紅蓮のアフィリエイト日記

アフィリエイトの方法や失敗談などを書いていきます。また質問などにも答えていきますのでぜひ見ていってくださいね。

プロ直伝!アフィリエイト収入の確定申告の仕方とその理由!

f:id:slash1196:20200601183306j:plain


こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

アフィリエイトをしていて毎回思うのが

「一生懸命アフィリエイトして稼いだお金なのに確定申告をして国に持っていかれるのは納得がいかない」

ってことだったりしませんか?ものすごくその気持ちわかりますよね。というのもアフィリエイトをするときって読者の心をつかむのも、読者にものを買ってもらえるように商品を選ぶのも、記事を書くのも全部自分一人で行動するわけですよね。

 

何も国には助けてもらっていないわけで、それなのに国はこっちが所得があると所得税と称して搾取するのはおかしいなあって思うのです。もうがっかりですよね。

 

ってことでそんなあなたに向けて今回は以下のような内容をお話していきます。

  • ・アフィリエイト収入の確定申告がなぜ必要なのか。
  • ・確定申告の意味とは?
  • ・確定申告の種類
  • ・所得と収入の違い
  • ・アフィリエイトの確定申告は絶対に必要

Here We Go!!

確定申告は本当に必要なのか?

f:id:slash1196:20200521113525j:plain

まずここではアフィリエイトをしていて

「本当に確定申告って必要か?」

という疑問がわいてくると思います。残念ながら原則的に必要なんですよね。

 

税金を支払わないといけない理由

先に残念ながら原則的に確定申告が必要であるというお話をしましたね。

 

それを聞いて

「えーーー!!なんでよ。」と思うとともに

「税金を払う必要がなかったら確定申告なんてしなくていいのにな」

と冒頭の僕みたいなことを思っているあなた。気持ちはわかります。だって国が自分で働かないのに何で僕たちの所得から税金を抜いているのでしょうか。おかしな話ですよね。

 

しかしちょっと落ち着きましょう。ここでは実際に税金が必要な理由をお話していきましょう。

 

税金を支払わないといけない理由①:日本の経済を守るために、金が必要

税金を支払わないといけない理由の1つ目は、日本の経済を守るために金が必要ということだと僕は考えています。

 

「日本国内で仕事をすることは日本の中にいることができるから。ならばその稼いだお金もちょっとでも国に還元してみろよ」という感じだと思います。そしてもしその金額を払わなかったり、少ない見積もりをしていた場合には家財の差し押さえを税務署から食らったり最悪の場合、警察のご厄介になることも。

 

「そんなの国の横暴だ」

と憤慨したくなる気持ちもすごくわかりますが事実は事実。何ともおかしいなと思うことが多いですが残念ながら、日本国内で生活し商いを営んでいくためにはこの法律からは逃げられません。

 

ですから日本経済を守るために、お金を必要としているのでしょう。あきらめましょうね。(苦笑)

 

税金を支払わないといけない理由②:所得税が日本の主な収入源の1つだから

税金を支払わないといけない理由の2つ目は、税金が国の大事な収入源だからなんですね。僕たち日本人が治安よく、暮らしていくためには国が奔走する必要があります。そのためにはたくさんの経費が掛かりますよね。

 

そのためにはたくさんのお金を必要としています。すると税金を集める必要があるんですね。

 

確定申告の意味

ここまで読んだあなたは

「じゃあ確定申告する意味って何なの?」

なんて思っていることでしょう。

ここでは確定申告をする意味についてお話をしていきましょう。

 

確定申告をする意味は会社に勤めていない場合で、税務署に個人事業主開始の届けも出していない場合は税務署はあなたが会社に勤めていた時の税金の金額しかわからないんです。

 

それで差し止めになってくれればいいですが残念ながらそうは問屋が卸さないのが悲しい話。その金額できちゃうんですよ。そうなるとあなたの所得の金額がいくらかということが税務署はわからないことになってしまうので、あなた自身が損をすることになってしまいます。

 

ですからしっかりとした金額を徴収するためには確定申告が必要なのです。

金銭面でのトラブルを防ぐためにも確定申告というのは必ずするようになっているので

す。

 

また、確定申告は会社を辞めてしまったり、その後のっぴきならない事情で、就職でき

ない場合にも税金が返ってくることもあります。そのために絶対にしておいた方がいいのです。

 

確定申告をしなくてもいい場合

基本的には確定申告をしなくてはならないのですがそうは言っても実は確定申告をしなくてもいい場合というのは存在します。

その理由は以下の通りです。

 

