紅蓮ブログ

アフィリエイトのことが全く分からないあなたに超簡単に詳しく、実戦形式でお話していくブログです

SEOはオワコンなのか【答え:形が変わっただけ】

ブログを始めようと思っているんだけど調べてみるとSEOってオワコンっていう記事をよく見るんだけどこれって本当なの?詳しく知りたい。

 

こんなお悩みにお答えします。

 

この記事でわかること

  • SEOはオワコンではなく、進化しただけ
  • これからのSEOでするべきこと

 

こんにちわ、紅蓮です。

 

アフィリエイトをしていて一番大事になってくるのが集客ですよね。でもSEOってオワコンって言われたりしますよね。

 

そこで今回は、SEOがオワコンなのかどうかをご紹介していきましょう。

 

この記事を読むと、SEO対策がオワコンかどうかとこれからするべきSEOに対する事がばっちりわかっちゃいますね。

 

この記事を書く僕はブログ運営歴は3年目。

 

最近ではアフィリエイトからの収益も上がってきて、毎月3000円ほどいただけるようになりました。

 

そんな僕もSEOはオワコンという言葉に騙されて、対策をしていなかったことがあります。

 

ある記事を読んでSEO対策について勉強し始めたら、収益が出始めましたね。

 

そんなSEOに関するお話なので、ぜひ最後までお読みくださいね。

 

では行ってみましょう。

Here We Go!!

 

 

 

結論:SEOはオワコンではなく、進化しただけ

結論から言うとSEOはオワコンでもなんでもなく、ただ単に進化したというのが正しいかなって思いますね。

 

 

とはいえ、どうしてSEOはオワコンと言われるのでしょうか。

 

次の見出しで見ていくことにしましょう。

 

SEOがオワコンと言われる理由3つ

SEOがオワコンと言われる理由は、以下の通り。

 

  • SNSの急激な普及
  • Google先生のアップデート頻度が増えた
  • 小手先のテクニックが通用しなくなった

 

では詳しく見ていきましょう。

 

SNSの急激な普及

1つ目の理由は、SNSの急激な普及ですね。

 

現在はいろんなSNSが登場してきましたよね。

 

例えば、以下のようなものがありますよね。

 

  • twitter
  • Facebook
  • instagram
  • YOUTUBE
  • ticktock
  • 17ライブ

 

簡単に言えば、SEOを学ばなくても自分がブランドになれば、集客ができるようになったんです。

 

そのためにSNSでフォロワーを伸ばせば、影響力がつくようになります。

 

そうすればたくさんの人に言葉が届くために、ブログでコンテンツを造ったときに見てくれるようになるという理論ですね。

 

そのためにSEOの必要性が以前と比べ低下してきたために、SEOはオワコンと言われるようになりましたね。


Google先生のアップデート頻度が増えた

理由の2つ目は、Google先生のアップデート頻度が増えたことですね。

 

これはかなり古いデータで申し訳ないのですが、MOZというアメリカのSEOマーケティング会社の調査によると、2010年には516回だったアップデート回数が、2016年では1653回に、そして2018年には3234回になっているというデータがあります。

参考:How Often Does Google Update Its Algorithm?

 

そのためにGoogle先生のアルゴリズムの精度が、めちゃくちゃ上がったんですよね。

 

今まで使えていた対策法が使えなかったりするために、SEOはオワコンと言われるんですよね。

 

小手先のテクニックが通用しなくなった

理由の3つ目は、小手先のテクニックが通用しなくなったことですね。

 

2010年代には、小手先のテクニックが通用していた時もあるんです。

 

でも、今はそうではなくなりました。

 

2017年の12月にあった大型のコアアルゴリズムのアップデートを皮切りに、小手先よりも時間をかけて読者の悩みを解決するものを上位表示するように変わりました。

 

そのために今まで小手先のテクニックで上位表示されていたサイトは軒並み圏外に。

 

そのために被弾した人たちが、いうんですよね。SEOはオワコンだと。

 

SEOの動きにオワコンという人がついていけなくなっただけ

とはいえ、SEOはオワコンではありません。

 

というのも人が検索エンジンのアップデートの動きに適応できなくなっただけなんですね。

 

上記で言ったアップデートの数でも、2010年と2018年とでは6倍強にまで増えています。

 

今までのやり方でうまくいっていた人からすると変化が早いから、戸惑いを隠せないわけですよね。

 

でも本質を理解すれば基本的にはやることは同じなので、もうついていくしかありません。

 

食いついて話さなかったものだけが上に行けるので頑張っていかないといけませんね。

 

これからのSEOですることは記事の精度を上げること

じゃあこれから何をすればいいのかというお話になるのですが、結論から言うと記事の精度を上げることですね。

 

なぜなら記事を読むのは、検索エンジンではなく、読者である人間だからなんですね。

 

読者は悩みを持っていて、しかもその悩みを解決するために記事を読んでいます。

 

ということは、読者の悩み解決が一番に考えないといけないことですよね。

 

そのためにはやっぱり一番に考えないといけないのは、記事の精度を上げることですよね。

 

一度書いて終わりではない。定期的なリライトは必須な時代になった

結構僕もやってしまいがちですが、記事を書いたら3か月以上放置してしまうことです。

 

でも放置はいけません。

 

というのも記事に書いた情報は風化が早いからですね。

 

風化した記事は誰も読まなくなり、結果読者からの支持が得られなくなります。

 

すると上位表示していても、評価されなくなり順位も下がってしまいますよね。

 

ですからリライトに関しては、必須条件になるんですよね。

 

リライトの仕方に関しては、ブログ記事のリライトの仕方【できないと稼げないので注意】にて詳しく解説しましたので参考に是非どうぞ。

 

SEO対策だけでは上がりにくい時代ではあるので執着しないようにする

またSEO対策のみでは、順位が上がりにくい時代にはなっています。

 

というのも、支持がなかなか得られないからなんです。

 

ですからSEO以外にも、SNSやyoutubeなどをするのがいいと思います。

 

というのもSNSはフォロワーを獲得することができれば、そう簡単にはフォロワーが離れていかないから。

 

そして、フォロワーが増えて影響力が出ると1つの権威性ができます。

 

そうなると、いくら厳しい検索エンジンでも上位表示をしないわけには行かなくなります。

 

だから、SNSなどもしっかりと運営して、SEOだけにならないようにしましょう。

 

まとめ|読者満足度を上げる最大限の努力をしよう

お疲れさまでした。

 

ここまでSEO対策は、オワコンかどうかというお話をしてきましたね。

 

全然オワコンではなくて、読者満足度が上がるようにアップデートをされているだけです。

 

そしてオワコンという人は、自分の努力が足りないのを棚に上げてついていけないことに言い訳をしているだけなんです。

 

ブログは検索エンジンとの関係は断ち切ることができません。

 

ですから僕たちがすべきことは読者満足度を上げる記事を書いて、日々書いた記事をブラッシュアップしていくことだけですよね。

 

そう考えると読者ファーストにするだけなのでいたってシンプルですよね。

 

ちなみに記事の書き方やリライトの仕方、勉強方法に関しては、以下の記事が役に立ちます。

 

あわせて読みたい
書き方→アフィリエイトで稼げるブログの書き方【テンプレあります】 


リライトの仕方→ブログ記事のリライトの仕方【できないと稼げないので注意】 

勉強方法→アフィリエイトの勉強の仕方と大切な心構えの話【初心者必見】 

 

勉強して、実践していきましょう。

 

頑張っていきましょう。

 

ってことで今回はこの辺で。

 

また次回に。