紅蓮ブログ

アフィリエイトのことが全く分からないあなたに超簡単に詳しく、実戦形式でお話していくブログです

メンターの見つけ方【初心者が陥りやすい考え方もあわせて解説】

メンターの見つけ方

f:id:slash1196:20200520173340j:plain
メンターを探している人

「メンターって必要だっていうけど見つけ方ってどうしたらいいのかな。教えてほしいな」

 

こんなお悩みにお答えします。

 

この記事でわかること

  • メンターの見つけ方
  • メンターとは
  • メンターを見つける目的を見失ってはいけない話

 

こんにちわ、紅蓮です。

 

SNSをしていると、メンター系の営業DMとかもらうことも多いかと思います。

 

そんな時には「メンターって必要かな。どうやって見つけるのかな」という悩みを持つことも多いですよね。

 

そんなあなたに今回はメンターの探し方をお話していきましょう。

 

この記事を読むとメンターの探し方、メンターの概要、出会った後の心構えなどを網羅的にお話していこうと思います。

 

この記事を書く僕はブログ運営歴は3年目。

アフィリエイトからの収益は月に3000円くらい入ってきますね。

 

そんな僕もメンターを探し求めて行動がとれなくなっていました。

 

でもある記事を読んでから今の心の師を見つけ、行動することに極振りでき、収益にすることができました。

 

そんな方法なので最後までどうぞお読みくださいね。

 

では行ってみましょう。

Here We Go!!

 

 

メンターの見つけ方

メンター

ではさっそくメンターの見つけ方についてお話していきましょう。

 

メンターの見つけ方は、以下の2つですね。

 

  • 見つけ方①著作物を読む
  • 見つけ方②直接会う

 

では詳しく見ていきましょう。

 

見つけ方①著作物を読む

1つ目の見つけ方は、著作物を読むことですね。

 

ここまで読んだあなたは「それメンターじゃないじゃん」と思われるかもしれませんね。

 

これはよくある話ですが、人から教えを乞うことというのは人と直接会うことだけではありません。

 

著作物だって、立派なメンターになるんです。

 

というのも著作物には、書いた人の考えが詰まっています。

 

いわば、書いた人の分身とも言えます。

 

一冊高くても数千円で買えるのに、書いた人の考え方に触れることができるのはかなりコスパがいいですよね。

 

僕の知り合いには経営者の人も10人くらいいますが、8割くらいがメンターを本にしているケースが多いですね。

 

ただ問題もあり、それは情報を精査するために仮説思考にならないといけないことですね。

 

というのも一般大衆向けに書かれているから。

 

例えば著書の中で、ブログの毎日更新をすることが正しいとしているとします。

 

しかしその方法が正解かといわれると、やってみないとわからないんですよね。

 

ですからあらかじめ答えがわからないので、失敗する可能性も大いにあります。

 

とはいえ一つの可能性が消去されるので、本をメンターにするのはかなりコスパがいいですね。

 

見つけ方②直接会う

見つけ方の2つ目は、相手に直接会うことですね。

 

最近ではメンターとして会いやすい時代になりましたね。

 

この方法のいいところは、その人から感化され環境が変わりやすくなることですね。

 

例えばブログで稼いでいる人が知り合いにいるだけで、「あの人もできたんだから、自分にもできる」というマインドになりやすいんですよね。

 

そうするとどんどん引き上げられるので成功しやすいんですよね。

 

でももちろん問題もあって、それは相手のメリットを考えないといけないことですね。

 

例えばパーソナルトレーナーをお願いするときに似ていますね。

 

ダイエットを見てもらうために、月に30万からのお金を払う必要があるんですよね。

 

それと同じで直接人に会うには、もちろん相手のメリットがないといけないんですよね。

 

とはいえ、イメージが途切れにくいのでかなりいい方法ですね。

 

会う方法としては、以下の通り。

 

  • ②-1.オンラインサロンなどに入って近づく
  • ②-2.SNSなどから直接連絡を取って近づく

 

では詳しく見ていきましょう。

 

②-1.オンラインサロンなどに入ってコンタクトをとる

直接会う方法の1つ目は、オンラインサロンなどに入ることですね。

 

好きな人のオンラインサロンに、入ってみましょう。

 

この方法のいいところは入会金がそれなりにやすくて、同じ考えの人が多いので環境を整えやすい点ですね。

 

安いものだと、3,000円くらいから入会できますよね。

 

絵本作家でも有名な西野亮廣さんも、オンラインサロンに10個ほど入っているとvoicyでもおっしゃってらっしゃいますし、距離が近いですから非常におすすめですね。

 

