紅蓮ブログ

アフィリエイトのことが全く分からないあなたに超簡単に詳しく、実戦形式でお話していくブログです

はてなブログのRSS情報を送信してインデックスを早める方法

f:id:slash1196:20210401184732j:plain

f:id:slash1196:20200520205950j:plain

はてなブログでインデックスを早くしてほしい人

「はてなブログで書いているけれど更新はちゃんとされているのかな?

ちょっとでも早く検索に認識してもらってはやくたくさんの人に読まれたいな。

ちょっと調べてみたら、RSSとかfeedとか書いてあるしよくわからないなあ。

RSSって何なんだろう。教えてほしいなあ」

 

こんなお悩みにお答えします。

 

【この記事でわかること】

  • Google先生がブログを認識するまでの流れ
  • RSSとは
  • RSSの送信の仕方
  • はてなブログ情報をGoogleにRSS送信をした結果どうなったのか【体験談付き】

 

こんにちわ。

紅蓮です。

 

はてなブログで記事を書いているときに、

「自分の記事を検索してもなかなか検索に引っかからないなあ」

なんてことありませんか?

 

ブログを書いているのに検索に引っかからないのは悲しいものですよね。

そこで今回ははてなブログのRSS情報を送信してインデックスを早める方法をお話していきましょう。

 

この記事を書いている僕もはてなブログで記事を書き始めてちょうど3年目になります。

色々調べてみてやってみたところ、今では更新情報が登録されるようになりました。

 

ですので安心して最後までお読みくださいね。

では行ってみましょう。

Here We Go!!

Google先生はどうやって、ブログの更新情報がわかるのか

f:id:slash1196:20210331172012j:plain

ではまずGoogle先生はどうやって、ブログの更新情報がわかるのかをお話していきましょう。

 

実はGoogle先生がわかるのは、あなたがブログの更新を行ったときに、更新情報が書き換わり、それをGoogle先生の放つクローラーと呼ばれるロボットが読み取るからなんですね。

 

基本的な手順的には以下の通り。

 

  • ①ブログを書き終わる
  • ②サイトマップの更新情報が書き換わる
  • ③クローラーがサイトの中を回遊
  • ④サイトマップの情報をクローラーが読み取る
  • ⑤検索情報が書き換わる

 

といった感じですね。

 

RSSとは?

f:id:slash1196:20210401184758j:plain

RSSというのはいったい何なのでしょうか。

RSSというのは、「Rich Site Summary」「Really Simple Syndication」「RDF Site Summary」と呼ばれるものです。

 

更新データをGoogle先生に認識してもらうときに提出するフォーマットのことを言います。

 

僕たちで言うと会社で報告書を書く時のフォーマットみたいなものですね。

Google先生に認識してもらうためにわかりやすくした提出書類のようなものと思ってもらって問題ないですね。

 

RSSの役割

ここではRSSの役割をお話していきましょう。

RSSの役割は、記事の新着情報を伝えることですね。

 

現時点で当ブログでは毎日投稿をしています。

毎日投稿すると毎日投稿した数だけ、記事が増えていきますよね。

 

そのために、記事がどのくらいまで増えたかというのがわかりやすくなりますよね。

そうなると新着記事がどれなのかというのがわかりにくくなります。

 

そういった上でRSSフィードを送信しておくと非常にGoogleにとってわかりやすいんですよね。

 

RSSの種類とそれぞれの違いについて

f:id:slash1196:20210401184821j:plain

ここではRSSの種類とそれぞれの違いについてお話していきましょう。

 

RSSの種類

RSSの種類に関しては以下の通り。

 

  • 種類①RSS2.0
  • 種類②Atom

 

1つずつ見ていきましょう。

 

種類①RSS2.0

RSSの種類の一つ目が、RSS2.0ですね。

ブログでの更新情報のはしんとして用いられているのが多いですが、ニュース配信サイト、法則局、その他各種企業においてもよくつかわれていることで有名な形式ですね。

 

音声データファイルの公開にも使われるものですね。

(参考文献:RSS - Wikipediaから)

 

ちなみにRSS2.0を付ける場合にはURLの後ろに/rssと入力していれるといいですね。

例としてですが当ブログの場合には、

https://www.affili-blog-of-gren.com/rss

という感じですね。

 

種類②Atom

RSSの種類の2つ目は、Atomですね。

正式名称は、Atom Syndication Formatの略で、Atomの特徴はRSSと違い、MP3データや動画データなどの大型データの送信もできちゃうことですね。

 

拡張背が高いので非常に汎用性があることで有名な種類ですね。

(参考文献:Atom (ウェブコンテンツ配信) - Wikipediaから)

 

なお、Atomに関しては、URLの後ろに/feedとつけるものになっていますね。

例として当ブログの場合は、

https://www.affili-blog-of-gren.com/feed

という感じですね。

 

RSSとAtom、どっちを使えばいいの?

