紅蓮のアフィリエイト日記

アフィリエイトの方法や失敗談などを書いていきます。また質問などにも答えていきますのでぜひ見ていってくださいね。

プロ直伝!!アフィリエイトURLを貼るときの極意とは?!

f:id:slash1196:20200520220555j:plain


こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

アフィリエイトを始めるときって

「広告どこに貼ったらいいかわかんない!!わーん!!」

なんて悩んだりしませんか?

 

今回の記事はそんなあなたにこそ読んでいただきたい、

そんな記事になっています。

 

というのがプロから聞いたアフィリエイトURLを貼るときの極意がこの記事にはちりばめられているからなんです。

 

ですからぜひ今回の記事を何回も読んでもらって成果を出せるようになりましょう。

 

ってことでさっそく行ってみましょう。

HERE WE GO!!

 

アフィリエイトURLの貼る場所はある程度ルール化されている

f:id:slash1196:20200520202747j:plain

実はアフィリエイトをするときのリンクというのは決まっているというのを知っていますか?

というのも人間の心理的に一番目が行きやすいところに置くのが効果的なんですよね。

 

ここではアフィリエイト広告の種類から、貼る場所までを一気に公開していきます。

 

アフィリエイト広告の種類とは?

まずアフィリエイトの広告ってどんなものがあるでしょうか。ここではアフィリエイト広告のおさらいをしてみましょう。

詳しい内容は以下の記事にまとめましたのでそちらもあわせてどうぞ。

 

アフィリエイトの広告というのは基本的に以下の感じですよね。

 

アフィリエイト広告の種類

・バナー広告

・RSS広告

・テキストリンク広告

 

大体この3つが主流ですよね。

じゃあどこに貼るのがいいの

って話なんですよね。

 

では実際に見てみましょう。

 

成果の出やすい広告の貼り場所ベスト5選

ではここでは実際によく見る広告の貼る場所を人間心理という観点から見ていくことにしましょう。

 

記事の最後に広告は絶対必要!!

まず最初に覚えておいてほしいのが記事の最後は絶対に広告を貼るということです。これはバナー広告であってもテキストリンク広告であっても一緒ですね。

 

実はサイトを読み終わった後というのは一番モチベーションが上がっている時なんです。モチベーションが上がっているときに商品を前に置かれたら買いたくなるでしょう?

 

例えばあなたがめっちゃ痩せたいと思っているとしますよね。そして、検索エンジンで【痩せたい、1か月】とかで検索しました。そうすると痩せる方法がめっちゃ出てくるんですよね。そこで、一つの記事に出会いました。そこには痩せる方法が体系立てて書いてあって、その補助的にダイエットサプリのリンクが張ってありました。あなたは買います。

 

というのも実は最後まで記事を読んだときにはあなたの痩せたいというモチベーションがMaxの時です。そんな時に金額が手ごろなものがあれば自分も痩せられると思って買うんですよね。

 

記事途中のバナー広告も全然あり!!

記事途中に広告を入れるのは実はいい施策なんですよね。というのも最近は長文SEOはあまり効果がないといわれていますが、人記事平均の文字数が、やはり3000~4000文字くらいはあるからなんです。

 

そうすると記事を読んでるときにつかれてしまうんですよね。そうなると結果せっかく記事を読みに来てくれた読者(見込み客)を失うことに。

 

そういったうえでも、真ん中くらいのところに読みやす目的に広告を挟むのはいいことです。ただ、文章にそぐわない場合や文章的に文字数が3000文字以下の場合はやめておきましょう。広告臭くなってしまうので逆に反感を買ってしまいます。

 

サイドバーの上部か下部かに入れるようにしよう

サイドバーというのはプロフィールが存在するためにやはり一番見られる場所なんですよね。ですからここに広告がないのは何とももったいないですよね。

 

ですからサイドバーには必ず上部か下部かどちらでもいいので広告を入れるようにしておきましょう。

 

ただこの時に注意点があって、上部と下部を欲張って両方とも貼らないことです。というのも実はサイドバーというのはみられる場所が決まっていて、プロフィールと最新記事の場所くらいしか見られないんですよね。そのためにあまり欲張って上部下部に貼ってしまうとものすごく広告臭くなってしまいます。

 

ですからできれば広告は、上部か下部かどちらかにするのがいいと思います。

 

サイドバーが長い場合には中間に入れてもOK

サイドバーがスクロールをしないといけないくらいに長い場合には基本的には中間にも広告を入れるようにしましょう。

というのもサイドバーに書いてあることってものすごく字が小さいじゃないですか?そのために目が疲れやすいんですよね。

 

