツールの4つ目は、剽窃チェッカーですね。

 

このツールも完全無料で使うことができる重複コンテンツチェックツールですね。

 

スペックに関しては、以下の通り。

 

  • 利用料金:無料
  • 回数制限:なし
  • 文字数制限:2000文字(1文は80文字以下)
  • 登録:なし
  • 検索対象:テキスト
  • 特徴:ヤフー検索での検索結果を返している、チェックスピードが早い

 

このツールは、Yahoo!検索の検索結果を返しているようですね。

 

検索の結果のページに導くリンクを貼り付けるような感じになっています。

 

そのために一文に対して自分の目で見に行かないといけないので、若干面倒くさい感じがします。

 

ただめちゃめちゃチェックスピードははやく、作業ははかどるのでサブとして使うのはいいかもですね。

 

剽窃チェッカーにアクセス

 

ツール⑤copiperin

Copiperin

ツールの5つ目は、copiperinですね。

 

このツールは有料のツールになっていまして、年間6,000円で利用できる重複コンテンツチェックツールですね。

 

スペックは、以下の通りですね。

 

  • 利用料金:6,000円(1年間のライセンス)
  • 回数制限:なし
  • 文字数制限:なし
  • 登録:必要
  • 検索対象:txt word csv exel
  • 特徴:レポート機能つきで、テキスト貼り付け機能で楽々作業ができる

 

このツールのすごいところは、文字数制限がないことなんですね。

 

つまり何文字書いていても、一気にできるところなんです。

 

しかもチェックスピードも速く無制限に利用できるためにストレスを感じることなく作業が楽しめます。

 

有料にするだけでこんなに使い勝手が違うのかと感じましたね。

 

コピペリンにアクセス

 

チェックツールを選ぶ時の確認ポイント

ポイント

では次にチェックツールを選ぶ時のポイントをお話していこうと思います。

 

主なポイントは、以下のことですね。

 

  • ポイント①チェック可能文字数
  • ポイント②1日の使用可能回数
  • ポイント③チェックスピードの速さ

 

では詳しく見ていきましょう。

 

ポイント①チェック可能文字数

ポイントの一つ目は、チェック可能文字数ですね。

 

これが制限があると、エラーが出ることも多いんですよね。

 

そのために、なるべく一回のチェック可能な文字数が多いものを選びましょう。

時は金なりですね。

 

ポイント②1日の使用可能回数

ポイントの2つ目は、1日の使用可能回数ですね。

 

無料の場合って結構使用可能回数が少ないものもあるんですよね。

 

そのために何回も使えなくてストレスを感じてしまうこともあります。

 

そうならないためにも、なるべく無制限のものを利用しましょう。

 

ポイント③チェックスピードの速さ

ポイントの3つ目は、チェックスピードの速さですね。

 

サイトの表示速度もそうですが、チェックスピードって結構重要ですよね。

 

というのも作業が進まないのでストレスを感じてしまいますよね。

 

ですからなるべくチェックスピードの速いものを選びましょう。

 

重複コンテンツチェックツールが活躍するシチュエーション

使いどころ

ここでは重複コンテンツチェックツールが活躍するシチュエーションをお話していきましょう。

 

シチュエーションは、以下の通り。

 

  • ①外部の人に記事を依頼した場合
  • ②オリジナリティを上げたい場合

 

では詳しく見ていきましょう。

 

①外部の人に記事を依頼した場合

シチュエーションの一つ目は、外部の人に記事を依頼した場合ですね。

 

これは経験上あるんですが、記事を依頼したときには必ず重複コンテンツチェックツールで確認するようにしておきましょう。

 

例えば、アフィリエイトに関する記事を外部ライターの人に依頼するとしますよね。

 

でもそのライターは、質がよくない場合もあるんです。

 

そうなったときに「いいな」と思う記事を引っ張ってきて、コピペなんてこともあるんですよね。

 

そのために信用しすぎには注意して、必ず重複コンテンツのチェックをするようにしましょう。

 

②オリジナリティを上げたい場合

シチュエーションの2つ目は、オリジナリティを上げたい場合ですね。

 

というのもブログを書いていると、意図せずに重複コンテンツになってしまう可能性もあるからですね。

 

人間って面白いもので、意図せずにどこかで聞いた文章を使っているものです。

 

例えば、あなたがある本で偉人のいっていた言葉に感銘を受けたとします。

 

本に載っていたことは忘れても、その言葉を使うことってありますよね。

 

この場合は知らなかったとはいえ、意図せずに盗用になる可能性もあります。

 

しかも検索エンジンのGoogle先生は使った側の気持ちを汲み取ってはくれません。

 

ですから、オリジナリティを上げるうえでもしっかりと重複コンテンツチェックをしておきましょう。

 

まとめ|今の時代は重複コンテンツチェックは必須

お疲れさまでした。

 

ここまで重複コンテンツチェックツールのおすすめ5選と、選び方や必要なシチュエーションをお話してきました。

 

まとめると、以下の通り。

 

まとめ
  • 重複コンテンツチェックツールおすすめ5選は以下の通り。
    • ツール①copy content detector
    • ツール②こぴらん
    • ツール③sujiko.jp
    • ツール④剽窃チェッカー
    • ツール⑤copiperin
  • チェックツールを選ぶ時のポイントは以下の通り。
    • ポイント①チェック可能文字数
    • ポイント②1日の使用可能回数
    • ポイント③チェックスピードの速さ
  • 重複コンテンツチェックツールが活躍するシチュエーションは、以下の通り
    • ①外部の人に記事を依頼した場合
    • ②オリジナリティを上げたい場合

 

こんな感じ。

 

重複コンテンツは正直SEO的にもかなりマイナスになりますし、よくありませんね。

 

というのも最近では情報自体は多いので、オリジナリティを出すうえでも重複コンテンツチェックは必須の時代です。

 

ですからこれを機に、重複コンテンツ―ルを使っての確認をしてみましょう。

 

なければ問題ないですし、あったらリライトが必要になります。

 

ぜひ、やってみましょう。

 

上位表示されるかもしれませんよ。

 

ってことで今回はこの辺で。

 

また次回に。