紅蓮ブログ

アフィリエイトのことが全く分からないあなたに超簡単に詳しく、実戦形式でお話していくブログです

定型文登録で作業効率を大幅にアップさせる方法【はてなブログ】

f:id:slash1196:20210622210430j:plain

f:id:slash1196:20200520205950j:plain

はてなブログ初心者

「はてなブログで書いているんだけど定型文が登録できるって聞いたんだけど。
その機能ってどうやって使うの。誰か教えて。」

 

こんなお悩みにお答えします。

 

  この記事でわかること

  • 定型文登録とは
  • 定型文機能のメリット・デメリット
  • 定型文登録機能を使うおすすめの場所
  • 定型文登録機能の使い方

 

こんにちわ、紅蓮です。

 

ブログを書いていてもっと作業が効率的になったらいいのになんて思うことありませんか。

 

そんなあなたに今回は定型文登録で作業効率を大幅にアップさせる方法をお話しします。

 

この記事を読むと定型文の登録とはという基本的なことから、定型文登録のメリットデメリット、使いどころや使い方までばっちりわかっちゃいます。

 

この記事を書く僕は、はてなブログ歴は3年目。

今ではアフィリエイトから、月に3000円ほどの収益を得ています。

 

僕自身、タイピングが遅くて記事を書くのに余裕で1日くらいかかっていたんです。

やばいくらいの僕を窮地から救ってくれた方法を今日は僕の知識を総動員してお話しします。

 

ぜひ最後までお読みくださいね。

 

では、行ってみましょう。

Here We Go!!

 

 

定型文登録とは

f:id:slash1196:20210531163343j:plain

ここでは定型文登録について、お話ししていきます。

 

定型文登録とは、文章や必要なコードを登録しておくことで、文中に登録した定型文がボタン一つで出る方法です。

 

はてなブログでは「定型文貼り付け」という名前で、2020年4月30日にリリースされた機能です。

 

ちなみに無料では15件、Pro版では100件の登録が可能ですね。
1件の文字数は10,000文字とスペックがかなり高めですね。

 

定型文登録機能のメリット・デメリット

f:id:slash1196:20210402145132j:plain

ここでは定型文登録機能のメリット・デメリットについてお話していきましょう。

 

定型文登録機能のメリット

定型文登録機能のメリットは、以下の通り。

 

  • メリット①時間の短縮になる
  • メリット②ほしい時に欲しいものを表示ができる
  • メリット③感覚的に記事が編集できる

 

では、詳しく見ていきましょう。

 

メリット①時間の短縮になる

定型文登録機能を使うメリットの1つ目は、時間の短縮になることです。

 

定型文登録機能を使うとあらかじめ登録した文章がボタンをクリックすることで、出てきます。

 

結果自分でタイピングする必要がなくなりますね。

 

だからタイピングに時間がかからずに、時間の短縮になります。

 

メリット②ほしい時に欲しいものを表示できる

定型文登録機能を使うメリットの2つ目は、ほしい時に編集ができることです。

 

例えば目次が欲しい時ですが、定型文に登録していないと書き終わった後でHTML編集で編集しないといけませんよね。

 

でも定型文に入れておけばほしいと思うときに、ボタン一つで出すことができます。

 

そのためにのちにHTML編集に行かなくて済むので、二度手間になりませんね。

 

だから定型文登録を使うのは、メリットなんです。

 

メリット③感覚的に記事が編集できる

定型文登録機能を使うメリットの3つ目は、感覚的に編集ができることです。

 

というのも欲しいときに欲しいものを表示させることができるから。

 

例えば広告でも、ボタン一つで入れることができるので、書きながら全体像がイメージしやすいんです。

 

そのために構成も変更しやすくなり、読者にとってもわかりやすい記事になりますね。

 

かなりのメリットですね。

 

定型文登録機能のデメリット

定型文登録機能のデメリットは、以下の通り。

 

  • デメリット①スマホでは使えない
  • デメリット②文字が入っていることが前提

 

では詳しく見ていきましょう。

 

デメリット①スマホでは使えない

定型文登録機能のデメリットの1つ目は、スマホでは使えないことです。

 

最近はスマホの普及にともなって、Googleの順位決定の一つにもモバイルフレンドリーを挙げるくらいになっています。

 

そのためにブログを携帯から書く人も多くなっているんですよね。

 

でも残念ながらこの定型文登録、スマホ版アプリおよびブラウザともにできないんですよね。

 

スマホ時代にはかなりのデメリットですね。

 

 スマホで使う方法

スマホで使うには、ブラウザをPC版のブラウザに変更すると使えるようになります。

 

その際には画面が小さくなるので、押し間違いなどに注意が必要ですね。

 

そういった面では、結構デメリットかもですね。

 

デメリット②文字が入っていることが前提

定型文登録機能のデメリットの2つ目は、定型文の表示が文字が入っていることが前提なことですね。

 

文字が入っていないと、どこに入れるかがわからなくなるからですね。

 

