紅蓮ブログ

アフィリエイトのことが全く分からないあなたに超簡単に詳しく、実戦形式でお話していくブログです

【初心者必見】アフィリエイトで使えるフリー素材サイトの選び方

f:id:slash1196:20210603172519j:plain

f:id:slash1196:20200520205950j:plain

アフィリエイト記事に画像を入れたい人

アフィリエイトの記事に画像を入れたいなあ。でもどんなサイトを使うといいのかな。

でも選び方もわからないし、おすすめとかあったら教えてほしいな。

 

こんなお悩みにお答えします。

 

【この記事でわかること】

  • アフィリエイト記事に画像は必要か
  • アフィリエイトで画像サイトを使用するときの注意事項
  • アフィリエイトの画像素材サイトの条件
  • アフィリエイトで使える画像素材サイト【商用利用可】9選
  • 画像素材サイトでの画像の選び方

 

こんにちわ、紅蓮です。

 

今回はアフィリエイトで使えるフリー素材サイトの選び方です。

 

この記事では、自身のサイトに貼るための画像を見つけるための素材サイトの見つけ方と画像の探し方がわかります。

 

この記事を書く僕は、アフィリエイト3年目。

今では、月3,000円と少ないながらも収益をいただいておりますが、画像のことでかなり悩んだことも。

 

そんな僕が懇切丁寧にお話していきます。

どうぞ最後までお読みくださいね。

 

では早速行ってみましょう。

Here We Go!!

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

アフィリエイト記事に画像は必要か

f:id:slash1196:20210531163343j:plain

結論から言いましょう。

アフィリエイト記事に、画像は必要ですね。

 

というのも、読者のためとあなたのためにもなるからです。

 

そもそも記事中に画像を入れる理由とは?

そもそも記事中に画像を入れる理由とは一体何なんでしょうか?

ここではその理由に関してお話していきましょう。

 

記事中に画像を入れる理由は、ユーザビリティの向上のため

実は記事中に画像を入れる理由、ユーザビリティの向上のためですね。

ユーザビリティというのは、読者に使いやすいサイトになるということです。

 

画像を入れると以下のようなことが、読者に起こります。

 

  • 現象①イメージしやすくなる
  • 現象②休憩できる

 

では詳しく見ていきましょう。

 

現象①イメージしやすくなる

記事に写真を入れると読者に起こる現象の1つ目は、イメージしやすくなるんです。

ブログというのは、文字のコンテンツなんですよね。

 

そのために、読者にはイメージがしにくい時があるんです。

しかし、その場面に関連する画像を入れることによって、文字の情報と相乗効果を生み出し、イメージしやすくなります。

 

例えば、あなたが花屋に行って、前に花がいっぱいある花屋とあまり花がない花屋が隣同士にあるとしたらどっちに行くかという質問します。

どちらに行くでしょうか。

答えは、前者ですよね。

 

イメージが伝わりやすいとそれだけで、読者には興味を持ってもらいやすくなるんです。

だから、画像は入れたほうがいいんです。

 

現象②休憩できる

記事に写真を入れると読者に起こる現象の2つ目は、休憩できるですね。

人間って文字がたくさんの本を読んでるときとかって、集中力が途切れやすくなるんですよね。

 

というのも疲れやすくなるからです。

 

でも画像を入れておくと、そこまでの内容が一気に頭に入って、画像で目を休めることができるんです。

 

休憩している間に人間の脳は記憶を整理する働きがあります。

そのために受験勉強の時にも、休憩をはさんだほうがいい点が取れたという経験があなたにもあるはずです。

 

そんなわけで、画像を入れる必要があるのです。

 

画像の挿入は読者のためにもなるので、結果的にSEOにもなる

先ほどユーザビリティの向上のためという話をしましたが、SEOにも大変効果的なんです。

 

これはGoogleガイドラインでも紹介されていることなんですよね。

いかがその条文です。

 

Google 画像検索では、ウェブ上の画像を検索できます。画像のキャプション、わかりやすいバッジ、AMP 結果などの新しい機能により、ユーザーは画像の詳しいコンテキストを使用して、すばやく情報を探索できます。

 

画像に関するコンテキストを追加すると、利便性が増すため、より良質なトラフィックをサイトに呼び込むことにつながります。また画像やサイトを Google 画像検索用に最適化することで、ユーザーは目的のコンテンツを見つけやすくなります。

