紅蓮のアフィリエイト日記

アフィリエイトの方法や失敗談などを書いていきます。また質問などにも答えていきますのでぜひ見ていってくださいね。

アフィリエイト広告ってどんなんがあるん?

f:id:slash1196:20200522184355j:plain

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

「アフィリエイトの広告ってどんなのがあるの?」

って話なんですが、実はアフィリエイトの広告ってめっちゃ多岐に渡るんですよね。

 

今回はちょっとそのアフィリエイトの広告についてお話をしていこうとおもうのです。

では早速行ってみましょう。

 

Here We Go!!

アフィリエイト広告って実は2種類ある

アフィリエイトの広告ってひとえに言っても広告種類は2種類に分かれるんですよね。

 

「2種類ならちょっと覚えられそう」

なんて思いませんか?

そうなんです。実はその思い込みめっちゃ大事なんですよね。

 

ってことでここではその2種類に関してお話をしていこうと思うのです。

 

成果報酬型広告

成果報酬型広告というのは、ASPというところに登録して商品を選び、ブログやサイトを代表するメディアでその商品についてのレビュー記事作り、広告として掲載するんですよね。

 

そして、その記事を読んだ読者の中から、

「おっこれいいじゃん。この商品が欲しい」

と思って買ったときに、あなたに広告費が支払われるというものです。

 

今現時点でアフィリエイトのほぼ9割くらいがこの種類だといっても過言ではないですね。

 

成果報酬型広告のメリット

成果報酬型広告のメリットというのはどういったものがあるのでしょうか??

ここではその実態について話していきましょう。

 

成果報酬型広告のメリット①:企業側が無駄なお金を払わなくてよい

ちょっと質問なんですけれど、商品を扱う企業にとって一番売るときに必要なものって何かわかりますか??

実はね、これ人件費なんですよね。

 

成果報酬型広告の場合には、企業が広告を扱ううえで必要なコストがASPに払う金額と、商品やサービスを売ってくれた人に支払う広告費だけでいいんですよ。

 

そのために企業が一人に対して払う金額が大幅にカットできるわけですよね。

 

成果報酬型広告のメリット②:アフィリエイター側は記事を書いて商品を宣伝することだけにコミットできる

成果報酬型広告のいいところは、企業側だけではなくてアフィリエイター側にもちゃんとあるんですよね。

 

本来会社に勤めて商品を扱うときっていうのは、商品を売るために何軒も取引先を扱わなければならないことがあったり、商品を何個も扱わなければいけないんですよね。

そのために一つに対する注意が散漫になってしまう傾向にあります。

 

しかし成果報酬型広告は商品が売れたときに支払われるシステムだから、商品の記事を作成することに全力でコミットができるんですよね。

 

そのために商品を売るためにどうしたらいいのかということを考えることに時間が割け、無駄な時間を過ごすことが無くなるんです。

 

しかも、商品が売れるようになれば、権威性や信頼性、専門性もついてきますから動くコスパとしてはものすごくいいんですよね。

 

将来的に自分で稼ぐことも無理ではなくなりますからいいですね。

 

成果報酬型広告のメリット③:セールスライティングなどのライティングノウハウがスキルとして自分の中にたまっていく

僕はこれが一番成果報酬型広告のいいところではないかと思っているんですよね。

商品やサービスを読者にお勧めするときに、読者がいかにほしい気持ちにさせることができるのかというのがポイントになってきます。

 

そこで必要なのがセールスライティングというスキルなんですよね。

このセールスライティングというスキルがあれば文章でものが売れるようになります。

そして、どんなものでも売れるようになります。

 

これからの時代は個人で稼ぐ時代だといわれるようになりました。

そのためにいつ会社からクビを切られるかもわからない世の中になりました。

 

しかしライティングスキルがあれば、そんな心配も何のそのですよね。

商品を売る力があるのですから一人でも事業ができるようになります。

まさに個人で稼げるようになるのです。

 

このセールスライティング、なんと持っていると文章の上だけでなくコミュニケーション力にも影響して、対人スキルも上がるようになるんですよね。

 

非常におとくなのではないでしょうか??

