紅蓮ブログ

アフィリエイトのことが全く分からないあなたに超簡単に詳しく、実戦形式でお話していくブログです

meta descriptionの書き方【SEO対策にもなるテンプレ付き】

meta descriptionの書き方①

f:id:slash1196:20200211214443j:plain

ブログ初心者

 「ブログを書いているけどmeta descriptionの書き方の書き方がわからずに困っている。どうやって書くのかを教えてほしいな。ついでにテンプレとか実装の仕方とか教えてほしいな」

 

こんなお悩みにお答えします。

 

この記事でわかること

  • meta descriptionとは
  • meta descriptionの実装方法
  • meta descriptionの書き方

 

こんにちわ、紅蓮です。

 

ブログを書いていてmeta descriptionの書き方を知りたいと悩んでいたりしませんか?

 

そんなあなたに、今回はmeta descriptionの書き方をご紹介していこうと思います。

 

この記事を読めばmeta descriptionの概要や実装方法、書き方のテンプレートまで一気に学ぶことができます。

 

この記事を書く僕はブログ運営歴は3年目。
今ではアフィリエイトからの収益が3,000円くらい入ってくるようになりました。

 

そんな僕も始めたての頃はmeta descriptionの書き方を知らずに放置しており、アクセス数が少ないままでした。

 

でもある記事を読み、書いてみたところアクセス数が増えましたね。

 

そんな方法を今回お届けしていくのでぜひ最後までお読みいただければと思いますね。

 

では早速行ってみましょう。
Here We Go!!

 

 

meta descriptionとは

meta descriptionとは

meta descriptionとは何かをお話していきましょう。

 

meta descriptionとは、簡単に言うとブログ内容をわかりやすく要約して、説明するために書かれた文章のことですね。

 

meta descriptionの役割

ここでmeta descriptionの役割をお話しておきましょう。

 

役割は、検索エンジンと検索ユーザーに記事の内容を正しく伝えることですね。

 

というのも、検索をするユーザーは検索結果に本当に欲しい答えがあるかを確認するために見る場所だからなんですね。

 

例えば「オタク 恋愛 方法」というキーワードで調べた場合にはオタクと呼ばれる属性の人が恋愛する方法を知りたいわけですよね。

 

そのための答えが入っているのかというのを調べることができる場所であるために、よく読まれる場所になっているんですよね。

 

だから、重要な役割を担っているんですよね。

 

meta descriptionのSEOに対する影響

よくmeta descriptionは重要みたいな話を言うと、「SEOには関係があるのか」という疑問を抱く人がいます。

 

ここではその説明をしていきましょう。

 

結論から言うと、meta descriptionはSEOには直接関係がありません。

 

これはGoogleの公式ブログの中でも、明言されていて以下のように言われていますね。

 

And it's worth noting that while accurate meta descriptions can improve clickthrough,
they won't affect your ranking within search results.
(訳文:また、メタディスクリプションはクリック率を向上させることができますが、検索結果内のランキングには影響しません。)
引用元: Improve snippets with a meta description makeover 

 

とはいえ僕は直接的には関係せずとも、SEOにある程度影響はあるので設定はしておいたほうがいいのではないかと考えていますね。

 

meta descriptionが必要な理由

必要な理由は、以下の通り。

 

  • 理由①CTRが上がる
  • 理由②滞在時間も伸ばすことができる

 

では詳しく見ていきましょう。

 

理由①CTRが上がる

理由の1つ目は、検索結果におけるCTRが上がることですね。

 

meta descriptionを書いたほうが検索上位になった時には、クリック率が上がりやすい傾向があるんです。

 

というのも悩みが解決しやすいかどうかをイメージしやすいからですね。

 

僕の肌感覚にはなりますが、meta descriptionを書くだけで1%くらいのクリック率の改善が見込めるんです。

 

ほんのちょっとと思うかもですが、ちりも積もれば山となります。

 

アクセス数が増えれば当然そのあとに行動する人も増えるので書いておいたほうがおすすめですね。

 

理由②滞在時間も伸ばすことができる

理由の2つ目は、滞在時間も伸ばすことができることですね。

 

meta descriptionで内容をうまく伝えることができると、検索者は記事のイメージと実際に読んだイメージのギャップが少なくなりますよね。

 

そうすると先のほうで「あれ?イメージと違うからやめておこう」という離脱が少なくなりますよね。

 

そうなると最後まで読んでもらえたり、別の記事を読んでもらえたりとなるために記事のパフォーマンスも向上しますよね。

 

結果的には検索エンジンからの評価もよくなる可能性が高くなるのです。

 

meta descriptionを書かないとどうなるのか

meta descriptionを書かないとどうなるのでしょうか。

 

心配はありません。

 

最近のブログサービスはたとえmeta descriptionを書かなくても上段から抽出するようになっています。

 

何も表示されないということはありませんが、あくまでも自動であるために、意図しない文章が表示されることもあるのです。

 

ですからそうならないためにもしっかりとmeta descriptionを書いておきましょう。

 

meta descriptionの実装方法【はてなブログの場合】

meta descriptionの実装方法

ここでは、meta descriptionの実装方法をお話していきましょう。

 

手順は以下の通り。

 

