紅蓮のアフィリエイト日記

アフィリエイトの方法や失敗談などを書いていきます。また質問などにも答えていきますのでぜひ見ていってくださいね。

HR/HMの名盤紹介③:ZIGGY「WHAT’S BEST!?」

f:id:slash1196:20201202153241j:plain


 

HR/HMが好きな人:「最近HR/HMにはまっています。その中でおすすめのHR/HMのCDでZIGGYというバンドを知りました。そのバンドの名盤を教えてほしい。あとは名盤といわれる理由とか曲別のコメントを教えてほしい。」 

 

こんなお悩みにお答えします。

 

この記事で分かること
  • HR/HMの名盤「WHAT’S BEST!?」について
  • HR/HMの名盤「WHAT’S BEST!?」に収録されている曲別コメント
  • バンドZIGGYについて

 

こんにちわ。

アフィリエイターの紅蓮です。

 

今回はHR/HMの名盤紹介の3回目です。今回はZIGGYの「What's New!?」についてお話していきましょう。

 

では早速行ってみましょう。

Here We Go!!

 

 

HR/HMの名盤「WHAT’S BEST!?」について

HR/HMの名盤といわれる「WHAT’S BEST!?」についてお話していきましょう。

「WHAT’S BEST!?」は1997年にロックバンドZIGGYが マーキュリー・ミュージックエンタテインメントから発表したベストアルバムなんです。

 

HR/HMの名盤「WHAT’S BEST!?」が名盤といわれる所以とは?

この「WHAT’S BEST!?」が名盤といわれる所以とは、ZIGGYが1987年から1997年までにリリースした全シングル曲を収録したシングル・コレクション・アルバムだからなんですね。

 

しかもアルバムとしては5年ぶりの発売となっていたために、ファンとしてはかなり待望していたはず。

 

かくいう僕も父親が大のZIGGYファンでして、父親に連れられてアルバムを買いに行ったのをよく覚えていますね。

 

また収録曲が、名曲が多いことでも有名なのでかなりおすすめの1枚ですね。

 

HR/HMの名盤「WHAT’S BEST!?」に収録されている曲別コメント

ここではHR/HMの名盤「WHAT’S BEST!?」に収録されている曲別のコメントを見ていくことにしましょう。

 

まず収録されている曲は以下の通り。

 

◆HR/HMの名盤「WHAT’S BEST!?」収録曲◆

トラック1.「SING MY SONG (I JUST WANT TO SING MY SONG)」

トラック2. 「ONE NIGHT STAND」

トラック3. 「GLORIA」

トラック4. 「I'M GETTIN' BLUE」

トラック5. 「午前0時のMERRY-GO-ROUND」

トラック6. 「LET'S DO IT WITH THE MUSIC」

トラック7. 「STAY GOLD」

トラック8. 「Jealousy ~ジェラシー~」

トラック9. 「君をのせて」

トラック10. 「STEP BY STEP」

トラック11. 「Silent Eveを待ちながら」

トラック12. 「Guilty Vanity」

 

 

トラック1.「SING MY SONG (I JUST WANT TO SING MY SONG)」

このアルバムの1曲目には、「SING MY SONG (I JUST WANT TO SING MY SONG)」ですね。この曲は1988年11月に徳間ジャパンコミュニケーションから出されたシングルCDですね。当時はEPレコードも発売されていたようです。

 

しかも、ドラムから始まるイントロとやはり歌詞がいいですね。すごく低いところから街並みを見ている感じがします。

 

また疾走感もあるので元気が欲しい時にもおすすめの曲です。

 

トラック2. 「ONE NIGHT STAND」

このアルバムの2曲目に収録されているのは、「ONE NIGHT STAND」です。1989年2月に徳間ジャパンコミュニケーションズから出されたシングルCDですね。当時はEPレコードも出されたようです。

 

この曲は何といってもイントロのLAメタルを思わせる疾走感あふれるギターソロと、最初のボーカルのシャウトですね。

 

朝に聞くと、

「よーし、やってやろうか」

という気持ちになってきます。

 

元気をもらえる曲なのでおすすめの曲ですね。

 