例①:アフィリエイトの副業所得が、年間20万円以下の会社員の場合

例②:アフィリエイトなどの副業と合わせた、年間所得が38万円以下の場合

 

では一つずつ見ていきましょう。

 

例①:アフィリエイトの副業所得が、年間20万円以下の会社員の場合

1社から給料を受け取り年末調整をしている会社員でアフィリエイトなどの副業からの所得金額が年間20万円以下の場合は、確定申告が不要になります。

 

この場合は副業収入なのでアフィリエイトや株、FXなどの副業所得が年間20万円にならない場合には確定申告は必要がありませんが、医療費控除などの確定振興を行う場合にはすべての所得を出さないといけないので気を付けたいですね。

 

例②:アフィリエイトなどの副業と合わせた、年間所得が38万円以下の場合

基礎控除額38万円が控除されるために各種所得が38万円以下なら確定申告が不要です。しかし、会社勤務、アルバイト、などで給与所得を得ている場合には食うよ所得とアフィリエイトなどの所得を合計した金額が38万円以下かどうかで判断されます。

 

確定申告の種類

f:id:slash1196:20200521113451j:plain

ここまで読んだあなたは

「確定申告をしないといけない理由とやる意味とかは分かった。でも種類がわからない」

とちょっと不安になっていませんか?

そんなあなたに向けてここでは確定申告の種類に関してお話していきましょう。

 

種類①:白色申告

白色申告は、税務署に事前に「青色申告承認申請」を行っていない場合に行います。白色申告は青色申告よりも帳簿付けが比較的シンプルに行えます。

 

事業所得として申告する場合には帳簿を備え付けて総収入金額及び必要経費に関する事項を記録しなければいけません。

 

種類②:青色申告

青色申告は、ご自身の所得を正確に申告し、自主的に納税することを趣旨とする制度で

す。そのため、きちんと帳簿を添えて、取引を記録し、確定申告をしなければならないために、複雑でむつかしいイメージがあります。

しかし、その分、白色申告と比べると、いろいろ特典があり優遇されています。

 

青色申告をするには、青色申告をする年の3月15日までに「青色申告承認申請書」を税

務署に提出し承認を受けなければ受けなければいけませんがかなりおすすめの方法ですね。

 

種類③:雑所得での確定申告

白色申告でも青色申告でもない場合、つまり、継続的にある程度の収入が無い場合で税務署に個人事業主開始の届出をしていない場合には雑所得になりますね。副業でする場合にはほぼこれではないかと思います。

 

この場合は、収入及び必要経費を集計してそれぞれの合計金額を確定申告書第ニ表に記

入し、差引金額を雑所得として確定申告書第一表に転記する方法ですね。上記の2種類と比べるとだいぶ楽な方法です。

 

アフィリエイトにおける必要経費とは?

f:id:slash1196:20200523164105j:plain

ここまで読んだあなたはきっと

「アフィリエイトにおける必要経費ってどんなものがあるの?」

なんて思っているはず。

 

ここではアフィリエイトの中で必要経費となるものを確認していきましょう。

  • ・消耗品費:10万円以下のパソコン、デジタルカメラ、プリンター、インク、パソコンソフトなど。(10万円以上のものは、減価償却資産となる)
  • ・新聞図書費:アフィリエイト業務に必要な関連書籍、運営サイトやブログに関連するジャンルの情報誌の購入代金など。
  • ・通信費:インターネット・プロバイダー費用、レンタルサーバー代金、独自ドメイン代金など。
  • ・旅費交通費:アフィリエイト勉強会に参加するための交通費・宿泊費など。
  • ・雑費:アフィリエイト勉強会への参加費、ASPの振込手数料など。

 

まとめ:アフィリエイトで確定申告は絶対に必要。のちに面倒ごとに巻き込まれないようにしっかりとやっておこう

f:id:slash1196:20200523175035j:plain

ここまでアフィリエイトに関する確定申告が必要という話をしてきました。結構納得できないところもあるんですがやっぱり確定申告はしておかない手はありません。

 

というのもやはり確定申告をしておくと、経費としてお金を計上できたりとか払いすぎていた税金が戻ってくることもあるからです。

 

こういったことからも絶対にしておいた方がいいと思うのです。後々に面倒になっても困りますから絶対にしましょうね。

 

あなたのアフィリエイトライフが最高になるために。

今回はここまで。

また次回に。

スポンサーリンク