紅蓮ブログ

アフィリエイトのことが全く分からないあなたに超簡単に詳しく、実戦形式でお話していくブログです

文章の説得力を上げるための極意5選【初心者必見】

文章の説得力を上げるための極意5選1

ブログ初心者

f:id:slash1196:20200520205950j:plain

「説得力のある文章の書き方を知りたい。

あと文章に説得力のない理由と考え方も知りたいな。」

 

こんなお悩みにお答えします。

 

この記事でわかること

  • 説得力がある文章の書き方
  • あなたの文章に説得力がない理由【伝わっていないから】
  • 説得力を高めるのは実績なんかなくてもできる

 

こんにちわ、紅蓮です。

 

ブログを書いていて、なかなか売り上げにならないことってありますよね。

 

もしかしたら文章に説得力がないのかも…。

 

今回はそんな悩めるあなたに、説得力のある文章の書き方をお話していきましょう。

 

この記事では、説得力のある文章の書き方から説得力がない理由、説得力のある文章を書くための行動までをばっちり解説していきます。

 

この記事を書く僕はブログ歴は3年目。

 

最近ではアフィリエイト記事からの収益も増え、月に3000円くらい入るようになってきましたね。

 

そんな僕も最初は文章の初心者で全く持って説得力がなかったんですよね。もちろん実績もゼロでした。

 

それがある本を読んでそのまま実行してみたら、実績が上がりました。

 

そんな方法をお話していくのでぜひとも最後前お読みの上、生地作成にお役に立てていただけたらと思います。

 

では行ってみましょう。

Here We Go!!

 

 

文章の説得力をあげるための極意5選

文章の説得力を上げるための極意5選2

ではさっそく文章の説得力を上げるための極意をご紹介していきましょう。

 

極意は、以下の通り。

 

  • 極意①文章構成は必須
  • 極意②文章の型を使う
  • 極意③根拠を具体化する
  • 極意④経験談を書くこと
  • 極意⑤著作物から権威性を借りる

 

では詳しく見ていきましょう。

 

極意①文章構成は必須

極意の1つ目は、文章構成は必須ということですね。

 

というのも文章構成は、文章を一本筋が通ったものになるからです。

 

例えばこの記事でも、実は文章構成はしています。

 

この記事の文章構成

  • 説得力がある文章の極意→一番知りたいことへの答え
  • あなたの文章に説得力がない理由【伝わっていないから】→でも説得力がないのはなぜかの答え
  • 説得力を高めるのは実績がなくてもできる→実績がないからじゃないの?という疑問への答え

 

上記のように、文章の構成をしています。

 

こうすることによってぶれることがないし、文章の流れがスムーズになるんですよね。

 

だから文章構成は説得力に不可欠なんですね。

 

極意②文章の型を使う

極意の2つ目は、文章の型を使うことですね。これはかなり重要ですね。

 

というのも文章の型を使わないと論点がずれてしまう可能性があるからなんです。

 

文章の型はいろいろありますが、僕は基本的には型を使っています。

 

  • 主張
  • 理由
  • 具体例

 

上記の型を使うことが、説得力を高める文章を書くカギになりますね。

 

ちなみにこの辺に関しては文章術の本を読むとよくわかりますね。

 

おすすめの本に関しては、アフィリエイトを勉強するのにおすすめな本15選【行動も説明】 に詳しく書いてありますので是非どうぞ。

 

極意③根拠を具体化する

極意の3つ目は、根拠を具体化することですね。

 

これも超大事ですね。

 

というのも読者って具体化しないと記事の内容をイメージできないからなんですね。

 

例えば以下の2つの文章があったときにどちらのほうがわかりやすいでしょうか。

 

 

  • 今日は本当に暑かった
  • 今日は例年の厚さよりも3℃暑かった。

 

間違いなく後者のほうが説得力がありますよね。

 

数値化することで文章を具体化することができます。

 

説得力が増すので必須ですね。

 

極意④経験談を書くこと

極意の4つ目は、経験談を書くことですね。

 

例えば以下の通り。

 

  • ブログで稼いだことがない人がいうブログでの稼ぎ方
  • ブログで月1000円稼いだ人がいうブログの稼ぎ方

 

上記だったら間違いなく、後者のほうが説得力がありますよね。

 

だから経験談を書きましょう。

 

極意⑤著作物から権威性を借りる

極意の5つ目は、著作物から権威性を借りることですね。

 

これは説得力を高めるのには非常に有効ですね。

 

というのも本を書いているということは著者はその分野では専門家であるからなんですね。

 

専門家の言葉を借りることで、根拠が確固たるものになります。

 

例えば以下のような感じ。

 

僕は人間関係は、人生において必要ないと思っている。なぜならアルフレッド・アドラー氏の名著「嫌われる勇気」によると「悩みの9割が人間関係」という結果が出ているからだ。

 

どうでしょうか。一発で「なるほどな…」ってなりますよね。

 

専門家の言葉は、本当に威力があります。

 

ぜひ著作物の権威性を借りましょう。

 

