紅蓮のアフィリエイト日記

アフィリエイトの方法や失敗談などを書いていきます。また質問などにも答えていきますのでぜひ見ていってくださいね。

アフィリエイトブログの伝わりやすい言葉の選び方とは?

 

f:id:slash1196:20200522192347j:plain

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

最近思うことが、

「言葉って伝わってこそ言葉なんだな」

ってことなんですね。

 

だってそうでしょう?

相手に伝わらなければ情熱も 伝わらないですよね。

 

さて今回は、ブログの書き方についてお話ししようと思います。

 

 アフィリエイトに書く言葉は選ばないといけない

言葉の使い方ってむつかしいですよね。 なかなか伝わらないと扱っている製品が、 なかなか売れないし売り上げにならないですからね。

 

起承転結では読者には優しくない!!PREP法を使え!!

よく言われるのが

『わかりやすい話って起承転結がある』

ってことなんですよ。

 

でもあれって実は真っ赤なウソなんですよね。

 なぜなら起承転結というのは結論になるまでにものすごく時間がかかってしまうんですよね。

 

「えー、今まで教えられていたのって真っ赤なウソだったの?」

なんて思うかもしれません。

 

そうなんです。全くのウソなんです。

 

読者は今か今かと結論だけを知りたくて待っているので結論から言ってあげる、PREP法という書き方を使ってあげましょう。

 

PREP法って??

ここでPREP法という言葉が出てきましたね。

このPREP法というのは一つのプレゼンの仕方なんです。

 

Point『結論』、Reason『理由』、Example『実例』、Point『結論』という形でプレゼンをしていく方法です。

 

PREP法のメリット

PREP法のメリットに関してお話をしていきましょう。

 

アフィリエイトに関して、話が結論から入るために読者にとってどんな話をしているのかがわかりやすくなります。

 

その後に理由を話すことによってどういう風な理由でそれを購入する必要があるかを述べて、読者の共感を得ることができ悩みを解決することを想像させることができます。

 

そのあとに、実例を出すことによって、読者にもその商品を買って悩みを解決したのちの自分を想像してもらいやすくなるんですよね。

 

そのあとに、もう一度結論をいうことによって、その商品がいかに必要なことになっているのかというのを読者に再確認させることができ、もう一度読者に必要なことをいうんです。

 

話の組み立てた後には5W3H1Rで一人突っ込みを!!

話を組み立てた後に読み返す際にはやってほしいことがあります。

それは5W3H1Rで自分で自分に一人突っ込みを入れるという手法なんですよね。

 

なぜかというとブログに書く以上あなたは言葉に責任を持たないといけないからなんです。

で、自分で突っ込みを入れられるということは、まだまだ調査をする余地があるということなんですよね。

 

だからこそ一人突っ込みというのは非常に大切なことなんですよね。

 

では、5W3H1Rについて詳しく話していきましょう。

 

5Wとは?

英語の『what』(何が)、『where』(どこで)、『when』(いつ) 、『why』(どうして)、『which』(どちらのほうがいいか) という5つですね。

 

3Hとは??

1Hってよく使われるんですよね。

そうなんです。『how』(どうなったか)なんですよね。

 

でも3Hなんて聞いたことないよ。

何て聞こえてきそうですよね。

 

3Hは、『how』(どうなったか)に続き、『how long』(どのくらいの期間、使用してでそうなったのか? )、『how much』(いくらの金額をそのことにつぎ込んだのか?)というラインナップなんですね。

 

アフィリエイトというのは商品をお勧めするために書く内容のことが多いですよね。

 

そのためには金額的なことも書いておいてあげたほうがいいし、いったいどのくらいの期間でそうなったかということを書いておいてあげると、読者も

〇〇日間でこうなれるんだ。

という風にイメージができるんですよね。

 

ですから確認の時には3Hを使って書いてあることについて突っ込みを入れましょう。

 

1Rとは?

1Rというのは『Result』(その結果はどうなったか?) ですね。

この結果がなければ基本的には読者は商品を買いません。

 

まあ当然ですよね。

買った後のことを考えると、悩みを解決できない商品ということになるのですから。

 

なぜならこの結果というのが一番読者の悩みを解決する部分なんです。

そして、一番買った後に問題解決したあとの読者自身を読者が想像しやすいところでもあります。

ですからこのResult(結果)というのは何があっても書かないといけないんです。

 

難しい言葉や専門用語を使わない

アフィリエイトで相手にするのは大学教授ではありません。

ずぶの初心者である場合が多いんですよね。

 

そんな初心者に難しい言葉や専門用語を使って書いても、

何が書いてあるのかがよくわからない

ってなるんですよね。

 

ブログを書くときには何より考えるべきは読者のことなんです。

ですから、むつかしい言葉や専門用語を使うのは絶対にやめましょう。

むつかしい言葉とか専門用語ほど聞いていてわからないものはないですし、退屈なものはないですよね。

 

ですから絶対に使わないようにしましょうね。

ブログというのは読んでいるのがあなたと同じ知識を 持っているとは限らないんです。

 

いきなりむつかしい話なんかされたらその時には一瞬で心にシャッターをかけて閉ざしてしまうことになります。

ですからむつかしい言葉も簡単な言葉に翻訳してあげましょう。

そうすることがあなたのサイトにとっても利益があるのですから。

 

目的をしっかりと理解する

結構多いのが目的をしっかりと理解していない人なんですよね。

なぜ、何のためにアフィリエイトをするかというと、 自分のためではありません。

読者の悩みを解決するのが目的なんですよね。

 

あなたのブログにたどり着いた読者にあなたの扱う製品を 買ってもらうことによって読者が抱えている悩みを解決してもらうということが目的のはずなんです。

 

そのためには、 本当に小学生や幼稚園児に言っても伝わる言葉を使わないといけないんですよね。

 

まとめ

いかがでしたか??

言葉って本当にむつかしいですよね。

しかし、それはあなたが今まで独りよがりな言葉を使っていた証拠でもあります。

つまり読者のことを考えずに言葉選びをしていたということなんですね。

 

ぜひとも誰にもわかりやすい言葉を使っていきましょうね。

文章というのは下手にうまく書こうとしなくてもいいんです。

 

というのが小手先でうまく書いても読者には響かないんですよね。

なぜならうまく書こうと小手先なのが文章に出てしまうからなんですよね。

 

でもそんな文章もひとたび読者に伝わり、心をつかみ始めると、もう書くのが楽しみになります。

なんというか、長年の片想いが実った そんな気持ちに似ていますかね(笑)

 

ですからドンドン文章を書きましょう。

そして、書いた文章を改善していきましょう。

 

アフィリエイトで売れるのはもうすぐ目の前です。

一緒に頑張っていきましょうね。

 

では今回はこの辺で。

また次回。