紅蓮のアフィリエイト日記

アフィリエイトの方法や失敗談などを書いていきます。また質問などにも答えていきますのでぜひ見ていってくださいね。

何をするにも一番最初に必要なことはマインドセットなんです。

スポンサーリンク
 

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

さて今回のお話はマインドセットができているかどうかということが実際にやることよりも圧倒的に重要ですよっていう内容のお話をしていこうと思うのです。

  

ではいってみましょう。

HERE WE GO!!

マインドセットって何?

ここで、マインドセットって何なんでしょうか?

マインドセットというのはMBAのグロービス経営大学院によると、

マインドセットとは、経験、教育、先入観などから形成される思考様式、心理状態。暗黙の了解事項、思い込み(パラダイム)、価値観、信念などがこれに含まれる。

 

マインドセットという言い方は、人の意識や心理状態は一面的なとらえ方はできず、多面的に見てセットしたものがマインドの全体像を表しているということから来ている。

(マインドセットとは・意味|MBAのグロービス経営大学院より抜粋)

となっています。

 

うーん。わかりにくい。

つまりビジネスなど新しいことをするときの心構えのことだよ。

 

新しいことをするときにマインドセットがなぜ大事なのか??

新しいことを始めるときになぜマインドセットを大事となるのでしょうか。

それは脳と体が密接な関係を持っているからなんです。

 

人というのは新しいことを始めるときに過去→現在→未来という時間の流れに沿って事柄を見て、自分の経験に照らし合わせてその可否を確認しています。

つまり、その経験や今まで培ったスキルにそぐわないとできないという判断を下してしまいがちということなんでございます。

 

実際にはそういう考え方では、できるものもできなくなってしまいます。

何故なら何事も始めるときには必ず何の実績もない初心者から始まるからなんです。

みんな未知の領域になるのです。

 

実はそこに必要なのは根拠のない自信だったりします。

自信なしには何も成功しないということなんですね。 

 

時間の流れ通りの考え方をしてはいけないということなんです。

新しいことをするときには、まずほしい結果を見据えて、次にはそのほしい結果を得るために必要な原材料を用意します。

そして今いる場所をしっかり把握してそこまで突っ走るっていう感じになります。

 

これはyoutubeの中で伊木ヒロシさんもいっていますね。

 

自分の実積と照らし合わせるのは冷蔵庫にあるものですき焼きを作ろうとすることである。

欲しい結果に必要なものがないのにできるわけがない

 (By 伊木ヒロシ)

 

つまり未来→現在→未来という時間の流れで動かないといけないわけです。

自分の実績の中でできる物なんて未来に作れるものなんてないのですから今の状況と同じになって当然ですよね。

 

気持ちで負けると絶対にうまくいかない??マインドセットの事実

悲しいかな人は仕事や私生活の中で、『あれ?なんか今日はうまくいかないぞ』とか『なんかイメージと違うなあ』ってときがあるんですよね。

 そんな時はうまくマインドセットができていないということなんですよね。

 

イメージしてるよ。毎日成功のイメージしているし、、、。

でも成果が出ていないってことはできてないってことじゃない??

 

このようにできているはずなのにうまくいかないというときってあるかもしれません。

その原因はどうしてかというと、イメージする際に『気持ちで負けている』からなんです。

 

先ほども時間の流れをお話しましたね。

要は今までやってきたことは負けてきた自分なんですよね。

その負けてきた自分の中に勝つ要素があるかというと到底勝つ要素なんてないんですよね。

だからうまくいかない。

 

でもその実績の中に勝つ要素を見つけようとしがちなのがうまくいかない方法であると先ほどもおはなししました。

 

気持ちで負けそうになっている時点で、そのプロジェクトはもう失敗に終わるようにできています。

何が何でも成功してやるぜ

という風に腹をくくったものだけがうまくいく世界なんですよね。

 

なぜうまくいかない?そんな時の対処法

そんなときの対処法をここではお話していきたいと思います。

 

この方法は次の5個になっています。

内容は以下の通り。

 

確認事項その1.ゴールをちゃんと明確に見据えられているのか??

確認事項その2.今の立ち位置はちゃんと明確になっているのか??

確認事項その3.見据えたゴールにたどり着くために必要なものをちゃんとそろえられているか?