 

Google 画像検索の検索結果にコンテンツが表示される可能性を高めるには、Google のガイドラインに沿って対応してください。

(GoogleガイドラインのGoogle画像検索でのおすすめ方法より一部抜粋)

 

つまりサイトに関連するような画像を貼っておくと、ユーザビリティが向上して、読者に分かりやすくなります。

結果読者が使いやすくなるから、サイトの評価も上がりますってことなんですね。

 

これはもう記事に画像を貼るしかないですよね。

 

アフィリエイトで画像サイトを使用するときの注意事項

f:id:slash1196:20210511120841j:plain

ここでは、アフィリエイトで画像サイトを使用するときの注意事項をお話ししましょう。

注意事項は、以下の通り。

 

  • 注意①:許可なく人の画像や動画を掲載しないこと
  • 注意②:広告コードを改変して使わない
  • 注意③:誇大広告や虚偽表現にならないかチェックが必要

 

では詳しく見ていきましょう。

 

注意①:許可なく人の画像や動画を掲載しないこと

アフィリエイトで画像サイトを使用するときの注意事項の1つ目は、許可なく人の画像や動画を掲載しないことです。

 

というのもこれは、著作権や肖像権の侵害になってしまい、違法になってしまいます。

やってしまうと、サイトの信頼性が地に落ちますからやめておきましょう。

 

著作権や、肖像権に関して詳しくは、アフィリエイトでの違法行為を一挙説明【心得や対策とは】 にて解説していますので、どうぞお読みください。

 

注意②:広告コードを改変しない

アフィリエイトで画像サイトを使用するときの注意事項の2つ目は、広告コードを改変しないことです。

 

これは画像を使うときに、画像に広告コードを入れて作るようにするサイトもあると思います。

 

しかし基本的には、ASPの広告コードは改変が禁止されています。

というのもうまく成果が発生しない、レポート画面に反映されないなどのほかにも、肖像権や著作権の侵害になることもありますから注意が必要ですね。

 

のちのことを考えてやめておきましょう。

 

注意③:誇大広告や虚偽表現にならないかチェックが必要

アフィリエイトで画像サイトを使用するときの注意事項の3つ目は、誇大広告や虚偽表現にならないかチェックすることです。

 

画像を入れるということは、視覚的な理解をうながすということです。

視覚は、人間の五感の中でも一番多く情報を担っていることが、『屋内照明のガイド』(照明学会編)にも書かれています。

 

そのために視覚からの情報は、ほかの五感からの情報よりも伝達されやすいです。

 

そのために事実と違った状態になっている画像を使ってしまうと、読者に強烈に印象付けてしまうために注意が必要です。

 

間違ったシチュエーションなどの画像は出ないように確認しましょう。

 

アフィリエイトの画像素材サイトの条件

f:id:slash1196:20210506030023j:plain

ここでは、アフィリエイトの画像素材サイトの選び方をお話しします。

選ぶときの条件は、以下の通り。

 

  • 条件①商用利用が可能かどうか
  • 条件②クレジット表記が必要か不要か
  • 条件③加工はできるかどうか
  • 条件④会員登録が必要か不要か

 

では一つずつ見ていきましょう。

 

条件①商用利用が可能かどうか

アフィリエイトの画像素材サイトの条件の1つ目は、商用利用が可能かどうかです。

というのも、アフィリエイトをするというのは商用利用にあたります。

 

もし商用利用ができないと、アフィリエイト自体ができなくなりますので注意が必要ですね。

そのためにしっかりと確認しなくてはいけませんね。

 

条件②クレジット表記やリンクの報告が必要か

アフィリエイトの画像素材サイトの条件の2つ目は、クレジット表記やリンクの報告が必要かどうかです。

 

クレジット表記とは、画像の出所を示すことです。

よく後ろに書いてある、(○○より引用)とかっていうあれですね。

 

もしクレジット表記が必要な場合は、書かないといけないので、この点も調べておく必要があります。

 

またリンクの報告に関しても、確認しておきましょう。

 

 

条件③加工はできるか

アフィリエイトの画像素材サイトの条件の3つ目は、画像の加工はできるかどうかです。

サイトに張り付けるときって、画像がその大きさで貼れるとは限りません。

 

もちろん加工することになりますよね。

でも加工するのがダメということになると、加工ができなくなります。

 

