紅蓮ブログ

アフィリエイトのことが全く分からないあなたに超簡単に詳しく、実戦形式でお話していくブログです

アフィリエイトブログをアナリティクスの導入から使い方まで

f:id:slash1196:20200524225719j:plain

 

f:id:slash1196:20200520205950j:plain

Googleアナリティクスを使いたい人

「ブログの解析が必要と言われてGoogleアナリティクスを入れているんだけど、どう使えばいいのかがわからない。

見る場所はどこをみればいいの?

誰か教えて。」

 

こんなお悩みにお答えします。

 

【この記事でわかること】

  • Googleアナリティクスについて
  • Googleアナリティックスをサイトに導入する手順
  • Googleアナリティクスの活用術

 

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

ブログ運営をしていて、アクセス解析って大事ですよね。
そこで使われることが多いのが、Googleアナリティクス。

 

でも使い方とか導入の仕方ってむつかしいとお悩みではありませんか?

そんなあなたに今回の記事では、Googleアナリティクスの導入の仕方から、解析時に見る場所までお話をしていきたいと思います。

 

この記事を読み終わるころにはGoogleアナリティクスを導入し終わり、バリバリに解析できるようになっています。

 

この記事を書く僕はブログ歴は3年目、Googleアナリティクスを毎日見ているので一通り使いこなしていて、リライト作業も毎日行っています。
ということで安心して読み進めてくださいね。

 

では行ってみましょう。
Here We Go!!

目次

 

Googleアナリティックについて

f:id:slash1196:20210407182318j:plain

ここではGoogleアナリティクスについてのお話をしていこうと思います。

 

Googleアナリティクスとは?

ここではGoogleアナリティクスとは何かについてお話していきましょう。
Googleアナリティクスは、検索エンジンのGoogle先生が提供する、無料のサイト解析ツールのことです。


見られたページはどれなのか、読者はどこから来たか、読者はどこに行ったのかというサイトの更新に必要な情報を教えてくれるツールです。
アフィリエイトには必要不可欠ともいわれるツールですね。

 

サイト解析をする必要性とは?

ここでは、サイト解析をする必要性についてお話ししましょう・
サイト解析をする必要がある理由というのは、とてもシンプルで、読者ふぁーすのサイトを作るためです。


アフィリエイトは、ビジネスです。
そしてビジネスは、結果がすべて。
というのも結果を出さないと、続けていくことはむつかしいからですね。


成果を出すには、どうしたらいいのか。
読者の心理をわかることが、結果につながります。


現在のGoogle先生は、読者ファーストの姿勢を何よりも重んじています。
でも初心者の場合ってサイトを作っても、読者にとって最初からいいサイトができることって少ないんですよね。


読者ファーストにするためには、リニューアルが必要になりますよね。。
リニューアルをするにしても、仮説が必要ですよね。


リニューアルに必要な仮説を立てるために、サイト解析が必要になるのです。

 

Googleアナリティックスをサイトに導入する手順

f:id:slash1196:20210407182347j:plain

ではさっそくサイトにGoogleアナリティクスを導入していきましょう。

 


手順的には以下の通り。

 

  • 手順①Googleのアカウントを作成する
  • 手順②Googleアナリティクスにサイトを登録して、サイト側にコードを埋め込む

 

では一つずつ見ていきましょう。

 

手順①Googleのアカウントを作成する

まずは準備としてGoogleのアカウントを取得しましょう。

手順的には以下の通り。

 

【Googleアカウントの作成手順】

  • 手順①Googleアカウントの作成にアクセスし、必要事項を記入する
  • 手順②電話番号を入力
  • 手順③スマホに送られてきたSMSに表示されるGコードを入力
  • 手順④必要事項を記入する
  • 手順⑤電話番号の活用の有無確認
  • 手順⑥プライバシーポリシーと利用規約の確認
  • 手順⑦アカウントの作成完了

 

では1つずつ見ていきましょう。

 

手順①Googleアカウントの作成にアクセスし、必要事項を記入する

Googleアカウントを作成するために、Googleアカウントの作成にアクセスします。

すると、Googleアカウントの作成という画面が出てきますね。

 