確認事項その4.何が何でも成功するだけの気概はあるかどうか??

確認事項その5.成功するためにはどんなことでもする覚悟があるかどうか??

を確認してほしいと思うんですよね。

 

では見ていきましょう。

 

確認事項その1.ゴールをちゃんと明確に見据えられているのか??

これはものすごく大事なんです。

すべての目標においてそうですが、自分のなりたい自分像がわかっていないと成功なんて納められないからなんです。

 

そしてそのゴールが見えていないと、何も動きようがないですよね。

ですからゴールの設定はものすごく大事なんです。

 

ゴールをした時の自分を想像することができるので、大事にしてほしいと思うのです。

 

確認事項その2.今の立ち位置はちゃんと明確になっているのか??

今の立ち位置っていうのは今あなたがどの目標までの道のりのどこくらいの地点にいてどのようにどのくらい目標と離れているのかを見るのに使うんですよね。

 

今の地点がわかっていないとどのくらいの努力が必要なのか、どのくらいそのことにコミットすればいいのかというのがわからなくなってしまいます。

 

基本目標を立てたらそのことにフルコミットする必要がありますが、目標と自分との差がわかっていないとその力加減が泡からなくなってしまいます。

 

ですからまずは自分の立ち位置を確認するようにしましょう。

 

確認事項その3.見据えたゴールにたどり着くために必要なものをちゃんとそろえられているか?

実は夢を叶える時には必要なことは、最初の1歩だったりします。

その夢を叶えるために必要なものは、イメージできるか否かが重要なポイントなんですよね。

 

先程も言いましたが時間の流れ通りの考え方をしていては絶対に成功なんて出来ないんですよね。

 

だから何よりも成功するためには自分が成功するために必要な材料を見つけることなんです。

そして成功する材料が集まればそこにフルコミットするだけですからね。

 

確認事項その4.何が何でも成功するだけの気概はあるかどうか??

何がなんでも必ず成功すると考えることは物凄く大切なことです。

その考え方をすると一点集中することが出来るからなんです。

集中することによってそのために必要な努力にフルコミットできるからですね。

 

中にはそんなことをしなくてもできる人もいるかもしれません。

しかし、そんな人はごくごく稀ですし、僕は器用なタイプではありません。

 

一点集中する力はかの有名な与沢翼さんも名著ぶち抜く力の中で説いてらっしゃいます。

とにかく「ひとつの目標に全力で挑み成功するまで辞めないこと」。これが全てである。

(与沢翼著 ぶち抜く力より抜粋)

 

ですから一つ一つに集中する必要があるということですね。

 

また、この考えは最近ではGoogle先生の動きを見ても同じということが言えるのではないでしょうか。

 

Google先生は最近では専門性や権威性を必要としています。

これは、深く狭くの考え方が必要ということであると考えるのが妥当であると思いますね。

 

ですから一点集中しないと行けないわけですね。

 

確認事項その5.成功するためにはどんなことでもする覚悟があるかどうか??

あなたは成功するためには泥水を飲む覚悟はあるでしょうか?

実は、成功するか否かは成功に如何に執着できるかということなんですよね。

 

成功に執着出来なければそれは夢に終わってしまいます。

そのためには成功することに執着し、道徳心などを捨てる必要があるんです。

 

例えば、あなたが欲しいものがあったとしますよね。

その欲しいものを手にする方法というのは人それぞれなんです。

必死に貯金をするのもよし、欲しいと人に言って頼んで買ってもらうのもよしです。

 

どっちにしても手に入れる方法ですよね。

その方法自体に良い悪いは存在しないのです。

 

だから夢を持ちながら、成功に執着し続けましょう。

 

まとめ

お疲れさまでした。

何をするにもやっぱりマインドセットというのは大事なのをわかっていただけたと思います。

 

うまくいかないときには必ず理由があって、自分の中でうまくいかないと思ってしまっているからうまくいかないということが考えられるんです。

 

うまくいくためには自分の今までの考え方から解き放たれないといけないんです。

そのためには違う考え方を脳内にインストールしないといけないんですよね。

 

ってことでマインドセットは、絶対にできるということを考えることということをまとめにしておきたいと思います。

 

ってことで今回はこの辺で。

また次回。

 

スポンサーリンク
 

// jQuery読み込み // 目次 表示/非表示ボタン