もしあなたが目が疲れるサイトに行ってしまった場合どうしますか?きっとそのサイトから戻るボタンを押してサイトにはもう二度と行かないのではないでしょうか。

 

そういう観点で見るとスクロールが必要なサイドバーには広告を貼って疲れさせないための施策が必要なんですよね。

 

トップページにも必ず入れよう

もしトップページを作っているのなら、必ずそこにも広告を入れるようにしましょう。というのもトップページというのは、サイトURLで検索をかけたときに一番最初に読者が目にするページだからです。

 

そこに広告がないのはもったいないですよね。読者というのは検索順位の上から見ているじゃないですか?その間にも実はモチベーションって下がっていってるんですよね。

 

だからSEO対策って必要なんですが、その下がりゆく中でどれだけ広告を見せられるのかというのが売れる秘訣なんですよね。

 

ただ、売り込み臭くなってしまうと読者にとっては

「何だよ、ただ売りたいだけのページじゃん。」

なんて反感を買ってしまうので、最小限でいいのですが、、、。

なので必ずトップページには広告リンクを貼りましょう。

 

広告のおすすめサイズ

「じゃあどんなサイズの広告がいいの?」

そう思っているあなた。確かにそうですよね。大きさって大きすぎてもちょっと広告臭いページになってしまうし、かといって小さすぎてもなんか存在感がなくなってしまうから、正直どんなサイズがいいのかってわからないですよね。

 

そこでここでは広告のサイズについてお話をしていこうと思います。

 

PC向けなら336×280or300×250のレクタングル広告

これは一番一般的なものになりますね。レクタングルタイプなんて言い方をされたりしますね。ちょっと太めの長方形をしているのでどこに貼っても読者にとって見やすいのが特徴ですね。

 

スマホとPCどっちもに使うなら300×250のレクタングル広告がおすすめ

「このページ、スマホにも対応していたらいいのになあ」

なんてちょっと思ってしまうあなた。

ご安心ください。

 

スマホ向けの場合は同じレクタングルタイプでも300×250の大きさがいいです。アドセンスの場合には中には大きさを画面の大きさによって変えてくれる機能があるものもあるのですが普通のアフィリエイト広告に関しては自分で選ばないといけないです。

 

また検索エンジンのガイドラインには、モバイルフレンドリーという項目があり、スマホやタブレットに対する動きの良さも検索順位に反映されていることになっているので、やはりこの300×250にしたほうがいいですね。

 

「336×280と300×250で迷ったときはどうしたらいいの?」

なんて悩むあなた。お気持ちよくわかります。というのも両方ともレクタングルというタイプなので広告なら大きければ大きいほどいいんじゃないかという思考になりますもんね。

 

でも答えはそうではなく、300×250ですね。

このタイプのいいところはPCにもスマホにも対応しているところ。スマホ時代の今を乗り切るには欠かせない存在になっています。ですから悩むときには300×250を選ぶのがいいですね。

 

サイドバーの中間(長くなった場合時に)にも使える300×600のスカイスクレイパー広告

サイドバーが長い場合ってありますよね。例えばTwitterの書き込みと連動させて表示させている場合ですね。あの場合ってサイドバーが長くなってしまうので読者ってそこを見るのに疲れてしまうんですよね。

 

そうなると疲れるサイトって読者にとってストレスになるから見るのを辞めちゃうんですよ。

 

そんな時におすすめなのは、中間に入れると成果になりやすい300×600のスカイスクレーパー広告。これはかなり便利です。

 

というのも読者が疲れるのを緩和してくれるし、広告効果もあるので一石二鳥です。ただ何と言ってもバランスが大事。

 

濫用しないようにご注意を!!

 

スポンサーリンク
 

アフィリエイトURLを貼るときの5つの極意

f:id:slash1196:20200520202306j:plain

よくこれは質問に上がる内容なんですが

「アフィリエイト広告のURLリンクを貼るときに気を付けることって何?」

って内容。

 

ここではその極意を5つに絞ってお話していきましょう。

 

極意①:コンテンツを作ることに注力せよ

まず一つ目の極意です。それはコンテンツを作ることに注力せよということです。

 

「えー?アフィリエイトって商品を売るのが仕事でしょう?なんで売り込みをしないの?」

確かにそうです。アフィリエイトって結果が全てですよね。だから早く結果を出すために注力するのはいいことなんです。

 

しかし、せっかく読みたいと思ってきてくれた読者さんは実は目的は、悩みの解消なんですよね。で、悩みの解消をできないと思ったらすぐに離脱してしまうのが読者というものなんです。

 

ですからまずコンテンツを作ることに120%の神経を使うこと。そうすれば読者のことを考えるのに時間を使いますよね。するといいコンテンツができていくわけです。

 