そこに姓名、メールアドレスの好きな文字列、パスワードを入力していきましょう。

入力し終わったら、次へをクリックします。


手順②電話番号を入力

次に電話の確認という画面が出てくるので、電話が日本の国旗マークになっているかを確認し、電話番号を入力します。

 

入力し終わったら、次へをクリックします。

 

手順③スマホに送られてきたSMSに表示されるGコードを入力

次に、スマホのSMSサービスを開きましょう。

というのも先ほど電話番号を入力したときにGoogleからGコードという6桁のコードが送られてきています。

 

そのコードを見ながら、番号を入力しましょう。

入力し終わったら、確認をクリックします。

 

手順④必要事項を記入する

するとGoogleへようこそという画面が出てくるので、そこに再設定のメールアドレス、生年月日、性別を入力しましょう。

 

入力出来たら、次へをクリックします。

 

手順⑤電話番号の活用の有無確認

電話番号の活用という画面に切り替わります。

特にいらないと思うのでスキップをクリックしましょう。

 

手順⑥プライバシーポリシーと利用規約の確認

プライバシーポリシーと利用規約という画面が出てきますので、そちらをよく読んで、同意するをクリックしましょう。

 

手順⑦アカウントの作成完了

おめでとうございます。

アカウントの作成が完了しました。

 

手順②Googleアナリティクスのコードをサイトに埋め込む

次にサイトにGoogleアナリティクスのトラッキングコードを埋め込みましょう。

手順的には以下の通り。

 

【アナリティクスの導入手順】

  • 手順①Googleアナリティクスにアクセスし、ログインする。
  • 手順②アカウント名、データ共有設定を行い、次へ
  • 手順③プロパティ名、タイムゾーンと貨幣を決定
  • 手順④ビジネス情報を選択して、作成
  • 手順⑤Googleアナリティクス利用規約を日本を選択し、チェックボックスにチェックして、同意
  • 手順⑥自分のメール配信にチェックをつけて保存
  • 手順⑦アナリティクスホーム画面の歯車マークをクリック
  • 手順⑧プロパティの<>トラッキング情報からトラッキングコードをクリック
  • 手順⑨トラッキングコードを<head></head>の間に入力
  • 手順⑩導入完了。

 

1つずつ見ていきましょう。

 

手順①Googleアナリティクスにアクセスし、無料で利用するをクリック

 

Google アナリティクスにアクセスして、無料で利用するをクリックします。

 

手順②アカウント名、データ共有設定を行う

するとアカウントの詳細という画面に切り替わるので、アカウント名を入力し、アカウント共有設定の必要な部分にチェックを入れます。

 

入力し終わったら、次へをクリック。

 

手順③プロパティ名、タイムゾーンと貨幣を決定

次に、プロパティの設定という画面になるので、プロパティ名(ブログ名)、レポートのタイムゾーンと、貨幣を入力します。

(住んでいる国を入力するので問題なしですね。)

 

入力し終わったら、詳細オプションの設定をクリックします。

するとユニバーサルアナリティクスプロパティの作成というところが出てきます。

そのスイッチを青くなるようにクリックしましょう。

 

その後はURLを入力し、ユニバーサルあなりてぃくすのプロバティのみを作成するにチェックを入れます。

 

入力し終わったら、次へをクリックします。

 

手順④ビジネス情報を選択して、作成

すると、ビジネスの概要という画面に切り替わります。

あなたの経験に関して入れていきましょう。

 

入力し終わったら作成をクリックします。

 

手順⑤Googleアナリティクス利用規約を日本を選択し、チェックボックスにチェックして、同意

次にGoogleアナリティクス利用規約の画面が出てきます。

各国の言葉で書かれているので、日本を選択して内容をよく読みましょう。

 

読み終わったらGDPRで必須となるデータ処理規約にも同意します。にチェックを入れて、同意をするをクリック。

 

手順⑥自分のメール配信にチェックをつけて保存

次に自分のメール配信という画面が出てきます。

内容をよく読んで、必要なものにチェックを入れます。

 

チェックが終わったら、保存をクリックします。

 

手順⑦アナリティクスホーム画面の歯車マークをクリック

次にアナリティクスのホーム画面に行き、管理をクリックします。

 

手順⑧プロパティの<>トラッキング情報からトラッキングコードをクリック

すると、アカウントとプロパティ、そしてビューのすべての一括の管理画面が出てきます。

 