  • 手順①記事の編集画面にいく
  • 手順②右の編集オプションボタンをクリック
  • 手順③記事の概要の欄に文章を入力

 

では詳しく見ていきましょう。

 

手順①記事の編集画面にいく

f:id:slash1196:20210807090059j:plain

まずは記事の編集画面に行きましょう。

 

手順②右の編集オプションボタンをクリック

f:id:slash1196:20210826202615j:plain
次に編集オプション(歯車のマーク)をクリックします。

 

手順③記事の概要の欄に文章を入力

f:id:slash1196:20210826202651j:plain

次に下にスクロールしていくと、記事の概要という欄が出てきますよね。

 

その下に「概要を入力」という部分がありますよね。

 

そこに概要文を入力しましょう。

 

最後に公開か予約投稿しておけば、その内容になりますね。

 

meta descriptionの書き方

meta descriptionの書き方②

meta descriptionの書き方についてお話していきましょう。

 

書き方の手順

書き方に関しては、以下の通り。

 

  • 最適な文字数を知る
  • 最適なキーワードを含めて
  • 読者に読むメリットがわかりやすいように書く

 

では詳しく見ていきましょう。

 

最適な文字数を知る

まずは最適な文字数を知りましょう。

 

文字数は、以下の通り。

 

  • スマホ:70文字前後
  • PC:120文字前後

 

という感じになっていますね。

 

最近ではスマホでウェブサイトを見る人も多いので70文字前後で書くようにするのもありですね。

 

とはいえ手が止まってしまうのは本末転倒ですので、考えすぎには注意しましょう。

 

最適なキーワードを含める

次にすべきことは最適なキーワードを入れることですね。

 

とはいえ、キーワードの入れすぎには注意ですね。

 

キーワードを使うのはなるべく3回までにしましょう。というのもわかりにくくなりやすいからなんです。

 

わかりにくいと読者にもよくないですし離脱率が下がってしまいますよね。

 

ですから、なるべくキーワードを使うのは3回までにしておきましょう。

 

読者に読む内容やメリットがわかりやすいように書く

読者に読む内容やメリットがわかりやすく書いていくことですね。

 

内容やメリットは以下の通り。

 

  • ブログを読むことによってどうなれるのか
  • ブログの内容はどんなものなのか。

 

これに基づいて書いていきましょう。

 

meta descriptionのテンプレを作りました

とはいえ、いきなり「はい、書いて」と言われてもむつかしいですよね。

 

そこでテンプレートを作ってみました。

 

テンプレートは、以下の3本柱で成り立っていますね。

 

  • 読者への問いかけ
  • 記事の内容
  • 読むようにうながす。

 

具体例①この記事の場合

この記事の場合は以下の通り。


読者への問いかけ

→meta descriptionがうまく書けないと悩んでいませんか?

 

記事の内容
→この記事では、meta descriptionの概要や実装方法、書き方のテンプレートまで解説しちゃいます。

 

読むようにうながす
→meta descriptionに悩んでいるなら必読記事です。(合計:116文字)

 

具体例②検索順位チェックツール紹介記事の場合

SEOに使える順位チェックツール11選【必要不可欠】という記事の場合は、以下の通り。

 

読者への問いかけ
→SEO順位チェックツールでお悩みだったりしませんか。

 

記事の内容
→この記事を読むと検索順位チェックツールだけではなく、選ぶときの注意点や選び方までばっちりわかっちゃいますね。

 

読むようにうながす
→もし検索順位チェックツールでお悩みになら必読の記事ですね。ぜひご覧ください。

結構簡単ですね。

 

まとめ|meta descriptionを作って読まれる記事を大量生産しよう

お疲れさまでした。

 

ここまでmeta descriptionの書き方というテーマでお話していきました。

 

まとめると以下の通り。

 

まとめ
  • meta descriptionとは、簡単に言うとブログ内容をわかりやすく要約して、説明するために書かれた文章のことですね。
    • 役割は、検索エンジンと検索ユーザーに記事の内容を正しく伝えることですね。
    • 結論から言うと、meta descriptionはSEOには直接関係がありません。
    • とはいえ、meta descriptionは必要。理由は以下の通り。
      • ①CTRが上がる
      • ②滞在時間も伸ばすことができる
    • meta descriptionを書かなくても問題はないけど書いたほうがいい。
  • meta descriptionの実装方法【はてなブログの場合】はいかの通り。
    • ①記事の編集画面にいく
    • ②右の編集オプションボタンをクリック
    • ③記事の概要の欄に文章を入力
  • meta descriptionの書き方は、以下の通り。
    • 書き方の手順は以下の通り
      • 最適な文字数を知る
      • 最適なキーワードを含めて
      • 読者に読むメリットがわかりやすいように書く。
    • テンプレートは以下の通り。
      • 読者への問いかけ
      • 記事の内容
      • 読むようにうながす。

 

という感じですね。

 

とはいえ、ブログの記事の内容があってのmeta descriptionということを理解しましょう。

 

練習にはやはり記事を書くことが重要でして、今回の記事と合わせて練習していっていただければと思いますね。

 

記事の書き方に関しては、アフィリエイトで稼げるブログの書き方【テンプレあります】 にて詳しく解説しているのでぜひどうぞ。

 

では今回は以上です。
また次回に。