トラック3. 「GLORIA」

このアルバムの3曲目に収録されているのは、「GLORIA」ですね。この曲は1989年7月に徳間ジャパンコミュニケーションズから出されたシングルCDですね。何年も歌い続けられて今でもZIGGYというバンドの代名詞的な曲ともいえるでしょう。

 

この曲の聴き所は何といっても、イントロのキーボードとドラムとギターの辛みのすごさ、そして全体的にイメージがしやすい歌詞の流れです。

 

聴いていてものすごく夢を大事にした歌だと思いました。夢をあきらめそうになった時にはぜひとも聞いてほしい一曲ですね。

 

トラック4. 「I'M GETTIN' BLUE」

このアルバムの4曲目に収録されているのは、なんとデビューシングルになる「I'M GETTIN' BLUE」ですね。1988年5月に徳間ジャパンコミュニケーションズから出されたシングルですね。

 

テレビ朝日系「ど~する!?TVタックル」のエンディングに使われたこともあり、お茶の間に知れ渡った曲ですね。オリコンチャートでは堂々の15位に食い込んだことのある曲ですね。ZIGGYの代表曲といっても過言ではない1曲です。

 

聴きどころは、やはりイントロとAメロですね。最初の歌いだしからタイトルが来ていることが非常に気持ちが乗っていて情景をイメージしやすいと思う一曲ですね。

 

また曲自体も疾走感があるので、悲しいことがあってもまえにすすんでいこうという気概が感じますよね。

 

悲しいことがあったときにはぜひ聞いてほしい1曲ですね。

 

トラック5. 「午前0時のMERRY-GO-ROUND」

このアルバムの5曲目に収録されているのが、「午前0時のMERRY-GO-ROUND」です。1992年7月に徳間ジャパンコミュニケーションズから出されたシングルですね。テレビ朝日系ドラマ『本当にあった怖い話』の後期エンディングテーマとしても使われていましたね。

 

なんとこの曲は当時マキシシングルとして発売されていたようです。オリコンでは36位に入りましたね。

 

聴きどころはやはりアコースティックギターから入るイントロと歌いだしですね。まるで情景が目に浮かぶような歌詞にうっとりと聞き入ってしまいますね。

 

疲れをいやしてくれるような曲なのでぜひおすすめの一曲ですね。

 

トラック6. 「LET'S DO IT WITH THE MUSIC」

このアルバムの6曲目に収録されているのは、「LET'S DO IT WITH THE MUSIC」です。この曲は何と午前0時のMERRY-GO-ROUNDと同じCDに入っている曲なんですね。オリコンチャート36位に入っている曲ですね。

 

ナショナル蛍光灯の「パルック」のCMソングとしても使われていましたね。

 

聴きどころはやはり歌詞ですね。生活のために働いていることへの不満を非常に正確に描いたロックチューンですね。

 

「もういやだ」って気持ちが非常によく伝わってきます。僕はこの曲で夢を追いかけることに背中を押してもらったんです。

 

きっとあなたもこの曲に救われると思いますよ。

 

トラック7. 「STAY GOLD」

このアルバムの7曲目に収録されているのは、「STAY GOLD」です。1994年6月に徳間ジャパンコミュニケーションズから出されたシングルですね。通算8枚目のシングルで、戸城さんと森重さんの二人体制になってから初のシングルになります。

 

日本テレビ系の「’94劇空間プロ野球」のイメージソングとなりましたね。ファンの間でも人気が高くシングルの中では、3番目の売り上げを記録したものでもあります。

 

何より聴きどころは、サビですね。やはり輝き続けるには夢を持ち続けることが必要であるという気持ちが非常に伝わってきますね。

 

僕自身この悲しい時には必ずこの曲を聞いて何度も立ち向かうことを教えられたことがあるくらいの曲ですね。

 

おすすめのナンバーですね。

 

トラック8. 「Jealousy ~ジェラシー~」

このアルバムの8曲目に収録されているのは、 「Jealousy ~ジェラシー~」です。通算9枚目のシングルになるこの曲は、徳間ジャパンコミュニケーションズから出された最後のシングルです。