その中で真ん中のプロパティの中の、トラッキング情報をクリックしましょう。

トラッキングコードというメニューが出てくるのでクリックします。

 

手順⑨トラッキングコードを<head></head>の間に入力

するとトラッキングidとトラッキングコードが書かれています。

コードをクリックしてコピー後に、ブログの<head></head>の中に張り付けしましょう。

 

手順⑩導入完了

おめでとうございます。

これで導入は完了ですね。

 

Googleアナリティクスの活用術

f:id:slash1196:20210407182415j:plain


Googleアナリティクスの導入をできたところで、ここでは活用術をお話していきましょう。

 

Googleアナリティクスで見るべき場所と意味

見るべき数値は以下の通り。

 

  • ユーザー数
  • ページビュー数
  • セッション数
  • 平均セッション時間
  • 直帰率
  • コンバージョン率
  • ページ別訪問数
  • 直帰率
  • 離脱率
  • ユーザー属性(性別・年齢)
  • 流入元(流入経路)
  • 検索キーワード

 

とたくさんありますが、ここではその中でも特に大事なものをご紹介します。

 

一つずつ確認していきましょう。

 

ユーザー数

見ておきたい数値の1つ目は、ユーザー数ですね。

その名の通り、サイトに訪れたユーザーの数を示します。

どのくらいの人が来たかを確認できるために絶対に知っておきたい数ですね。

 

この数字が多いほどに、たくさんの人に人気があるサイトということになります。

Google先生の評価対象になる重要な数値ですね。

 

確認方法は、サイドメニューから「ユーザー>概要」で確認できます。

 

ページビュー数

これは先ほども少し言いましたが、ページを表示した回数ですね。

特定のページを見た数の話ですね。

 

自然検索、参照元、ブックマークやメルマガ、SNS等の経路から訪問したユーザーが閲覧したwebページ数を合算して出される数です。

 

この数が多ければ多いほど、ページ自体が見られている数が多くなります。

Google先生の評価にもつながる大事な数字ですね。

 

確認方法は、サイドメニューから「ユーザー>概要」で確認できます。

 

セッション数

セッション数は、サイトに訪問した延べ回数のことを言います。

例えば、一人の人がサイトに訪れるとします。

3回訪れたとすればセッション数が3になります。

 

数が多いほど訪問する数が多いということなので、サイトの使い勝手がいいと判断できます。

 

確認方法は、サイドメニューから「ユーザー>概要」で確認できます。

 

直帰率

直帰率は、ユーザーが1ページ目から別のページへと遷移したかどうかということです。

つまり降り立ったページから別のページに行ったかどうか。

 

この数値が高いとせっかく来ても、読んでいる途中で、やめてしまった可能性が高いのです。

つまり、ページのコンテンツ事態に魅力がない可能性があります。

 

確認方法は、サイドメニューから「ユーザー>概要」で確認できます。

 

流入元(流入経路)

流入元の確認はサイト分析には必要不可欠になります。

というのも、どこから来たか知れば、施策を施すのに時間短縮になりますよね。

 

表示方法は、サイドメニューの「集客>概要」から見れますね。

 

例えば、検索からくるorganic searchならSEO対策からきているということなので、上位表示されていることがわかります。

 

SNSを意味するreferralからきているのが多いのであるならば、SNSに力を注ぐことによってよりたくさんの人を呼び込むことができるでしょう。

 

人気コンテンツ

人気コンテンツを確認することも非常に重要なことですね。

というのも、人気コンテンツを知ったうえでアフィリエイト広告を貼るほうが、アクセスが多い分、成果になりやすいからなんですね。

 

人気コンテンツの確認方法は、サイドメニューの「行動>概要」で確認できます。

 

まとめ|Googleアナリティクスで記事のブラッシュアップをもっと快適に

おつかれさまでした。

ここまでGoogleアナリティクスの導入方法と、設定方法、使い方についてお話してきました。

 

やはり、記事のブラッシュアップには解析が大事なことですよね。

Googleアナリティクスを使うことによって、ブラッシュアップは間違いなくしやすくなります。

 

ぜひともお使いくださいね。

 

あなたのアフィリエイトライフがいいものになる、明日が来ることを信じて。

今回はこの辺で。

また次回に。