紅蓮ブログ

アフィリエイトのことが全く分からないあなたに超簡単に詳しく、実戦形式でお話していくブログです

クリックだけでOKのCSS圧縮ツールおすすめ5選【初心者向け】

f:id:slash1196:20210713000512j:plain

f:id:slash1196:20200520205950j:plain

CSSを圧縮したい人

「CSSの圧縮ツールを知りたいなあ。さらに圧縮する理由も教えてほしいかも…。」

 

こんなお悩みにお答えします。

 

  この記事でわかること

  • CSS圧縮ツールを使うメリット
  • CSS圧縮ツールおすすめ5選

 

こんにちわ、紅蓮です。

 

表示速度改善を調べるとCSS圧縮というのが出てきますよね。

それを聞いて「CSSってどうやって圧縮するの?」なんて悩んでいませんか?

 

今回はCSSの圧縮ツールについてお話していきます。

 

この記事を読むと、CSSの圧縮をする理由からおすすめのツールまでばっちりわかっちゃいます。

 

この記事を書く僕はブログ歴は3年目。
今では、アフィリエイト報酬が月に3000円ほど入ってくるまでに成長しました。

 

そんな僕もCSSの圧縮に関しては結構悩んだ記憶が…。
悩みに悩んで這い上がった僕がCSSの圧縮についてお話します。

 

ぜひ最後までお読みくださいね。

 

では行ってみましょう。
Here We GO!!

 

 

知らないとまずい!CSS圧縮がおすすめな理由

f:id:slash1196:20210713000535j:plain

ここではCSS圧縮がおすすめな理由を、お話していきましょう。

 

おすすめな理由は、以下のものがあります。

 

  • 理由①読み込み速度が改善される
  • 理由②サーバーの容量の節約ができる

 

理由①読み込み速度が改善される

1つ目の理由は、読み込み速度が改善されるからです。

 

現在はGoogle先生もどんどんアップデートが進み、2018年7月からはページの表示速度がランキング要素に使用されるようになりましたね。

 

そのために現在は表示速度が速いもの=正義になっています。

 

CSS圧縮をすると、最大で70%ほどのデータを削除してくれるため、表示速度が速くなります。

 

そのために、CSSを圧縮することをおススメしているのです。

 

 

  HTMLとCSS、圧縮の優先度はどっちが高いか

よくある質問ですが、HTMLとCSSの圧縮の優先度はどっちのほうが高いかです。

 

これは、圧倒的にCSSですね。

 

というのもHTMLの場合には、コメントをすることがあまりないからなんですね。

 

そのためにHTML事態を圧縮してもほとんどが開業されたところを詰めるだけという作業になります。

 

でもCSSに関しては、コメントが多く使われているために、圧縮されるデータ量も多くより表示速度の改善につながります。

 

だからCSSを圧縮するほうが優先度を高いですね。

 

順番的には、以下の感じでやっていくといいですね。

 

  • 優先度①CSS
  • 優先度②HTML
  • 優先度③Javascript

 

なお、HTMLの圧縮方法に関しては、HTMLコードを圧縮する方法【カスタマイズ初心者必見】 にて詳しく解説しています。是非お読みの上、やってみられてくださいね。

 

理由②サーバーの容量の節約ができる

2つ目の理由は、サーバーの容量の節約ができるからなんです。

 

CSSを圧縮すると、データ量が少なくなるのでサーバーの容量を節約することができるんです。

 

例えばブログのメンテナンスをするたびに、CSSやJavascriptを書き加えていくとファイルが増えていきますよね。

 

するとサーバーの容量不足になることも。

 

また、サーバー容量が多いと何かがあって、サーバーがダウンしたときに復旧に時間がかかってしまい、緊急を要する業務にまでも影響が出てしまうことも。

 

そのためにもCSSの圧縮は必要になるのです。

 

だからおすすめしているのです。

 

CSS圧縮ツールおすすめ5選

f:id:slash1196:20210713000628j:plain

 

ここでは、CSSを圧縮するツールをお話していきましょう。

 

  • ツール①:Refresh-SF
  • ツール②:CSS Minifier
  • ツール③:CSS Compressor
  • ツール④:CSS Minifier(syncer)
  • ツール⑤:CSS & JavaScript Compressor

 

では詳しく見ていきましょう。

 

ツール①:Refresh-SFf:id:slash1196:20210712233649j:plain

ツールの1つ目は、Refrexh-SFです。

 

Refresh-SFは、CSSだけではなく、HTMLやJavascriptの圧縮までもできるためにほかのサイトを使わなくてもいい点ですね。

 