ここまで言うとあなたはきっと、

「RSSとAtomどっちを使えばいいの?」

という疑問がわくはずです。

 

それに関してはどちらでもいいと思います。

というのもはてなブログは両方とも採用しているからなんです。

どちらでも好きなほうを選んでいいと思いますね。

 

ちなみに僕自身はAtomを使っています。

というのも拡張性が高いからですね。

どちらでもいいですが一応参考までに。

 

RSS情報の送信の手順

f:id:slash1196:20210401184847j:plain

ここでは、RSS情報の送信の手順をお話していきますね。

送信の仕方は、以下の通り。

 

  • 手順①search consoleにアクセス
  • 手順②サイトマップをクリック
  • 手順③feedと入力して送信
  • 手順④記事などを更新する
  • 手順⑤feedの情報が変わっているかを翌日に確認する

 

では一つずつ見ていきましょう。

 

手順①search consoleにアクセス

RSSの送信手順の1つ目は、search consoleにアクセスします。

 

手順②今すぐ開始をクリック

f:id:slash1196:20210401184920j:plainRSSの送信手順の2つ目は、今すぐ開始をクリックすることです。

 

アクセスするとトップ画面になります。

そこから「今すぐ開始」をクリックしましょう。

 

手順③左の一番上のドロップダウンをクリックし、サイトを選ぶ

f:id:slash1196:20210401184947j:plain

RSSの送信手順の3つ目は、左の一番上のドロップダウンをクリックしサイトを選ぶことですね。

 

複数登録している場合には、送信したいサイトを選ぶようにしましょう。

 

手順④サイトマップをクリック

f:id:slash1196:20210401185008j:plain

RSSの送信手順の4つ目は、サイトマップをクリックします。

 

RSS情報というのはサイトマップの方式ですね。

ですからサイトマップをクリックしましょう。

 

手順⑤rssかfeedと入力して送信

f:id:slash1196:20210401185030j:plain

RSSの送信手順の5つ目は、サイトマップの方式をrssにするのかfeedにするかを決めて入力することですね。

入力して送信を行いましょう。

 

ちなみに、一番最初はもしかしたら「取得できませんでした」と出るかもしれません。

でも心配はありません。

 

なぜなら送信できていないのではなく、クローラーがまだあなたのサイトに来ていないだけだからです。

 

クローラーが来るのを待ちましょう。

 

手順⑥記事などを更新する

RSSの送信手順の6つ目は、記事を更新していくことですね。

はてなブログで記事を書いたり、リライトを行っていきましょう。

 

手順⑦RSSかfeedの情報が変わっているかを2-3日後に確認する

 

RSSの送信手順の7つ目は、書いた情報が変わっているかどうかを、2-3日後に確認することです。

 

機械だからといって安心してはいけません。

なぜなら機械を作るのは人間だからですね。

 

ですから内容が書き換わっているかどうかをsearch consoleのサイトマップの画面をクリックして、取得されたかどうかを確認しましょう。

 

できていたら問題なしですね。

 

クローラーがサイトに来るタイミング

気になるのはサイトにクローラーが来るタイミングですよね。

実ははてなブログは、Googleとの相性が悪いことでも有名ですね。

 

というのもサイトマップを登録しても、クローラーが来るのが遅いから回遊するのに時間がかかるんですよね。

 

まあこれはブログサービス全体に言えるんですが、データ量が大きくなりがちだからだそうですね。

 

時間的には3か月から半年くらいで認識されるようですね。

ただRSSの場合には1週間くらいで回遊に来ることも多いのだといいますね。

 

もし来なくてもとりあえず時間をおいてみるようにして、ブログ記事の作成やブラッシュアップをしながらクローラーが来るのを待ちましょう。

 

はてなブログ情報をGoogleにRSS送信をした結果どうなったのか【体験談付き】 

f:id:slash1196:20210401185150j:plain

ここではRSS送信をした結果どうなったのかという体験談をお話します。

 

僕の場合はずっとXMLというサイトマップの方式で入れていたんですけれど、1週間前にRSSの方式を知りました。

 

慌てて、送信をしてみたところ当時64記事くらいしか登録されていなかったのが現時点では、更新情報が増えて、以下のようになりました。

 

  • 2021年3月25日時点の登録記事数:64記事 総記事数:115記事
  • 2021年3月27日時点 登録数:94記事 総記事数:122記事

 

このことからも、RSSの送信をすることによって記事のインデックス登録が早まることが言えますね。

 

まとめ|はてなブログでインデックス登録させるにはRSS登録は必須です

おつかれさまでした。

ここまではてなブログの更新情報をRSS情報で送信してインデックスを早める方法をお話してきました。

 

現時点では、はてなブログでインデックスするのが遅いというのがネットでも問題になっているようです。

 

そのためにも更新情報をRSS/Atomフィードで送信することによってサイト内のすべての更新情報を取得することができるという事があるために、RSSを送信するようにしましょう。

 

Google先生のウェブマスターブログの中でもそういわれています。

詳しくはGoogle ウェブマスター向け公式ブログ [JA] : XML サイトマップと RSS/Atom フィードのベストプラクティスに書いてありますのでお読みくださいね。

 

せっかく書いた記事が読まれないという事がないように気を付けましょう。

最適なブログライフがあなたの生活をよくすることを願って。

 

今回はこの辺で。

また次回に。