読者が見たときに

「おー、この記事めっちゃわかりやすいし、自分に向いてるいいんじゃない?」

みたいな感じに思われるわけです。

 

すると最近はスマホの普及によってSNSの普及率も一昔前とは段違いにいいですから口コミ効果もあるわけですよね。

 

そうしたら自然と売れるというわけです。ですから、まずはコンテンツを作ることだけに集中していきましょう。

 

極意②:アフィリエイトはあくまで読者の悩み解決の一方法であると理解せよ

結構多いのがアフィリエイトをすると決まると売りたい気持ちが先走って広告臭くなる人なんです。

 

でもね、アフィリエイトってあくまでも読者が悩み解決をする一つの方法でしかないんですよね。つまり結果、決めるのって読者なわけですよ。

 

で、結構多いのがしつこい文章を書いてしまう人なんですよね。今の時代、読者というのはSNSなどで一日に非常に多くのアフィリエイト広告を見ています。そのためにアフィリエイトをしているかというのもすぐに見分けてしまいます。

 

ですから、あまり売ることを考えてしまうのは読者にとって反感になりがちなので、アフィリエイトはあくまで読者の悩み解決の一方法であることを理解する必要があるのです。

 

極意③:情報は古くなっていくことを理解せよ

結構僕自身いろんなアフィリエイトサイトを見ることが多いんですが、その中でも多いのが情報が古いものだなって思うコンテンツなんですよね。

 

僕はそういうコンテンツを見たときには

「あー、このコンテンツやっちゃったね。何年前のやつだよ」

と思うようにしているのですが、読者からするとものすごいがっかり感なんですよ。

 

読者にとってあなたのサイトに来た意味は、あくまで読者が抱える問題の解決方法を知りたくて来るからなんです。しかもその方法というのは現在の使えるものでないといけません。

 

そのためには読者にとって最新の情報を与える必要がありますよね。そのためには、書いた情報をリライトして、最新の情報にアップデートする必要性があります。そうすることでサイト全体をブラッシュアップする必要があるんです。

 

情報は古くなっていくので、リライトの癖はつけておくようにしましょう。

 

極意④:広告は最小限にとどめて読者の信頼を得よ

結構多いのが広告をべたべた貼っちゃう初心者。これはもう問題以外の何物でもありません。

 

というのもこれは僕の肌感覚ではありますが、サイトに来る人で一番最初から買う気で来る人っていうのは全体の2%位なんですよね。ということは、残りの98%は違うということなんです。

 

どんな状態かというと、ほぼ間違いなく、問題は解決はしたいけれど商品はそんなにほしくはないという状態です。

 

検索から来た場合にはほぼ8割がこの状態ですね。じゃあどうしたらいいかというとその人には教育が必要なんですね。商品の良さを分かってもらうためには、あなたが使って感じたところ、それによって得たメリットなどを伝えないといけないのです。

 

そのためには広告は必要ですが、べたべたと貼ってしまうと逆に読者が引いてしまいますので、広告は最小限にとどめましょう。

 

極意⑤:メディアはあなた自身!!人間関係を作るのに必要なことを考えよ

大物のアフィリエイターの人たちってブログやサイトを見てみると、

「おー、この文章の構成引き込まれるやん。」

とか

「そうそう、それめっちゃわかるわ」

なんて思うこといっぱいあるんです。

 

結果、必要がないのに買ってしまったりということも結構ありますよね。

 

メディアというのはあなた自身なんですよね!!でどんなにもっともらしいことを書いていてもあなたの人間性が優れて居なかったら人間関係を作るのってむつかしいです。

 

ですからとにかく読者との人間関係を構築するのに時間をかけましょう。そして、読者の信頼を得るようにしましょう。

 

最初に売ろうとしてはいけません。売るのは信頼関係ができた後です。

このことだけは覚えておいてくださいね。

 

まとめ

f:id:slash1196:20200520220234j:plain

お疲れさまでした。

ここまでアフィリエイトのリンクURLを貼る場所やおすすめのサイズ、また貼るときの極意(マインド)についてお話をしてきました。

 

結局何が言いたいかというと、コンテンツをしっかり作って信頼を得ようということなんです。

 

一番最初から売れるんだったら世の中の人はみんな大金持ちですよね。でもそうではないのは人間関係を築くのには、相手のことを考える必要があるからなんです。 

 

ですから読者のことを考えに考え抜いてコンテンツをどんどん作っていきましょう。きっとそうすれば、あなたも売れるアフィリエイターになれます。

 

あなたのアフィリエイト生活がいいものになることを祈って。

 

今回はこの辺で。

また次回。

 

スポンサーリンク