 

成果報酬型広告のメリット④:一件当たりの単価が高い

成果報酬型広告は先ほどもちょっとお話しましたが、読者が消費者となって広告費を稼ぐビジネスモデルなんですよね。

そのために、1件当たりの売り上げの5%とかもらえる形になるんですよ。

単価が高いというのがメリットですね。

 

成果報酬型広告のデメリット

もちろんメリットがあればデメリットもありますよね。

ここでは成果報酬型広告のデメリットについてお話をしていこうと思います。

 

成果報酬型広告のデメリット①:なかなか成果がでない

成果報酬型広告でアフィリエイトをするときって、結構セールスライティングとか知らない状態でブログやそういったセールス文章を書くのすら初めてという状態の人が多いのではないかと思うんですよね。

 

そんな時に、売り込みができていない文章だったりするとなかなか売れないという状況に陥ってしまうんですよね。

 

僕はアフィリエイトを始めた90%の人がやめてしまう理由というのがここだと思っていて、なかなか売れないからモチベーションを保ち続けられないのではないかと思っています。

 

成果報酬型広告のデメリット②:勉強が必要

成果報酬型広告は何を隠そう、人に買うという行動をさせて初めて報酬が得られるんですよね。

そのためにはいろんなことを勉強しないといけないんです。

 

ざっと上げても以下の通り。

ポイント

①ライティングスキル

②継続力

③マーケティング

④商品・サービスについて

⑤読者の選定

などなど

 

なので勉強をする必要があるんですよね。

 

 

クリック報酬型広告

クリック報酬型というのは成果報酬型に比べると初心者にむいているといわれることが多いんですよね。

というのが、その名の通り、クリックされただけで報酬がもらえるっていう広告モデルだからなんですね。

 

例としてはアドセンス広告が有名ですね。

 

クリック報酬型広告のメリット

ではここでクリック報酬型広告のメリットに関してお話をしていきましょう。

 

クリック報酬型広告のメリット①:書くネタに際限がない

クリック報酬型広告のメリットは何より、書くネタに際限がないところなんです。

 

成果報酬型広告の場合には商品やサービスというものがあるため、それに関係する内容のことを話さないといけなかったんですよね。

例えば、化粧水だったとしたら肌荒れに関することみたいな感じです。

 

しかしクリック報酬型広告というのは好きなことを書くことにコミットすることができるんですよね。

なぜなら広告を選ぶ必要がないからなんですよね。

 

そのために、後から広告会社が合わせて選んでくれるから好きなことをかけるわけですよね。

 

クリック報酬型広告のメリット②:好きで楽しいことができる

クリック報酬型広告の最大のメリットは、自分の好きなことに没頭できるところだなんですよね。

 

好きなことを書いていて、それによってクリックされると、お金が支払われるシステムだから、好きで楽しいことに没頭できるんですよね。

 

そして没頭することによって、また読者のためになることもあるんです。

 

クリック報酬型広告のデメリット

クリック報酬型のデメリットはどういうところがあるのでしょうか??

ここではデメリットについてお話をしていこうと思います。

 

クリック報酬型広告のデメリット①:なかなか報酬の支払い額に達しない

クリック報酬型広告のデメリットはなかなか報酬が支払われる額に達しないことですね。

 

というのが1クリックあたりの報酬単価が平均して30円とものすごく安いわけですよね。

だからなかなかお金が稼げないということになりがちなんですよね。

 

クリック報酬型広告のデメリット②:審査がものすごく厳しい

クリック報酬型広告のデメリットの一つでもあるのが、審査がものすごく厳しいところにあるというのがありますね。

 

というのがクリック報酬型広告の場合には記事に広告を貼りつけるのに信用するに値するかという審査があるんですよね。

 

その時にその会社のガイドラインを守っているかどうかとかのチェックが厳しく入るんです。

アドセンス広告を貼るときに僕は審査に12回目で通りました。

 

まとめ

いかがでしたか??

広告って2通りあって、どっちもメリットもデメリットもあるんです。

 

でもこれだけはいえます。

やるなら、長く続けましょう。

 

どっちがいいとはいえません。

あなたの好きな方でやっていく方がいいです。

 

そのほうが長く続くし、お金にもなりやすいです。

問題はどっちを使うにしろ、長く続けることです。

 

そうすることによって読者のためになる記事が書けるし、信頼性もアップしますからね。

一緒に頑張っていきましょう。

 

では今回はこの辺で。

また次回。