例えば吹き出しなどの文字が入る部分が何も書いていない場合には、たとえ定型文で表示させても、何も映っていない状態になります。

 

以下は、吹き出しの文字が入っていないときのものです。

 

上記の画像は左が見たまま編集画面、右がHTMLの編集画面ですね。

HTMLに入れているのに、何も表示されていないのがわかると思います。

 

そうなると結果HTML画面に文字を入力することも必要になるために、二度手間になることもあるのです。

 

  二度手間を減らすための対策

二度手間を減らす対策に関しては、文字のところに記号でも何でもいいので入れておくようにすることですね。

 

例えば吹き出しだったら、以下のような感じです。

 

f:id:slash1196:20200520205950j:plain

○○○

○○○

 

例えば、上記の例だと、2段目には画像の名前が入って、3段目には悩みが入るという感じです。

 

こうしておけば、どこに何が入るかだけを覚えておけば迷うことなく入れられますよね。

 

ひと工夫するだけで、驚くほど使いやすくなりますね。

 

定型文登録機能を使うおすすめの場所

f:id:slash1196:20210506030023j:plain

ここでは定型文登録を使うおすすめの場所をお話ししていきましょう。

 

定型文登録を使うところは、以下の通り。

 

  • 使うところ①HTMLデザイン
  • 使うところ②アフィリエイトリンクやその他のバナーリンク

 

では詳しく見ていきましょう。

 

使うところ①HTMLデザイン

定型文登録機能を使うおすすめの場所の1つ目は、HTMLデザインですね。

 

主な場所は、以下の通り。

 

  • ①四角で囲む
  • ②マーカー
  • ③吹き出し
  • ④表

 

では、見ていきましょう。

 

①四角で囲む

HTMLデザインでも定型文登録をしておく項目の1つ目は、四角で囲むデザインです。

 

四角で囲むと、ポイントなどがわかりやすくできる部分なのでいいですね。

 

でも四角で囲むのってHTMLでもコピペでできるけどちょっとめんどくさいですよね。

そこで使いやすいのが定型文登録ですね。

 

これはCSSでデザインしているものでも、していないものでも両方とも使えますね。

 

  四角で囲むときの注意点

四角で囲むときの注意点ですが、CSSデザインしているしてないものにかかわらず、デザインは絞ったほうがいいです。

 

というのも、ページの表示速度が遅くなってしまう可能性があるからです。

 

例えば以下の画像をご覧ください。

f:id:slash1196:20210714132231j:plain

もしCSSデザインをしていなかった場合でも、2つのものを読み込まなくてはいけなくなります。

 

すると時間がかかるのは当然のことですね。

 

ですからなるべくデザインを絞り、使うようにしましょうね。

 

②マーカー

HTMLデザインでも定型文登録をしておく項目の2つ目が、マーカー線風ですね。

 

強調の時には、使い勝手がいいです。

 

マーカーを引いておくことでポイントもわかりやすくなるのでいいですね。

 

マーカーの使い方は、【はてなブログ】文中にマーカー線を引く方法【コピペOK】にて詳しく解説しています。

ぜひご参考にやってみてくださいね。

 

  マーカー線の色は、1色だけにする

マーカーを引くときですが、使う色を絞るほうがいいです。

 

というのも色が何色もあると目がチカチカしますし、肝心のポイントがわからなくなります。

 

ですから色は絞りましょう。

 

③吹き出し

HTMLデザインで定型文登録をしておく項目の3つ目は、吹き出しですね。

 

吹き出しは当ブログでも、冒頭で使うので入れています。

 

吹き出しの作り方に関しては、【はてなブログ】吹き出し設定で会話形式にする方法【コピペOK】にて詳しく解説しています。

ぜひ参考になさってくださいね。

 

④表

HTMLデザインでも定型文登録をしておく項目の4つ目は、表です。

 

表は毎回HTMLを作っているとなかなか時間がかかってしまいますね。

 

何行何列という感じで作っておくと楽になります。

 

表の作り方に関しては、【はてなブログ】表の作り方を徹底的に解説【コピペもOK】 にて詳しく解説しています。

 

ぜひご参考にやってみてくださいね。

 

使うところ②アフィリエイトリンクやその他のリンク

定型文登録機能を使うおすすめの場所の2つ目は、アフィリエイトリンクやその他のリンクですね。

 

リンクを一回一回取らなくていいので、楽ができます。

 

リンクには以下のようなものがありますね。

 

  • ①アフィリエイト広告リンク
  • ②にほんブログ村などのランキングバナー

 

では詳しく見ていきましょう。

 

①アフィリエイト広告リンク

まずアフィリエイトの広告リンクですね。

 

アフィリエイトの広告リンクは、毎回取りに行くのが面倒なことありますよね。

 

そんな時には定型文を使うといいですね。

ボタン一つで行けるので楽ですね。

 

