紅蓮のアフィリエイト日記

アフィリエイトの方法や失敗談などを書いていきます。また質問などにも答えていきますのでぜひ見ていってくださいね。

SNSが普及してもキーワードは変わらず大事だ!!

f:id:slash1196:20200523023530j:plain

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

最近はよく聞くのが集客の方法についてなんですけれど、

今はSNSの時代だからSNSとの連携はしっかりしておいたほうがいい

という言葉をよく聞きます。

 

そうなんですよね。

めっちゃこの言葉はよく聞くし、これからの時代はSNSとの連携は確かに不可欠ではあります。

 

でもちょっと待ってくださいね。

SNSと検索エンジンの客層ってちょっと違うのを僕たちは忘れてはいけないんですよね。

 

ってことで今回は、SNSと検索エンジンでの集客方法とそのために必要なキーワードツールをお話していこうと思うのです。

 

ってことで早速言ってみましょう。

HERE WE GO!!

 

SNSと検索エンジンどっちが重要??

f:id:slash1196:20200523023552j:plain

こういうことを言うと必ずと言っていいほど以下のような知るもんが来るんですよね。

SNSと検索エンジンでの集客どっちに重きを置いて集客をするべきなのか??

ねー、こういう質問って実に多いんですよね。

 

この質問って結構あったりするんですよね。

でもこの質問ってとんでもなく的外れな質問なんですよね。

SNSと検索エンジンの使われ方は違う

ここであなたにちょっと冷静になって考えてみてほしいんですね。

それは何をかというと、SNSと検索エンジンというのは使われ方が全く違うんですよね。

 

じゃあどんな使われ方をするのか??

ここではその違いについてお話をしていきたいと思うんですよね。

 

①SNSの使われ方

SNSというのは最近使っていない人はいないのではないのかというくらいいろんなものが出ていてYoutubeやLINEなどを筆頭に使われていますよね。

 

SNSというのは基本的にタイムラインというのがあり、新しいつぶやきが増えれば増えるごとにドンドン下に埋もれていくシステムになっていますよね。

更新していけばドンドン下に追いやられるシステムなので、読者側もそれほど緊急性を要していない場合がおおいんですね。

 

何のためにつぶやいたり読むのかというと情報収集とか暇な時間をつぶすのに最適として使われていることが多くあります。

 

②検索エンジンの使われ方

それに比べて検索エンジンはSNSとは全く違った使われ方をします。

なぜかというと検索エンジンを使う人は悩みの解決方法を探しているのであって、SNSのように時間に余裕がありません。

 

一言でいうと今すぐにもその悩みの解決を見つけ出して、すぐにもその悩みから解放されたいというのが本音だからです。

そう、検索エンジンというのは、検索者の悩みに直結するものなんですよね。

 

そこで必要なのがキーワードということになってきたりするわけです。

そのキーワードというのを探すのにはツールを使ったりします。

 

キーワードツールって何を選べばいいの??

f:id:slash1196:20200523023454j:plain

ここでは検索キーワードを選ぶために使うツールをランキング形式にお話ししていきましょう。


goodkeyword

goodkeywordはGoogle.co.jp、Bing、Yahoo! JAPANで検索されている関連キーワード、複合キーワード、 サジェストキーワードを調査できるキーワード ツールです。

ただどのくらいの検索数があるかというのが見れないのが難点です。

 

Ubersuggest

競争を勝ち抜く上で、競合のSEO、コンテンツマーケティング、ソーシャルメディアマーケティング戦略はできる限り詳しく分析したいですよね。

 

Ubersuggestは、ターゲット市場の競合戦略を分析して情報を提供します。成功している戦略から学び、自社コンテンツを改善すれば、競合より優位に立てます。

何よりも検索数も出るから使いやすいです。

 

キーワードプランナー

キーワードプランナーとは、アドワーズ(Adwords)で広告を出す際のキーワード候補やキーワードの検索数(検索ボリューム)、競合の強さ、広告単価などを調査できるGoogleの無料ツールです。


※2016年8月あたりから一部仕様が変更となり、実際に広告を出稿(広告掲載)していないアカウントでは曖昧な検索ボリューム(検索キーワードのボリューム)が表示されるようになりました。
※2018年3月頃にキーワードプランナーのインターフェースデザインが一新されました。

ただ難点は検索数が大雑把すぎてあまりいい感じではないのが印象ですね。

 

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)


関連キーワード取得ツール(仮名・β版)は、「Google」「Yahoo!知恵袋」「教えて!goo」の関連キーワードを同時に抽出できます。

 

抽出結果のキーワードをクリックすると、そのキーワードで検索した場合の結果が表示されるため、気になったキーワードをその場で検証することができるんです。

 

検索意図を分析したりするのにはもってこいのツールで、どんな質問があるかというリサーチにも使えます。

 

まとめ

f:id:slash1196:20200520172521j:plain

いかがですか?

アフィリエイトにおいて、いくらSNSが進化しても検索エンジンというのはものすごく大切だということをわかっていただけたでしょうか。

 

先ほども少し言いましたが検索するのは、悩みを今すぐに解決したいからなんですよね。

もうどうにも苦しくて苦しくてどうしようもないというそんな状況の時に、検索エンジンというのを人々は使うわけなんです。

 

なので検索エンジンに載っていなかったら正直言って話にならないわけですよね。

というのもすぐに検索者の役に立てないわけですから当然ですよね。

 

だからこそキーワードを選定するのが大事なんですね。

大事なのでもう一度言いますね。

だからこそキーワードを選定するのが大事なんですよね。

 

そのキーワードを選定するのに必要なツールも大事になっていくのは当然のことですよね。

 

だからキーワードの選定ツールを今回説明させていただいたんです。

 

何にしろ記事を書かないと話にはなりませんから。

ぜひ上述のサイトを使って、キーワード選定をし記事作成に活かしてみてはいかがでしょうか?

 

検索上位になるかもしれませんよ?

この記事があなたの記事作成に役立つことを願っています。

 

 

ではでは。

また次回に。