 

三貴「カメリアダイアモンド」のCMソングとしても使われていて、ZIGGYの売り上げ市場で2番目の売り上げになった曲ですね。

 

何といっても、最初の歌いだしですね。音楽を聴いてみると嫉妬に狂うという内容の疾走系ロックチューンですね。歌いだしですぐに、

「あ、ZIGGYの曲や」

と思うくらいの曲ですね。

 

 

トラック9. 「君をのせて」

このアルバムの9曲目に収録されているのは、「君をのせて」ですね。ZIGGYとしては通算10枚目のシングルになります。マーキュリー・ミュージックエンタテインメントになってからは最初のシングルになりますね。

 

フジテレビ系「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」のエンディングテーマとして起用されましたよね。

 

この曲の聴きどころは、やはり歌詞ですね。ラブソングであるとともに今の自分と周りとのギャップに苦しんでいる感じが非常によくわかる歌詞です。

 

実際に僕自身も、就職したての時にはお世話になりました。周りと自分とのギャップが埋められない時期があり、ちょっと自殺まで考えた時期に、父親からこの曲を紹介されました。そして、自殺を思いとどまったのです。

 

思いがある方にはぜひおすすめの曲です。

 

トラック10. 「STEP BY STEP」

このアルバムの10曲目に収録されているのは、「STEP BY STEP」です。1996年3月にマーキュリー・ミュージックエンタテインメントから発表されたシングルですね。通算11枚目のシングルとなっています。

 

なんとオリコンは10位に入ったほどの曲で、実は初代の名探偵コナンのエンディングテーマとしても使われていましたね。

 

聴きどころは、イントロからの歌いだしですね。人生に退屈している感じが出ていて、展開がよく見える歌いだしになっていますね。

 

また、音楽自体もロックな仕上がりになっていて退屈しないのがいいですね。

おすすめの曲ですね。

 

トラック11. 「Silent Eveを待ちながら」

このアルバムの11曲目に収録されているのは、「Silent Eveを待ちながら」ですね。1996年12月にマーキュリー・ミュージックエンタテインメントから発表された通算12枚目のシングルですね。

 

この曲の聴きどころは、歌詞ですね。クリスマスソングにも聞こえますが実は世の中に対する不安や怒りの凝縮された曲に聞こえますね。

 

しかも

「もうすぐ年の瀬になるのにどうしよう」

という焦りがしっかりと出た歌詞とそれを包むメロディーが非常にマッチした一曲ですね。

 

トラック12. 「Guilty Vanity」

このアルバムの最後を飾るのは、「Guilty Vanity」ですね。1997年2月にマーキュリー・ミュージックエンタテインメントから発表された通算13枚目のシングルです。

 

聴きどころは何といっても2番のAメロの歌詞ですね。人生は後ろ向きではいけないことやそのためにもがかないといけないことをすごく感じさせられました。

 

実際に僕もネガティブ発言が連発していて人間関係がうまくいかなかった時期があったんですが、この曲を聴いてから今のポジティブな気持ちを忘れないでおこうと努力するようになりました。

 

ぜひ背中を押されたいというあなたにはおすすめの一曲ですね。

 

バンドZIGGYについて

ここでは、バンドZIGGYについてお話していきましょう。

 

ZIGGYとは?

ZIGGYとは、1984年にボーカリストの森重樹一を中心に結成されたロックバンドです。結成以来、メンバーの脱退や加入等を繰り返していますね。

 

2008年2月に無期限の活動休止を発表しました。2010年と2014年に期間限定でLIVEのみの活動再開を果たしていますね。

 

2017年に10年ぶりの新曲リリースと全国ツアーを開催し、それが実質上の活動再開となりました。現在の正式メンバーはボーカルの森重樹一のみで、あとのパートはすべてサポートとなっています。

 

また、一時期はSNAKE HIP SHAKES(スネイク・ヒップ・シェイクス)という名義で活動していたこともあり、ZIGGYの曲を数多くカバーしていたようですね。

 

紅蓮との出会い

僕がZIGGYと出会ったのは、1992年の春。小学校4年生の時でした。当時の僕は、父親の仕事の都合で転校をしたばかりでした。

 

