紅蓮ブログ

アフィリエイトのことが全く分からないあなたに超簡単に詳しく、実戦形式でお話していくブログです

プロに聞いた!アフィリエイトでステマがダメな理由とは?

f:id:slash1196:20210204185418j:plain

アフィリエイト初心者:「アフィリエイトを始めたんだけど、この前友達に
「ステマするなよ」
って言われたんです。でもステマの意味が分からないし、なんでダメなのかはもっとわからない。教えてほしいな。」

 

こんなお悩みにお答えします。

 

この記事でわかること
  • アフィリエイトでいうステマについて
  • アフィリエイトでステマがダメな理由
  • アフィリエイトでステマをするデメリットやリスク
  • アフィリエイトでステマをしないためにはどんなことが必要なのか

  

 ✔この記事を書いている人はこんな人

f:id:slash1196:20210202204443p:plain

 

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

さて今回はステマについてお話していきましょう。というのもアフィリエイトでもステマにみられる可能性があって、Google先生からの評価が下がってしまうことも少なくないからです。

 

そんなわけでステマに思われないためにもステマに関する知識をしっかりとつけてそうならない対策を練っていただきたいのです。難しく言いましたが大丈夫。この記事を読み終わるころには対策もしっかりできるようになっています。なので最後までぜひともお読みくださいね。

 

では早速行ってみましょう。

Here We Go!!

 

そもそもアフィリエイトでいうステマとは?

まずそもそもアフィリエイトでいうステマって一体どういうことなのかについてお話していきましょう。

 

ステマというのはステルスマーケティングの略です。宣伝・広告であることを消費者から隠して行う宣伝活動のことをいいます。

 

企業が一般消費者を偽って高評価をくだす方法や著名人やSNSのインフルエンサーなどに宣伝を依頼するマーケティング手法などがあります。

 

これは今めちゃめちゃ問題視されてるんですよね。

 

アフィリエイトでステマがダメな理由とは?

ここではなぜステマがダメなのかという理由についてお話していきましょう。理由はとってもシンプルです。だれも幸せにならないからですね。

 

買った人は商品広告と知らずにだまされてクリックします。そうなるともちろん騙された感満載ですよね。売った人は騙しとわかっているのに、言わないわけです。うしろめたさを感じるんですよね。

 

<じゃあASPはどうなのか?だましている人がいることを知らない状態です。知らない間に片棒を担がされていることが有りますよね。広告主はというと、そもそも買った人騙されているのでその時点でブランド力が下がるし信用も下がりますよね。

 

こういったことで誰も幸せにならないのがステマなんです。だからダメと言われるんですよね。

 

アフィリエイトでステマをするデメリット

ここではアフィリエイトでステマをするデメリットとリスクについてお話していきましょう。

  • デメリット①信頼を失う
  • デメリット②今後の活動に悪影響を与える
  • デメリット③損害賠償が発生する

 

デメリット①信頼を失う

アフィリエイトでステマをするデメリットの1つ目は、信頼を失うことですね。というのも読者に宣伝ということを感じさせないために、隠すんですから読者としては騙されたと思ってしまうのは当然ですよね。そうなると信頼されなくなってしまいます。

 

アフィリエイトで一番必要なものが、信頼性になります。というのも文章を書いても信頼性がないと読んでくれないからです。その一番大事な信頼性をステマをすることによって失ってしまうのはもったいないです。

 

信頼は築くのはものすごく大事ですが、失うのは一瞬なんです。ステマをしたら間違いなく、信頼が地に落ちてしまうことを知っておきましょう。


デメリット②今後の活動に悪影響を与える

アフィリエイトでステマをするデメリットの2つ目は、今後の企業活動に悪影響を与えてしまうことです。というのも信頼を失ってしまうと今後の活動に支障がありますよね。

 

アフィリエイトをしていくのに信頼を落とした人の書いた文章は読者にとっていい影響を与えません。そのために間違いなく検索エンジンの順位は圏外に飛ばされるだろうし、アフィリエイトの報酬がなくなってしまったり、ASPの登録を抹消されてしまったりしてしまう可能性もあります。

 

そうなると今までのアフィリエイトでやってきたことはもちろん、今後の活動にも影響がありますからよくないですね。

 