使い方は、Inputと書かれたところにCSSを貼り付けて、右肩のCSSボタンをクリックするだけ。

 

すると、画面が切り替わり、圧縮したCSSが出てきます。

 

ちなみに、このブログでもよく利用をさせていただいています。

 

CSSだけでなくほかのコードも圧縮したい人には、かなりおすすめのサイトですね。

 

Refresh-SF へのアクセスは、こちらから

 

ツール②:CSS Minifier

f:id:slash1196:20210712233802j:plain

ツールの2つ目は、CSS Minifierですね。

 

こちらはCSS専門の圧縮ツールになっていまして、姉妹サイトにはJavascript MinifierやHTML Minifier、JPG Optimizerなどの多くのツールがあります。

 

使い方は、CSSをInput CSSにコピペして「Minify」ボタンをクリックすると、Minified Outputとかかれた欄に圧縮されたCSSが出てきます。

 

あとはそれをコピーしてブログに入れるだけですね。

 

簡単にCSSを圧縮したい人には、おすすめのサイトですね。

 

CSS Minifierへのアクセスは、こちらから。


ツール③:CSS Compressor

f:id:slash1196:20210712233828j:plain

ツールの3つ目は、CSS Comressorです。

 

このツールはCSS専用なんですがすごいところがあり、なんと圧縮レベルが自分で設定できることなんです。

 

圧縮レベルには、最高(読みやすさ、最小レベル)~低い(可読性が高い)と4段階あります。高度なオプションではCSSのバージョンを決められたり細かい設定もできます。

 

使い方はCSS貼り付けて、設定をして、コンプレスボタンをクリックするだけ。

すると画面が切り替わって、圧縮済みのCSSが出てきますね。

 

圧縮レベルを変えられるのは、これだけですので使いやすさは抜群といえますね。

 

慎重にCSSの圧縮をしたい人には、おすすめのサイトです。

 CSS Compressorへのアクセスは、こちらから

 

ツール④:CSS Minifier(syncer)

f:id:slash1196:20210712233843j:plain

ツールの4つ目は、CSS Minifier(syncer)ですね。

 

CSSの圧縮専門になっていまして、姉妹ツールとしてJavascript Minifyというのがありますね。

 

コピペでボタン1つでできる、シンプル設計です。

 

使い方は、縮小前のコードという欄にCSSを貼り付け、Minifyをするをクリックするだけ。

 

すると縮小後のコードの欄に、圧縮後のコードが表示されます。

 

日本人向けに作られたサイトなので、使い勝手は抜群です。

当サイトでもよくお世話になっていますね。

 

CSSの圧縮初心者に、おすすめのサイトですね。

CSS Minifier(syncer)へのアクセスは、こちらから


ツール⑤:CSS & JavaScript Compressor

f:id:slash1196:20210712233904j:plain

ツールの5つ目は、CSS&Javascript Compressorです。

 

このツールのいいところは、圧縮前と圧縮後の数値を自動計算してくれるところです。

そのために効果が数値で見れ、実感できるからですね。

 

CSSとJavascriptに対応しています。

 

使い方はInputの欄にCSSを貼り付け、Compressボタンをクリックするだけです。

 

するとOutputの欄に圧縮されたコードと、圧縮後の容量が記録され、どのくらいの効果があったかを確認できます。

 

効果を実感したい人には、おすすめのサイトです。

CSS & JavaScript Compressorへのアクセスは、こちらから

 

 

まとめ|CSSを圧縮して、サイトを高速化しよう

お疲れさまでした。

ここまでクリックだけでOKのCSS圧縮ツールをお話してきました。

 

まとめると以下のようになります。

 

まとめ
  • CSS圧縮がおすすめな理由は以下の通り。
    • 理由①読み込み速度が改善される
    • 理由②サーバーの容量の節約ができる
  • CSS圧縮ツールおすすめ5選は以下の通り。
    • ツール①:Refresh-SF
    • ツール②:CSS Minifier
    • ツール③:CSS Compressor
    • ツール④:CSS Minifier(syncer)
    • ツール⑤:CSS & JavaScript Compressor

 

SEO的な面でもサーバーの容量的な面でも、CSSの圧縮は非常に有効です。

ぜひ上記のツールを使って、CSSを圧縮してみてはいかがでしょうか。

 

きっと表示速度も速くなって、ストレスなく動くはずです。

ユーザビリティも上がると、いいことづくしです。

 

すぐに取り掛かりましょう。

 

ってことで今回はこの辺で。

また次回に。