なお権威性の借り方に関しては、【はてなブログ】引用機能を徹底解説【意味から使い方まで】 にて詳しく解説しましたので、ぜひお読みくださいね。

 

あなたの文章に説得力がない理由【伝わっていないから】

理由

あなたの文章に説得力がない理由は、伝わっていないからです。

 

文章は伝わらないと意味がない

文章というのは、相手に伝わらないと意味がないです。

 

というのも文章は、相手が理解してはじめて意味をなすものだからですね。

 

例えば仕事の申し送りの時に、わからない人に最低限で済ませると失敗しますよね。

 

それと同じことが実は、ブログでも起こっているんですよね。

 

でも僕たちはブログを書いているときには相手がわからないのを自分のせいではなく相手の知識のせいにしがちなんです。

 

伝える努力が足りないのを棚に上げて、伝わらないのを読者のせいにしているんです。

 

だから伝わらないのです。

 

説得力を上げるには、読者に内容が120%理解できる必要がある

説得力を上げるには、読者に内容が120%理解できていないといけないんです。

 

というのも説得するには内容がわかっていないと話にならないからです。

 

例えばこのブログではブログの順位チェックツールの紹介記事を上げています。

 

チェックツールを買うときって、どのような内容なのかを理解していないと怖くて買えないですよね。

 

少しでも書いている内容が理解できない記事というのは、正直いっていけてないわけですよね。

 

ですからまずは、内容が理解しやすいように書かないといけないんです。

 

説得力がないのは実績とは関係ない話

関係ない話

こういうと「説得力がないのは自分に実績がないのが原因だ」と反論をしたくなるかもしれませんね。

 

でもこれはぶっちゃけ、関係ないですね。

 

説得力のカギは、経験です。

というのも説得力のカギって、経験だったりするからです。

 

例えば以下の通り。

 

  • 読んだ本を紹介する場合→本を読んだ経験があればいい
  • 英会話の勉強法を記事にしたい場合→英会話を習得した経験があればいい
  • ブログの稼ぎ方を記事にしたい場合→ブログでゼロから稼いだ経験があればいい

 

上記の通りですね。

確かに経験があれば書けますよね。

 

経験をブログというツールで発信することで、価値が生まれるということが重要なポイントなんですよね。

 

価値提供できるから、お金になるという感じです。

 

記事を書きつつ新しいことを始めて経験を作っていけばOK

記事を書きつつ、新しいことをどんどん始めていきましょう。

 

というのも、人生をコンテンツ化するネタになるからですね。

 

コンテンツ化するなら、ネタは多ければ多いほどいいです。

 

例えばブログの毎日更新を6か月行って、記事の行方をコンテンツにしてみるとかですね。

 

この取り組みを通して、毎日更新6か月という経験と実績が手に入ります。

 

そうすれば「毎日更新6か月の~」って言えますよね。

 

この辺に関してはゼロからできるブログでの実績の作り方【初心者向け】 に詳しく書いていますのでぜひどうぞ。

 

経験の作り方

新しいことを見つける方法は、以下の通り。

 

  • ①やりたいことをリスト化して、やってみる
  • ②続けやすいものを見つける

 

上記の通りですね。

 

①やりたいことをリスト化して、やってみる

まずはやりたいことをリスト化して、やってみましょう。

 

というのもやりたいことがわかっていないとできないからですね。

 

それをわからないのは、目的地も決めずに来るまでドライブをするようなものです。

 

ですからやりたいことをリスト化して、実際にやってみましょう。

 

②続けやすいものを見つける

次に続けやすいものを見つけることですね。

 

というのも続けやすいものを見つけると、継続も無理なくできるからなんですね。

 

ブログというのは長い道のりですよね。

 

継続するためには、やってみて面白いと思えるもの・続けやすいものを見つけないといけません。

 

例えばRPGをやってみて面白いと思ったらフルスロットルにする感じですね。

 

続けやすいものを見つけましょう。

 

まとめ|説得力のある文章で論理的なわかりやすい記事を作ろう

お疲れさまでした。

 

ここまで文章の説得力を上げるための方法をお話してきましたね。

 

まとめると以下の通り。

 

まとめ
  • 文章の説得力をあげるための極意5選は以下の通り。
    • 極意①文章構成は必須
    • 極意②文章の型を使う
    • 極意③根拠を具体化する
    • 極意④経験談を書くこと
    • 極意⑤著作物から権威性を借りる
  • あなたの文章に説得力がない理由は伝わっていないから。
    • 文章は伝わらないと意味がない
    • 説得力を上げるには、読者に内容が120%理解できる必要がある
  • 説得力がないのは実績とは関係ないです。
    • 説得力のカギは経験からくる
    • 記事を書きつつ新しいことを始めていこう
    • 経験のつくり方は以下の通り。
      • ①やりたいことをリスト化して、やってみる
      • ②続けやすいものを見つける

 

という感じ。

 

説得力を上げることができれば読まれる数も多くなり、影響力をつけることもできます。

 

そのために記事を書く上では本当に必要なものになります。

 

ですからぜひ今回の記事は何回も読んで、説得力の高い記事を書いてみてくださいね。

 

では今回は以上です。

また次回に。