紅蓮ブログ

アフィリエイトのことが全く分からないあなたに超簡単に詳しく、実戦形式でお話していくブログです

アフィリエイトとは【意味から全体像までをわかりやすく解説】

f:id:slash1196:20210501154254j:plain

f:id:slash1196:20200520205950j:plain

アフィリエイトを今から始めようとする人

「アフィリエイトを始めようと思っているんだけど、アフィリエイトの全体像を知りたいなあ。アフィリエイトの言葉の意味やメリットやデメリットを詳しく知りたいな。」

 

こんなお悩みにお答えします。

 

【今回の記事でわかること】

  • アフィリエイトとは、意味と仕組みを説明
  • アフィリエイトのメリットとデメリット
  • アフィリエイトをするにあたっての流れ

 

こんにちわ。

紅蓮です。

 

時代の流れもあって、最近ではアフィリエイトをしようとする人も増えてきましたね。

あなたもそんな中の一人なのではないでしょうか。

 

しかし、全体像をつかめていないとなかなか成果になることも少なくなってしまいますよね。

 

そこで今回はアフィリエイトとはどんなものなのかというテーマでお話していきます。

この記事を読み終わるころには、アフィリエイトの全体像が分かって、何をするべきなのかをしっかりと理解していることでしょう。

 

ちなみにこの記事を書く僕はアフィリエイトを始めて、3年目、月に3000円を稼げるようになりました。

 

ですので、最後までどうぞお読みください。

では行ってみましょう。

Here We Go!!

もくじ

アフィリエイトとは?意味と仕組みを説明

ここではアフィリエイトとは何なのかというのを意味と仕組みを図解しながらお話していきますね。

 

アフィリエイトとは

アフィリエイトというのは、メーカーが作った商品をあなたが運営するメディアの中で紹介し、売れたらお金をもらえる成果報酬型の紹介ビジネスですね。

 

だれでも簡単に始められること、原則的に場所と時間に縛られないことで副業としても人気のビジネスになっています。

 

アフィリエイトの仕組みとは?

アフィリエイトの仕組みをもっと詳しく図解にすると、以下のような感じ。

f:id:slash1196:20200429114818p:plain

ここで出てくる言葉の意味をちょっとだけ説明しますね。

 

【アフィリエイトの言葉の意味】

  • 広告主:商品やサービスを作っているメーカー。作って売りたいという気持ちをもっている。
  • アフィリエイター:僕たち宣伝をする人のこと。
  • ASP:アフィリエイターと広告主をマッチングさせる会社のこと。アフィリエイターを紹介するようにしたり、広告を作ってキャンペーンを打ったりするのが主な仕事。
  • サイト訪問者:あなたの顧客になりえる人のこと。人数が多ければ多いほど成約率も上がる傾向があるのが一般的。

 という感じですね。

 

上記の4つを擬人化して、説明するとこんな感じ。

 

ある日広告主のAさんは、開発費をつぎ込んで肩こり改善用の商品を作りました。

もちろん開発費もかかっているので売りたいAさん。

 

しかし、営業社員を雇うお金がありません。

でも営業をしないと売れるようにはならないですよね。

 

どうしようかと考えたAさんは、ある時に大学時代から友人のBさんに悩みを打ち明けます。

 

実はこのBさんは、ASPを経営している人です。

 

そこで、AさんはBさんの会社と契約することになります。

するとBさんはAさんのサービスを売り込むために、アフィリエイターを募集し始めます。

 

するとアフィリエイターになりたいというCさんから連絡があり、BさんはCさんと契約をすることになりました。

 

Cさんはそれから一生懸命にAさんの会社のサービスを売り込むための記事を作成して、売り込みをしています。

 

そんなある日、肩こりに悩むDさんという人がインターネットで検索し、その上位表示した記事の中にCさんが書いた記事がありました。

 

読んでみると、

「まさに自分のことを言われているのではないか」

と思ったDさん。

 

早速商品を申し込むことにしました。

 

すると商品の金額の中から、数%の手数料が入るのです。

これが、アフィリエイトの仕組みになります。

 

アフィリエイトのメリットとデメリット

f:id:slash1196:20210402145132j:plain

次にアフィリエイトをするメリットとデメリットをお話していきましょう。

 

アフィリエイトのメリットは、広告主側とアフィリエイター側の双方にあるので、両方とも説明していきましょう。

 

アフィリエイター側のメリット

アフィリエイター側のメリットは、以下の通り。

 

  • メリット①場所を選ばなくて作業ができる
  • メリット②初期費用がほかのビジネスと比べるとかからない
  • メリット③一度書くとネット上に残るために販売がほぼ自動化できる
  • メリット④複数商品を扱える
  • メリット⑤どこでも使えるスキルが身につく
  • メリット⑥大きく稼げる可能性がある

では、1つずつ見ていきましょう。

 

メリット①場所を選ばなくて作業ができる

アフィリエイター側のメリットの1つ目は、場所を選ばなくて作業ができることです。

 

