紅蓮ブログ

アフィリエイトのことが全く分からないあなたに超簡単に詳しく、実戦形式でお話していくブログです

はてなブログの書き方をわかりやすく徹底解説【初心者必見】

f:id:slash1196:20210514173804j:plain

f:id:slash1196:20200520205950j:plain

はてなブログで記事を書きたい人

「はてなブログで記事を書きたいけれど、書き方がわからない。だから教えて。」

 

こんなお悩みにお答えします。

 

【今回の記事でわかること】

  • はてなブログの記事の書きかた
  • 一番最初に書くべき記事とは

 

こんにちわ。紅蓮です。

 

「はてなブログで記事をかこう」

と意気込んでみても、実際に

「どうやって書けばいいの?使い方わかんねー。」

と悩むことってありますよね。

 

今回はそんなあなたに、はてなブログで記事を書くに至ってエディターの使い方をご紹介していきましょう。

 

ちなみにこの記事を書く僕ははてなブログ歴は三年ほど。

毎月3000円ほどのブログ収益を得ています。

 

収益を得るには、まず使い方から。

ではいってみましょう。

Here We Go!!

 

 

はてなブログの書き方

f:id:slash1196:20210514174315j:plain

では早速書き方についてお話していきましょう。

ここでは最低限記事を書くことを目標にしていきます。

 

書き方については、以下の通り。

 

①はてなブログにアクセスして、ログイン

②上段のはてなIDをクリックする

③ドロップダウンからブログを選ぶ

④記事を書くを選択する

⑤記事を書いていく

 

では、1つずつ見ていきましょう。

 

①はてなブログにアクセスして、ログイン

まずはてなブログにアクセスして、ログインしましょう。
→はてなブログにログイン

f:id:slash1196:20210513235457j:plain

 

②上段のはてなIDをクリックする

ログインしたら、上段のはてなIDをクリックします。

下記の画像の感じですね。

f:id:slash1196:20210514145815j:plain

 

③ドロップダウンからブログを選ぶ

クリックしたらドロップダウンからブログを選びます。

下記の画像ですね。

f:id:slash1196:20210514145835j:plain

 

④記事を書くを選択し、記事を書く

ドロップダウンの中から、記事を書くを選択しましょう。

f:id:slash1196:20210514145850j:plain

 そうすると以下のような画面になりますよね。

 

はてなブログを書くためにすることは、以下の通り。

 

  • ①タイトルを決める
  • ②記事を書く
  • ③カスタムURLを決める
  • ④公開するをクリック

 

では1つずつ順を追ってみていきましょう。

 

①タイトルを決める

f:id:slash1196:20210514163827j:plain

まずはタイトルを決めましょう。

タイトルは、ブログの顔ともいわれる部分になります。

 

そして、タイトルの良しあしでブログを読んでもらえるかどうかが決まるといっても過言ではありません。

 

タイトルきめの極意は、以下の通り。

 

  • 極意①キーワードを入れること
  • 極意②文字数は、28文字~32文字以内にすること
  • 極意③悩みに関する答えを入れること

 

1つずつ見ていきましょう。

 

極意①キーワードを入れること

タイトルきめの極意のひとつ目は、キーワードを入れることですね。

 

理由は、SEOに超大事なところだからなんです。

タイトルはSEO的には一番大きな割合を担う部分で、検索エンジンもこの部分を読み取ってどんな記事かを認識しているんですね。 

 

例えば、この記事のタイトル「はてなブログの書き方をわかりやすく徹底解説【初心者必見】」は、[はてなブログ 書き方]で上位表示を狙っています。

 

検索キーワードをタイトルに入れることは非常に重要です。

ですから必ず入れるようにしましょう。

 

極意②文字数は、28文字~32文字以内にすること

タイトルきめの極意の2つ目は、文字数は28文字~32文字以内にすることです。

 

というのも検索エンジンのGoogle先生のタイトルの表示文字数が28文字だからですね。

日本には検索エンジンはYahoo!もあり、そちらの表示数は32文字です。

 

そのために、できるだけ短いほうがいいといわれていますが、28文字~32文字くらいがいいといわれていますね。

 

極意③悩みに関する答えを入れること

タイトルきめの極意の3つ目は、悩みの答えを入れることです。

 

理由は読者に対しては、何の話をするかがわかりやすいからなんです。

例えばこの記事のタイトル「はてなブログの書き方をわかりやすく徹底解説【初心者必見】」は、「はてなブログの書き方に関して初心者にわかりやすく説明する」という答えを入れていますよね。

 

そうすることによって読者は、記事内容を読むことなく判別することができます。

そして、Google先生にとっても同じことが言えますね。

 

上位表示がしやすくなるので是非やっていきましょう。

 

記事を書く

f:id:slash1196:20210514163923j:plain

早速、記事を書いていきましょう。

 

当たり前のことですが、読者にとって有益な記事を書くようにしましょう。

読者にとって有益な記事でないと、読む意味がないので気を付けたいところですよね。

 

読者にとっていい記事にするために気を付けたいことは、いきなり書かないということですね。

 

エディターに向かって記事をいきなり書くのは、レシピをわからない料理と同じ。

闇鍋もいいところですね。

怖くて仕方がないです。

 

ですから、きっちりと記事設計をしてから書くようにしましょう。

記事設計の方法に関しては、アフィリエイトで稼げるブログの書き方【テンプレあります】をお読みくださいね。

 

とにかく見やすい記事にするように気を付けましょう。

 

気を付けるべきことは、以下の通りですね。

 

  • 目次を付ける
  • 見出しを付ける
  • 箇条書きを心掛ける
  • 太文字を採用する

 