デメリット③損害賠償が発生する

アフィリエイトでステマをするデメリットの3つ目は、損害賠償が発生することです。というのもステマは商品を扱っている広告主やASPの品位を著しく傷つけますよね。そうなると読者は広告主やASPの商品とわかると、ページを閉じるようになってしまいます。

 

そうなると大きな機会損失になってしまいますよね。そうなると利益になるはずだった金額を賠償してほしいと言ってくる可能性もあります。金額によっては自己破産では済まなくなる可能性もあります。

 

人の品位を傷つけた場合にはそれなりにリスクを負わなくてはいけません。ですから気を付けるべきですね。

 

アフィリエイトでステマをしないためには

f:id:slash1196:20210129164122j:plain

ここではアフィリエイトでステマをしないための対策をお話していこうと思います。対策法は以下の通り。

 

  • 対策①ステマの理論をしっかりと知ること
  • 対策②サイトに運営者の情報を記載をすること
  • 対策③等身大の自分で発信すること
  • 対策④正攻法で攻めること

対策①ステマの理論をしっかりと知ること

アフィリエイトでステマをしないための対策の1つ目は、ステマの理論をしっかりと知ることですね。というのも知らないからステマをしてしまうこともあるのです。

 

しかしインターネットの世界において知らなかったというのは理由にはなりません。ただの言い訳にすぎません。

 

そうならないためにも、ステマの理論をしっかりと知っておくようにしましょう。

 

対策②サイトに運営者の情報を記載をすること

アフィリエイトでステマをしないための対策の2つ目は、サイトに運営者情報を記載することです。というのも運営者情報を公言すると2つのいいことが有るんです。

 

それは

  • 自分に責任感が出る
  • 読者も読むときにどんな人かがわかるから安心感がある。

といった感じ。

 

結構載せていない人が多いように見えますが、情報があると読者も安心できますよね。そういった面でも情報載せておくのは、絶対におすすめです。

 

対策③等身大の自分で発信すること

アフィリエイトでステマをしないための対策の3つ目は、等身大の自分で発信することですね。というのも発信するときに結構やってしまいがちなのが、すごい人に見せたいということなんです。

 

でも現代はインターネットの普及した時代ですよね。その時代にネット上で作った自分というのは非常にもろいです。すぐにばれてしまいます。そうなるとそこから信頼が地に落ちてしまいますからいいことはありませんよね。

 

ですから発信するにしても、しっかりと等身大の自分で発信するようにしましょうね。信頼されることを一番に考えましょう。

 

対策④正攻法で攻めること

アフィリエイトでステマをしないための対策の4つ目は、正攻法で攻めることですね。というのもアフィリエイトで成果を出すのには近道は存在しないからです。

 

なんだかんだ言っても誰よりも努力してその努力の数が臨界点に達しないと成果にはならないのです。それを怪しい方法に目移りしていたんじゃいつまでたっても、成果にはならないですよね。

 

ですからアフィリエイトをするならば正攻法で行いましょう。それが一番の近道ですね。しっかり覚えておきましょう。

 

とはいうもののステマ批判は回避できません

とは言え、ステマ批判というのは回避できないんです。これはどんなに気を付けていてもです。そんな時には静かにその批判を見ないようにしましょう。

 

SNSに至ってはミュート機能を使えばいいし、気にしなければいいだけの話です。まあステイタスと思うという方法もあります。

 

有名になってきたからこそ出る杭になったわけです。ならばたたけないくらいに出てやればいい。そういう理論ですね。

 

とは言えステマはご法度なので細心の注意をもってアフィリエイトに臨みましょう。

 

まとめ|ステマをして売ってもずっと続かないから正攻法が一番

お疲れさまでした。

ここまでアフィリエイトでステマがダメな理由やすることのデメリット、しないための対策法をお話してきました。

 

ここで言いたいのはステマを使ってもしうることができてもそれはたまたまのものでずっと続くものではありません。

 

あなたが欲しい未来は一過性のものですか?違いますよね。だったら正攻法で攻めましょう。そして稼ぎ続けられるサイト作りをしましょう。

 

そうすればステマがどんなに不必要なものかがわかるはずです。努力に終わりはないけれど努力しないとアフィリエイトの神は微笑んではくれません。

 

頑張っていきましょう。

あなたのアフィリエイトライフがより良いものになる明日を信じて。

 

今回はここまで。

また次回に。