  広告リンクを定型文に入れるときの注意点

アフィリエイトリンクを定型文登録しておく時には、注意点があります。

 

それは、リンク切れに注意することです。

 

ものを扱っているのにリンク切れになっているのでは、読者もがっかりしてしまいます。

 

だからリンク切れには注意しましょうね。

 

②にほんブログ村などのランキングバナー

2つ目は、にほんブログ村などのランキングバナーです。

 

ランキングバナーを記事の中に入れておくと、クリックしてくれる可能性も高くなります。

 

おいておくのがいいですね。

 

ランキングバナーの作り方に関しては、ブログ村の登録方法【登録からすべきことまでを一挙公開】にて詳しく解説しています。

 

ぜひご参考になさってくださいね。

 

  バナーを張るときの注意点

ランキングサイトのバナーの場合には、基本的に改変できない場合が多いです。

 

ですから少しでも容量を少なくするために、HTMLの圧縮をしておいたほうがいいですね。

 

HTMLの圧縮の仕方は、HTMLコードを圧縮する方法【カスタマイズ初心者必見】 にて詳しく解説しています。

 

ぜひご参考になってくださいね。

 

定型文登録機能の使い方

f:id:slash1196:20210519174612j:plain

では定型文登録機能の使い方をお話ししていきましょう。

 

使い方に関しては、以下の順番になりますね。

 

  • 手順①定型文を使えるように設定
  • 手順②定型文に登録する
  • 手順③定型文を使う

 

では詳しく見ていきましょう。

 

手順①定型文を使えるように設定

まず設定をしていきます。

 

設定の仕方は以下の手順ですね。

 

手順①-1.ブログの右下の+ボタンをクリック

f:id:slash1196:20210714162214j:plain

まず編集画面の右下に+ボタンがありますね。

そこをクリックします。

 

手順①-2.定型文貼り付けのスイッチをクリック

f:id:slash1196:20210714162330j:plain

すると右に編集サイドバーというメニューが出てきます。

それをスクロールして一番下まで行きましょう。

 

すると機能と書いてあるメニューがあるはず。

その中から、定型文貼り付けを見つけましょう。

 

その横のスイッチをクリックして、青くなったら設定は完了です。

 

手順②定型文に登録する

次に定型文に登録することですね。

 

定型文の登録に必要な手順は、以下の通り。

 

手順②-1.定型文に入れるコードをコピーする

まず定型文に入れたいコードをコピーしましょう。

 

手順②-2.編集画面の…マークをクリックし、定型文貼り付けをクリック

f:id:slash1196:20210714162707j:plain

次に編集画面の…マークをクリックします。

すると、以下のような画面になりますので、クリップボードのマークをクリックします。

 

手順②-3.定型文を作成するボタンをクリック

f:id:slash1196:20210714162921j:plain

すると以下のような画面になりますので、定型文を作成するボタンをクリックします。

 

手順②-4.定型文を登録

f:id:slash1196:20210714163059j:plain

すると上記のような画面になりますので、必要事項を入れていきましょう。

 

必要事項は以下のようになります。

 

  • 上の段:タイトルを入れましょう。好きなものを入れても問題なし。
  • 下の段:コピーしてきたコードを入れましょう。

 

最後に「保存する」ボタンのクリックを忘れないように。

 

手順③定型文を使う

f:id:slash1196:20210714163533j:plain

定型文の登録機能を使ってみましょう。

 

以下は、四角で囲ったものを実際にやってみたものですね。

 

ここはイメージです。

 

うまくいってますね。

 

以上が定型文登録の方法でした。

 

まとめ|定型文登録することで圧倒的に楽。

お疲れさまでした。

ここまで定型文とうろで作業効率を大幅にアップさせる方法をお話してきました。

 

まとめると以下の通り。

まとめ
  • 定型文登録とは、文章や必要なコードを登録しておくことで、文中に登録した定型文がボタン一つで出る方法。
  • 定型文登録機能のメリットは、以下の通り。
    • メリット①時間の短縮になる
    • メリット②ほしい時に欲しいものを表示ができる
    • メリット③感覚的に記事が編集できる
  • 定型文登録機能のデメリットは、以下の通り
    • デメリット①スマホでは使えない
    • デメリット②文字が入っていることが前提
  • 定型文登録機能を使うおすすめの場所は以下の通り。
    • 使うところ①HTMLデザイン
      • ①四角で囲む
      • ②マーカー
      • ③吹き出し
      • ④表
    • 使うところ②アフィリエイトリンクやその他のバナーリンク
      • ①アフィリエイト広告リンク
      • ②にほんブログ村などのランキングバナー
  • 定型文登録機能の使い方の手順は以下の通り。
    • 手順①定型文を使えるように設定
    • 手順②定型文に登録する
    • 手順③定型文を使う

 

という感じです。

 

定型文登録することで、記事を書くことが圧倒的に楽になります。

ぜひやってみられては、いかがでしょうか。

 

ってことで今回はこの辺で。

また次回に。