オンラインサロンで有名人とあうためにすること

オンラインサロンで有名人と会うためにすることは、徹底的なギブだったりします。

 

その人が思っていることを先回りしてほかの人に発信してあげることで、有名人から

「言おうとしたことをほかの人にも言ってくれているな」と記憶にとどめてもらえるようになります。

 

そのために徹底的にギブにコミットするようにしましょう。

 

とはいえいきなり仲良くしてほしいというのはNG

とはいえいきなり仲良くしてほしいといっても、仲良くしてもらえない場合がほとんどですね。

 

というのも、相手にメリットがないからなんですね。

 

例えばブログのオンラインサロンに入った場合に、初心者とオンラインサロンの創設者とは圧倒的に知識の差が生じています。

 

それなのに、仲良くしてくださいと言われて仲良くする意味がないですよね。

 

ですから急に仲良くしてくださいというより、まずオンラインサロンの中で補佐役に回って徹底的にギブをするほうが近道になるのです。

 

②-2.SNSなどから直接コンタクトをとる

直接会う方法の2つ目は、SNSなどから直接連絡を取ることですね。

 

今ではSNSで仲良くなるというのは常套手段になっていますね。

 

SNSのダイレクトメール機能を使って、やり取りをすればいいのです。

 

とは言え、いきなりメールを送っても多分無視されますね。

 

というのも相手にあまりメリットがないですし、相手も忙しかったりするからです。

 

ですから、相手のメリットを考えたうえでコンタクトをとるようにしましょうね。

 

メンターとは

メンター②

ここではメンターとはいったいどんな存在なのかをお話していきましょう。

 

メンターの定義

まずメンターの定義からなんですけど、以下の通りですね。

 

  • 定義①自分のことを行動に駆り立ててくれる存在
  • 定義②自分のなりたい存在に今なっている

 

では見ていきましょう。

 

定義①自分のことを行動に駆り立ててくれる存在

まず定義の1つ目は、自分のことを行動に駆り立ててくれる存在のことを言います。

 

というのもメンターを見るだけで、自分のことを行動に駆り立ててくれないと行動ができなくなります。

 

その状態ではいつまでたっても、成功なんてできませんよね。

 

例えばブログで成果を出したいと思うならば、ブログを書くぞという気にさせてくれないといけません。

 

このように自分の行動を変えてくれることがメンターの定義だったりしますね。

 

定義②自分のなりたい存在に今なっている

定義の2つ目は、自分のなりたい存在に今なっていることですね。

 

というのもなりたい像になっていないと、ついていけないですよね。

 

例えば、エベレストに上りたいのに、富士山にしか上ったことがなかったら上るのは無理ですよね。

 

だから自分のなりたい存在に、今すでになっているのは定義だったりします。

 

別に人だけがメンターであるわけではない。

 

メンターがいるメリット

メンターがいるメリットについて考えていきましょう。

 

メリットは以下の通り。

 

  • メリット①成功のイメージできやすい
  • メリット②モチベーションを維持できる
  • メリット③マインドを維持しやすい

 

では詳しく見ていきましょう。

 

メリット①成功がイメージできやすい

メリットの1つ目は、成功がイメージできやすいことですね。

 

というのもメンターとはその道で成功した人であるからですね。

 

たいていの人はメンターと呼ばれる人がいません。そのために「○○で成功したい」と思っていても成功のイメージがわかずに行動するのを躊躇してしまい成功できないんですね。

 

でもメンターがいることで、その人のイメージができますよね。

 

だからイメージが途切れることがないので行動しやすいというのがメリットだったりするんですよね。

 

メリット②モチベーションを維持できる

メリットの2つ目は、モチベーションを維持できることですね。

 

というのも頑張っている人が近くにいると感じられるからです。

 

僕は学生時代にアーチェリーをしていたんですが、点数をだすために練習をしていると周りを感化する力があることを実感した出来事があります。

 

当時15人の部員でしたが、練習するのは5人ほど。

 

でも僕が1日200本打つまでかえれませんという企画を一人でやると、毎日の行動なので点数がどんどん伸びていきました。

 

するとそれに感化されたのか練習する人も増えてきましたね。

 

このように周りが頑張ると人は自分も頑張らないといけない気分になるんです。

 

だから、モチベーションを保ちやすいんですよね。

 

メリット③マインドを維持しやすい

メリットの3つ目はマインドを維持しやすいことですね。

 

というのもメンターがいると、マインドもメンター寄りになるからですね。

 

例えば、ブログの毎日更新が必要だというマインドの人がメンターの場合には毎日更新をするようになりますよね。

 