アフィリエイトはネット環境とデバイスがあれば、どこでも作業ができるので場所を選ぶことをしません。

 

気分転換にカフェでもできるし、また通勤時の電車やバスの中でも作業は可能になります。

 

そのために作業をしたいときに場所を選ぶことがありません。

 

メリット②初期費用がほかのビジネスと比べるとかからない

アフィリエイター側のメリットの二つ目は、初期費用がほかのビジネスと比べてかからないことです。

 

というのもアフィリエイトに必要なサイト作成のサーバーやドメイン代の金額、および書籍代といったもののみです。

 

店舗を借りたりすると数千万円の投資になりますが、アフィリエイトの場合には無料で行うことさえできます。

 

そういった上では、ほかのビジネスと比べると初期費用が圧倒的にかからないことが言えますね。

 

メリット③一度書くとネット上に残るために販売がほぼ自動化できる

アフィリエイター側のメリットの3つ目は、一度書くとネット上に残るため販売がほぼ自動化できることですね。

 

アフィリエイトの記事は鮮度が必要なので3か月に一回くらいはリライトをしないといけません。

 

しかし、リライトをしてブラッシュアップをして売れる記事を書いてしまうと、無料の販売員を雇うようなものです。

 

完全に自動化できるとは言えませんが、ほぼ自動化できるので販売をあなたがする必要性がないんですね。

 

メリット④どこでも使えるスキルが身につく

アフィリエイター側のメリットの4つ目は、どこでも使えるスキルが身につくことです。

 

会社の場合にはその会社なりのやり方が存在します。

そしてそのやり方は裏を返せば、その会社をでて通用するものではないことを意味します。

 

しかしアフィリエイトのやり方は、世界共通です。

一度稼げるようになってしまえば、何度でもそのスキルを使って、稼ぐことができますね。

 

メリット⑤大きく稼げる可能性がある

アフィリエイター側のメリットの5つ目は、大きく稼げる可能性があることですね。

 

会社員の場合って定額制なので、仕事をどれだけやっても契約時の金額のまま上がりません。

 

しかしアフィリエイトは売った分だけお金が入ってくるシステムなので、売れば売るほどお金が稼げるんです。

 

そのために会社員では実現できなかった夢をかなえることも、不可能ではないですね。

 

アフィリエイター側のデメリット

アフィリエイター側のデメリットは、以下の通り。

 

  • デメリット①成果が出ないと報酬がもらえないことも多い
  • デメリット②成果が出るまでの時間が長い
  • デメリット③モチベーションの維持がむつかしい
  • デメリット④検索エンジンに依存する
  • デメリット⑤社会的な信用性が低い

 

1つずつ見ていきましょう。

 

デメリット①成果が出ないと報酬がもらえない

アフィリエイター側のデメリットの1つ目は、成果が出ないと報酬がもらえないことですね。

 

先ほども言いましたが、アフィリエイトは商品が売れた時にお金がもらえるシステムです。

 

そのために成果が出ないと報酬もありませんし、無給状態が続くこともあります。

 

デメリット②成果が出るまでの時間が長い

アフィリエイター側のデメリットの2つ目は、成果が出るまでの時間が長いことですね。

 

アフィリエイトを始めるときって、特にものを売ったことがないことって多くないですか。
その状態で始めるのですから、時間がかかるのは当然のことなんです。

 

ただ成果が出ない時間は本当に真っ暗なトンネルの中を、懐中電灯も持たずに歩くようなものです。
その状態で突き進まないといけないので、デメリットと言わざるを得ません。

 

デメリット③モチベーションの維持がむつかしい

アフィリエイター側のデメリットの3つ目は、モチベーションの維持がむつかしいことですね。

 

これはデメリット②でもお話ししたことに続くんですが、無給状態が続くと
「本当に今やっている作業はあっているのか」
という気持ちになってくるからなんです。

 

悲しいかなこう疑ってしまうと作業をし続けることがむつかしくなり、モチベーションの維持がむつかしくなります。

 

デメリット④検索エンジンに依存する

アフィリエイター側のデメリットの4つ目は、検索エンジンに依存することですね。

 

アフィリエイトはインターネットを通じて行うビジネスです。

それゆえに検索エンジンと仲良くなるSEO対策は、重要になります。

 

しかし、当の検索エンジンはというと最近ではアルゴリズムのアップデートを繰り返されています。

 

そのためなかなか検索順位も上がりにくくなっているのも事実なんです。

そのことからも検索エンジンに、依存しますよね。

 

デメリット⑤社会的な信用性が低い

アフィリエイター側のデメリットの5つ目は、社会的な信用性が低いことですね。

 

これはアフィリエイトが人と対面して売り込みをしなくて済むからではないかと考えています。

 

そのために専業のアフィリエイターは、クレジットカードやお金を借りたり銀行の融資を受けることができなくなっています。

 

社会的に信用されていないということがわかりますね。

 

広告主側のメリット

広告主側のメリットは、以下の通り。

 