田舎から都会に引っ越したのなら何とかやってもいけたのでしょう。しかし、地方都市から田舎に行くという転校だったので、中途半端な都会ということでいじめを受けることになりました。

 

やり返すことができればよかったのですがどうしても後のことを考えてしまう性格上、やり返すことができずに一時期は自殺を考えていましたね。

 

そんな時に父親が僕に渡してきた1枚のCDアルバム。それが、ZIGGYとの出会いになったのです。

 

そこで僕は一度CDを聞いてみたのですが、ちょっと僕には難解でしたね。でも言いたいことはちょっとわかる感じがしました。

 

文句を言われたときに言い返してみると、なんと考えがわからないから文句を言われていたことが分かったのです。

 

そこからはいじめがなくなり、充実をした生活ができるようになりましたね。

 

「WHAT'S BEST!?」作成当初のZIGGYメンバー紹介

ここではこのアルバム、「What's Best!?」が作成された当初のメンバー紹介をしておきましょう。

 

森重樹一

ZIGGYのボーカリスト、およびヒット曲のすべてを作詞、作曲を手掛けるすごい人ですね。

 

音楽性はハノイ・ロックスのマイケル・モンローやスティーブン・スティーブンタイラーからの影響を受けているとのことですが、幼いころから沢田研二さんや西城秀樹さんなども影響を受けていると公言されていますね。

 

なんと彼はプライベートでは二児の父で、好きなものがお菓子を食べることとサイクリングというおちゃめな一面もあります。

 

卒業大学が早稲田大学第一文学部ということで、歌詞が哲学的なのはここからきているのかもしれませんね。

 

戸城憲夫

彼はZIGGYの結成当初からいる人の一人ですね。パートはベースです。しかもZIGGY結成当時は、ボーカルの森重さんと半々の曲数を書いていたというつわものでもあります。

 

敬愛するミュージシャンは、ニューヨークドールズやハノイロックス、ガンズ・アンド・ローゼズなどを挙げていますね。

 

最先端の音楽に敏感であることをボーカリストの森重さんからたたえられるほどの勉強熱心なベーシストですね。

 

また楽曲提供もたくさんの人に行っていて、山瀬まみさんや野沢直子さん、タスクさんなどが有名どころですね。

 

森重さんにも楽曲提供をしている方ですね。

 

宮脇“JOE”知史

1994年にZIGGY加入になりましたがその前には、1983年から5年間の間、44MUGNUMという日本のメタルバンドに参加していたすごいドラマーの人です。

 

ZIGGYと並行してもとXJAPANのhideとともにhide with spread beaverのドラムを務めた猛者でもありますね。

 

攻撃的なドラミングとグルーブはどの曲を聴いても独特で、非常に重厚感があるので安心するサウンドです。

 

Ichiro (ギター)※サポート

彼は、1988年にブルースに魅せられ単身でシカゴに行って修行を積んだというすごいギタリストですね。1990年に日本人初のGibson USA/endorose Artistとして就任されたギタリストでもあります。

 

夏木マリさんや斎藤信さんと結成したGIBIER du MARIEのギタリストでもありますね。

 

白浜久 (ギター)※サポート

彼は。ARBのギタリストとしての活躍が有名ですね。その他にもソロ活動、ベーシスト、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー、「Pandars Label」運営など、様々な分野で活躍していますね。

 

ZIGGYの参加は1995年からです。

 

まとめ:とりあえず聞いてほしい「WHAT’S BEST!?」

お疲れさまでした。

ここまでZIGGYの名盤「WHAT’S BEST!?」のいいところを色々話してきました。

 

でもね、やっぱり百聞は一見に如かず。

聴いていただきたいのです。

 

というのも実際に僕自身が命をこのアルバムに救われたように、音楽で命を救われる人もいるはずです。

 

そうでなくてもストレスの多い社会構造になっているのは言い逃れができない事実です。そんなあなたにはぴったりの曲だと思うのです。

 

かなりおすすめの1枚なのでぜひ聞いてみてくださいね。

 

今回はこの辺で。

また次回に。