中には条件付きのところもあります。

そのために加工OKかどうかも見ておきましょう。

 

条件④会員登録が必要か

 アフィリエイトの画像素材サイトの条件の4つ目は、会員登録が必要かどうかですね。

画像素材サイトの中には、ユーザー登録を必要とするサイトも少なくありません。

 

しかし、会員登録は個人情報を入力する必要があるために、嫌がる人も人も少なくないんです。

安全に使うためにも、会員登録を必要かどうかを調べておきましょう。

 

アフィリエイトで使える画像素材サイト【商用利用可】9選

f:id:slash1196:20210225174909j:plain

ここではアフィリエイトで使える画像素材サイトをご紹介します。

 

1.ぱくたそ

f:id:slash1196:20210603170227j:plain

ぱくたそ - すべて無料の写真素材(フリー素材)、人物や背景・テクスチャーなど高解像度の写真をダウンロード

ぱくたそは、人物や風景、料理など、細かくジャンル分けがされていて、検索が簡単で使いやすい無料素材サイトです。

しかもあらかじめ、画像の修正をしてくれている気遣いにちょっとうっとりしますね。

 

商用利用可能で、加工も可能、さらにクレジット表記もいらないと、アフィリエイト会の神様のようなサイトです。

画像を貼りたいときには、最初に確認したいサイトですね。

 

2.写真素材 足成

f:id:slash1196:20210603170211j:plain

写真素材 足成【フリーフォト、無料写真素材サイト】

写真素材 足成は、全国のアマチュアカメラマンが撮影した写真を、写真素材として無料で提供しています。

アフィリエイトの広告の素材としては使えませんが、記事の画像としては使えます。

商用利用可能で、クレジット表記やリンク表記も不要なため、非常に重宝するサイトですね。

 

画像の写真は毎日更新されているので、見るたびに新しくなっていて、飽きが来ないですね。

会員登録は必要ですが、記事作成には大きく役に立ちますね。

 

3.写真AC

f:id:slash1196:20210603170155j:plain

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

写真ACは、全国の無料写真を提供しているサイトです。

その規模は、日本最大級ともいわれるほど。

 

カテゴリも、人物、ビジネス、食べ物など多種多様ですね。

商用利用もでき、クレジット表記や、許可がいらないんです。

無料登録の場合には、検索に制限があるんで、それだけが難点ですが、探しやすいのでかなりおすすめのサイトです。

 

4.busitry-photo

f:id:slash1196:20210603170141j:plain

無料人物写真フリー素材の【ビジトリーフォト】商用利用OK

busitry-photoは、人物写真がすべて無料でダウンロードできるサイトですね。

ビジネスやプライベートなどいろんなカテゴリに分かれていて、その場にあった写真が見つかりやすいです。

 

個人・商用利用が可能で、クレジット表記もいりませんが、ユーザー登録が必要です。

加工もできるので、確認しておきたいサイトですね。

 

5.pixabay

f:id:slash1196:20210603170125j:plain

Pixabay: 2.300万点以上の高品質なフリー画像素材

pixabayは、高解像度の写真やイラストを無料でダウンロードができる超良心的なサイトです。

しかも、画像がめちゃめちゃおしゃれなんですね。

 

商用利用もできて、クレジット表記、ユーザー登録の必要もありません。

ただ、サイト内で連携しているshutter stockに関しては有料の画像広告なので、注意が必要ですがかなり使えるサイトなのでぜひともお使いくださいね。

 

5.photock

f:id:slash1196:20210603170110j:plain

フリー写真素材フォトック【無料・商用利用可・クレジット表記不要】

photockは、日本全国の風景画像が数多く提供されているサイトです。

すごいことに全画像が無料で商用利用が可能。

 

クレジット表記も必要なく、マスコミにも利用ができる点です。

解像度も高いものが多いので、読者に臨場感がつたえられます。

風景を入れるときには、おすすめなサイトですね。

 

6.ソザイング

f:id:slash1196:20210603170054j:plain

商用利用OK&無料の写真・フリー素材を集めました!総合素材サイト|ソザイング

ソザイングは、毎日1枚必ず写真がアップされる企画があるなどの写真が多いことが印象的なサイトですね。

 