これらでだいぶ読みやすさも変わりますから、ぜひ使いましょうね。

 

カスタムURLを決める

カスタムURLを決めましょう。

というのもそのほうが、あなたにとっても、SEO的にもいいからなんです。

 

初期設定でURLを設定しなかった場合は、以下のようになりますね。

https://www.affili-blog-of-gren.com/entry/2021/05/19/190000

 

そうなんです。

記事が投稿された日が記載されるんですよね。

 

これじゃあ、何を書いた記事かもわからないことになり、リライトの時にもわざわざ記事の内容を読まないといけなくなります。

 

もちろんあなたがそうなのですから、Google先生もそうです。

時間短縮のためにも、カスタムURLの設定はしておきましょうね。

 

カスタムURLの設定方法は、以下の通り。

  • 編集オプションをクリック
  • カスタムURLの欄に入力

 

編集オプションをクリック

右側の歯車のf:id:slash1196:20210514161805j:plainマークの編集オプションをクリックしましょう。

f:id:slash1196:20210514164342j:plain

 

カスタムURLの欄に入力

f:id:slash1196:20210514164534j:plain

下にスクロールして、カスタムURLの欄に好きな文字列を入れましょう。

 

文字列の決め方に関しては、以下の通り。

 

  • 文字列は単語の組み合わせで、2・3個にすること
  • 短めにするといい
  • キーワードを入れるとさらにいい
  • アンダースコア(_)よりもハイフン(-)のほうがいい

 

 という点を守るといいと思います。

 

公開するをクリック

f:id:slash1196:20210514164622j:plain

書き終わったら公開するをクリックしましょう。

 

記事を書く上で知りたい注意点と書くべき記事とは

f:id:slash1196:20210514174929j:plain

ここでは記事を書く時の注意点と書くべき記事についてお話をしていきましょう。

 

記事を書く上での注意点

注意点は、以下の通り。

 

  • 読むのに時間がかからない記事づくりを心掛けること
  • かいたら必ず投稿すること

 

1つずつ見ていきましょう。

 

注意点①:読むのに時間がかからない記事づくりを心掛けること

記事を書く上での注意点の1つ目は、読むのに時間がかからない記事設計をすることですね。

というのも読者というのは悩みがあって、その悩みを一刻も早く解決したい状態にあります。

 

そのために切羽詰まっていて、無駄な時間を使う余裕がありません。

記事の内容がこちゃごちゃしていると、読みにくさから離脱していくのは仕方ないですよね。

 

ですからすぐに内容がわかるような記事設計をしてあげる必要があります。

例としては以下の感じ。

 

  • 目次を付けてあげる
  • 記事の結論は最初で言ってあげる

 

こうしてあげると時間短縮になりますよね。

 

そして、内容が大事になります。

しっかりと書くようにしましょうね。

 

注意点②:記事をかいたら必ず投稿すること

記事を書く上での注意点の2つ目は、記事を書いたら必ず投稿することです。

というのも、記事というのは投稿して、初めて読まれるものです。

 

よくあるのが記事に自信がないからと言って、下書きに入れてしまうことです。

これではせっかく書いた時間も無駄になってしまいます。

 

1円も入らないので、下書きには入れないように徹底しましょう。

そして、後から書き直すようにしましょうね。

 

書いてはいけない記事の例

ここでは書いてはいけない記事の例を挙げていきましょう。

 

書いてはいけない記事の例は、以下の通り。

 

  • 日記記事
  • 運営報告記事

 

では、詳しく見ていきましょう。

 

日記記事

もうこれは絶対に書いてはいけない記事ですね。

というのもあなたの書いていることに興味がある人が少ないからなんです。

 

この書き方が通用するのは、芸能人やアイドルのみです。

間違っても一般人は、まねしないようにしましょう。

 

というのも読者にとって、突っ込みが入るからです。

「だから?」

っていう突込みですね。

 

そうなると、ちょっとおかしなことになりますよね。

ブログは、マーケティングです。

 

マーケティングは、読者に価値を与えることです。

それなのに、食べたものや行動などの記事を書いていったい何の価値があるといいましょうか?

 

読んでくれている人に失礼この上ないですよね。

ですからもし書こうとしているのなら、今すぐやめましょう。

 

運営報告記事

運営報告記事も書いてはいけない記事のうちのひとつですね。

というのも、読者にとっての価値がないからです。

 

読者にとって必要なのは、アフィリエイトでいうとPVのあげ方だったりとか、商品の選び方だったりとかっていうノウハウ的なことですよね。

 

でも運営報告は、やったことと金額を報告し、次月にやるべきことを考えてやるという自分のための記事になっているんです。

 

読まされた読者は、たまったものではありません。

しかも収益が少ない時点での運営報告は、お金にならないことが多いですので読者には一ミリの特にもならないわけです。

 

運営報告は自分のために書いているということをしっかり理解したうえで、書きましょうね。

 

まとめ|記事を書き方を知ったらとにかく記事を書こう

お疲れさまでした。

ここまではてなブログでの記事の書き方をお話してきました。

 

記事の書き方を学んだら、とにかく記事を書くことが大事です。

というのも最初はみんな初心者だからです。

 

でも稼げているブロガーの人はそれなりに記事を書いたから稼げるようになったんですよね。

 

ですから、練習をしましょう。

そのためには記事を書きましょう。

そして投稿して、試行錯誤をしましょう。

 

うまくなるには量が大事です。

質が量を上回ることはありません。

 

頑張っていきましょう。

 

ってことで今回はこの辺で。

また次回に。