このようにメンターにマインドも引っ張られるので維持しやすいんですよね。

 

メンターを見つける目的を見失ってはいけない話

ダメ

ここではメンターを見つける目的を見失ってはいけないというお話をしていきましょう。

 

メンターに指示する目的は、教えを乞うことではなく行動すること

ではメンターを見つける目的とは何でしょうか。

 

実はメンターに師事する目的は、教えを乞うことではなく行動することだったりするんです。

 

というのも行動しか今の状況から脱することができないからですね。

 

例えばメンターを探して師事しても、行動しなかったら状況は変わらないんですよね。

 

ですからメンターを支持するのは行動を変えるため手段であることをしっかりと理解しておきましょう。

 

メンターを師事するうえで持っておくべきマインド

マインドは以下の通り。

 

  • マインド①依存しない
  • マインド②プレゼン力をつけておく
  • マインド③現状報告をしっかりする
  • マインド④メンターのいう行動をやってみること

 

では詳しく見ていきましょう。

 

マインド①依存しない

マインドの1つ目は、依存しないことですね。

 

というのも依存してしまうとどうしても指示待ちになってしまうからなんですね。

 

例えばアフィリエイトで成功するには記事を書くしかありません。

 

「記事を書け」と言ってくれるメンターなんてそうそういませんよね。

 

それを言ってくれないからと言ってずっと何もしないようでは自分の成長にはつながりません。

 

ですから依存せずに自分で動くようにしましょう。

 

あくまでメンターは補助的な存在であることを、知っておきましょう。

 

マインド②プレゼン力をつけておく

マインドの2つ目は、プレゼン力をつけておくことですね。

 

というのもメンターにつくには、あなたのメリットはもちろんのこと相手にもメリットがないといけないわけですよね。

 

メンター制度にお金が絡むのは、お金を払うことでメンターのメリットが初めて出てくるからなんです。

 

プレゼン力があると、相手にとってのメリットを考えるのと同時に自分のメリットを考えられるようになるので、磨いておいて損はありません。

 

マインド③現状報告をする

マインドの3つ目は、現状報告を定期的にすることですね。

 

というのもメンターについてもらっている人に状況がわからなかったら、アドバイスができないからです。

 

例えばアフィリエイトに関するブログを立ち上げたとしますよね。

その状況をメンターがしらなかったとしたら、稼げないのは当然なわけです。

 

なぜなら知らないのでアドバイスができなくなるからですね。

 

だからしっかりと定期連絡をして状況の報告とどのようにしていくかという考えを述べるようにし、アドバイスをもらうようにしましょう。

 

マインド④メンターのいう行動をやってみること

マインドの4つ目は、メンターのいう行動をやってみることですね。

 

というのも、成功には成功者の型を学ぶのが一番いいからなんですね。

 

例えば文章なんかにも型がありますよね。

 

その型から逸脱しないように書けば、わかりやすくなりますよね。

 

それと同じでメンターのいう行動を検証してみるつもりでやってみるのがいいですね。

 

まとめ|今の時代はメンターを見つけやすい。

お疲れさまでした。

 

ここまでメンターの見つけ方をお話してきました。

 

まとめると以下の通り。

 

まとめ
  • メンターの見つけ方は以下の通り
    • ①著作物を読む
    • ②直接会う
      • ②-1.オンラインサロンなどに入ってコンタクトをとる
      • ②-2.SNSなどから直接コンタクトをとる
  • メンターとは
    • メンターの定義とは以下の通り。
      • ①自分のことを行動に駆り立ててくれる存在
      • ②自分のなりたい存在に今なっている
    • メンターがいるメリットは以下の通り。
      • ①自分のなりたい人物像が常にイメージできやすい
      • ②モチベーションを維持できる
      • ③マインドを維持しやすい
  • メンターを見つける目的を見失ってはいけない
    • メンターに指示する目的は、教えを乞うことではなく行動すること
    • メンターに対しての行動
      • ①依存しない
      • ②プレゼン力をつけておく
      • ③現状報告をしっかりする
      • ④メンターのいう行動を検証すること

 

という感じですね。

 

メンターに師事するのは、成果が出やすくなるために非常におすすめです。

ぜひこれを機会に探されてみてはいかがでしょうか。

 

きっとブログライフが楽しくなるはずです。

 

その時に気を付けたいのはある程度、初心者を脱してからのほうがいいですね。

そのほうが双方にメリットがある状態になるのでおススメですね。

 

具体的には3万円稼いだ後くらいがいいかと思います。

 

ぜひやってみましょう。

 

ってことで今回はこの辺で。

また次回に。