すべての使用が、無料で、商用利用もできます。

しかもクレジット表記や利用報告も必要ありません。

ただ、ダウンロードしたものを加工もしくはそのまま販売することができないので注意が必要ですが、それ以外のアフィリエイトに関しては使っても大丈夫です。

 

チェックしておきたいサイトですね。

 

7.GAHAG

f:id:slash1196:20210603170040j:plain

GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集

GAHAGは、検索に特化したサイトですね。

何よりすごいのが写真一つ一つにハッシュタグが付いていて、検索しやすいようになっているんですよね。

 

商用利用もでき、著作権フリーですね。

クレジット表記も必要なく、会員登録も必要ありません。

写真だけではなく、イラストも充実しているのでアフィリエイトには使いやすいかもしれませんね。

ぜひ確認したいサイトの一つですね。

 

8.BURST

f:id:slash1196:20210603170015j:plain

Free Stock Photos: High-Res Images for Websites & Commercial Use

BURSTは商品イメージが豊富なサイトですね。

Shopifyを運営する会社ということもあり、商品イメージが非常に豊富。

カテゴリも分けられていて、見つけやすいですね。

 

商用利用も可能で、クレジット表記やリンクの報告も必要ありません。

ユーザー登録も必要ないので、気軽に使っていただけるサイトです。

アフィリエイト記事制作時には、ぜひ確認したいサイトですね。

 

9.GIRLY DROP

f:id:slash1196:20210603170643j:plain

おしゃれなフリー写真素材|GIRLY DROP(ガーリードロップ)

GIRLY DROPは、おしゃれでガーリーな写真が多く、女性向けのデザインが特徴のサイトです。

コスメやネイルなど、美容系の素材がおおくあるために、使いやすいサイトですね。

また被写体の顔が映らないように考えられているので、イメージに左右されることがなく素材びが楽しめます。

 

商用利用はできますし、クレジット表記も不要です。

ユーザー登録も必要なしなので、いいですね。

ぜひ女性向けのサイトを作るときには確認したいサイトですね。

 

画像素材サイトでの画像の選び方

f:id:slash1196:20210603172550j:plain

ここでは画像素材サイトでの画像の選び方をご紹介します。

画像素材の選び方は、以下の通り。

 

  • 選び方①関連ワードで検索する
  • 選び方②派生語で検索する
  • 選び方③英単語に直して検索する

 

一つずつ見ていきましょう。

 

選び方①関連ワードで検索する

画像の選び方の1つ目は、関連ワードで検索することですね。

 

例えば、アフィリエイトの記事を書いていて、検索する場所に[アフィリエイト]って入れて検索する方法ですね。

 

関連したものが出てくるので非常に一貫性があり、いいですね。

一番オードックスな方法ですね。

 

選び方②派生語で検索する

画像の選び方の2つ目は、派生語で検索する方法ですね。

 

例えば、アフィリエイトの記事を書いていて、そこで連想するのがパソコンだと仮定します。

すると検索にパソコンと打ち込む方法です。

 

この方法のいいところは、画像がたくさん用意できることですね。

そのためにかなりたくさん用意できますね。

 

選び方③英単語に直して検索する

画像の選び方の3つ目は、英単語に直して検索することです。

中には、思い通りの画像が出てこないこともあるんです。

 

そんな時には英単語に直して検索してみましょう。

例えばアフィリエイトの記事を書いているなら、[アフィリエイト]ではなく[affiliate]と入力するのです。

 

すると今まで日本語のフィルターがかかっていたものが、かからない状態になりますから、より多くの画像が出てきます。

 

おすすめの方法ですね。

 

まとめ|画像を適切に貼って、読者にとって使いやすい記事を作ろう

お疲れさまでした。

ここまでアフィリエイトで使えるフリー画像サイト9選を、画像が必要な理由や、選び方、選ぶポイントと一緒にお話してきましたね。

 

まとめると以下の通り。

 

まとめ
  • アフィリエイト記事に画像は必要
  • 理由は読者のためにも自分のためにもなる。
  • 画像を使うときには、注意事項をしっかり守ること
  • アフィリエイトの画像素材サイトの条件をしっかり確認すること
  • 画像素材サイトのおすすめの中から、選ぶこと
  • 画像の選び方は、3個ある

 

これらを守ることによってサイトのユーザビリティは向上します。

ですからしっかりやっていきましょう。

 

ってことで今回はここまで。

また次回に。

 

【スポンサーリンク】