  • メリット①売れた商品数に応じて手数料を払えばいい
  • メリット②多数のアフィリエイターに広告の依頼ができる
  • メリット③自社商品の販路が広がる

 

1つずつ見ていきましょう。

 

メリット①売れた商品数に応じて手数料を払えばいい

広告主側のメリットの1つ目は、売れた商品数に応じて手数料を払えばいいということですね。

そのために無駄なコストがかからず、売り上げを上げることができるのです。

 

メリット②多数のアフィリエイターに広告の依頼ができる

広告主側のメリットの2つ目は、多数のアフィリエイターに広告の依頼ができることですね。

 

アフィリエイトの依頼をするには、ASPと契約をする必要がありますよね。

そう、ASPにはお抱えのアフィリエイターがたくさんいるんです。

 

そのために商品・サービスが多数のアフィリエイターに広告してもらえる可能性があるんです。

 

メリット③自社商品の販路が広がる

広告主側のメリットの3つ目は、自社商品の販路が広がることです。

 

普通の営業の場合って、取引先を広げるのってむつかしいですよね。

でもASPと契約をすると多数のアフィリエイターに直接プロモーションすることができます。

 

そのために自社商品の販路が広がるのは間違いありませんよね。

 

広告主側のデメリット

広告主のデメリットは、以下の通り。

 

  • デメリット①コストがかかる
  • デメリット②利益率の設定がむつかしい
  • デメリット③アフィリエイターの報酬を適切に設定しないと見向き去れない

 

1つずつ見ていきましょう。

 

デメリット①コストがかかる

広告主側のデメリットの1つ目は、コストがかかることです。

 

会社に営業職がいる場合には、その人たちの給与を払うだけで事足ります。

しかしASPと契約するには、初期費用と月額費用という投資が必要です。

 

そのため、コストがかかることを覚えておかなくてはいけませんね。

 

デメリット②利益率の設定がむつかしい

広告主側のデメリットの2つ目は、利益率の設定がむつかしいことです。

 

というのも商品を開発したら、必ず作るためにかかったお金以上を回収しないといけませんよね。

 

しかし、利益率が低いといくら売っても薄利多売になってしまい、アフィリエイト運営がむつかしくなってしまいます。

 

ですから、利益率の設定はむつかしくなってしまいます。

 

デメリット③アフィリエイターの報酬を適切に設定しないと見向きされない

広告主側のデメリットの3つ目は、アフィリエイターの報酬を適切に設定しないと見向きされないことですね。

 

というのも広告主側からすると売り上げが大きくて、さらにコストがかからないほうがいいに決まっています。

 

しかしアフィリエイター側からすると、売った金額に見合ったお金が欲しいもの。

だからアフィリエイターの報酬を適切に設定しないと見向きもされないのでむつかしいですね。

 

アフィリエイトのメリット・デメリットのまとめ

アフィリエイトはアフィリエイター側にとっては、時間がかかることと無給状態が続くことを除けばメリットが多いです。

 

かなり優れたマーケティング方法だと思いますね。

 

アフィリエイトをする流れを3つのステップで説明

f:id:slash1196:20210327172202j:plain

ここまで読んだあなたは、

「アフィリエイトっていいことばっかりじゃん。

やってみたい。」

と思っているかもしれませんね。

 

ここでは、アフィリエイトをする流れについてお話していきましょう。

 

アフィリエイトをする流れは、以下の通り。

 

  • ステップ①サイトを作る
  • ステップ②ASPに登録
  • ステップ③記事を書く

 

1つずつ見ていきましょう。

 

ステップ①サイトを作る

アフィリエイトをするステップの1つ目は、サイトを作ることです。

というのもサイトがなければ、アフィリエイトができないから。

 

基本的にはブログを作るには、はてなブログProがおすすめですね。

無料版でも使えますが、有料版にしたほうが愛着がわくし、モチベーションが上がりやすいですね。

 

ですから、ですから有料版はてなブログを使って作りましょう。


ステップ②ASPに登録

アフィリエイトをするステップの2つ目は、ASPに登録することです。

 

というのも記事を書いても、広告がなければ記事を稼げるものにできないからですね。

 

初心者でも手を出しやすいジャンルは、今まで好きでやってきたことで気が付いたら3年以上続けていることですね。

 

なおおすすめのASPに関しては、【2020年度版】ASPサイトおすすめ10選とその理由はをご覧ください。
アフィリエイトで稼ぐには必須項目ですから、早めに登録しておくことにしましょう。

 

ステップ③記事を書く

サイトができて、広告を決め終わったらアフィリエイトの記事を書いていきましょう。

記事の書き方に関しては、アフィリエイトで稼げるブログの書き方【テンプレあります】をご覧ください。 

 

まとめ|アフィリエイトはまず始めるところから

お疲れさまでした。

 

アフィリエイトの全体像をつかむことは非常に大事です。

しかし始めてみないとわからないものです。

 

読み終わったらぜひとも行動をしていただきたいものです。

まずははてなブログProに登録して、ブログを作ってみましょうね。

 

では今回はこの辺で。

また次回に。